わらびはだのイボは取れる/角質と配合成分について(^◇^)

わらびはだでイボは取れる

フィトリフト 効果

わらびはだでイボは取れる/配合成分

わらびはだには、沖縄産の厳選素材のさまざまな美容成分が入っています。

何度も試行錯誤を繰り返して選び抜かれた成分がわらびはだの効果の源です。

EGFはヒトオリゴペプチド1の事で、母乳にも含まれるアミノ酸の結合体です。

肌ケアをサポートしてくれる成分です。

その他にはハトムギ種子エキス、人の胎盤に近いとされる馬プラセンタ、しっとりと保湿するヒアルロン酸が配合されています。

また、ほんのり香るシークワーサーもさわやかな気分にさせてくれます。

 

EGF(ヒトオリゴペプチド)

EGFは皮膚の老化防止や若返りなどの目的で、近年化粧品などへの使用に注目が集まっています。肌はターンオーバーにより肌細胞の生まれ変わりを繰り返しています。ターンオーバーとは、基底層で新たに生み出された細胞が、肌の表面にある角質層へと押し上げられ、しばらくすると垢となって剥がれ落ちる一連の流れのことをいいます。この周期は、通常約28日間といわれていますが、年齢を重ねることで周期が遅くなってしまいます。さらに、不規則な生活や紫外線など様々な原因によってこの周期が乱れると、角質が厚くなる、乾燥しやすくなるといった肌トラブルを抱える原因となってしまいます。EGFは体内の新陳代謝を活発にしてくれ、ターンオーバーの周期の乱れを正すことにつながります

引用元:わかさの秘密

 

ハトムギ種子エキス

ターンオーバーを活性化する上で大きな手助けとなるのが生薬の「ヨクイニン」。ヨクイニンとは、雑穀でも知られるハトムギの皮を除いた種子の部分のこと。ヨクイニンはカラダの内側から肌に働きかけ、肌の水分代謝を促進し、余分な老廃物の排出をスムーズにすることで肌への水分と栄養の循環を促し、衰えた肌のターンオーバーを正常に整えてくれます。昔から肌を整える生薬として、とても親しまれてきました。

引用元:Kracia

馬プラセンタ

まずプラセンタに含まれている、アミノ酸や成長因子は肌の新陳代謝、つまりターンオーバーを促進させる効果があります。ターンオーバーとは、古い肌が角質として剥がれ落ち、新たに肌が生まれ変わる仕組みのことを言います。

つまりプラセンタを摂取し、ターンオーバーが促進されることで、紫外線などに晒された肌が綺麗に生まれ変わるため、美肌になる効果が得られます。
ただし海洋性プラセンタや植物性プラセンタには成長因子が含まれていないため注意が必要です。
またプラセンタにはシミやソバカスの原因となる色素沈殿という現象やメラニン細胞を抑える生理活性成分も含まれているのでより美肌効果を得られるでしょう。さらに、効果は見た目だけではありません。
プラセンタには、肌に弾力を与えるペプチド、核酸、ヒアルロン酸が含まれています。これらの栄養素によって、肌の新陳代謝が促進されコラーゲンが生成されます。そのため、肌に弾力とハリが現れるようになります。

引用元:フラコラ

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、元々人間の体内に存在している物質です。ムコ多糖類の一種であり、細胞と細胞をつなぐ役割を担っています。水を非常に多く保持する力も備えており、肌のハリと潤いを保ってくれる、優れた成分です。

目元やゴルゴライン、ほうれい線などのシワが目立ってきた方、目の下のクマが目立ってきた方などにおすすめの施術が、ヒアルロン酸の注入治療です。また、唇やほほのボリュームが減ってきた方、鼻やアゴのラインが気になる方にも、お悩みの改善が期待できます。

引用元:ヴィーナスビューティークリニック

 

わらびはだでイボは取れる/その他の治し方について

イボというのは古くなった角質が固まって尖ったものです。

ぽつぽつは角質粒と呼ばれています。

「イボが目立つ場所にできてしまった」

「最近、角質が増えてきた気がする・・・」

しかし、わらびはだは、ぽろりを実感できる商品なので効果を実感できます。

年齢による肌枯れに対してのユーザーからの悩みから生まれた商品でスタッフ自身の試行錯誤を繰り返して完成したものです。

加齢によるイボは急激に増えることはありませんが、毎年確実に増えていくので早期の対策が必要になってきます。

主に紫外線が影響しています。

イボができる場所は、顔、首、手などです。

色は褐色から黒色までさまざまでやや盛り上がりがあり、表面がざらざらしています。

ウイルス性のイボはわらびはだではどうにもなりませんので、皮膚科にご相談ください。

イボの治し方:自然治癒

イボは自然治癒で治ってしまう事もはなくはないのですが、原因が加齢による紫外線の場合は、残念ながら治ることはまずありません。

イボに効果がある適切な処置が必要となってきます。

皮膚科などで手術に頼らないと治らない重度のものから、内服や塗り薬、漢方などで治ってしまう軽度ものなど様々あります。

イボの状況にあわせて、最適なイボ対策を選択してください。

イボの治し方:冷凍凝固

液体窒素療法とは、簡単に言ってしまえば「凍結」と「融解」を繰り返す治療法です。

具体的には、マイナス196℃にも達する超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、ウイルスに冒されている患部を急激に冷やす(凍傷)ことで皮ふ表面の異常組織を壊死させます。

すると、壊死した異常組織の下の皮ふが細胞分裂をはじめるため、新たな皮ふが再生してきます。
このように、凍結と融解を繰り返すことで基底細胞(表皮の一番奥にある層)に感染しているウイルス(つまり〝イボ〟の芯)を徐々に上へ押し上げ〝イボ〟の原因を絶つことから「凍結療法」とも呼ばれています。

引用元:こころ皮膚科クリニック

イボの治し方:炭酸ガスレーザー

CO2ガスレーザー(炭酸ガスレーザー)治療は、ホクロや脂漏性角化症等のイボ、さらに盛り上がりのあるシミの除去に有効です。しかも、照射しても深部組織や周辺の正常な皮膚にはダメージを与えないため、メスで切除した場合よりもキズ跡が残りにくく、治りが早いのも特徴です。治療の際は痛みや出血もほとんどありません。ただし、痛みに非常に弱いため心配な方は遠慮なくご相談ください。CO2(炭酸ガス)レーザーなら短時間に治療ができ、メスを使用する治療と比べ出血もほぼないため仕上がりがきれいで、安心してお受けいただけます。また、治療跡も目立ちにくく、除去後のお顔の印象がスッキリします。

引用元:わかさクリニック

イボの治し方:市販薬

イボに効果があるといわれている市販薬で一番有名なのは、イボコロリです。

有効成分はサリチル酸です。

サリチル酸には、角質軟化作用があり、固くなった皮膚をやわらかくすることでイボを除去します。

用法及び用量に関連する注意①定められた用法及び用量をお守りください。
②本剤は外用にのみ使用し、内服しないでください。
③小児に使用させる場合には、必ず保護者の指導監督のもとに使用させてください。
④薬剤が健康な皮膚に付着すると、その部分も白く軟化し、痛んだりするので、患部からずれないように使用してください。
⑤薬剤部が患部よりひとまわり小さいサイズをお選びください。
⑥一度に全部の患部に使用せず、1ヶ所ずつ使用してください。

引用元:イボコロリ

イボの治し方:漢方

イボに効果があるといわれているのは「ヨクイニン」という漢方です。

「ヨクイニン」は、肌があれがちな方、肌のキメが乱れているという方、いぼが気になる方などにおすすめです。

「ヨクイニン」は、ハトムギの皮を除いた種で、古くからお肌のために用いられてきた生薬です。消炎作用や体の水分バランスを整える作用があると言われ、肌あれや、いぼに効果があります。

引用元:Kracie

 

わらびはだでイボは取れる/よくある質問

Q・保湿はどれくらい続きますか?

保湿効果は塗った時から実感できるのですが効果の継続効果は塗る量、肌質、年齢、性別などにより個人差はあります。また効果の実感も個人差がありますので翌日から効果を実感できる方もいれば御時間のかかる場合もございます。

Q・裏面の配合成分にコエンザイムQ10、EGFが記載してないのですが本当に配合されているのですか?

配合されています。化粧品は一般に浸透している成分名と配合記載成分が異なる場合があります。「わらびはだ」に配合されている成分で一般に浸透されている成分と配合記載用の成分が異なるものです。

・コエンザイムQ10 → ユビキノン
・EGF → ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
・シークワーサーエキス → シークワシャーエキス

→ わらびはだを見てみる

 

関連ページ:わらびはだ