【オールインワンジェルの使い方】正しい塗り方と効果

[オールインワンジェルの使い方]効果的な使い方の3つのポイント

 

オールインワンゲルの効果的な使い方3つのポイント

 

 

オールインワンゲルの効果をアップする使い方3つのポイントを紹介します。

効果的なオールインワンゲルの使い方は「目元や口元など乾燥する部分は重ねづけすること」「朝は少量・夜はたっぷり塗布して時短ケアと保湿ケアをすること」「肌悩みや季節に合ったジェルを選ぶこと」の3つが重要なポイントです。

オールインワンゲルだけでは乾燥してしまう。。。という方は、肌悩みや季節にマッチした商品を選ぶことで解決することができます。

部分的に乾燥する方は乾燥を感じる部分のみ重ねづけすることで保湿効果がアップします。

季節や様々な肌悩みの改善に効果的なオールインワンゲルは角質層までしっかりと保湿できる成分が配合されているものです。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら肌の内部からしっかりと保湿することができますよ!

 

 

 

 

初回購入は50%offでお得

1本で美白&保湿ができる

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]保湿&美白効果アップ!効果的な使い方3つのポイント

 

 

オールインワンゲルの効果的な使い方を紹介します。

「オールインワンゲルだけだと乾燥しちゃって・・・。」

「種類が多くてどれを選んだら良いのか分からない・・・。」

オールインワンゲルの効果的な使い方は、1本でしっかり保湿ができ、肌悩みを改善できるものを選ぶことです。

自分の肌タイプが分からない方や、肌悩みが多すぎて絞れない方は、全ての肌トラブルの原因となる乾燥を改善する効果のあるオールインワンゲルを選びましょう。

角質層まで浸透し肌を内側からしっかり保湿する浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、1本でしっかりと保湿することができますよ。

 

 

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

オールインワンジェルの効果的な使い方1・目元、口元の重ねづけで湿効果アップ

 

オールインワンゲルの効果的な使い方は乾燥しやすい部分に重ねづけをすることです。

乾燥を感じるときは肌の内部の水分が蒸発し乾燥肌になっていることが多いです。

肌内部の水分が不足すると角質層内の水分量が不足するため、肌は外部からの刺激や紫外線などによりダメージを受けやすい状態となっており、進行すると敏感肌やアトピー肌の原因となります。

特に冬など乾燥しやすい時期は、乾燥を感じたときや就寝前に重ねづけすると効果的です。

目元や口元などは乾燥しやすく年齢が出やすい場所ですよね。

目元や口元の乾燥は乾燥ジワの原因となるため、疲れて見えたり老けて見えてしまいます。

乾燥を感じるときは少量ずつを重ねて保湿対策をしましょう。

 

乾燥小じわができやすい部分は重ねづけがおすすめ

 

目元はとても皮膚が薄く小じわができ易い部分ですよね。

また目周りは皮脂の分泌がほとんどないため乾燥しやすいのです。

顔の皮膚の厚さは平均すると2mm程度ですが、目の周りは頬などの皮膚の1/3程度の0.6mmほどの厚さしかありません。

目周りはとても皮膚が薄いので、加齢などにより角質層の機能が低下すると肌の水分量がキープできなくなり小じわ・ちりめんジワの原因となります。

小じわやちりめんジワはアイゾーンの保湿をしっかりと行うことで防ぐことができます。

角質層をしっかりと保湿できる浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルを、乾燥を感じるときに重ねづけをすると効果的です。

 

皮脂分泌が多いTゾーンの重ねづけは避けましょう

 

Tゾーンは皮脂分泌が盛んな場所で、目元や口元に比べると乾燥しにくい部位ですよね。

冬でもTゾーンは乾燥しないという方が多いと思います。

額から鼻にかけてのTゾーンは顔の中でも皮脂腺が多く、皮脂を出すための毛穴の数が他の場所よりも多いので、皮脂の分泌が多くなります。

皮脂は肌表面の水分が蒸発するのを防いだり、外部からの刺激や紫外線から肌を守ったり、細菌や炎症から肌を守るなど大切な役割があります。

皮脂には必要な皮脂を不要な皮脂があるのです。

Tゾーンは皮脂が多いのでオールインワンゲルを重ねづけする必要はありません。

皮脂分泌が多い場所に重ねづけするとベタつきやテカリの原因となるので、乾燥が気になるときは目周りや口周りなど乾燥しやすい場所以外は重ねづけの必要はありません。

 

 

1本で保湿&美白ができるオールインワンゲルはこちら

 

 

オールインワンジェルの効果的な使い方2・朝は少量、夜はたっぷり塗って時短&保湿

 

オールインワンゲルは1本で多機能なので、使い方のコツが掴めれば時短になり便利ですよね。

朝はスキンケア後にメイクする方が多いですし、手早く身支度をしたいですよね?

朝からしっかりとスキンケアをする余裕はなかなか取れないので、朝はオールインワンゲル塗布後すぐにメイクが始められるようにハンドプレスで肌内部への浸透を高めましょう。

夜はスキンケアに時間が取れるという方は、マッサージやパックなどの目的でオールインワンゲルを多めに塗ると保湿効果がアップしますよ。

 

朝は少量をハンドプレス

 

朝はスキンケアのあとにすぐメイクしたい!という方が多いですよね。

オールインワンゲルは化粧水に比べると水分が少ないので肌への浸透に少し時間がかかります。

オールインワンゲルの特性上、ややトロっとしたテクスチャーを作るためにグリセリンなどの保湿成分が配合されているため、肌への浸透に時間がかかるのです。

朝は適量を顔に点置きして、均一に伸ばします。

少量を全顔に伸ばすことでつけすぎを防止することができます。

少量を全顔に塗布したら、顔全体を手のひらでしっかりとプレスしてオールインワンゲルを浸透させましょう。

少量の塗布なら肌表面はすぐにサラっとした状態になるので、すぐにメイクを始めることができるので時短に繋がりますよ。

 

少量使いで化粧崩れ防止

 

メイク崩れの原因はスキンケアや化粧下地などの使用量が多いことも1つの原因です。

スキンケアや化粧下地の量が多いとヨレてしまい化粧崩れに繋がります。

朝は少量をしっかりと浸透させることで化粧崩れを防止しましょう。

オールインワンゲルをたっぷり付けてからメイクをすると、プルンとしたテクスチャにするために配合されている調整剤が肌表面に残り、ベタつきやテカリの原因となります。

メイク崩れの防止にはスキンケアや下地・ファンデーションなど、顔に乗せるものは全て少量使いがおすすめです。

 

夜は少量ずつを2~3回に分けてハンドプレス

 

夜は1日の肌の疲れを癒すためにも丁寧にスキンケアをしたいですね。

オールインワンゲルは保湿成分だけではなく、肌悩みを改善する様々な成分が含まれています。

たっぷりを少量ずつ浸透させることで美容成分を肌の奥まで届けることができます。

夜のスキンケアはオールインワンゲルを2~3回に分けて少量ずつ塗布し、塗布するたびにハンドプレスをして、美容成分をしっかりと浸透させましょう。

ハンドプレスをすると手のひらの温度(37度くらい)により肌表面の毛穴が開きやすくなるため、美容成分が浸透しやすくなります。

肌表面を暖めることで角質層が柔らかくなり、美容効果がアップしますよ。

 

夜間の保湿で朝の化粧ノリ改善!時短に繋がる

 

寝る前にしっかりと保湿をすると翌朝モチモチのお肌になっていますよね?

寝る前にオールインワンゲルをたっぷりと塗布することで翌朝まで保湿が持続します。

肌が潤いキメが整うと化粧ノリも良いですよね。

キメが乱れていると肌にはブツブツやザラザラなど凹凸があり、化粧がうまく乗りません。

朝まで長時間の保湿ができれば朝のスキンケアの時間も手短にできますよね。

夜のスキンケアを朝よりも丁寧に行うことで時短や美容効果に繋がるため、夜間は特に保湿を心掛けましょう。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら長時間の保湿が可能なので、夜にたっぷり塗って寝ると朝にはモチモチのお肌になりますよ。

 

 

 

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

オールインワンジェルの効果的な使い方3・肌悩み、季節にマッチしたゲルを選べば効果アップ

 

「冬はオールインワンゲルだけだと乾燥しちゃう・・・。」

「美白もエイジングケアも気になる。肌の悩みが多すぎて化粧品選びが困る。」

スキンケアアイテムを季節や肌の調子に合わせて変えるという方もいますが、多くの方は1つのスキンケアアイテムのみで対応していますよね。

季節や肌悩みに合わせてアイテムを選ぶと言っても選び方がわからなかったり、自分の肌タイプが分からない方も多いですよね。

ほとんどの肌悩みの多くは乾燥が原因となりますし、季節を問わず乾燥対策は必須なので、オールインワンゲルを選ぶときは保湿力をメインで選ぶことをおすすめします。

保湿力をメインでオールインワンゲルを選ぶ、プラスアルファで肌悩みを解決できる成分配合のものを選ぶと効果的です。

 

シミ・美白対策なら美白有効成分配合のものを選ぼう

 

シミの改善や予防には美白有効成分配合のオールインワンゲルが効果的です。

医薬部外品のオールインワンゲルなら美白効果が実証されている美白有効成分を規定量配合しています。

一般的なオールインワンゲルは化粧品の扱いであり、美白有効成分が配合されていない、または配合されていても規定量ほどの含有量が配合されていないため美白効果は期待できません。

シミや美白対策を希望する方は医薬部外品のオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

美白有効成分の中でも特に美白効果が高いトラネキサム酸とアルブチンが配合されているオールインワンゲルなら美白効果を実感することができますよ。

 

乾燥肌・保湿対策なら保湿成分が豊富なものを選ぼう

 

乾燥肌は敏感肌やアトピー性皮膚炎、年齢肌・乾燥によるニキビなどの原因となります。

乾燥肌の方は保湿効果の高い成分配合のオールインワンゲルを選びましょう。

肌の乾燥は、角質層と肌表面の水分量が不足したときに起こります。

肌の水分を保持するためには角質層まで保湿成分を届ける必要があります。

また肌表面の水分が蒸発しないように、肌表面を守る役割のある成分が必要です。

浸透型コラーゲンが角質層まで浸透し肌に潤いを与えます。

水溶性コラーゲンは肌表面を保護し水分の蒸発を防ぐことで肌の乾燥を改善することができます。

乾燥肌の方は浸透型コラーゲン・水溶性コラーゲンの2つのタイプのコラーゲン配合のオールインワンゲルがおすすめですよ。

 

たるみ・ハリ不足・リフトアップならエイジングケア成分が豊富なものを選ぼう

 

たるみやハリ不足は加齢などが原因でエラスチンやコラーゲンなどが減少することで起こります。

エラスチンやコラーゲンは肌の奥にある真皮と呼ばれる部分に存在します。

繊維芽細胞ではコラーゲンやエラスチンの生成が行われますが、加齢などにより細胞の生成がスムーズに行えなくなるとコラーゲンやエラスチンが不足するため肌は弾力やハリを失い、たるみやハリ不足の原因となります。

真皮はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の3者がお互いを支え合うことで肌の弾力やハリを維持しています。

コラーゲンはロープのような役割で真皮内にネット上に張り巡らされています。

コラーゲンのネットを束ねて結ぶ役割を持つのがエラスチンです。

コラーゲンとエラスチンが絡み合った隙間に存在するのがヒアルロン酸です。

加齢などの原因により繊維芽細胞の生成が滞ることで肌の新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが乱れます。

コラーゲン配合のオールインワンゲルは不足したコラーゲンを補うことができるように思いますが、コラーゲンの分子は肌細胞より大きいため肌の奥まで浸透することができません。

そのため浸透コラーゲンの形で配合しているオールインワンゲルでなければ不足したコラーゲンを補うことはできません。

たるみやハリ不足などの年齢肌が気になる方は浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルが効果的です。

 

敏感肌なら低刺激・オーガニック・植物由来のものを選ぼう

 

敏感肌の方は肌のバリア機能が低下し少しの刺激でも肌への負担が大きく、ヒリヒリ感や赤み・炎症・アレルギーなど炎症の原因となります。

敏感肌の方は低刺激・オーガニック・ボタニカル処方のオールインワンゲルがおすすめです。

特に肌へのダメージが大きいとされるパラベン無添加のオールインワンゲルは敏感肌の人でも安心してつかうことができますよ。

オーガニックや植物由来のものならアレルギーや炎症が起きないということではなく、敏感肌の人は良い成分にもネガティブな反応を起こすことがあるため、オーガニックやボタニカル処方だから安心ということはありません。

オールインワンゲルの生成上で不要な、着色料や香料・パラベンなどが無添加なものを選ぶと安心です。

敏感肌の方は普段なら特に問題のない成分が、体調などにより急激に炎症やアレルギーを起こすことがあるため、添加物の表示を確認することをおすすめします。

 

周期ニキビ対策なら整肌成分配合のものを選ぼう

 

周期ニキビ(大人ニキビ)の原因はストレス・生活習慣・食生活・ホルモンバランスの乱れ・自律神経の乱れなど、原因は様々です。

周期ニキビは生理の周期に合わせて、同じ箇所に炎症が起きることが多いです。

周期ニキビは生理周期に影響され、女性ホルモンのプロゲステロンの作用により皮脂分泌が盛んになることが主な原因です。

スキンケアではホルモンバランスを調整することはできませんが、ニキビができにくく肌を整えることはできます。

オールインワンゲルには整肌成分が配合されており、繰り返しできる周期ニキビの予防に効果的です。

和漢エキスや抗炎症成分などは整肌作用があるため、オールインワンゲルを選ぶときはこれらの成分が配合されているものを選びましょう。

 

夏場は美白有効成分配合のものがおすすめ

 

夏場は紫外線対策をしていても100%防ぐことは難しく、多少の日焼けはしてしまいますよね。

夏場は日焼け対策をしていてもシミやそばかす予防のために美白有効成分配合のオールインワンゲルがおすすめです。

夏場は紫外線が強く、目から入った紫外線もシミの原因となります。

紫外線を浴びるとメラニンの生成が活性化されシミやそばかすの原因となります。

美白有効成分はメラニンの生成を活性化を抑制する働きがあり、シミやそばかすの予防に効果的です。

メラニンの生成が活性化されても、肌のターンオーバーと共にメラニンは排出されるためシミになることはありません。

しかし、加齢などの理由により肌のターンオーバーの乱れがあると、メラニンが排出されずに表皮細胞に蓄積してしまい、いずれシミとなって現れます。

つまりシミの原因は早めにブロックすることで予防することができるため、夏場は集中的に美白ケアをするのが効果的です。

夏場は美白有効成分配合のオールインワンゲルを使用することをおすすめします。

 

冬場は保湿成分が豊富なものがおすすめ

 

冬場は湿度が低く乾燥しやすく、暖房やエアコンなどの影響で空気が乾燥しています。

冬は乾燥肌が気になるという方も多いですよね。

冬場は気温が下がるため、体は体温を維持するために血管を収縮させ体温を維持させようと働きます。

血管が収縮すると、肌に栄養を届けている血管が細くなり皮膚の細胞に十分な栄養を届けることができないため機能が低下します。

皮膚は健康な状態を維持するために細胞間脂質であるセラミドや、表皮の水分蒸発を防ぐ皮脂を分泌する働きがありますが、血管就職により細胞の機能が低下することで皮膚の健康に欠かせない物質がスムーズに生成することができません。

セラミドは角質細胞と角質細胞の隙間にぎっしりと存在しており、たくさんの水分を抱え込んでいます。

セラミドの生成量が減少すると肌内部の水分量が減少し肌は乾燥します。

表皮の皮脂分泌量が低下することで肌の水分が蒸発しやすくなるため、肌は乾燥します。

冬の気候変化により肌は乾燥傾向になりやすい状態と言えます。

普段は乾燥肌ではない人も、冬は気づかないうちに肌内部が乾燥しているということも多いのです。

そのため、冬場は強い乾燥を感じなくても保湿対策を十分に行う必要があります。

冬場のオールインワンゲルは高保湿タイプを選ぶことをおすすめします。

冬場はセラミドの生成量が減少するためセラミド配合のものや、表皮の乾燥を防ぐコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているオールインワンゲルがおすすめです。

 

 

 

1本で美白&保湿ができる

初回購入は50%offでお得

 

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]1つで多機能なオールインワンゲルを使うメリット

 

オールインワンゲルのメリット3つのポイント

 

 

オールインワンゲルの使い方とメリットについて紹介します。

オールインワンゲルのメリットは「スキンケアが時短になる」「1本で多機能だからコスパが良い」「スキンケアアイテムが少ないため肌への負担が少なく美肌に繋がる」の3つが主なものです。

スキンケアが時短になると忙しい朝でも負担がありません。

オールインワンゲル1本で化粧水・乳液・美容液・クリームなどの機能があるためスキンケアアイテムを揃える必要がないためコスト削減に繋がります。

スキンケアアイテムが多いと肌を擦るなどの刺激が増えるため肌にダメージを与えますが、オールインワンゲルはシンプルなケアなので肌へのダメージが少ないのもメリットです。

オールインワンゲル1本では乾燥してしまう・・・という声も聞かれますが、保湿力の高いオールインワンゲルなら1本でしっかりと保湿することができ、時短&コスト削減&美肌を一度に叶えることができますよ。

 

 

 

 

 

1本で美白&保湿ができる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

オールインワンジェルを使うメリット1・時短

 

オールインワンゲルを使うメリットはスキンケアが時短できることですね。

スキンケアも悩み別にアイテムを揃えるととても時間がかかり、疲れているときは負担になることもありますよね。

1本でしっかり保湿ができるオールインワンゲルなら、これ1本でスキンケアが完了するから時短に繋がります!

特に朝の忙しいときは便利でおすすめですよ。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌馴染みが良く高保湿のタイプを選ぶと時短に繋がりますよ。

 

1本で化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地などの効果がある

 

オールインワンゲルは1本で多機能なことが時短に繋がります。

1本で化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地など、何役もこなします。

商品によっては、マッサージクリーム・パック・アイクリームなど、たくさんの機能があるものもあります。

たくさんの機能があると効果を期待しますが、機能が多いからと言って全ての機能に満足できるわけではありません。

オールインワンゲルは1つのアイテムの中にたくさんの機能を持たせているため、1つ1つの機能は十分とは言えません。

やはり肌悩みに特化したアイテムと比べると効果を実感するのは難しいかもしれません。

オールインワンゲルを選ぶときは、たくさんの機能があるものを選ぶよりも、高保湿なものを選んだ方が肌トラブルの改善に繋がります。

乾燥した肌では美容成分が肌の奥まで浸透することができません。

しっかりと保湿することで肌のターンオーバーが整い美肌に繋がります。

 

朝など忙しい時は時短で助かる

 

オールインワンゲルは1つのアイテムで全てのスキンケアが終了するので時短に繋がります。

朝など忙しいときはとても助かりますね。

でも、1本では保湿力が足りないと、乳液やクリームなど他のスキンケアアイテムを足すことになり、時短につながりません。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌の内部・表面の両方が潤う成分配合のものを選びましょう。

また、高保湿で肌馴染みが良いものなら、オールインワンゲルを塗布してすぐにメイクをすることができるので時短に繋がります。

浸透力が低いオールインワンゲルはベタつきがあり、すぐにメイクを始めることができないので、朝の忙しいときにはおすすめできません。

浸透型コラーゲン・水溶性コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、肌内部・表面の両方を保湿することができるので、肌馴染みが良く時短ケアに繋がりますよ。

 

オールインワンジェルを使うメリット2・コスパが良い

 

オールインワンゲルを使うメリットはコスパが良いことです。

スキンケアはアイテムが増えるほどコストがかかりますし、高機能なものやハイブランドのものは高価なものが多いですよね。

オールインワンゲルなら、ドラッグストアなどで1,000円程度のプチプラが売っていますし、機能性が高いものも5,000円以下で十分に買うことができます。

高保湿タイプのオールインワンゲルを選べば、他のスキンケアアイテムは必要がなくコストダウンにつながりますが、保湿力が低いオールインワンゲルではスキンケアアイテムを併用する必要があるためコストダウンになりません。

浸透型コラーゲンや水溶性コラーゲン配合のオールインワンゲルなら高保湿でおすすめです。

 

1本で多機能だからたくさんのアイテムを揃える必要がない

 

オールインワンゲルは1本で多機能なので、たくさんのスキンケアアイテムを揃える必要がなく、コスパが良いと言えます。

1本で化粧水・乳液・クリーム・美容液などの機能が揃っているので、たくさんのスキンケアアイテムの併用は必要ありません。

保湿力の低いものや浸透力の低いオールインワンゲルを選ぶと、1本では十分に保湿することができません。

オールインワンゲルのクチコミでは1本では乾燥が気になる・・・という声が複数見られます。

オールインワンゲルは1本でスキンケアが終了するのが基本であり、本来は他のスキンケアアイテムの併用は不要です。

1本だけでは乾燥を感じる方は保湿力や浸透力が低いオールインワンゲルを使っているケースが多いです。

高保湿タイプのオールインワンゲルなら1本で肌の内側からしっかりと潤うことができますよ。

 

オールインワンジェルを使うメリット3・肌刺激が少なく美肌に繋がる

 

オールインワンゲルのメリットはスキンケアが1本で終了するため、肌を触る・摩るなどの刺激が少なくて済むため、肌負担を軽減することができます。

顔の表皮の厚さはわずか2mmしかなく、目の周りなど皮膚の薄い部分は0.6mmほどしかありません。

表皮はそれだけ薄いため、少しの刺激でも肌には大きな負担になります。

肌は触わる・摩る・叩くなどの刺激を外部から攻撃だと認識し、肌を守るために角質層を厚くしてしまいます。

角質層が厚くなると肌のターンオーバーが乱れたり、肌のキメが乱れたり、美肌には程遠くなってしまいます。

スキンケアの基本はシンプルで肌の負担が少ない方法を選ぶことです。

オールインワンゲルならスキンケアによる肌負担を軽減することができ、美肌に繋げることができますよ。

 

1本でスキンケアが終了するから肌への刺激が少ない

 

オールインワンゲルは1本でスキンケアが終了します。

多くのスキンケアアイテムは複数の種類があり、肌悩みが増えるほどスキンケアアイテムも増えていきますよね。

スキンケアがアイテムが増えると肌に触る・摩る・叩くなどの刺激が増えてしまうため肌に負担がかかります。

オールインワンゲルは1本でスキンケアが終了するため、肌を触る機会が少なく肌負担が少ないと言えます。

美肌を目指すなら肌を必要以上に触らないことが重要です。

シンプルなスキンケアを取り入れることで肌ダメージによる年齢肌を予防することができますよ。

 

肌の摩擦が少ないからバリア機能低下や乾燥の原因を作らない

 

肌はスキンケアの際の摩擦によりダメージを受け、肌トラブルの原因となります。

スキンケアを行うときは手やコットンでパッティングしたり、指で塗り広げたり肌に摩擦を与える行為が多いですよね。

スキンケアにより肌表面を摩擦することで、肌表面の必要な角質細胞が剥がれてしまいバリア機能の低下に繋がります。

角質は肌のターンオーバーに伴い排出されますが、過度な洗顔や間違ったスキンケアなどにより必要な角質細胞まで剥がしてしまいます。

角質層は角質細胞が隙間なく並び水分で満たされています。

しかり摩擦により必要な角質細胞が剥がれてしまうと、そこから隙間ができ外部からの刺激に弱くなりバリア機能が低下します。

バリア機能が低下した肌は、紫外線や炎症・細菌などの刺激に弱くなり、肌トラブルに繋がります。

また必要な角質細胞が剥がれることで満たされていた水分が蒸発しやすい状態となるため肌は乾燥しやすくなります。

オールインワンゲルを選ぶときは高保湿タイプで1本で十分に保湿ができるものを選びましょう。

 

オールインワンジェルを使うメリット4・1本でたくさんの効果が得られる

 

オールインワンゲルは1本の中にたくさんの効果が期待できる成分が配合されています。

肌悩みが複数ある場合は、それぞれの悩みに合わせてスキンケアアイテムを揃える必要がありますが、オールインワンゲルの場合は様々な肌悩みをケアする成分が含まれているため、複数の肌悩みがある方におすすめです。

肌悩みに合わせてスキンケアを選ぶのが難しい人や、肌悩みが多すぎて何から揃えたら良いのか分からない人は、高保湿タイプのオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

1本で化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地・マッサージクリーム・パック・アイクリームなど多機能

 

オールインワンゲルは1本で多機能であり、様々なスキンケアアイテムの効果が1本に含まれています。

スキンケアアイテムの中でもエイジングケアラインは高価なものが多いですよね。

化粧水・乳液・美容液・クリームが一般的なスキンケアアイテムですが、肌悩みに合わせてアイクリームやマッサージクリームなどを別で揃えるとコストも大変ですし、たくさんの種類から選ぶのが難しいですよね。

またスペシャルケアのスキンケアアイテムは値段も高いですし、効果が高い商品や希少な成分が配合されている商品は1本で数万円もする商品もあります。

多くのオールインワンゲルはパックやクリームの効果があるため、1本で様々な肌悩みを改善・予防することができますよ。

 

1本で保湿・美白・エイジングケア・ニキビケア・毛穴ケアなど複数の効果が期待できる

 

オールインワンゲルは1本で様々な効果が期待できる成分が配合されています。

一般的なスキンケアアイテムの場合は、美白は美白に特化したアイテム、エイジングケアはエイジングケア専用のアイテム、ニキビケアはニキビケア専用のアイテムなど、それぞれの肌悩みに合わせてアイテムを揃える必要があるため、肌悩みが多い人はアイテムが増える一方でスキンケアにかかる時間もお金も大変でしたね。

オールインワンゲルは1本で複数の効果を期待できるので、たくさんのスキンケアアイテムを揃える手間もありません。

肌悩みが多くてどの悩み改善を優先したら良いのか分からない・・・という方は、保湿力が高いオールインワンゲルがおすすめです。

ニキビ・シミ・しわ・たるみなど様々な肌トラブルの原因は乾燥によるものが多いです。

乾燥した肌は角質細胞の間にたくさんの隙間ができ、バリア機能が低下しやすい状態となっており、様々な肌トラブルに繋がるのです。

肌の内部・表面をしっかりと保湿することで角質細胞と角質細胞の隙間を満たしている細胞間脂質(セラミド)の生成を活性化することができます。

セラミドの生成が活性化されると肌の保湿力が高まり、肌のターンオーバーやバリア機能が改善します。

高保湿タイプのオールインワンゲルなら肌の内側からしっかりと保湿することができ、様々な肌トラブルを改善することが期待できます。

肌悩みがたくさんあるという方は、まずは保湿をしっかりと行い、美容成分が肌の内部までしっかり浸透する肌の土台を整えて美肌を目指しましょう。

 

 

 

1本で保湿&美白

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]肌トラブルが多い人には向かないオールインワンゲルを使うデメリット

 

オールインワンゲルの使い方・3つのデメリットについて

 

オールインワンゲルの使い方・デメリットについて紹介します。

オールインワンゲルは1本でたくさんの機能があることや、スキンケアの時短に繋がるなどメリットが多い反面、デメリットもあります。

オールインワンゲルを使うデメリットは、「肌悩みが多い人は使いにくい」「肌悩みへの効果が弱い」「肌の調子に合わせたケアが難しい」の3点です。

しわ・シミ・たるみ・毛穴・くすみなど、様々な肌トラブルがある人は、1本のオールインワンゲルだけで悩みを解消するのは難しいです。

全ての肌トラブルの原因となる乾燥を改善することで肌悩みが改善するため、肌悩みが多い人は高保湿タイプのオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

1本で保湿&美白ができる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

オールインワンジェルを使うデメリット1・肌の悩みが多い人には向いていない

 

オールインワンゲルは1本でスキンケアが行えるため時短に繋がるアイテムとして人気がありますね。

でも、肌悩みが多い人は選び方がとても重要です。

肌悩みが多い人も、原因は肌の乾燥であることが多いのですが、肌悩みに目が行ってしまい肌トラブルの原因が解決できない方が多いのです。

肌悩みの解決のためには肌の保湿力を高める必要があり、保湿力の低い肌ではどんなに高価なスキンケアアイテムを使っても肌悩みは解決できません。

肌悩みが多い人は高保湿タイプのオールインワンゲルを選び、肌の内側からしっかりと保湿ができるようにしましょう。

 

1本で多機能だが肌トラブルが多い人ではカバーできない

 

オールインワンゲルは1本でたくさんの効果や機能があります。

1本で保湿・美白・毛穴ケア・ニキビケア・エイジングケアなど、様々な肌トラブルに効果的などと謳われている商品も少なくありません。

でも、多くの肌悩みの原因は肌の乾燥(保湿力の低下)であり、保湿力を改善しなければ肌トラブルが解消することはありません。

肌悩みが多い人はそちらに目が行きがちですが、まずは保湿をしっかりと行い美容成分がグングンと浸透する肌を作ることから始めるのが効果的です。

保湿力の高い肌は、肌のターンオーバーが整っており、新しい肌細胞が理想的なサイクルで生まれており、肌が本来持っている力で肌トラブルを防ぐことができます。

でも保湿力が低下した肌は、肌のターンオーバーが乱れ、新しい肌細胞が生まれ変わるサイクルが異常となり、様々な肌トラブルの原因となります。

保湿力が低下した状態は肌のターンオーバーが乱れている状態であり、バリア機能も低下しています。

バリア機能が低下した肌は外部からの刺激や紫外線などのダメージに弱く、肌トラブルに移行しやすいのです。

肌悩みが多い人は1本で全ての悩みを解決することはできませんが、高保湿タイプのオールインワンゲルを選ぶことで保湿力を高め肌が本来持っている健康な肌を作る力を引き出すことで美肌に繋げることができます。

 

オールインワンジェルを使うデメリット2・肌の悩みへの効果は弱い

 

オールインワンゲルは1本にたくさんの効果が謳われているため、肌悩みの全てが解決できる!と期待してしまいますよね。

でも、1本で多機能ではありますが一つ一つのスキンケアの効果は弱いと言えます。

そのため肌悩みの多い人は、オールインワンゲルだけでは満足できないかもしれません。

オールインワンゲルは肌悩みに特化したスキンケアアイテムに比べると、肌悩みへの効果は弱いため、まずは肌内部をしっかり保湿できるタイプのオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

肌悩みが深刻になる30代~40代以降の方は、加齢によりセラミドやコラーゲンなどの保湿成分の生成量が低下し、乾燥しやすい状態となります。

加齢により乾燥肌になりやすくなると、シミ・しわ・たるみ・毛穴の開きなど、様々な年齢肌の悩みが出てきます。

年齢肌の原因は皮膚の保湿力の低下だと言えますね。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌悩みをケアする商品よりも、肌内部からしっかり保湿ができる高保湿タイプを選ぶと、乾燥が原因で起きる年齢肌の悩みの改善に繋がります。

 

1本で多機能だがひとつひとつの機能は弱い

 

30代~40代になると、肌の新陳代謝が低下し肌のターンオーバーが乱れます。

理想的な肌のターンオーバーは28日間隔ですが、肌のターンオーバーが乱れると代謝のサイクルが短くなり、新しい細胞が成長し成熟する前にターンオーバーと共に細胞が排出されてしまうため、肌表面は常に未熟な細胞となります。

未熟な細胞は保湿力やバリア機能が弱いため、肌は少しの刺激にも敏感となり肌老化の原因となります。

オールインワンゲルは1本で多機能であり様々な効果が期待できますが、全ての肌トラブルの原因は肌の乾燥なので、保湿力を向上させなければ美白にはなりません。

肌悩みに特化したスキンケアアイテムと比較すると、オールインワンゲルの効果や機能は弱いため、肌悩みが多い人がオールインワンゲルを選ぶときは、高保湿タイプを選ぶことをおすすめします。

浸透型コラーゲンや水溶性コラーゲン・ヒト型セラミド・ヒアルロン酸などを配合した高保湿タイプのオールインワンゲルなら、肌の保湿力を改善し、様々な年齢肌の悩みの改善が期待できます。

 

オールインワンジェルを使うデメリット3・肌の調子に合わせたスキンケアが難しい

 

オールインワンゲルは基本的には1本で化粧水・乳液・クリームなどの機能があるため、他のスキンケアの併用は必要ありません。

そのため、保湿力が高いオールインワンゲルを選べば1本でスキンケアが終わってしまいます。

しかし、保湿力が低いオールインワンゲルを選んでしまうと1本では乾燥してしまい、化粧水や乳液・クリームなどのスキンケアアイテムを併用する必要があります。

オールインワンゲルの効果的な選び方は、1本でしっかりと保湿できるものを選ぶことです。

 

1本で多機能だが肌トラブルに合わせてアイテムを足したり入れ替えることができない

 

オールインワンゲルは保湿力の高いものを選ぶことで、他のスキンケアアイテムは必要がなくなります。

でも、肌トラブルがあったときにアイテムを足したり入れ替えたりすることができないことがデメリットにもなります。

季節の変わり目や生理周期などに肌荒れが起きたり、痒みなど肌トラブルがあるときに、肌トラブルの原因となっている成分がある場合は入れ替えたいところですが、1本に全ての成分が入っているオールインワンゲルでは入れ替えることはできません。

また、どの成分が肌トラブルの原因となっているのかが分かりにくいのもデメリットと言えます。

肌トラブルや季節など肌の調子に合わせてスキンケアアイテムを入れ替えたくても、1本で全ての機能があるオールインワンゲルでは入れ替えができません。

オールインワンゲルを選ぶときは、季節や肌悩みなどに関わらず、どのタイプの肌にも使用できるものを選ぶと失敗がありません。

様々な肌トラブルの原因となる乾燥肌を改善することで肌トラブルは解消されるため、オールインワンゲルを選ぶときは高保湿タイプのものを選ぶことをおすすめします。

 

オールインワンジェルを使うデメリット4・肌に合わない時の対処が難しい

 

オールインワンゲルは1本で様々な機能があり、たくさんの成分がひとまとめに入っています。

スキンケアアイテムをライン使いしていれば、それぞれのアイテムにどのような成分が配合されているのかわかりますが、オールインワンゲルの場合は1本に全てが配合されているため、肌に合わないときの対処が難しいです。

スキンケアアイテムをライン使いしていれば、肌に合わないアイテムが合ったら取り替えたり辞めることができますが、オールインワンゲルは対処が難しいですよね。

オーガニックやボタニカルだから肌トラブルの可能性がないとは言い切れないため、もし肌トラブルが起きた場合は早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

 

肌トラブルが起きた時にどのアイテムが肌に合わなかったのか判断が難しい

 

オールインワンゲルを使用中に肌トラブルが起きても、どのアイテムが肌に合わなかったのか判断が難しいですよね。

オーガニックやボタニカルでも、体調や季節によっては肌トラブルの原因となることもあります。

今ままでにアレルギーや肌荒れなどを起こしたことがない方でも、乾燥からくるバリア機能の低下によりアトピー様の症状が出ることもあります。

肌トラブルが起きたときに、まずは肌に合わないと感じるスキンケアを中止すると思いますが、オールインワンゲルの場合は1本に全てのスキンケアアイテムが入っているため、どのアイテムが肌に合わなかったのか判断ができません。

乾燥から痒みや赤みがあるときは肌のバリア機能が低下している状態のことが多く、普段は問題なく使えているスキンケアでも肌荒れを起こすことがあります。

オールインワンゲルを選ぶときは高保湿タイプを選び、肌の乾燥からくるバリア機能の低下を予防することで、肌トラブルを抑えることができますよ。

肌トラブルが起きてしまう前に、まずは保湿ケアを心がけましょう。

 

 

 

1本で保湿&美白ができる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]塗る順番・適量・重ねづけの方法・保管方法など正しい使い方

 

オールインワンゲルの基本的な使い方3つのポイント

 

オールインワンゲルの効果的な使い方について紹介します。

オールインワンゲルの効果を実感する塗り方の3つのポイントは「朝は少量・夜なたっぷり塗布する」「目元・口元など乾燥する場所は重ねづけする」「頬からゆっくりハンドプレスする」の3点です。

オールインワンゲルだけでは乾燥してしまう・・・という方は、肌の内部までしっかり浸透するようにハンドプレスで押し込むと乾燥が和らぎます。

効果的な塗り方をすることで乾燥を和らげることはできますが、保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶことで美肌を実感することができます。

オールインワンゲルを選ぶときは、保湿効果が高い浸透型コラーゲン・水溶性コラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

1本で保湿&美白ができる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

オールインワンジェルの正しい使い方1・朝は少量、夜はたっぷり塗る

 

オールインワンゲルの正しい使い方を紹介します。

オールインワンゲルは効果的な使い方をすることで、時短&美肌の両方を叶えることができます。

オールインワンゲルは化粧水に比べると油分が多くテクスチャが硬いため肌の内部への浸透に時間がかかります。

肌の内部にしっかり浸透するように適量を守り、塗り方のコツを実践しましょう!

オールインワンゲルだけでは乾燥してしまう・・・という方は、塗り方を見直すことも大切ですが、浸透力の高いオールインワンゲルに変えるのも1つの手です。

浸透型コラーゲン・水溶性コラーゲン配合のオールインワンゲルは、肌の内部・表面をしっかりと保湿することができるのでおすすめですよ。

 

オールインワンゲルの適量は500円玉大

 

オールインワンゲルの適量は商品によって異なりますが、500円玉大が適量です。

オールインワンゲルはジェル状のテクスチャなので、一気に顔に広げるとベタついてしまい均一に伸ばすことができません。

適量を顔に点置きし、面積の広い場所から円を描くように馴染ませましょう。

オールインワンゲルを肌にのせると、体温でテクスチャが柔らかくなり肌に馴染みやすくなります。

しっかりと浸透させるためにも、点置きをして満遍なくジェルが塗布できるようにしましょう。

 

適量を顔全体とフェイスライン・デコルテまで塗る

 

フェイスラインやデコルテは顔の皮膚とつながっており、顔がたるむとフェイスラインやデコルテにもたるみやシワができやすくなります。

フェイスラインやデコルテは年齢が出やすい部分なので、見た目年齢をマイナスにしたい方はフェイスラインやデコルテの保湿対策も重要です。

フェイスラインやデコルテは顔に比べて皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすい部位です。

乾燥はシワの原因となりますし、年齢と共にコラーゲンが減少し顔の脂肪がたるむとフェイスラインが崩れ、デコルテにはシワが出やすくなります。

オールインワンゲルを適量とり、顔全体に馴染ませたあとに、手に残ったジェルをフェイスラインやデコルテにも伸ばしましょう。

フェイスラインやデコルテに塗布する際に、リンパの流れに沿って塗布すると老廃物が流れやすくなるため、皮膚の新陳代謝が改善され美肌につながりますし、小顔効果もありますよ。

 

朝は少量の塗布で時短&メイク崩れ防止

 

朝のスキンケアは時短したいけど、夕方までしっかり潤わせたいですよね!

朝は忙しい方が多いのでスキンケアはなるべく時間をかけたくない方が多いと思います。

オールインワンゲルを適当に塗布してしまうと浸透せずに顔の表面に溜まってしまい、汚れやメイク崩れの原因となります。

オールインワンゲルは化粧水に比べてテクスチャが固く、肌の内部にしっかりと浸透させないと肌表面に残ってしまうため、朝は少量をしっかりと入れ込むようにしましょう。

オールインワンゲルは化粧下地の効果もあるため、適量を手にとったら顔全体に均一に点置きし、顔全体に馴染ませましょう。

円を描くように塗布しますが、それだけでは肌の内部まで浸透せずに皮膚表面に残ってしまいます。

全体に満遍なく塗り広げたら、手のひら全体を使ってハンドプレスします。

手のひらは体温が高いため、ハンドプレスにより顔の毛細血管が広がるため、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

特に目や口周りなどは乾燥しやすいため、時間をかけてハンドプレスをしましょう。

肌は十分に保湿されるとヒンヤリと冷たくなり、手が吸い付くようにモチっとします。

この状態になったら、それ以上に水分を入れようとしても許容オーバーになり肌の内部に浸透しません。

肌がヒンヤリと冷たくなるまで、ゆっくりと手のひら全体を使って浸透させましょう。

 

夜はたっぷり塗布で保湿効果アップ

 

夜は1日の肌の疲れを癒し、肌トラブルの原因を予防したいですよね。

日中は紫外線やブルーライト、外気の汚れ、メイクによる負担など、肌にとってダメージが大きいですよね。

夜は肌の汚れをしっかりと落とし、肌をゆっくりと休めたいですね。

クレンジング&洗顔の後は、皮膚に必要な皮脂も洗い流されてしまうため肌は乾燥しやすくなります。

ウォータープルーフタイプの化粧品や、シリコン配合の化粧品を使用している場合は、オイルクレンジングでなければ落ないため、刺激の強いくレンジングが必要になります。

洗浄力の強いくレンジングはメイク汚れを落とすことはできますが、肌に必要な皮脂も過剰に落としてしまいます。

クレンジングの後は保湿力の高いスキンケアが必要ですね。

夜のオールインワンゲルはたっぷりの量を使い、過剰に洗い流してしまった皮脂を補いましょう。

健康な皮膚の表面は天然の保湿成分により守られています。

でも、天然の保湿成分はクレンジングや洗顔のたびに洗い流され乾燥肌や敏感肌の原因となるため、スキンケアで肌表面の保湿因子を補いましょう。

肌の内部まで浸透する浸透型コラーゲンと、肌表面を保護する水溶性コラーゲンの両方が配合されたオールインワンゲルなら、クレンジングや洗顔による乾燥をケアすることができますよ。

夜はオールインワンゲルをたっぷりと塗布することで肌表面の保湿因子を補い、翌朝までしっかりと保湿することができます。

夜にしっかりと保湿をすることで朝まで保湿効果が続き、翌朝のメイク乗りも良くなりますし、続けることで美肌に繋がりますよ。

 

夜間はスキンケアに時間をかけよう!少量を2~3回に分けて塗ると浸透力アップ

 

朝は忙しい方も夜はぜひスキンケアに時間をかけてほしいと思います。

朝は時短がメインのスキンケアも、夜は美肌のためのケアがおすすめです。

シミ・しわ・たるみ・乾燥・ニキビ・毛穴の開きや黒ずみなど、肌トラブルのほとんどの原因は肌の乾燥です。

肌は十分に保湿することで、肌本来が持っている力を発揮することができますが、水分が不足すると様々な肌トラブルに繋がります。

夜はじっくりと乾燥対策に時間をかけることをおすすめします。

夜はたっぷりのオールインワンゲルを2~3回に分けて塗布しましょう。

1回にたくさんの量を乗せてしまうと肌の内部まで浸透せずに皮膚表面に残ってしまいます。

少量ずつを2~3回に分けて塗布すると浸透力が高まります。

塗布する際は、ゴシゴシと擦るのではなく、手のひらで包み込むようにゆっくりとハンドプレスします。

目のキワや小鼻の周りなどの細かい部分もしっかりとハンドプレスしましょう。

手のひらは体の中でも体温が高い場所なので、温感両方と同じような効果が期待できます。

肌は適温で温めると毛細血管が広がり血行が良くなるため、皮膚細胞の活性化に繋がり、美肌に近づくことができますよ。

 

オールインワンジェルの正しい使い方2・目元、口元は重ね着けで乾燥対策

 

オールインワンゲルは時短アイテムなので、サっと塗って終わりたい!という方も多いですよね。

でも、顔の中でも目元や口元は皮脂分泌が少ないため乾燥しやすいため、十分な保湿が必要です。

とくに目の周りは皮膚が薄く、様々なトラブルが目立ちやすい場所です。

ちりめんジワやクマなど、目周りにはトラブルが集中しやすく、年齢を感じさせるパーツと言えます。

目元や口元は乾燥しやすいためトラブルが起きやすいパーツなので、オールインワンゲルを重ねづけして保湿対策をしましょう。

乾燥を感じるときや、寝る前に目周り・口周りだけ重ねづけをすると、翌朝まで保湿効果が続きます。

冬は夜間もエアコンなどの暖房をつけている方が多く空気が乾燥していますよね。

特に冬は目周りや口周りの乾燥が強くなり、シワなどの原因となるため、重ねづけをすることをおすすめします。

 

オールインワンジェルの正しい使い方3・面積の広い場所(頬)から塗る

 

オールインワンゲルの効果的な使い方は、面積の広い場所(頬)から順番に塗ることです。

オールインワンゲルは時短アイテムなので、ぱぱっと塗ってしまいたいですが、面積の広い場所から塗り広げ、しっかりと浸透させましょう。

オールインワンゲルを塗る順番は、頬⇒おでこ⇒顎⇒鼻(Tゾーン)の順番がおすすめです。

面積が広い場所から塗ることで、顔全体に均一に塗布することができます。

Tゾーンは皮脂分泌が多いため、最後に手に残ったジェルを塗布するだけでも十分です。

 

皮脂が多いTゾーンは最後に塗るとベタつき防止になる

 

Tゾーンは頬や顎などのパーツに比べると毛穴の数が多く、皮脂を分泌するための大きな毛穴が集中しています。

そのため、Tゾーンは皮脂分泌が多くテカリやすいパーツです。

朝のスキンケアのときは特に、ベタつきやテカリが気になるTゾーンは、最後にオールインワンゲルを塗るとベタつきやテカリの防止になります。

皮脂が多いから塗らなくても良いかな?と思うかもしれませんが、乾燥により皮脂分泌が余計に多くなるため、スキンケアの最後に少なめに塗布しましょう。

皮脂分泌が多いパーツは、スキンケアやベースメイクをなるべく少量にすることを心がけると、テカリやベタつきを予防できますよ。

 

顔の内側から外側、下から上に向かって塗る

 

オールインワンゲルはマッサージクリーム効果があるため、塗布する際は筋肉やリンパの走行を意識して塗布することをおすすめします。

顔の内側から外側に向かって塗り広げることで表情筋を刺激することができます。

顔の下から上に向かってマッサージをするように塗ることで、たるみやシワの改善に繋がります。

顔の皮膚はとても薄いため、強い力でマッサージをすると肌にダメージを与え肌トラブルの原因となるため、肌を擦らないように注意しながら、ゆっくりと手のひら全体を使ってプッシュするようにマッサージをしましょう。

 

化粧水などを併用する場合の順番・水分量が多いアイテムから塗る

 

スキンケアをするときは水分量が多いものから順番に塗ることで効果が高まります。

オールインワンゲルは1本で化粧水や乳液の効果がありますが、併用する場合は化粧水⇒オールインワンゲル⇒乳液⇒クリームの順番で、水分量が多いものから順番に塗りましょう。

油分が多いものを先に塗布してしまうと、肌表面に皮膜を作ってしまうため、その後のスキンケアが浸透しません。

せっかく塗布してもスキンケアが浸透しないため、十分な効果を得ることができません。

その他のスキンケアアイテムと併用するときは、塗る順番に注意しましょう。

 

オールインワンゲルの正しい使い方4・冷蔵庫保存で劣化を防止

 

スキンケアの多くは高温多湿を避けて保存することと表示されていることが多く、隷書や冷蔵庫での保存と記載されている商品はないでしょう。

でも、冷蔵庫は温度変化が少なく、湿度が保たれており、様々なものの保存や品質管理に役立ちます。

油分が多いものは低温で保存をすると固まってしまいますが、オールインワンゲルはジェル状のテクスチャなので、冷蔵庫で保管しても固まることはありません。

美容液やクリームなど油分が多いものは冷蔵機で保管すると固まってしまったり、品質が変化する恐れがあるため、冷所での保管をおすすめします。

 

スキンケアを冷蔵庫で保管するメリット

 

スキンケアを冷蔵庫で保管するメリットは品質の劣化防止に繋がることです。

オールインワンゲルはスパチュラや綿棒を使用する方も多いと思いますが、蓋を開けるために雑菌はついてしまいます。

ジェルを手で出す場合は手の雑菌もついてしまいます。

菌は高温体質を好むため、洗面所など温度変化が激しい場所では品質が劣化する恐れがあります。

一般的なスキンケアには保存料や安定剤が使用されており、雑菌が繁殖しないようにされていますが、肌につけるものなので清潔に越したことはありません。

また、温度や湿度により多少のテクスチャの変化はあります。

オールインワンゲルの場合は冷蔵庫で保管することで、品質劣化やテクスチャの変化を予防することができますよ。

 

スキンケアを冷やすことで毛穴引き締め効果がある

 

スキンケアを冷所で保管すると冷たくなり、肌につけたときに毛穴が引き締まります。

夏場は冷蔵庫で保管した化粧水をつけると、さっぱりとして気持ちがいいですよね。

皮膚は冷たいものを乗せると毛細血管が引き締まるため、毛穴が引きしまる感覚があります。

逆の暖かいものを乗せると毛細血管が広がるため毛穴が開き、美肌成分が浸透しやすくなります。

ただ、冷蔵機で冷やしたスキンケアを使用すると毛穴が引き締まる感覚がありますが、すぐに元に戻ってしまいます。

収れん効果のあるスキンケアは引き締める成分が配合されているため毛穴ケアに向いていますが、冷蔵庫で冷やしたスキンケアで収れん効果を求めるのは難しいです。

オールインワンゲルは肌の内部まで美肌成分を浸透させることで肌トラブルの予防につながるため、毛穴を引き締めてしまうと美容成分の浸透が悪くなってしまいます。

夏の皮脂防止・テカリ防止やすっきり感・清涼感などには効果的ですね。

また、眠たいときに冷たいスキンケアを使用することで目が覚めたり、朝のむくんだ顔が引き締まるなどの効果が期待できます。

基本的には冷蔵庫でははなく温度変化の少ない暗所での保管がおすすめです。

 

 

 

 

1本で保湿&美白

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]効果的な塗るタイミングや頻度/保湿力アップの塗り方

 

オールインワンゲルの効果的な使い方/塗るタイミングや使う頻度

 

 

 

 

オールインワンジェルの効果的な使い方1・入浴後すぐに塗布する

 

オールインワンゲルを使う効果的なタイミングは入浴後すぐに塗布することです。

入浴後は血管が広がり、角質層が柔なくなっているため、美容成分が肌の奥まで浸透しやすいタイミングです。

たくさんのスキンケアアイテムがあると入浴後すぐに塗るのは難しいですが、オールインワンゲルなら1つのアイテムでスキンケアができるため、入浴後の急激な乾燥を防ぐことができます。

できれば、入浴後すぐに塗布したほうが美容成分が浸透浸透するため、脱衣所にオールインワンゲルを準備しておくと良いですね。

脱衣所はお風呂場の湿気などもあり温度や湿度の変化が大きいので、脱衣所に常備しておくと品質が劣化する可能性があるため、お風呂のたびに脱衣所に持っていき、普段は暗所に保管することをおすすめします。

 

入浴後の肌はすぐに乾燥する

 

入浴後は肌表面の皮脂膜やセラミドなど保湿に不可欠なものが洗い流されているため、肌は無防備な状態になっています。

洗顔やクレンジングにより、肌表面の必要な皮脂まで洗い流してしまうため、入浴後は急激に乾燥します。

入浴後はすぐに保湿をするのが乾燥肌や敏感肌を予防するポイントです。

入浴後は肌が無防備な状態になっており、急いでオールインワンゲルを塗布したり、ゴシゴシ擦ったりすると必要な角層が剥がれてしまい、乾燥やバリア機能の低下に繋がります。

入浴後は時間を開けずにスキンケアをするのが理想的ですが、普段以上に肌が敏感になっているため、まずはオールインワンゲルを顔に5点置きし、服を着ながら伸ばすとテクスチャが柔らかくなり伸びが良くなります。

オールインワンゲルの効果的な使い方は一気に伸ばさないことです。

5点置きしたら、着替えをしたり頭を乾かしたり、他のことをしながらゆっくりと伸ばしハンドプレスで仕上げましょう。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方2・朝、夕どちらにも使えるゲルを選ぼう

 

朝用のスキンケア。夜用のスキンケアとアイテムを分けている方もいますが、朝夕どちらにも使えるスキンケアなら、たくさんのアイテムを揃える必要がないため手間がありませんね。

朝はとにかく時短したい!だからオールインワンゲルを使って、夜はゆっくりスキンケアしたいからライン使いでスキンケアを行う方もいますね。

美肌のためのスキンケアで大事なことは、常に保湿を心がけることです。

肌が内側からしっかりと保湿できれば、スキンケアの方法はシンプルな方が肌への負担が少ないのです。

アイテムが増えれば増えるほど塗布する際に肌に刺激を与えてしまい、少しの刺激も積み重ねると肌トラブルの原因となります。

オールインワンゲルは1つのアイテムでスキンケアが終了するため、肌負担が少ないスキンケアと言えます。

朝・夕どちらにも使えるオールインワンゲルを使用すれば、肌負担も少ないですし、スキンケアの時間短縮やコストダウンなどメリットがたくさんありますよ。

 

朝は少量でも保湿ができるものを選ぼう

 

オールインワンゲルを朝に使い方方は、少量でもしっかりと保湿できるものを選びましょう。

プチプラのオールインワンゲルは保湿力が低いものが多く、たっぷりを塗布しなければ乾燥してしまうということが多いです。

たっぷりと塗ると肌に浸透せずに肌表面に残ってしまうため、化粧崩れや汚れによる肌荒れの原因となります。

朝はスキンケアの後にすぐメイクをしたい方も多いですよね。

日中のメイク崩れやヨレを防止するためには、スキンケアや化粧下地はなるべく少量塗布するのがポイントです。

肌は保湿をしすぎると皮脂が不足していると判断して余計に皮脂を出そうとしてテカリやベタつきの原因となります。

朝は適量を守り、ゆっくりとハンドプレスで肌の内部まで浸透させましょう。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、肌の内部に浸透しやすく内側からしっかりと保湿することができるため、少量でも保湿効果を実感することができますよ。

 

夜はたっぷり塗ってもベタつかないものを選ぼう

 

夜はゆっくりとスキンケアをしたいという方も多いですよね。

夜は1日の肌の疲れを癒すためにも、しっかりと保湿をしたいですね。

寝る前はオールインワンゲルをたっぷりと塗布して、寝ている間に肌の調子を整えたいですね。

浸透力の低いオールインワンゲルはたっぷり塗るとベタつき、肌の奥まで浸透しません。

浸透力の高いオールインワンゲルは、どんどん浸透するため肌の内側からしっかりと保湿することができます。

浸透力が高いオールインワンゲルは、美容成分を肌の奥まで届けることができるため、美肌に繋がります。

夜用のオールインワンゲルは浸透力が高く、ベタつきがないものを選ぶことをおすすめします。

浸透型コラーゲンは肌の内部を保湿し、水溶性コラーゲンは肌表面の保護に役立ちます。

オールインワンゲルを選ぶときは、浸透型コラーゲン・水溶性コラーゲン配合のものを選びましょう。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方3・ジェルパック週2回で美肌に

 

オールインワンゲルはパックとしての機能もあります。

ジェルをコットンにたっぷりと取り、顔に10分ほど塗布するとシートマスクのように美容効果が高まります。

ジェルパックは毎日行うこともできますが、普段はスキンケアにゆっくり時間をかけられない方は週末に週1回だけでもジェルパックをすると保湿力の違いに驚くかもしれません。

やはりコットンでジェルパックをすることで、肌への浸透力や密着率が高まるため、ただ塗布したときと比べると肌にたっぷりと水分や栄養が行き渡ったのがわかると思います。

肌がザラザラする・ゴワゴワするなど、角質が溜まっていると感じるときは、プーリングと同時にオールインワンゲルのコットンパックをするとお肌がプルプルになりますよ。

 

オールインワンゲルの頻度は1日2回、毎日使える

 

オールインワンゲルを使い頻度は毎日でも大丈夫です。

オールインワンゲルは普段使用するスキンケアアイテムの1つであり、スペシャルケア用のアイテムではありません。

オールインワンゲルを普段のスキンケアとして使うのではなく、スペシャルケアのときだけ使う人もいます。

でも、基本的には毎日のスキンケアの際に使用するものなので、

ジェルパックなどスペシャルケアは週2回程度がおすすめ

 

オールインワンゲルを使ったジェルパックなどのスペシャルケアは週2回程度がおすすめです。

スキンケアはシンプルな方が毎日続けやすいですし、美肌のためには毎日コツコツと続けることが何よりも大事です。

スペシャルケアを頑張ってしまうと、面倒くさくなってしまい続きません。

ジェルパックなどのスペシャルケアが週2回程度がおすすめな理由は、角栓の毛穴つまりを予防することや、保湿力を高めるために必要な頻度だからです。

ターンオーバーにより不要な角栓は排出されますが、肌のターンオーバーが乱れていたり、間違ったスキンケアなどにより角栓が排出されないと、余分な角栓が毛穴につまり、毛穴の汚れや黒ずみ・ニキビの原因となります。

角栓による毛穴つまりを予防するためには、肌のターンオーバーを整える必要があり、肌のターンオーバーを整えるためには肌内部の保湿が重要になります。

肌は本来、自ら潤う力を持っていますが、加齢や間違ったスキンケアなどにより天然の保湿因子が低下し、乾燥肌となります。

肌が本来持っている保湿力を高めるためには、肌の余分な汚れを落として、必要な栄養素を届けることです。

週2回程度のジェルパックを行うことで、肌の保湿力が上がりターンオーバーの正常化に繋がります。

ジェルパックの際は、ピーリングと一緒に行うとより効果的です。

ピーリングは毛穴の角栓つまりがない状態なので、肌の奥まで美容成分が届きやすいのです。

オールインワンゲルを使ったスペシャルケアは負担やストレスを感じない程度に行うことをおすすめします。

 

 

 

 

スペシャルケアで美白効果を実感

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]効果アップの裏ワザ・スペシャルケア/ベタつきやモロモロを抑える塗り方

 

オールインワンゲルの効果的な使い方・スペシャルケアで保湿力アップ

 

オールインワンゲルの効果的な使い方のポイントは保湿力アップに繋がるケアを行うことです。

オールインワンゲルをスペシャルケアに使うときは「角質ケア+ジェルで保湿」「週2回のジェルパックで保湿」「コットンで塗布する」の3つがポイントです。

オールインワンゲルの効果を高める使い方、ベタつきやモロモロを抑える塗り方を紹介します。

 

 

 

 

1本で美白&保湿

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

オールインワンジェルの効果的な使い方1・角質ケア+オールインワンゲルで美肌になる

 

肌のターンオーバーと共に排出される角質は、役目を果たし死んだ肌細胞であり、肌にとっては不要なものです。

角質はターンオーバーと共に排出されなければ、肌にとっては余分であり負担となるものです。

健康な肌はターンオーバーが整っており、不要な角質は洗顔時に洗い流されてしまうため、角栓が毛穴に詰まるなどのトラブルにはつながりにくいです。

でも、加齢やストレスなどが原因でターンオーバーが乱れてしまうと、角質が排出されずに表皮に停滞してしまいます。

停滞した角質は毛穴に入り込み、毛穴つまりを起こします。

詰まった角栓は酸化され黒ずみになったり、詰まった毛穴と皮脂が混じることで汚れから炎症を起こすなど肌トラブルの原因となります。

角質は定期的にケアをすることで肌の状態を健康に保つことができます。

特に季節の変わり目などは肌のターンオーバーが乱れやすく、肌のザラつきやゴワつきを感じやすいです。

洗顔時に肌がザラザラするとか、ゴワゴワすると感じたら角栓ケアのタイミングです。

季節や個人差によって角質ケアの頻度は異なりますが、1~2週間に1回程度はピーリングを行うと不要な角質が取り除かれるため肌を健康に保つことができますよ。

ピーリングやパックの後は肌が乾燥しやすくなるため、オールインワンゲルをたっぷりと塗布して肌の水分の蒸発を抑えましょう。

 

定期的な角質ケアで角層を柔らかくしよう

 

不要な角質が停滞すると角層が厚くなり固くなります。

角質層の内部は、角質細胞が並んでおり、角質細胞と角質細胞の隙間に細胞間脂質であるセラミドなどが充満し、水分を抱え込んでいます。

角質層に不要な角栓が停滞していると肌のターンオーバーが乱れます。

定期的な角質ケアを行うことで、厚く硬くなった角層を柔らかくすることができ、美容成分が浸透しやすい肌になります。

健康な肌はターンオーバーが整っており、不要なものは排出され、自ら保湿因子を作り出し、肌の水分と油分のバランスが良好な状態です。

肌のターンオーバーが乱れた肌は、不要なものは排出されず、保湿因子を作り出す力が低下し、水分が不足して油分が過剰になっている状態です。

このようなトラブルを起こしている肌は、定期的な角質ケアと保湿ケアにより健康な肌に近づけることができます。

定期的な角質ケアとオールインワンゲルを組み合わせることで保湿力が高まりますよ。

 

1~2週間に1回の角質ケアで有効成分をしっかり浸透させる

 

角質が停滞し角層が厚く固くなった肌は、いくら有効成分配合のスキンケアを使用しても成分の浸透が悪く美肌効果を実感することができません。

1~2週間に1回の角質ケアにより、不要な角質を取り除き、有効成分が浸透しやすい肌に整えたいですね。

健康な肌なら余分な角質は排出され、皮膚の新陳代謝が正常に行われています。

健康な肌は毛穴つまりがないため、有効成分が浸透しやすいです。

シミやしわ・たるみ・ニキビなど、何かの肌トラブルがあるヒトは、角質が停滞し肌のターンオーバーが乱れていることが多いため、定期的に角質ケアを行い有効成分が浸透しやすい環境を作りましょう。

 

角質ケア(ピーリング)の後はジェルパックをすると保湿効果アップ

 

余分な角質は皮脂を混じり合い角栓となって毛穴につまります。

角栓は洗顔やクレンジングでは除去することが難しいため、角栓を溶かす効果のあるピーリング剤を使用することをおすすめします。

ピーリング剤はAHAやBHAの作用により角栓を溶かして掻き出します。

ピーリングを行うと不要な角栓だけではなく、必要な皮脂まで洗い流してしまいす。

そのため、ピーリング後は肌が乾燥しやすい状態となります。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方2・週2回のジェルパックでターンオーバーを正常化

 

オールインワンゲルは普段のスキンケアとして使用するのはもちろんおすすめですが、スペシャルパックとしても使用することができます。

オールインワンゲルはパックとしての機能もあるため、週2回ほどのジェルパックを行うことで肌のターンオーバーを整え美肌に導くことができます。

スキンケアはスペシャルケアも必要ですが、毎日のスキンケアをしっかり行うことの方が重要です。

毎日のスキンケアはなるべくシンプルなものとし、肌への負担を最小限にしましょう。

週2回ほどのスペシャルケアで、美肌成分を肌の奥まで浸透させましょう。

 

集中パックで整肌成分を肌の奥まで届けよう

 

オールインワンゲルで集中パックをすることで整肌成分を肌の奥まで浸透させることができます。

整肌成分は、肌のターンオーバーを正常化する作用があり、加齢やストレスなどで乱れたターンオーバーを正常化する効果が期待できます。

オールインワンゲルの集中パックは、コットンにたっぷりのジェルを塗布し、シートマスクの要領でお顔に載せます。

コットンには様々な種類のものがありますが、毛羽立ってしまうものは肌に負担がかかるため、毛羽立ちがないものを使用することをおすすめします。

ユニチャームのシルコットは、一般的なコットンのような繊維が少なく、ジェルも半分程度の量でも十分に潤うことができるコットンです。

シルコットはコットンの厚みが少なく、少量でもコットンの全体にジェルを万遍なく付けることができます。

一般のコットンだと厚みが多く、コットン全体に満遍なく付けようとすると、かなり多いジェルを塗布しなければならないため、ジェルがすぐになくなってしまいます。

シルコットや浸透しやすさはもちろんのこと、コスパも良いコットンと言えますね。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方3・コットン着けでベタつきやモロモロを解消

 

オールインワンゲルはベタつきが気になるという声がありますね。

特に朝はオールインワンゲル塗布後にすぐメイクをしたいという方が多いため、ベタつきやテカリは避けたいですよね。

ベタつく原因は量が多すぎること、オールインワンゲルの浸透力が低く肌表面にジェルが残っていることです。

浸透力の高いオールインワンゲルを選ぶことでベタつきを抑えることができますし、コットンで付けることでさらにベタつき防止に繋がりますよ。

 

コットン着けは肌への密着性が高くしっかり浸透する

 

コットンでオールインワンゲルを使うとベタつきが抑えられる理由は、コットンつけは手で付けるのに比べると密着性が高く、肌に浸透しやすくなるからです。

オールインワンゲルはハンドプレスでゆっくりと浸透させると肌の内部まで美容成分を届けることができるので、コットンにオールインワンゲルを取り、ゆっくりと抑えるようにすると浸透力が高まります。

また手でゴシゴシと擦ると肌トラブルの原因となるためコットンで擦らないように肌を軽く押さえながらつけると肌負担が少なくなりますよ。

 

朝のメイク前はコットン着けをするとメイク崩れを防ぐことができる

 

朝のスキンケアは手早く済ませたいところですが、朝はオールインワンゲルをコットンつけすることをおすすめします。

コットン付けは手で付けるよりも密着性が高く肌への浸透力が高まるため、肌表面にジェルが残ってしまいメイク崩れに繋がることもありません。

メイク前は肌内部をしっかりと保湿することでテカリやベタつきを防止します。

そのため、メイク前はしっかりと保湿する必要があります。

オールインワンゲルをコットンでつけることで肌への浸透力を高め、化粧崩れやベタつきを予防しましょう。

 

BBクリームにジェルを少量混ぜると保湿効果が高まり崩れにくくなる

 

BBクリームは油分が多く固めのテクスチャーですね。

油分の多いベースメイクは肌馴染みが悪く、伸びも悪いものが多いですね。

BBクリームにオールインワンゲルを少量混ぜるとテクスチャが柔らかくなり、肌に負担なく伸ばすことができます。

BBクリームのように油分の多いものは夏場など湿度が高い時期は崩れやすいため、オールインワンゲルを混ぜてBBクリームの使用量を減らすことでメイク崩れを防ぐことができますよ。

BBクリームはUVカット+化粧下地+ファンデーションなどが1本で済むオールインワンベースメイクですが、多機能なベースメイクは崩れやすいのがデメリットとなります。

また肌の内部が乾燥していると肌は皮脂を出そうとして皮脂過剰となり、メイク崩れにつながるため、BBクリームにオールインワンゲルを少量混ぜて、保湿力を高めることでメイク崩れを防ぐことができますよ。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方4・正しい洗顔+オールインワンゲルで美肌になる

 

洗顔のしすぎは肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、乾燥肌や敏感肌の原因となります。

いくらオールインワンゲルで保湿対策をしても、間違った洗顔やクレンジングを続けていると肌悩みは解消できません。

最近ではダブル洗顔不要のクレンジングが増えてきましたし、保湿成分が豊富に含まれ洗顔後も突っ張らない洗顔が主流になりつつあります。

オールインワンゲルの効果を高めるためには、洗顔やクレンジング方法を見直すことも必要ですね。

 

洗顔は皮脂の取りすぎ&擦りすぎに注意

 

毎日のクレンジングや洗顔は、皮膚の汚れやメイクを落とすだけでなく、皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、肌への負担になってしまうことがあります。

ミネラルコスメでメイクをしている方や、ウォータープルーフのメイクを使用していない方は、洗浄力の強いくレンジングを使う必要はありません。

ホットクレンジングジェルは、グリセリンにより人肌程度までジェルを温め、血液の流れを良くし毛穴を開くことで、ダブル洗顔をせずに汚れを落とすことができます。

ホットクレンジングジェルは主な成分がグリセリンなので、表皮の保湿因子を補いながら洗顔をすることができるため、洗顔後も乾燥することがありません。

また、人肌程度まで暖かくなったジェルで洗顔をするため、力を入れて擦らなくてもメイクや汚れが浮いてくるため、洗顔の摩擦を軽減することができます。

肌トラブルを最小限に抑えるためには、肌の摩擦を避け、必要な皮脂は洗い流さないことが重要です。

オールインワンゲルの効果を高めるためにも、ダブル洗顔不要のクレンジングを取り入れるのも良いですね。

 

洗顔は皮脂汚れの多いTゾーンから洗う

 

洗顔の際は皮脂分泌の多いTゾーンから洗い始めると、皮脂汚れを落としながら乾燥を防ぐことができます。

Tゾーンは顔の中でも皮脂分泌が盛んな毛穴が集中しており、皮脂が多くでる場所です。

そのためTゾーンは皮脂汚れが起きやすく、大きな毛穴が集中しているため毛穴つまりを起こしやすい場所です。

洗顔の際は顔全体に泡を置き、まずはTゾーンから洗い始めることをおすすめします。

特にクレイタイプの洗顔は、泥が汚れや角栓を吸着してくれるため、顔全体に泡を乗せることで擦らなくても汚れや皮脂を落とすことができます。

クレイタイプの洗顔は泡パックを行うことで、肌を摩擦せずに洗顔が可能なので、肌に必要な皮脂を洗い流すことがなく、肌への負担を軽減することができます。

クレイタイプではない洗顔であっても、しっかりと泡立てて顔全体に泡を置き、Tゾーンから優しく円を描くように洗いましょう。

 

洗顔は乾燥しやすい目周りや口周りを最後に洗う

 

洗顔の際は乾燥しやすい目周りや口周りは最後に洗いましょう。

目周りや口周りは皮脂分泌が少なく、皮膚が薄い場所なのでとても乾燥しやすい場所です。

アイメイクやリップなどを落とそうと、目周りや口周りをゴシゴシと洗ってしまうと乾燥が強くなり、赤みや痒み・痛みなど炎症を起こす可能性があります。

アイメイクやリップなどはポイントメイクアップリムーバーなどで目元・口元のメイクを落としましょう。

アイメイクやリップなどを落とすためにリキッドタイプなどの洗浄料の強いくレンジングを使用すると目周りや口周りの皮膚が乾燥してしまいます。

しっかり泡立てた泡を顔全体に置いたら、皮脂分泌の多いTゾーンから洗い、目周りや口周りは最後に洗うようにしましょう。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方5・ゲルだけでは効果を実感できない時の対処法

 

季節の変わり目や冬場など、乾燥しやすい時期や肌がゆらぎやすい時期は、オールインワンゲルだけでは効果を実感できないことがあります。

そんなときは、重ね塗りがおすすめです。

また集中的に保湿が必要なときは、お風呂でのジェルパックがおすすめです。

入浴中のジェルパックは、血流が良くなり毛穴が開いた状態となっているため美容成分が浸透しやすい状態となっています。

入浴によりスチーム効果もあるため、保湿効果が高まります。

 

乾燥が気になる部分は重ね塗りをする

 

オールインワンゲルは1本では乾燥してしまう・・・というときは、乾燥が気になる部分に重ねづけをすることをおすすめします。

一度にたくさんつけたり、乾燥していない部分にも重ねづけてしまうとベタつきやテカリの原因となります。

また、一度にたくさんの量をつけてしまうと肌の表面にジェルが残ってしまいモロモロやポロポロの原因になります。

乾燥が気になるときに重ねづけをしたり、寝る前に目周り・口周りのみ重ねづけすると保湿効果が高まります。

 

ハトムギオールインワンゲルのパック方法

 

ハトムギオールインワンゲル

 

プラチナレーベルのハトムギオールインワンゲルを使った集中保湿パックの方法を紹介します。

ハトムギオールインワンゲルは乾燥肌ケアをメインとしたオールインワンゲルで300gの大容量でコスパが良く人気がありますね。

毎日のスキンケアではパール2粒大を顔全体に広げて使用しますが、週に1回程度のお風呂での集中保湿パックではジェルをたっぷりを顔に乗せパックを行います。

入浴中に行うことでより保湿効果をアップすることができますよ。

 

ジェルパック1・ジェルをたっぷり取る(パール4~5粒ほど)

 

ハトムギオールインワンゲルの集中パックの方法を紹介します。

集中パックのときはジェルをパール大4~5粒程度使用します。

普段の使用量の倍以上なので、顔全体に乗せても少し厚塗りになります。

ジェルをたっぷりを出し薄手のコットンを乗せます。

コットンを乗せることで密着性が高まり、保湿成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

 

ジェルパック2・湯船に10分程度浸かる

 

コットンパックをしたまま湯船に10分程度浸かります。

あまり暑いと負荷がかかるので、38~40度ほどのややぬるめのお湯に浸かりましょう。

湯船に浸かると全身の血行が促進し、肌細胞にたくさんの栄養を届けることができます。

顔の皮膚細胞も血流が改善することで活性化し、肌のターンオーバーの正常化に繋がります。

お風呂は湿度が高いのでスチーム効果により毛穴が開き、老廃物の排出がしやすくなります。

また、毛穴が開いているため美容成分がしっかりと浸透するkとができます。

 

ジェルパック3・ハンドプレス

 

コットンジェルパックをしている最中はハンドプレスをするとより密着度が高まります。

手の体温で顔の血流がより良くなるため、肌細胞の活性化に繋がります。

入浴中のコットンパックは汗をかくため、コットンが湿って落ちてくるので注意しましょう。

コットンパックの際は目割りや口周りなど乾燥しやすい部分にもジェルをたっぷり乗せましょう。

また目周りや口周りの細かい部分もハンドプレスを行い、美容成分がしっかり浸透するようにしましょう。

 

ジェルパック4・乾燥が気になる部分にラップをしても良い

 

コットンでのパックの際は、コットンの上からラップをするとさらに密着性が高まり美容成分が浸透しやすくなります。

ラップを使うときは、目・鼻・口の部分は穴を開けて使います。

ラップは大きめに切って、首元まで覆うサイズにするとずり落ち防止になります。

普段のシートマスクでパックする際にも上からラップで覆うと浸透力がアップし美肌に近づきます。

 

ジェルパック5・10分経ったら残っているジェルを髪やデコルテに伸ばす

 

コットンパックの置き時間は10分程度がおすすめです。

コットンを外した後も顔には余分なジェルが残っています。

オールインワンゲルは首・デコルテ・髪・ボディでも使用できるため、余ったジェルは髪や首・デコルテなどまで伸ばすとしっとりしますよ。

オールインワンゲルは保湿力が高いため、髪につけるとしっとりとした仕上がりになるため、ボリュームが欲しい人には不向きです。

 

ジェルパック6・軽く拭き取る

 

ジェルパック+ラップの場合は汗をたくさんかきます。

入浴中のパック+ラップは汗だくになります。

入浴中のジェルパックは汗をかくため、顔に残ったジェルをそのままにしておくと汗の汚れが残ってしまうため、軽く拭き取ることをおすすめします。

汗が気になる方は簡単にシャワーで流し、お風呂の後にもう一度薄くオールインワンゲルを全体に塗布することをおすすめします。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方6・リンパマッサージで小顔に

 

オールインワンゲルはマッサージクリームの機能があります。

マッサージをしながら塗ることでリンパマッサージの効果を得ることができます。

リンパマッサージには様々な美肌に繋がるメリットがあり、むくみ解消・たるみ解消・しわ解消・くすみ解消など、様々な肌トラブルを解消することが期待できます。

オールインワンゲルで集中パックを行うときは、リンパの流れ意識して保湿&美肌を目指しましょう。

 

リンパマッサージの効果1・むくみ解消

 

冷え性の方は血流が悪くいため、肌細胞に栄養素を十分に届けることができません。

血流が悪いと栄養素が届けられないだけではなく、老廃物を排出することができないため、顔はむくみます。

リンパは全身を巡っており、体中の老廃物を回収する役割があります。

リンパの流れに沿ってマッサージを行うことでリンパの流れが改善し、老廃物の排出が促進されるため、小顔効果がありますよ。

オールインワンゲルで集中パックをするときは、パック後にリンパの流れに沿ってなじませるようにマッサージをすると効果的です。

 

リンパマッサージの効果2・たるみ解消

 

顔のたるみは皮膚の弾力やハリが低下することで起こります。

皮膚のハリや弾力はコラーゲンやエラスチンなどにより支えられています。

コラーゲンやエラスチンは加齢により生成能力が低下するため、年齢と共に減少しハリや弾力の低下からたるみに繋がります。

また紫外線はコラーゲンを破壊するため、UVケアをしっかり行わないと肌は老化してしまいます。

リンパマッサージは老廃物の排出をしやすくなるだけではなく、血流を改善する効果があります。

血流の改善により細胞が活性化され、コラーゲンやエラスチンなどの生成能力が向上するため、リンパマッサージはたるみ予防に繋がります。

 

リンパマッサージの効果3・シワ解消(たるみによるシワを解消)

 

リンパマッサージにより血流が改善することで肌の細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成能力が向上します。

肌は弾力やハリを取り戻すことでたるみが解消されます。

たるみにより脂肪が支えられなくなると、しわが形成されます。

しわはたるみにより怒るため、たるみが改善されることでシワの改善に繋がります。

しかし、長い間シワが形成され皮膚に折り目がついてしまうと、たるみが解消されてもシワが残ってしまうため、皮膚のたるみを感じたら早めにたるみ改善を心掛けましょう。

リンパマッサージによりたるみの改善が可能なため、フェイスラインの崩れなど年齢肌を感じる方は早めにリンパマッサージを行いましょう。

オールインワンゲルの集中パックの際は、リンパマッサージを意識することでシワの改善に繋がります。

 

リンパマッサージの効果4・くすみ解消(血行促進)

 

リンパマッサージより血流が改善されると、老廃物が排出しやすくなるため、血液が浄化されます。

顔のくすみは、リンパや血管内に老廃物が流れているため澱んだ色になり、顔をくすませます。

リンパマッサージにより血流が改善されると、リンパや血管内の老廃物が排出されるため、顔色が改善しくすみのない肌になります。

 

リンパマッサージの効果5・シミ解消(新陳代謝の改善)

 

リンパマッサージにより血流が改善することで肌の細胞が活性化され、肌のターンオーバーが正常化します。

肌のターンオーバーが正常化すると、シミの原因となるメラニンを排出しやすくなるためシミを予防することができます。

リンパマッサージにより新陳代謝が改善されるため、新しい肌細胞の生成が活性化され、シミなどの年齢肌のトラブル改善に繋がります。

オールインワンゲルで集中パックを行うときはリンパマッサージを行うように馴染ませることで、肌トラブルの改善・予防に繋がります。

 

リンパマッサージの注意点・鎖骨に流す

 

リンパマッサージの際はリンパの流れに沿って、リンパが排出される場所まで流しましょう。

老廃物が排出される場所までしっかり流さないと、老廃物が排出されないのでリンパマッサージの効果を実感することができません。

顔やデコルテのリンパマッサージを行ったときは、鎖骨にある老廃物の出口まで流すようにしましょう。

鎖骨にある老廃物の出口に老廃物を押し込むイメージでマッサージを行うと、顔の老廃物が排出され小顔効果や美肌効果が得られますよ。

 

 

 

 

1本で美白&保湿ができる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]化粧水・乳液・美容液と併用する時の注意点/塗る順番・効果アップのポイント

 

オールインワンゲルの効果的な使い方・スキンケアアイテムとの併用注意点について

 

 

オールインワンゲルの効果的な使い方は、他のスキンケアアイテムと併用する際はより効果をアップさせるために注意点があります。

オールインワンゲルの効果的な使い方は「水分が多いものから順番につける」「導入美容液の併用でゲルの浸透力をアップする」「肌の摩擦を避けるためハンドプレスで入れ込む」の3点がポイントです。

特に他のスキンケアアイテムと併用する方は、使う順番を間違えてしまうと肌への浸透力が低下するため、水分量の多いものから順番につけるようにしましょう。

保湿力の高いオールインワンゲルは、他のスキンケアアイテムとの併用が必要ないため、浸透型コラーゲン配合の保湿力が高いオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

1本で保湿&美白

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

オールインワンジェルの効果的な使い方1・化粧水・乳液と併用する時の塗る順番に注意する

 

オールインワンゲルは1本でスキンケア全ての機能を持っていますが、他のアイテムと併用する際はつける順番が重要です。

スキンケアアイテムはつける順番により肌への浸透力が変わります。

スキンケアの基本は水分量の多いものから順番につけ、油分の多いアイテムは最後につけることで肌の表面に皮膜を作り肌を保護します。

どのスキンケアアイテムと併用するのかによりつける順番が異なるため注意が必要です。

 

併用の順番1・化粧水

 

オールインワンゲルと化粧水を併用する場合は、オールインワンゲルよりも化粧水のほうが水分量が多いため、化粧水からつけます。

オールインワンゲルは化粧水+乳液の機能があるため、化粧水に比べるとテクスチャが固く油分が多く含まれます。

またオールインワンゲルは皮膚の表面を保護するグリセリンなどの保湿成分が配合されているため、化粧水より前につけてしまうと皮膜が作られているため化粧水の浸透を妨げてしまいます。

オールインワンゲルと化粧水を併用するときは化粧水⇒オールインワンゲルの順番で使用しましょう。

 

併用の順番2・オールインワンゲル

 

オールインワンゲルをスキンケアアイテムに加える場合は、化粧水と乳液の間に使用するのがおすすめです。

冬場の乾燥する時期や、乾燥が強い方は化粧水と乳液の間にオールインワンゲルを追加したいという方もいますよね。

そのような場合は、化粧水と乳液の間にオールインワンゲルを追加しましょう。

オールインワンゲルを普段のスキンケアに追加するのではなく、スペシャルパックとして使用する場合は化粧水で肌を整えたあとにコットンパックを行い、まだ乾燥が気になるようなら最後に乳液で蓋をします。

 

併用の順番3・乳液

 

乳液はオールインワンゲルよりも油分が多いものが多いです。

オールインワンゲルは化粧水+乳液の機能があるため、水分も多く含まれるのです。

オールインワンゲルと乳液を併用する場合は、オールインワンゲルで肌を整えたあとに乳液で蓋をします。

オールインワンゲルのみで乾燥を感じないようなら乳液を追加する必要はありません。

オールインワンゲルには肌の表面の皮膜の役割をする成分が配合されており、乳液と同じく肌の表面を保護することができます。

そのため、オールインワンゲルのみで乾燥を感じないようなら乳液の追加は必要はなく、その時の肌の調子や季節に合わせて乳液の追加を検討しましょう。

 

併用の順番4・クリーム

 

オールインワンゲルとクリームを併用する場合は、オールインワンゲルで肌を整えたあとにクリームで蓋をします。

クリームはコッテリとしたテクスチャでかなり油分が多く含まれます。

ほとんどの美容クリームはお手入れの最後に塗布するように使用説明が書かれていることが多いですよね。

オールインワンゲルには肌の表面の皮脂膜と同じ効果を持つ成分が含まれているため、保湿の目的でクリームを併用する必要はありません。

エイジングケア専用クリームや美白ケア専用クリームなど、肌悩みに特化したクリームを併用したい方は、オールインワンゲルをベタつきがなくなるまでしっかりと肌に浸透させてからクリームを塗布しましょう。

ベタつきがあるうちにクリームを重ねてしまうと、オールインワンゲルの効果もクリームの効果も半減してしまいます。

 

併用の順番5・オイル

 

オイルの使用は種類やメーカーによって異なるため、オイルとオールインワンゲルを併用する際は使用手順をしっかりと確認しましょう。

導入オイルの場合は洗顔のすぐあとにオイルを塗布し、角質層を柔らかくすることでその後のスキンケアアイテムの浸透力を高めます。

美容オイルとして使用する場合はお手入れの最後に使用するタイプのものと、化粧水のあとに使用するタイプなど様々です。

どのようなオイルを使用するのかによってつける順番が異なるため、使う前に順番を確認しましょう。

 

バイオイルとオールインワンゲルの併用について

 

ニキビや火傷など肌の炎症を抑える効果があるとされるバイオイルは、スキンケアとして使用する場合は化粧水のあとに馴染ませます。

オイルを使用するときは、オイルを手のひらに取ったあとに手のひら~指にかけて全体にオイルを満遍なく伸ばしてから顔に塗布します。

オイルを手のひら~指に万遍なく伸ばすことで、顔全体に万遍なく伸ばすことができますし、手の体温でオイルが緩くなり肌馴染みが良くなりますよ。

バイオイルとオールインワンゲルを併用するときは、お手入れの最後にバイオイルを使用しましょう。

化粧水+乳液だけのスキンケアの方は、化粧水⇒バイオイル⇒乳液の順番で塗布します。

化粧水+オールインワンゲル+乳液+クリーム+バイオイルを使う方は、化粧水⇒オールインワンゲル⇒乳液⇒クリーム⇒バイオイルの順番で塗布しましょう。

 

併用の注意点・水分量の多いアイテムから順番につける

 

オールインワンゲルとスキンケアアイテムを併用するときは水分量の多いものから順番に塗布しましょう。

化粧水の中にはスーパーモイスチャータイプで、油分が多くトロっとしたテクスチャのものもありますが、化粧水の目的は肌に水分を補うことのため、オールインワンゲルに比べると水分が多いアイテムとなります。

オールインワンゲルと化粧水を併用するときは先にオールインワンゲルを塗ってしまうと、肌表面にグリセリンやコラーゲンなどで皮脂膜が貼られた状態となるため、化粧水が浸透できません。

油分の多いアイテムは皮膚の表面に皮脂膜を貼りその後のスキンケアアイテムの浸透をブロックしてしまうため、水分量が多いものから使うようにしましょう。

 

併用の注意点・美容液はメーカーによってつける順番が異なるため説明書を確認しましょう

 

オールインワンゲルと美容液を併用するときは、美容液はメーカーによってつける順番が異なるため、使用説明書をしっかり読んで確認をしましょう。

美容液は油分が多くトロっとしたテクスチャのものが多いですが、導入美容液などオイルタイプのものや、炭酸美容液のように洗顔後すぐに使用するタイプなど様々です。

美容液を併用するときはつける順番を守り、オールインワンゲルの効果アップにつなげましょう。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方2・導入美容液の併用でジェルの浸透力がアップ

 

導入美容液は角質層を柔らかくし、その後に使うスキンケアアイテムの浸透を高めるアイテムです。

洗顔後すぐの清潔な肌に導入美容液を塗布し、その後にオールインワンゲルを塗布することで、オールインワンゲルの浸透力が高まり、美容成分が肌の奥まで浸透することができます。

オールインワンゲルは1本で全てのスキンケアが終了しますが、導入美容液などオールインワンゲルの効果を高めるアイテムを追加することで、より美肌に導くことができますよ。

 

導入美容液の効果1・その後のアイテムの浸透力を高める

 

美容液は肌悩みに特化した美容成分を配合したものと、その後に使うスキンケアアイテムの浸透力を高めるものの2つがあります。

導入美容液は一般的な美容液とは効果や役割が異なります。

オールインワンゲルには1本で保湿・美白・毛穴ケア・エイジングケアなど、様々な効果が期待できますが、導入美容液を併用することで、それらの美容成分の浸透が高まり高い美容効果を得ることができます。

たくさんの肌悩みがあると、それぞれの悩みに応じたスキンケアアイテムを揃えたくなってしまいますが、肌のターンオーバーが乱れて乾燥した状態では、どんなに良い成分の美容液を併用しても美容成分をしっかりと吸収することができません。

美容液の美容効果を高めるためには、肌の内部からしっかりと保湿する必要があります。

肌悩みが多い人ほど、保湿に力を入れた方が早く肌悩みを解消することができます。

導入美容液+オールインワンゲルの併用で肌の保湿力を高め、肌のターンオーバーを正常化してから美容効果の高い美容液を追加しても良いでしょう。

 

導入美容液の効果2・美容成分を角質層の奥まで浸透させる

 

導入美容液は、プレ化粧水・ブースターなどの言い方をされますね。

導入美容液の主な役割はその後に使うスキンケアアイテムの浸透力を高めることです。

スキンケアアイテムに含まれる成分は、肌の細胞の分子よりも大きいものが多いため、角質層まで美容成分を届けるのが難しいのです。

美容成分を肌の分子より小さくするために、ナノ化するなど浸透力を高めたスキンケアもありますが、コストがかかるためプチプラのオールインワンゲルは、美容成分が肌の奥まで浸透することは期待できません。

導入美容液は角質層を柔らかくし、美容成分を肌の奥まで届けることができます。

導入美容液を使用しなければ浸透力が低いオールインワンゲルでも、導入美容液を併用することで浸透力が高まり、美容成分を肌の奥まで浸透させることができます。

導入美容液には様々なタイプがあり、余分な角質を取り除く拭き取りタイプのプレ化粧水、角質層を柔らかくするオイルタイプ、角質層の奥まで開くクリームタイプなど、テクスチャは様々です。

オールインワンゲルの美容成分を肌の奥まで浸透させるならクリームタイプやオイルタイプの導入美容液がおすすめです。

拭き取りタイプのプレ化粧水は、必要な角質まで取り除いてしまう可能性があるため、余計に肌ダメージが強くなることもあります。

どれを選んだら良いのか分からい方は、使い心地のよいテクスチャのものを選び、使用後に肌がしっとりする感覚があるようなら肌に合っているということです。

導入美容液を併用しても肌のしっとり感が分からない、肌が乾燥してしまうようなら違うものに変えた方がよいですね。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方3・併用するときも全てのアイテムをハンドプレスで入れ込む

 

スキンケアの基本は、ひとつひとつのアイテムがしっかり浸透してから次のアイテムを使うことです。

しっかり浸透していないまま次のアイテムをつけてしまうと、美容成分が肌に浸透することができません。

スキンケアアイテムには使用する順番があり、水分量が多いものから順番に使うことで、一つ一つのアイテムの浸透力を高めています。

また一つ一つのアイテムで使用する目的や効果が異なるため、浸透しないまま次のアイテムを使ってしまうと、アイテムの効果が半減してしまいますよ。

 

併用の注意点・叩いたり擦ったり肌の摩擦を避けハンドプレスで入れ込む

 

肌はスキンケアで触ったり、摩ったりなどの刺激でもダメージを受けます。

良かれと思ってしているスキンケアが、実は肌トラブルの原因となっていることもあります。

オールインワンゲルと塗布するときは、肌を摩ったり、叩いたりなどの刺激をせずに、ハンドプレスでしっかりと浸透させましょう。

手のひらは体温が高い場所なので、手のひらを数秒顔に当てていると、次第に顔も暖かくなってきます。

手の温度で顔の毛細血管が温められ、血液の循環が良くなり毛穴も開いてきます。

肌が温まることで角質層が柔らかくなり、オールインワンゲルの美容成分が浸透しやすくなります。

摩ったりパッティングなどをしなくても、ハンドプレスで軽く抑えるだけでオールインワンゲルは浸透しやすくなります。

手の温度によりテクスチャが柔らかくなり、ハンドプレスをしているとジェルが肌に馴染みやすくなってきます。

おでこ、頬、目周り、口周りなど細かいパーツに分けて、両手でしっかりと顔を包み込みオールインワンゲルを入れ込むイメージで行いましょう。

 

併用の注意点・ひとつひとつのアイテムがしっかり浸透してから次のケアに移る

 

オールインワンゲルと他のスキンケアを併用するときの注意点は、それぞれのアイテムがしっかり浸透してから次のアイテムに移ることです。

化粧水とオールインワンゲルを併用する場合は、化粧水が肌にしっかりと浸透したことを確認してからオールインワンゲルを塗布するようにします。

肌は十分に水分を含むと、それ以上はいくら水分を入れようとしても入りません。

化粧水をコットンでつけると浸透力が高まります。

化粧水が肌の奥まで十分に浸透すると、肌は冷たくモチっと吸い付くような感覚になります。

肌が冷たくなってきたら次のアイテムに移るタイミングです。

乳液とオールインワンゲルを併用する場合も、オールインワンゲルがしっかり浸透してから乳液を使いましょう。

オールインワンゲルはしっかり浸透するとベタつきがなくなり、肌の表面がサラっとします。

サラっとした感覚が好きな方は乳液を足す必要はありませんが、乾燥が心配という方は適量の乳液を併用しましょう。

美容液とオールインワンゲルを併用するときは、オールインワンゲルがしっかり肌に浸透してから美容液を塗布しましょう。

クリームとオールインワンゲルを併用するときは、オールインワンゲルが浸透したことを確認してからクリームを塗布しましょう。

スキンケアは肌の内部まで水分を浸透させることと、肌の表面を保護することが目的なので、ベタベタするほどに重ねる必要はありません。

スキンケアのあとに肌がベタつきやテカリがあるようなら、肌の保湿が足りずに皮脂が出てきている状態なので、肌の内部まで水分が届くように、導入美容液とオールインワンゲルを併用し、それ以外のスキンケアアイテムはお休みするのも1つの手ですよ。

 

 

 

 

1本で美白&保湿

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

 

[オールインワンジェルの使い方]朝・夕の使い分け方法/季節や肌悩みに合わせた選び方と使い方

 

オールインワンゲルの効果的な使い方・朝/夕や季節での使い分け方法について

 

 

オールインワンゲルの効果的な使い方は、朝・夕や季節、肌の悩みによって使い分けることです。

オールインワンゲルの使い方の3つのポイントは「朝・夕で使い分ける」「肌の悩みや効果で使い分ける」「夏用・冬用で使い分ける」です。

肌は気候や体調により状態が変化し、早く対処をしないと敏感肌や乾燥肌の原因となることがあります。

肌トラブルの改善で最も大切なことは保湿です。

肌の調子に合わせてオールインワンゲルを選べば、より美肌効果が高まります。

 

 

 

 

1本で美白&保湿ができる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

オールインワンジェルの効果的な使い方1・朝・夕で使い分ける

 

朝と夕ではスキンケアに求めるものが違うという方が多いのではないでしょうか。

朝は時短のためにオールインワンゲルを使い、夜は肌悩みに応じたスキンケアアイテムを使うという方も多いですよね。

朝用オールインワンゲルは時短をメインに選び、夜用オールインワンゲルは保湿や整肌をメインに選びましょう。

浸透性コラーゲン配合のオールインワンゲルは肌なじみが良く保湿効果も高いため、朝・夕兼用することができますよ。

 

朝用オールインワンゲルを選ぶポイント・さっぱりしたテクスチャで時短

 

朝はスキンケアのすぐ後にメイクを始めたい!という方が多いですよね。

ベタつきのあるオールインワンゲルでは、メイク乗りが悪くなってしまうため、さっぱりとしたテクスチャのものがおすすめです。

さっぱりとしたテクスチャのオールインワンゲルは水分量が多いものが多いため、保湿成分が少ないと、さっぱりはしたものの乾燥してしまいます。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、肌の内部まで保湿し、浸透力が高いためベタつきやテカリを予防することができますよ。

 

朝用オールインワンゲルを選ぶポイント・UVカット効果のあるもの

 

UVカット効果のあるオールインワンゲルなら、UVカット下地やUVカット効果のある化粧下地を塗る必要がないため時短になりますね。

UVカット効果のあるオールインワンゲルは、肌への負担もあるため夜間に使用することはできません。

UVカット効果のあるオールインワンゲルを選ぶなら、朝用と夜用のスキンケアを別のものにする必要があります。

朝はとにかくスキンケアとベースメイクを時短したいという方は、UVカット効果のあるオールインワンゲルはおすすめですよ。

 

朝のオールインワンゲルの塗り方の注意点・メイク崩れ防止のため薄く塗る

 

メイク前にオールインワンゲルを使用する場合は適量以上につけないのがメイク崩れ防止のポイントです。

スキンケアやベースメイクが薄いほどメイク崩れを防ぐことができます。

オールインワンゲルは少なかれば油分が含まれるため、多くつけてしまうとテカリやベタつきの原因となり、メイク崩れに繋がります。

また、オールインワンゲル塗布後にすぐにメイクをするよりも、5分程度時間を明けてからメイクをした方がジェルが肌表面に残らずに浸透するため、メイク崩れを予防することができますよ。

 

朝のオールインワンゲルの塗り方の注意点・リキッドやクリームファンデーションよりもパウダーファンデーションのほうが相性が良い

 

ファンデーションはテクスチャにより油分の量が異なり、クリームファンデーションは最も油分が多く乾燥肌の人におすすめのタイプです。

次に油分が多いのがリキッドファンデーションです。

パウダーファンデーションは最も油分が少なく、オイリー肌の人におすすめです。

オールインワンゲルと相性がよいのはパウダーファンデーションです。

パウダーファンデーションは、余分な皮脂が浮いてきてもパウダーの粉体が余計な皮脂を吸い取るため、オイリー肌の人でもテカリにくいのです。

オールインワンゲルはクリームや美容液の機能もあるため、仕上がりはモチっとしているため、油分の多いファンデーションを使うとメイク崩れをしやすい可能性があります。

オールインワンゲルで時短をしたい方はパウダーファンデーションを合わせると肌なじみも良く、より時短に繋がりますよ。

 

夜用オールインワンゲルを選ぶポイント・保湿効果が高いもの

 

夜用オールインワンゲルを選ぶときは保湿力を重視することをおすすめします。

夜寝ている間にもしっかりと保湿し、肌のターンオーバーの正常化をしたいですよね。

夜は時短がメインよりも、保湿をメインにしたほうが美肌効果は高まります。

寝ている間に整肌をしてくれるオールインワンゲルなら、整肌成分や浸透型コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなどの保湿成分が豊富なものを選びましょう。

 

夜用オールインワンゲルを選ぶポイント・油分があるもの

 

夜用オールインワンゲルを選ぶときは、油分があるものを選んだ方が保湿力が高まります。

油分の多いオールインワンゲルはテクスチャがトロっとしているものが多いです。

就寝中は肌表面に皮脂膜変わりにオールインワンゲルを塗布して、肌のバリア機能を高めることで整肌につながります。

肌の乾燥や加齢、ストレスなどにより肌のターンオーバーが乱れるとバリア機能が低下し、様々な肌トラブルにつながります。

寝ている間は、肌表面をしっかりと保護する油分の多めのオールインワンゲルがおすすめです。

 

寝る前のオールインワンゲルの塗り方の注意点・保湿のためたっぷりと塗る

 

寝る前はバリア機能を高めるためにも、オールインワンゲルをたっぷりと塗り肌表面をしっかりと保護しましょう。

たっぷりと塗るときも、一気に塗るのではなく、少量ずつを重ねづけするように塗るとさらに保湿効果が高まります。

一気に塗ると浸透が悪く肌表面にジェルが残りベタつきやテカリの原因となるため、パール大のジェルを3~4回に分けてゆっくりと時間をかけて浸透させましょう。

夜間にしっかりと保湿することで翌朝まで潤いが続き、翌朝の化粧乗りが改善し、時短・美肌に繋がりますよ。

 

寝る前のオールインワンゲルの塗り方の注意点・マッサージクリームとして使う

 

オールインワンゲルはマッサージクリームの効果のあるものが多いですね。

寝る前にマッサージを行うことで、血行が良くなり寝ている間にも肌細胞の活性化につながります。

血行が悪いと代謝が悪くなり、古い角質や老廃物が排出されず肌トラブルの原因となります。

寝る前にオールインワンゲルを塗布するときは、マッサージクリームとして使用すると効果的です。

 

3分程度のリンパマッサージやツボ押しで美肌に

 

リンパマッサージは長い時間行う必要はなく、3分程度でも十分に効果を得ることができます。

顔にはたくさんのツボやリンパがあり、軽くプッシュするだけでも血行を改善することができます。

リンパの流れが滞ると肌細胞の機能が低下し、肌の新陳代謝が低下し肌トラブルにつながります。

寝る前にオールインワンゲルを塗布するときは、3分程度のマッサージを行うことをおすすめします。

マッサージをするように塗り広げ、ツボの部分は軽くプッシュするようにしましょう。

老廃物や角質が排出されると肌のターンオーバーも整い、肌の透明感がまして美肌につながりますよ。

 

マッサージクリームとして使う時は肌を擦らない

 

マッサージをすると血行改善や新陳代謝の改善につながりますが、肌をこすってしまうと肌トラブルの原因となります。

肌はとても薄いため、ゴシゴシとこすってしまうと炎症反応を起こし様々な肌トラブルの原因となるのです。

マッサージクリームとして使うときも肌は擦らないように、ゆっくりプッシュして美容成分を浸透させましょう。

 

つけ方やつける量を調整すれば朝・夕で使い分けの必要はない

 

朝用・夜用でニーズに合わせてオールインワンゲルを選べば、より美肌に繋げることができますが、朝用・夜用で分けて用意するのも大変ですよね。

朝は時短がメインなら浸透力が高いオールインワンゲルを選び、夜は保湿をメインにやはり浸透力が高いものを選べば、朝夕で使い分ける必要はありません。

スキンケアを複数揃えるのはお金もかかりますし、手間もかかりますよね。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら浸透力が高いため短時間でサっと肌になじみ、ベタつきやテカリを抑えることができますし、浸透力が高いので保湿成分を肌の奥まで浸透させることで保湿効果を実感することもできます。

朝夕でオールインワンゲルを兼用したい方は、浸透型コラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方2・肌の悩みや効果で使い分ける

 

オールインワンゲルを選ぶときは肌悩みを改善する成分が配合されたものを選びたいですね。

でも肌悩みが多い人は、どれをメインに選べば良いのか迷ってしまいますよね。。。

オールインワンゲルを選ぶときに重要なのは保湿効果が高いものを選ぶことです。

肌の内部からしっかりと保湿することで肌のターンオーバーを正常化し、肌が本来持っている力を取り戻すことで肌トラブルを予防・改善することができます。

肌が本来持っている力が衰えると年齢肌の悩みにつながります。

年齢肌の原因のほとんどは乾燥からくるので、まずは保湿力を重視してオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

美白メインの効果で選ぶ

 

美白をメインでオールインワンゲルを選ぶときは、医薬部外品のものを選ぶことをおすすめします。

医薬部外品のオールインワンゲルには美白効果の高い美白有効成分が配合されています。

一般的な美白化粧品にも美白成分は含まれていますが、美白効果は医薬部外品に比べて低いのです。

美白を実感したい方は医薬部外品のオールインワンゲルを選びましょう。

 

美白成分・ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体は美白効果の高い美白有効成分の1つです。

ビタミンCは不安定な物質で、そのままの状態では化粧品に配合することができません。

ビタミンC誘導体は角質層に入るとビタミンCに変換される性質を持っているため、効果はそのままにビタミンCの美白効果を実感することができます。

ビタミンCにはシミの原因となるメラニン生成の活性化を抑制する働きがあるため、美白効果が期待できます。

美白効果をメインにオールインワンゲルを選ぶときはビタミンC誘導体配合のものを選びましょう。

 

アンチエイジングメインの効果で選ぶ

 

加齢により肌細胞の新陳代謝が低下すると様々な年齢肌の症状が現れます。

アラフォーくらいになると、フェイスラインが緩んできます。

40代になると肌の弾力やハリを支えるコラーゲンの生成能力が低下し、肌はたるみやすくなります。

肌の弾力やハリのアップにはコラーゲンやエラスチンの生成が欠かせません。

コラーゲンは肌の内部まで浸透するのが難しい成分のため、浸透型コラーゲン(加水分解コラーゲン)配合のオールインワンゲルを選びましょう。

 

ハリや弾力をアップする成分・コラーゲン

 

コラーゲンは肌の弾力やハリを支える重要な成分です。

コラーゲンは真皮にあり、肌細胞と肌細胞を繊維のように繋げて支える働きがあります。

コラーゲンは真皮の中に網目状に存在し、肌細胞を繋ぎ合わせています。

コラーゲンが減少すると肌細胞を支えるものがなくなるため、たるみの原因となります。

オールインワンゲルを選ぶときは肌の内部まで浸透する、浸透型コラーゲン配合のものをえらびましょう。

 

ハリや弾力をアップする成分・エラスチン

 

エラスチンは真皮の中に存在し、コラーゲンを束ねる役割があり、肌の弾力やハリを支えています。

肌の弾力やハリはコラーゲンとエラスチンの両方の役割によるもので、どちらか1つが不足しても肌の弾力やハリは低下してしまいます。

エラスチンはコラーゲンほど知名度が高くなく、エラスチン配合のエイジングケア用化粧品は少ないのが現状です。

エラスチン配合のスキンケアは高価になってしまうため、あまりニーズがないようです。

エラスチンは真皮で生成されるため、肌細胞の新陳代謝を活性化することで生成能力を向上することができます。

肌の新陳代謝を高めターンオーバーを正常化する和漢エキスなどの成分が配合されたオールインワンゲルがおすすめです。

 

敏感肌メインの効果で選ぶ

 

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下し、少しの刺激で肌トラブルにつながりやすい状態になっています。

敏感肌は乾燥肌が進行してしまったケースが多く、肌の水分と油分のバランスが乱れ肌内部が乾燥しています。

敏感肌の人は刺激が強くない成分でも肌荒れなどの原因になることがあるため、なるべく低刺激のものやオーガニックのものを選ぶことをおすすめします。

敏感肌の人はとにかく保湿が重要なので保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶことと、肌が刺激に弱くなっているためシンプルなスキンケアを続けることをおすすめします。

 

天然成分や植物成分が主成分のものを選ぶ

 

天然成分や植物成分が主成分のオールインワンゲルは、敏感肌の人でも刺激が少なく安心して使うことができます。

敏感肌の人は乾燥がひどくなると肌のバリア機能がさらに低下して、肌の痒みや赤み・炎症につながるため、肌内部までしっかり保湿ができ、低刺激のものをえらびましょう。

天然成分や植物成分が主成分のものでも、肌のバリア機能が低下していると肌に負担になることがあります。

スキンケアはシンプルなもので、なるべく肌を触ったり刺激になることを避けましょう。

オールインワンゲルはスキンケアアイテムが1つだけでよいので、肌をなるべく触らずにシンプルなケアが可能です。

 

無添加のものを選ぶ

 

無添加と記載されているオールインワンゲルでも、大半の商品は完全無添加ではありません。

完全無添加の商品には「100%オーガニック」や「完全無添加」などの表示があります。

敏感肌の人は少しの刺激にも肌に負担となってしまうため、100%オーガニックのものの方が安心です。

敏感肌の人は肌のバリア機能を高めるためにも、肌の負担が少なく継続して使用できるオールインワンゲルを選ぶのが重要です。

少しの刺激でも痒みや赤み・炎症などが起きるため、異常を感じたらすぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科処方のクリームや化粧水は敏感肌やアトピー肌の人でも安心して使用できますよ。

 

保湿メインの効果で選ぶ

 

乾燥肌や敏感肌の方は保湿力をメインにオールインワンゲルを選びましょう。

乾燥肌や敏感肌の方は肌のターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下している状態です。

ターンオーバーが乱れると肌細胞の新陳代謝が滞るため、セラミドやヒアルロン酸などの保湿因子の生成能力が低下します。

セラミドやヒアルロン酸は肌のターンオーバーと共に生成されるため、加齢やストレスなどにより肌のターンオーバーが滞ると、肌は本来の保湿力が低下し乾燥肌や敏感肌になってしまいます。

乾燥が気になる方はセラミドやヒアルロン酸配合のオールインワンゲルがおすすめですよ。

 

保湿成分・セラミド

 

セラミドは角質層内に存在する成分で、角質細胞と角質細胞の間に隙間なく存在したくさんの水分を抱え込んでいます。

健康な肌は角質層内にセラミドが十分に存在しているため潤いを保つことができます。

でも、加齢やストレスなどにより肌のターンオーバーが乱れるとセラミドの生成量が低下し、角質層内の水分量が低下します。

角質細胞を結ぶ役目をしているセラミドが減少することで肌のキメが乱れ、バリア機能が低下します。

セラミドの中でもヒト型セラミドは、体内のセラミドと分子構造が同じように生成されているため、肌への吸収率が高く、不足したセラミドの機能をサポートすることができます。

ヒト型セラミドはコストがかかるため、プチプラのスキンケアには配合されていないことが多いです。

セラミド配合のスキンケアを選ぶときは、ヒト型セラミドが配合されていることを確認しましょう。

乾燥肌や敏感肌の方はヒト型セラミド配合のオールインワンゲルを選びましょう。

 

保湿成分・ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は肌の奥の真皮内に存在し、たくさんの水分を抱え込込み肌内部の潤いを保つ働きがあります。

真皮内にはヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなど、肌の弾力やハリに欠かせない成分が存在しています。

ヒアルロン酸は、肌のターンオーバーと共に作られるため、ターンオーバーが乱れるとヒアルロン酸の生成が滞り、真皮内の水分量が低下するため、肌の弾力やハリが低下します。

ヒアルロン酸は真皮内でコラーゲンやエラスチンにくっつく形で存在しています。

加齢などによりコラーゲンやエラスチンの生成能力が低下すると、そこにくっついて存在しているヒアルロン酸も機能をすることができず、肌は内部から乾燥してしまいます。

乾燥肌や敏感肌の方はヒアルロン酸配合のオールインワンゲルを選びましょう。

 

ニキビケアメインの効果で選ぶ

 

繰り返しできるニキビや、顎・フェイスラインにできる大人ニキビは、ホルモンバランス・生活習慣・ストレス・環境因子など、様々な原因があり、ケアが難しいニキビです。

大人ニキビは乾燥も原因の1つとなっており、乾燥対策は必須です。

大人ニキビのケアでは、抗炎症作用のある成分配合のオールインワンゲルが効果的です。

肌の内部が乾燥していると余分に皮脂を出そうとしニキビが悪化する原因となるため、肌の内部からしっかりと保湿をするのが重要です。

ニキビができている方は、高保湿タイプのスキンケアを行いましょう。

 

ニキビ予防成分・グリチルリチン2K

 

医薬部外品の有効成分となっているグリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用のある成分でニキビケアに効果的です。

ニキビや火傷、日焼けなどのトラブルは肌への刺激となり、肌は過剰にメラニンを生成し予防するように働きます。

ニキビやニキビ跡のある肌は、紫外線を浴びていないときでもメラニンの生成が活性化されているため、シミの原因となりやすいです。

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症効果のある成分ですが、メラニンの生成を抑制する働きもあります。

繰り返す大人ニキビのある方は、グリチルリチン酸2K配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

メインの効果は成分の配合量や有効成分で確認できる

 

肌悩みが多いと、どの悩みに特化したスキンケアを選べばよいのか・・・迷ってしまいますよね。

たくさんの肌悩みを解決したくなりますが、肌の根本的な悩みは肌内部の乾燥であるため、保湿対策が最も重要となります。

肌は本来、自ら潤う力を持っていますが、加齢や紫外線・生活習慣・ストレスなどにより肌のターンオーバーが乱れると、肌細胞の新陳代謝が滞り、健康で新しい細胞が生まれにくいのです。

健康で新しい細胞がスムーズに生成できる肌は、古い肌細胞を角質として排出し、肌トラブルの原因を作らせません。

肌悩みが多い方は、保湿力を重視してオールインワンゲルを選びましょう。

どのオールインワンゲルを選べばよいのか分からない・・・という方は、全成分表示を確認しましょう。

成分表示は、含有量が多いものから順番に表示されており、配合量が多い成分がどのような効果があるのかを確認しましょう。

保湿力の高いオールインワンゲルは、成分表の上のほうにグリセリン・浸透型コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プラセンタなどの保湿成分が配合されています。

特に保湿効果の高い浸透型コラーゲンを主成分としているオールインワンゲルは、様々な肌トラブルに効果的と言えます。

肌悩みが多くてどのオールインワンゲルを選べばよいのか分からない・・・という方は、浸透型コラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方3・季節によって使い分ける

 

夏は紫外線が強くメラニンの生成が活発になりやすい時期ですね。

シミはできてしまってから改善するのは難しいため、シミになる前に予防したいですよね。

夏はシミを予防するためのオールインワンゲルを使いたいですね。

冬は乾燥が強く肌の内部からしっかりと保湿できるタイプのオールインワンゲルがおすすめです。

肌の乾燥は肌のターンオーバーの乱れの原因となり、肌老化につながります。

冬の乾燥肌をしっかりとケアしないと、ターンオーバーの乱れやバリア機能が低下したまま夏を迎えることになり、紫外線ダメージを受けやすい状態となり、光老化やシミの原因になります。

季節に合わせたケアを行い美肌を目指しましょう。

 

夏はさっぱりタイプのテクスチャがおすすめ

 

夏は気温が高く顔の毛細血管が広がるため皮脂の分泌量が増えます。

そのためベタつきやテカリが起きやすく、肌荒れなどのトラブルが起きやすい時期です。

夏はさっぱりタイプのテクスチャのオールインワンゲルがおすすめです。

さっぱりタイプのテクスチャであっても、肌の内部までしっかりと保湿できるオールインワンゲルを選びたいですね。

肌への浸透力が高く肌の内部をしっかりと保湿できるのは、浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルです。

浸透力が高いため、ジェルが肌表面に残ってベタベタしたりテカリの原因になることもありません。

また、浸透型コラーゲンは角質層の奥まで浸透し肌の奥まで保湿をすることができるため、インナードライ肌の予防につながります。

 

夏は美白タイプのものでシミを予防

 

夏は美白タイプのオールインワンゲルでシミの生成を予防したいですね。

シミの予防には医薬部外品のオールインワンゲルがおすすめです。

医薬部外品のオールインワンゲルには美白有効成分が配合されており、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

美白効果が高い美白有効成分はトラネキサム酸とアルブチンです。

トラネキサム酸とアルブチンは、メラニンの生成の抑制をする働きがありますが、アプローチする部分が違うため、ダブルで処方されたものの方がシミの予防効果が高いと言えます。

夏用の美白タイプのオールインワンゲルを選ぶときは、トラネキサム酸・アルブチン配合のものを選びましょう。

 

冬は保湿力メインのものがおすすめ

 

冬は保湿力の高いオールインワンゲルを選びましょう!

冬は気温が低いため顔の血管が閉まり血行が悪くなります。

血行が悪くなると肌細胞の新陳代謝が低下するため、健康な細胞が生れず肌トラブルの原因となります。

顔の血流が悪くなると保湿成分のセラミドやヒアルロン酸などの生成能力が低下するため、肌は内部から乾燥してしまいます。

冬は気候的に乾燥しやすいため、保湿効果の高いオールインワンゲルで乾燥予防をしましょう。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルは、肌の角質層の奥まで浸透し、肌の内部から保湿をすることができます。

冬用のオールインワンゲルを選ぶときは浸透型コラーゲン配合のものがおすすめです。

 

オールインワンジェルの効果的な使い方4・全身の保湿対策として体や髪に塗る

 

オールインワンゲルは顔だけではなく、全身の保湿対策や髪のケアに使用することができます。

スキンケアと一緒にデコルテや首にも塗布することで、顔のむくみ解消・首のシワやたるみを解消することができます。

毎日のシャンプーなどで頭皮が乾燥している方が多く、抜け毛や薄毛の原因となることがあります。

オールインワンゲルは髪の毛だけでなく、頭皮にも使うことができますよ。

大容量のオールインワンゲルなら、家族みんなで使うことができますし、全身のケアにもたっぷり使えますよ。

 

ボディケアとして使う・首やデコルテのケアとして使う

 

オールインワンゲルは首やデコルテなどのボディケアにも使用することができます。

首やデコルテは、常に紫外線を浴びる部位なので乾燥しやすく、光老化を起こしやすい部位です。

首やデコルテが光老化を起こすと、首のシワやたるみに繋がります。

顔はメイクで年齢をごまかすことができますが、首やデコルテは隠すのが難しく、年齢が出やすいパーツと言われています。

首やデコルテは定期的にジェルパックをすることで、シワやたるみを解消することができます。

首やデコルテにオールインワンゲルをたっぷりと塗布し、ラップやコットンでしっかりと密着させます。

コットンやラップで10分ほど放置したら、軽く拭き取るか洗い流し、最後に少量のオールインワンゲルを塗布します。

スキンケアは一生懸命している方も首やデコルテのケアはしていない。。。という方も多いですよね。

首やデコルテも顔と同じくシミ・しわ・たるみなどの肌トラブルが起きやすい部位なので、スキンケアと同時にボディケアもすることをおすすめします。

 

ヘアケアとして使う

 

オールインワンゲルは髪の毛や頭皮にも使用することができます。

毎日シャンプーをするのが習慣になっている方は、髪は痛み頭皮は乾燥している方が多いです。

毎日のシャンプーは必要な皮脂まで洗い流してしまうため、余分に皮脂を出そうとして頭皮のベタつきの原因となります。

1~2週間に1回ていど、オールインワンゲルでのヘアケア+頭皮ケアがおすすめです。

毛先が傷んでいる方やパサつきが気になる方は、トリートメントの変わりにオールインワンゲルを揉み込み10分ていど放置します。

このときに、一般的なヘアトリートメントは頭皮には使用しませんが、オールインワンゲルは頭皮のケアも同時に行うことができます。

頭皮は紫外線やシャンプー、間違ったケアなどにより肌トラブルを起こしている人が多く、薄毛や抜け毛の原因となります。

1~2週間に1回ていど、頭皮ケアも行いましょう。

大容量のオールインワンゲルなら、全身+髪の毛+頭皮のケアが1本で完了するので楽ですね。

 

ハンドクリーム代わりに使う

 

保湿効果の高いオールインワンゲルはハンドクリーム変わりに使用することができます。

保湿力の高いオールインワンゲルはオイルやクリームなど、油分が多くベタベタとした使い心地のものが多いですよね。

オールインワンゲルは化粧水+乳液の機能があるため、ハンドクリームに比べると水分量が多いため、テクスチャがサラっとしており、手につけてもベタベタしません。

ハンドクリームはベタつくから嫌という方は、ハンドクリームの変わりにオールインワンゲルを使うと良いですよ。

小さなケースにオールインワンゲルを詰め替えて、乾燥が気になるときにいつでもハンドクリームの変わりに塗布することができます。

寝る前に手にたっぷりとオールインワンゲルを塗布すると翌朝はもちもちのお肌になりますよ。

 

 

 

 

 

1本で美白&保湿ができる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら