オールインワンジェルのたるみ効果

【オールインワンジェルのたるみ】

 

年齢肌におすすめのオールインワンゲルの効果3つのポイント

 

 

たるみ・シミ・しわ・くすみ・毛穴開きなど、年齢肌におすすめのオールインワンゲルの選び方を紹介します。

年齢肌が気になる方は「複合型コラーゲン配合」「紫外線ダメージケア成分を配合」「抗酸化成分を配合」の3つのポイントでオールインワンゲルを選ぶことでアンチエイジング効果が期待できます。

年齢肌のケアにはたくさんのスキンケアアイテムが必要だと思われる方も多いのですが、実はアンチエイジングに最も重要なのは保湿です。

保湿効果を重視したオールインワンゲルならアンチエイジング効果を十分に期待できますよ。

 

 

 

 

1本で本格エイジングケアができる!

初回購入は55%offでお得

保湿効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

【オールインワンジェル/たるみ】エイジングケアに効果的なオールインワン1・複合型コラーゲンを配合

 

40代・50代になると、たるみ引き上げやほうれい線ケア、リフトアップなど本当に効くアンチエイジングのためのスキンケアが気になりますよね。。。

アラフォー以降は少なからず肌の老化減少は現れます。

アラフォーになると乾燥肌の人の割合が増え、乾燥が原因の肌トラブルが起きてきます。

加齢による肌トラブルを改善するポイントは保湿です。

いくら高価な化粧品を使っても乾燥肌の人は美容成分がしっかり浸透しません。

肌の内部から潤うことで美肌成分がグングンと浸透する肌になりますよ。

アンチエイジングが用のオールインワンゲルを選ぶときは保湿効果を重視して選ぶことをおすすめします。

 

顔たるみの原因/加齢によるコラーゲンの減少・質の変化

 

コラーゲンは20代をピークに減少し、40代・50代では量・質ともに低下します。

コラーゲンは肌の弾力やハリを支える成分であり、若々しい肌には欠かせない成分です。

コラーゲンの量と質が低下することで、肌細胞を繊維のように支える働きが低下し、肌はたるんできます。

顔たるみの1つ目の原因は「コラーゲンの量・質の低下による肌弾力・ハリの低下」です。

次に、年齢とともにエネルギー代謝が低下することで顔の皮下脂肪は肥大化してきます。

若い頃はコラーゲンやエラスチンの量や質が良く皮下脂肪を支えることができましたが、年齢とともにコラーゲンなどの量や質が低下すると、肥大化した皮下脂肪を支えることができなくなり、顔たるみの原因となります。

3つの原因は、顔の筋肉の質の低下です。

顔にはたくさんの筋肉があり細かい表情を作り出すことができます。

顔の筋肉は、腕や足の筋肉とは異なり骨ではなく直接皮膚にくっついているため、筋肉の質が低下するとその上にある皮膚や皮下脂肪が支えきれなくなり顔たるみの原因となります。

このように、顔たるみの原因は大きく分けて3つありますが、コラーゲンの量・質が低下することによるものが大きいと言えます。

アンチエイジングの鍵となるのはコラーゲンにあります。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときはコラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

コラーゲン減少による顔たるみには複合型コラーゲンが効果的

 

加齢によりコラーゲンが減少することで起こる顔たるみには、複合型コラーゲンが効果的です。

複合型コラーゲンは、肌表面を保護するコラーゲン、肌の角質層まで浸透するコラーゲンなどが複合的に配合されています。

コラーゲンには様々な種類があり、アンチエイジングには肌の内側・外側の両方の保湿が重要です。

華麗によりコラーゲンの量・質が低下することで、肌細胞と肌細胞を繊維のように繋いでいるコラーゲンが不足し、肌の弾力やハリを保つことが出来なくなります。

肌は弾力やハリを失うと、たるみとなって現れます。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルは、加齢により減少したコラーゲンを補い、肌の弾力やハリを改善することが期待できます。

 

顔たるみによるほうれい線には複合型コラーゲンが効果的

 

ほうれい線はシワの1つですが、原因は顔たるみです。

コラーゲンが減少し肌の弾力やハリが低下すると、皮下脂肪を支えきれなくなったたるみ、たるみが原因でシワが形成されます。

たるみによるシワには複合型コラーゲンが効果的です。

複合型コラーゲンは肌表面の保護をするものと、肌の内側を保護するものがあります。

ほうれい線のようにシワが出来ている状態が続くと肌が形状記憶され、次第にシワが深くなってしまいます。

肌表面を保護するタイプのコラーゲンなら、肌表面のシワに多めに塗布することで潤いや刺激を与え、深いシワを予防することができます。

シワの改善には皮膚が織り込まれてしまわないように、マッサージをするのが効果的です。

マッサージ機能のあるオールインワンゲルなら、シワの改善に効果的です。

 

顔たるみによるたるみ毛穴は保湿対策が効果的

 

顔たるみが起きると毛穴が重力で下に引っ張られるため、毛穴がしずく型に広がり目立ちます。

たるみ毛穴は小鼻から頬にかけて目立つことが多く、毛穴の開きから皮脂が分泌しやすく毛穴の黒ずみやニキビなどの原因となります。

たるみ毛穴はもともとの原因が顔たるみなので、毛穴のケアだけをしていても改善できません。

顔たるみによるたるみ毛穴の改善は、保湿が最も重要です。

年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンなどの生成能力が低下するため、乾燥肌の割合が多くなります。

肌の内部が乾燥している状態は、肌細胞が水分で満たされていない状態なので、肌細胞と肌細胞の間にはたくさんの隙間が出来ている状態です。

このような状態では肌のキメが乱れ、肌の弾力やハリはますます低下します。

たるみ毛穴が気になる人は保湿を重視し、肌のキメを整えることでふっくらした肌を取り戻しましょう。

保湿が十分にできると肌細胞と肌細胞の間の隙間が埋まり、肌がもっちり潤いを持ちます。

肌の弾力やハリの改善は、たるみ毛穴の改善に効果的です。

 

保湿成分コメエキスではコラーゲンを修復できない

 

コメ由来の保湿成分は保湿効果が高いと言われていますよね。

コメ由来の保湿成分を配合した化粧品も増えており、特に乾燥肌向けのスキンケアが多いようです。

ゆめぴりかはコメ由来の保湿成分配合で保湿効果が高いと人気があります。

でも、保湿成分コメエキスではコラーゲンを修復することはできません。

市販やドラッグストアのオールインワンゲルの中にもコメエキス配合のものがありますが、高い保湿効果は期待できません。

年齢とともに低下したコラーゲンの質や量は、コメエキスでは改善することができません。

保湿効果を重視するなら浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

ヒアルロン酸配合のちふれオールインワンジェルではコラーゲンを修復できない

 

プチプラのオールインワンゲルの中でも人気のちふれは、ヒアルロン酸配合のオールインワンゲルを取り扱っています。

ちふれのオールインワンゲルには、グリセリン・BG・トレハロース・ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸・オウゴン根エキスなど様々な保湿成分が含まれていますが、コラーゲンの修復に効果的な成分はないようです。

減少したコラーゲンを補うためには、浸透型コラーゲンが必要です。

浸透型コラーゲンは肌の角質層まで入り込み、肌老化の予防が期待できます。

コラーゲンの修復には浸透力の高いコラーゲンを取ることが効果的です。

年齢肌による顔たるみが気になる方は、複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルを選ぶとアンチエイジング効果が期待できますよ。

 

ヒアルロン酸配合の無印オールインワンゲルではコラーゲンを修復できない

 

無印良品のアンチエイジング用のオールインワンゲルは、主成分が水・グリセリン・BGなどです。

ローズやざくろなど10種類の美容成分を配合し、ヒアルロン酸や加水分解コラーゲンなどの保湿成分を配合しています。

ヒアルロン酸やコラーゲンは肌への浸透力を高める処方となっていますが、配合量が少なく高いアンチエイジング効果は期待できません。

加水分解コラーゲンは浸透型コラーゲンであれば肌の奥の角質層まで浸透することができますが、主成分ではなく配合量は少ないため、肌の弾力やハリ感アップはあまり期待できません。

加齢によりコラーゲンの質や量が低下すると肌は弾力やハリを失い、年齢肌の原因となります。

コラーゲンの質や量を増やすためには、コラーゲンの元となるアミノ酸を摂取することや、アミノ酸の吸収率を高めるビタミン類を同時に摂取することですが、食事からだけでは不十分です。

コラーゲンを増やすサポートをする成分を配合したスキンケアを使用することでコラーゲンの減少を防止したいですね。

コラーゲンを増やすサポートをする成分は、ビタミンC誘導体・レチノール・ナイアシンなどです。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときは、コラーゲンのみではなく、コラーゲンを増やすサポートをする成分を配合しているものを選びましょう。

無印良品のアンチエイジング用のオールインワンゲルは、コラーゲンの増加には効果は期待できません。

 

フィト発酵エキス配合のフィトリフトはではコラーゲンを修復できない

 

加齢により新陳代謝が低下すると細胞の生まれ変わりが活発に行われる、コラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンなどを生成する繊維芽細胞を活性化する力が低下します。

繊維芽細胞が活性化されないと、美肌に必要な成分が生成されないため年齢肌の原因となります。

特にコラーゲンやエラスチンは、肌の弾力やハリを保つために必要な成分であり、これらが不足するとたるみやシワの原因となります。

フィト発酵エキスは植物由来の抽出物を発酵した美容エキスで、コラーゲンやエラスチンなどを生成する繊維芽細胞を増やす力があるとされています。

フィト発酵エキス配合のオールインワンゲルを使用することで、直接コラーゲンを補充するのではなく、コラーゲンを生成する繊維芽細胞を増加させる力を強化するのです。

ただ、繊維芽細胞の増加までにはとても時間がかかります。

また時間がかかる上に自己免疫力を高めることで、肌本来が持つ力を取り戻そうとする成分のため、すでに年齢肌など肌トラブルがある状態では、効果を実感できません。

肌の老化よりも自己免疫の向上の方がスピーディに行われれば良いのですが、加齢により体内環境が乱れていると自己免疫の向上に時間がかかり、肌の老化スピードを食い止めるのが難しいと言えます。

年齢肌ですでに肌トラブルがある方はフィトフリフトはおすすめできません。

すでに年齢肌の悩みのある方は、浸透型コラーゲンを主成分としたオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

【オールインワンジェル/たるみ】エイジングケアに効果的なオールインワン2・紫外線ダメージケア成分を配合

 

紫外線は肌老化の最も大きな原因となります。

紫外線は主に肌表面を刺激する紫外線B波と、肌の内部まで入り込む紫外線A波があります。

紫外線Bは肌表面を刺激し、発赤・皮むけ・痛みなど火傷のような炎症反応を起こします。

紫外線A波は肌の内部まで入り込み、コラーゲンやエラスチンなどを破壊し年齢肌の原因となります。

紫外線による肌への炎症は肌トラブルの原因となるため、紫外線ダメージをケアできる成分配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

顔たるみの原因/紫外線ダメージによるコラーゲン・エラスチンの破壊

 

コラーゲンは人体を構成するタンパク質(アミノ酸)の1種であり、肌・骨・血管など様々な部位に存在しています。

コラーゲンは体内で生成された後、10~20年かけて体内で分解され、肌や骨・血管など様々な部位の働きをサポートしています。

紫外線を受けるとたくさんのコラーゲン分解酵素を作り出します。

コラーゲン分解酵素の増加により、肌のコラーゲンも分解され減少や質の低下を起こします。

コラーゲンは真皮にある繊維芽細胞で生成されますが、繊維芽細胞は年齢とともに増殖能力が低下し、40代では20代の半分ほどの増殖能力しかなくなってしまいます。

顔は常に紫外線を浴びる場所なので日々、紫外線ダメージを受け続けています。

また日々、年齢を重ねるため繊維芽細胞の増殖能力は低下していきます。

紫外線+繊維芽細胞の能力低下(エイジング)により、たるみやシワなど年齢肌となります。

1年中常に紫外線予防のためUVカットクリームなどを使用し、紫外線ダメージを受けないようにすることが重要です。

また、紫外線ダメージをケアする成分配合のオールインワンゲルを使用することでアンチエイジング効果が期待できますよ。

 

紫外線ダメージによる顔たるみにはトラネキサム酸が効果的

 

顔のたるみやシワは、コラーゲンやエラスチンの減少・質の低下が主な原因です。

紫外線により肌がダメージを受けると軽い火傷のような炎症反応を起こします。

紫外線により肌に炎症を受けると、肌は防御反応のためにメラニンをたくさん生成しようとします。

肌の炎症反応によりメラニンの生成が活性化されるのは正常な働きですが、年齢を重ねた肌はターンオーバーが遅延しており、新しい肌細胞がなかなか生まれない状態のため、過剰なメラニンを排出することができません。

停滞したメラニンはいずれ黒色化し、シミとなります。

紫外線による肌荒れなどの炎症反応はシミやたるみなどの原因となるため、抗炎症成分配合のオールインワンゲルを使用するのがおすすめです。

抗炎症薬のトラネキサム酸は、美白有効成分とされており高い美白効果が期待できる成分です。

トラネキサム酸は強い抗炎症作用があるため、紫外線ダメージによる肌トラブルを改善し、シミやたるみなどの年齢肌を予防することができますよ。

 

 

トラネキサム酸配合のオールインワンゲルはこちら

 

【オールインワンジェル/たるみ】エイジングケアに効果的なオールインワン3・抗酸化成分を配合

 

エイジングケアに重要とされる抗酸化成分ですが、なぜ人は年齢を重ねると酸化(肌老化)が起きるのかは意外と知られていません。

呼吸をして取り込んだ酸素の約2%が活性酸素になるとされています。

活性酸素は日々できていますが、年齢が若いほど新陳代謝が活発で新しい細胞が生まれ変わるサイクルが早いため、老化を実感することはありません。

年齢とともに新陳代謝が低下すると新しい細胞を作るサイクルが遅くなり、様々な老化現象を実感するようになります。

抗酸化物質は活性酸素を除去する働きがあり、肌老化の予防に効果的です。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときは、抗酸化物質配合のものを選ぶと効果的です。

 

顔たるみの原因/活性酸素による細胞の老化

紫外線により活性酸素が発生する仕組みについて

画像引用:活性酸素とは?(日本メディカル研究会)

 

活性酸素は呼吸をするたびに日々発生していますが、活性酸素を増やす原因とされているものに紫外線や大気汚染・負荷の高い運動などがあります。

紫外線を浴びると肌では有害な活性酸素が発生します。

有害な活性酸素はメラニンを生成するメラノサイトの働きを活性化します。

メラノサイトが活性化するとメラニン活性化酵素であるチロシナーゼの働きが活性化され、メラニンが過剰に生成されます。

過剰に生成されたメラニンは表皮細胞に蓄積され、やがて黒色化されます。

メラニンが黒色化したものがシミとなります。

また、紫外線により発生した有害な活性酸素は、コラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞の働きを低下させるため、肌は弾力やハリを失い、たるみやシワの原因となります。

肌老化の予防には活性酸素の除去が必要と言えます。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときは、抗酸化物質配合のものを選ぶと効果的です。

 

活性酸素による顔たるみ(肌老化)には抗酸化成分が効果的

 

顔たるみなどの肌老化の改善・予防には抗酸化成分が効果的です。

抗酸化成分は活性酸素の除去をする働きがあり、肌老化を予防することができます。

顔たるみに効果的な抗酸化成分は、ビタミン類・ポリフェノール類などがあります。

抗酸化成分のビタミンEは、細胞の周りを取り巻く膜を保護する働きがあり、細胞が活性酸素により攻撃されるのを予防することができます。

抗酸化成分のビタミンCは、ビタミンEのサポート成分であり、同時に取ることでビタミンEの再生や活性化に効果的です。

抗酸化成分のポリフェノール類は、強い抗酸化力があり、ビタミンEよりも抗酸化力が高いとされています。

顔たるみの予防・改善には、ビタミンE・ビタミンC誘導体・ポリフェノール類を配合したオールインワンゲルがおすすめです。

化粧品に配合される抗酸化成分は、天然ビタミンE・アロエエキス・カンゾウ根エキス・カンゾウ抽出エキス・ビルベリー葉エキスなどがおすすめです。

 

 

 

 

アンチエイジングにも効果的

初回購入は50%offでお得

アンチエイジング効果が高いオールインワンゲルはこちら