[オールインワンゲル/効果]医薬部外品のゲルは保湿・美白効果あり!シミ消しにおすすめのゲル選び方

[オールインワンゲル/効果]美白・保湿効果が高いゲルの選び方3つのポイント

 

保湿・美白効果が高いオールインワンゲルの選び方3つのポイント

 

 

1本で美白&保湿効果が高いオールインワンゲルは「天然保湿成分を豊富に配合」「医薬部外品で美白有効成分を配合」「複合型コラーゲン配合で保湿が持続する」の3つのポイントで選ぶことをおすすめします。

「オールインワンゲルだけだと乾燥する。。。」と言う方は保湿成分が肌の奥まで浸透していないからです。

肌の奥の角質層まで浸透する複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、肌の内側からしっかりと保湿ができますよ。

また角質層がしっかりと保湿されることで美白有効成分が浸透しやすくなり、美白効果がアップします。

 

 

 

1本で美白&保湿ができる

初回購入は50%offでお父

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンゲル/効果]美白・保湿・エイジング・毛穴ケア/美肌におすすめの3つのポイント

 

 

オールインワンゲルの効果は、保湿・美白・エイジングケア・毛穴ケアなどがあります。

1本で様々な効果のあるオールインワンゲルは何よりも保湿力を重視して選ぶと美肌に近づきます。

保湿力が高いオールインワンゲルは、肌の奥の角質層をしっかりと保湿することができます。

角質層が潤うことで肌のキメが整い、美白成分などの有効成分が浸透しやすくなり美肌に導きます。

オールインワンゲルを選ぶときは保湿力を重視し、肌悩みで最も気になるポイントにアプローチする商品を選びましょう。

 

 

 

 

1本で保湿&美白できる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

美肌におすすめのオールインワンゲル1・天然保湿成分が豊富なものを選ぼう

 

オールインワンゲルには様々な保湿成分が含まれていますが、肌への負担がなく保湿効果の高い天然保湿成分が豊富に含まれているものを選びましょう!

天然保湿成分はスクワラン・ヒアルロン酸・和漢植物エキス・セラミド・プラセンタ・コラーゲンなどがあります。

化粧品の全成分表示は含有量の多いものから順番に表示することとなっており、保湿効果の高いオールインワンゲルは、天然保湿成分が主成分となっています。

プチプラや保湿効果の低いオールインワンゲルは主成分が水やPGなどになっており、長時間の保湿が難しいです。

オールインワンゲルを選ぶときは主成分が天然保湿成分のものを選びたいですね。

 

天然保湿成分・スクワラン

 

スクワランは人の肌にも5%ほどの割合で存在する天然保湿成分です。

スクワランはそのままの状態では酸化しやすいため、化粧品に配合するときには水素を添加して安定化させています。

スクワランは水や油に馴染みやすい性質があり、肌への浸透性が高いため美容成分を肌の奥まで届けることができ、エイジングケアに最適な成分と言えます。

スクワランはもともと人の肌に存在する成分なので安全性が高く、妊婦や子供にも使えますし、マッサージや保オイルとして全身に使うことができますよ。

オールインワンゲルを選ぶときは、保湿効果の高いヒアルロン酸の配合量が多いものを選びましょう。

 

天然保湿成分・ヒアルロン酸

 

画像引用:皮膚の基礎知識(神田美容外科・形成外科医院)

 

肌は表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれており、真皮の中にヒアルロン酸が存在します。

ヒアルロン酸は真皮の細胞間に多く存在しており、水分の保持やクッションの役割をしています。

ヒアルロン酸は水分を抱え込む特性があるため、ヒアルロン酸が多い肌は肌の内部・表面ともに水分に満たされ潤っています。

ヒアルロン酸は肌細胞よりも分子が大きいため、そのままの形では皮膚に浸透することができません。

そのため、化粧品に配合するときは加水分解を行い「加水分解ヒアルロン酸」として低分子化したヒアルロン酸を配合しています。

化粧品に配合されている加水分解ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na)は、水に溶けやすく高い保湿力を持っています。

肌への浸透力が高く、継続して試用することで角質層の水分量を高め、肌の内側から保湿効果を実感することができます。

参考:ヒアルロン酸Naとは(アベンヌ)

 

ヒアルロン酸は真皮にあるコラーゲンやエラスチンの隙間を受けて支える働きがあるため、ヒアルロン酸を補給することでコラーゲンやエラスチンなど肌の弾力やハリを保つ働きをサポートすることができます。

ヒアルロン酸は保湿力だけでなく、エイジングケアにも必要な成分ですね。

 

天然保湿成分・和漢植物エキス

 

和漢植物エキスは漢方の原料として古くより試用されている植物から採取した美容成分です。

和漢植物エキスには美肌にとって必要な効果がたくさんありますが、特に保湿効果の高い和漢植物エキスについて紹介します。

保湿効果があると言われる和漢植物エキスは、アケビエキス・オウゴンエキス・シャクヤクエキス・ハトムギエキス・ベニバナエキス・ヨモギエキスなどがあります。

漢方や生薬の原料となる和漢植物は、自然治癒力を高め体の内側から健康をサポートする作用があります。

加齢などにより肌のターンオーバーが乱れると本来の保湿能力が低下し乾燥肌になります。

和漢植物エキスの自然治癒力を高める作用により肌のターンオーバーの乱れを改善し、本来の保湿能力を取り戻すことができます。

 

天然保湿成分・セラミド

 

セラミドは角質細胞どうしの隙間を満たし、水分を保持しています。

健康な肌は何層もの角質細胞が重なって構成されていますが、加齢などによりセラミドの生成量が定価すると、角質細胞どうしの隙間を満たし水分を保持する能力が低下し、肌のバリア機能が低下します。

セラミドは肌の内部の水分保持、肌表面の水分保持にも重要な役割を果たすため、セラミドが十分にある肌は潤ってキメが整っています。

セラミドは肌の保湿に欠かせない成分であり、保湿力の高いオールインワンゲルには配合している商品が多いです。

オールインワンゲルを選ぶときはセラミド配合のものを選ぶと保湿効果を実感することができ、1本で十分に保湿することができますよ。

 

天然保湿成分・プラセンタ

 

プラセンタは胎盤のことを言い、胎盤から抽出されたエキスをプラセンタエキスと言います。

胎盤は胎児の成長のため必須アミノ酸・ペプチド・ビタミン・ミネラルなど、生きていく上で欠かせない成分が豊富に含まれています。

胎盤は成長因子を持ち、細胞分裂が活発に行われています。

そのため、プラセンタエキスは細胞の活性化によるアンチエイジング効果、血流改善による肌のターンオーバーの改善など、美肌効果が高いと言われています。

肌細胞が活性化することで肌のターンオーバーが整い、本来の保湿能力を取り戻すことができます。

プラセンタエキスは肌への浸透力が高く肌の奥の角質層まで浸透することができるため、高い保湿効果があるとされています。

保湿力の高いオールインワンゲルにはプラセンタエキスを配合した商品が多いです。

オールインワンゲルを選ぶときはプラセンタエキス配合のものを選ぶと保湿効果が高くおすすめです。

 

天然保湿成分・コラーゲン

 

コラーゲンは肌細胞を支える繊維の役割を持ち、肌の弾力やハリを保っています。

コラーゲンは年齢とともに生成量が低下するため、次第にたるみやシワなどの原因となります。

コラーゲンが減少すると肌細胞どうしを支える繊維が緩み、肌細胞はいびつな形となり肌のキメが乱れます。

肌のキメが乱れると外部からの刺激に弱くなり、肌のバリア機能が低下したり、肌内部の水分が外に逃げてしまい乾燥肌になったりします。

コラーゲン自体にも水分保持力があるため、コラーゲン量が低下すること乾燥しやすくなります。

オールインワンゲルを選ぶときはコラーゲン配合のものを選ぶと保湿力が高くおすすめです。

また、一般的なコラーゲンは浸透力が悪く角質層まで浸透できないため、浸透型コラーゲンを配合したオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

天然保湿成分・オリーブ油

 

オリーブ油はオリーブ果実から抽出された美容オイルであり、保湿目的で様々な化粧品に配合されています。

オリーブ油は肌内部の水分の蒸発を抑制する働きと、肌内部に水分を保留しておく働きがあります。

オリーブ油は皮膚を柔軟にするエモリエント作用があり、化粧水の前に塗布することで化粧水の浸透を高める効果があります。

オリーブ油を塗布することで肌表面や角層が柔らかくなり、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなりますよ。

オールインワンゲルを選ぶときはオリーブ油配合のものを選ぶと保湿効果がアップします。

 

天然保湿成分・アボカド油

 

アボカド油はアボカドの果実から抽出されるオイルです。

アボカド油は保湿効果の高い成分で、オリーズ油と同じく肌の内側・表面の両方の保湿効果を高めることができます。

オリーブ油と同じく、角質層を柔らかくする働きがあるため、肌の奥の角質層までしっかりと保湿することができます。

オリーブ油はほかの美容成分とは異なり、肌の奥まで浸透しやすい成分であり、エモリエント効果の高い成分なので、オリーブ油配合のオールインワンゲルは保湿力が高いと言えますね。

オールインワンゲルを選ぶときは、オリーブ油配合のものを選ぶと保湿効果を実感することができますよ。

 

天然保湿成分・天然ビタミンE

 

天然ビタミンE(トコフェロール)は抗酸化力が高い成分であり、エイジング化粧品に多く配合されています。

強い抗酸化力があることから「若返りビタミン」として知られています。

天然ビタミンEは血流を改善する作用があり、肌細胞の活性化が期待できます。

肌細胞に十分な血液が届けられると新陳代謝が活発となり肌のターンオーバーの栄城やバリア機能の改善などの効果が期待できます。

肌のターンオーバーが改善するとコラーゲンやセラミドなどの生成能力が高まり、肌の弾力がハリがアップし、肌のキメが整います。

肌のキメが整った細胞は肌の内部に十分に水分を蓄えることができ、肌の内側・外側の両面を潤わせることができますよ。

オールインワンゲルを選ぶときは天然ビタミンE配合のものを選ぶと保湿効果を実感することができますよ。

 

 

55種類の保湿成分を配合!保湿効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

美肌におすすめのオールインワンゲル2・美白有効成分配合のものを選ぼう

 

「シミやくすみが年々ひどくなる・・・。」

「美白化粧品を試しても効果を感じない。」

加齢とともにシミやくすみが気になると言う方や、美白化粧品を使っても効果を実感できない方が多いですよね。

それは保湿がしっかりとできていないために美白有効成分が肌の奥まで浸透できていないから。

また、美白効果の高い美白有効成分が配合されていないからです。

美白をしたい方もまずは保湿をしっかりとしなければ、せっかく美白化粧品を使っても効果を実感することができません。

シミやくすみが気になる方に、美白効果がアップするオールインワンゲルの選び方を紹介します。

 

化粧品ではなく医薬部外品がおすすめ

 

オールインワンゲルは化粧品と医薬部外品(薬用)があります。

医薬部外品は、厚生労働省が指定する美白有効成分が規定値量で配合されているものを言います。

医薬部外品に認定されると「シミやそばかすの予防・改善効果」を表示することができます。

一般的な化粧品は美白効果があることを表示することができませんが、医薬部外品なら美白効果が認められた有効成分を規定値量で配合しているため表示することができます。

つまり、化粧品よりも医薬部外品のほうが美白効果が高いと言えますね。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、美白有効成分配合のオールインワンゲルを選びましょう。

 

シミの原因となる紫外線ダメージをケアする有効成分/トラネキサム酸

 

シミの原因のほとんどは紫外線によるメラニンの過剰生成にあります。

肌は紫外線などの強い刺激を浴びると、肌へのダメージを防ぐために防御反応としてメラニンの生成を活性化します。

メラニン生成活性化は肌の防御反応であり正常な反応ですが、メラニンが生成されることが悪いのではなく、メラニンが過剰に蓄積してシミになるのが問題なのです。

美白有効成分のトラネキサム酸は、シミの発生段階をブロックすることでシミを予防することができます。

肌は紫外線を浴びるとメラニンが紫外線を吸収し、紫外線によるダメージをケアするために新たにメラニンを作らせようと働きます。

紫外線を受けると肌はダメージを受け炎症反応を起こしますが、抗炎症作用のあるトラネキサム酸はメラノサイト(メラニンを生成する場所)活性化酵素を抑制することでメラニンの過剰生成を抑えることができます。

トラネキサム酸は肝斑治療にも効果的な成分とされており、高い美白効果があります。

メラニンは紫外線を吸収する働きがあるため、シミの予備軍やすでに出来ているシミは紫外線を吸収し、新たなシミの原因となります。

また、すでにシミが出来ている部分は、紫外線を浴びていない状態でも常にメラノサイトが活性化されたままの状態となっているため、メラノサイトの活性化抑制効果のあるトラネキサム酸配合の化粧品は新たなシミを予防する効果が期待できます。

美白オールインワンゲルを選ぶときはトラネキサム酸配合のものを選びましょう。

 

メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを予防・改善する成分/アルブチン

 

美白有効成分のアルブチンはメラニンの生成を活性化する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制する作用があります。

アルブチンは、漂白作用が強いとされているハイドロキノンの刺激性を低下させたハイドロキノン誘導体です。

ハイドロキノンは美白効果は高いのですが、肌への刺激性が強く、医師の管理のもとで試用しなければ危険性がある成分です。

アルブチンはハイドロキノンの刺激性を弱め美白効果を発揮する安全性の高い成分です。

肌は紫外線を浴びるといくつかの段階を追ってシミとなります。

いつくかの段階のシミの原因をブロックすることでシミの予防や改善に繋がります。

先ほど紹介したトラネキサム酸とアルブチンは、それぞれ作用する場所が異なるため、ダブルで配合することでシミの予防や改善効果が高まります。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、美白有効成分にトラネキサム酸とアルブチンをダブルで配合しているものを選びましょう。

 

 

 

トラネキサム酸+アルブチンをダブル処方!美白オールインワンゲルはこちら

 

 

美肌におすすめのオールインワンゲル3・長時間の保湿効果があるものを選ぼう

 

「オールインワンゲルだけだと肌がつっぱる!」

「本当に1本で大丈夫?乾燥するんじゃない?」

オールインワンゲル1本では乾燥してしまうと言う声が多く聞かれますよね。

それは保湿成分は配合されているものの、長時間保湿ができない保湿剤だからです。

肌は角質層の奥まで水分が浸透していないと乾燥を感じます。

角質細胞どうしを繋ぐセラミドには水分が貯留され肌内部の潤いを保っています。

一般的な保湿成分は肌の奥まで浸透できないため、肌表面が一時的に保湿された状態では、しばらくすると乾燥を感じてしまいます。

肌の奥の角質層まで浸透できる複合型コラーゲンや、肌への新投稿かが高いオリーブ油・アボカド油・和漢植物エキスなどを配合したオールインワンゲルなら、長時間の潤いが続きます。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌の内部まで浸透する保湿成分配合のものを選びましょう。

 

複合型コラーゲンは長時間の保湿効果が期待できる

 

一般的にコラーゲンは肌細胞の分子よりも大きいため角質層の奥まで浸透することができません。

そのため一般的なコラーゲンでは肌の表面しか保湿することができません。

でも、肌の表面のみを保湿しても肌の内側は乾燥し、肌のバリア機能の低下などのトラブルに繋がります。

複合型コラーゲンは肌の奥の角質層まで浸透することができるため、肌内部をしっかりと保湿することができます。

肌内部にはヒアルロン酸やセラミド、プロテオグリカンなどの抱水作用のある成分があるため、保湿成分を肌の内部まで浸透させることで、これらの抱水作用が高まり肌の内側から保湿をすることができます。

オールインワンゲルを選ぶときは複合型コラーゲン配合のものを選ぶと長時間の保湿効果を実感することができます。

 

浸透型コラーゲンは角質層の奥まで届き保湿効果を高める

 

健康な肌は何層もの角層が重なり合い、その間に角質細胞があります。

角質細胞どうしを繋ぐセラミドは、細胞同士を繋ぐ役割を持ち、抱水分作用を持っています。

キメの整った肌は角質細胞が綺麗に並び、セラミドにはたっぷりと水分が貯留しています。

セラミドは加齢とともに生成能力が低下するため、年齢とともに乾燥肌の方が増えていきます。

加齢以外にも冷え性などが原因で血行不良が起きると肌のターンオーバーが乱れ、セラミドの生成量が減少します。

セラミドは肌のターンオーバーと共に生成されるため、肌のターンオーバーが長期化することでセラミドは生成しにくくなり、肌は感想傾向となります。

乾燥肌や敏感肌の方はセラミド不足になっていると言えます。

つまり、肌のターンオーバーの正常化はセラミドの生成能力をアップし、肌本来の保湿力を取り戻すことに繋がります。

肌のターンオーバーの乱れは乾燥が原因となるため、複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルを試用することで肌内部の乾燥を和らげ肌のターンオーバーの改善を促しましょう。

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、長時間の保湿効果を実感することができますよ。

 

 

 

 

1本で美白&保湿ができる!

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

 

[オールインワンゲル/効果]医薬部外品は美白有効成分配合でシミ・そばかすの予防改善に効果的

 

シミ・そばかす予防に効果的なオールインワンゲルの3つのポイント

 

オールインワンゲルの美白&保湿効果は「医薬部外品を選ぶ」「トラネキサム酸配合」「アルブチン配合」の3つのポイントが重要です。

美白有効成分配合の医薬部外品(薬用)はシミ・そばかすの予防・改善に効果的です。

美白有効成分の中でもトラネキサム酸・アルブチンは美白効果が高く、ダブルで配合のオールインワンゲルならより美白効果がアップしますよ。

 

 

 

 

トラネキサム酸+アルブチン配合!

美白効果が高い!

美白効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

美白効果の高いオールインワンゲルの選び方1・医薬部外品を選ぼう

 

オールインワンゲルは医薬部外品と化粧品がありますが、美白効果が高いのは医薬部外品のオールインワンゲルです。

医薬部外品のオールインワンゲルは、「シミ・そばかすの予防に効果がある」と表示することができます。

医薬部外品は厚生労働省が認定する美白有効成分を基準値内で配合していることが条件となるため、一般的な化粧品とは異なり美白効果が高いと言えます。

化粧品の中にも美白オールインワンゲルと書かれたものがありますが、美白有効成分の配合がなかったり、配合されていても微量であるため美白効果は期待できません。

美白オールインワンゲルを選ぶときは医薬部外品のものを選ぶと美白効果を実感することができますよ。

 

医薬部外品とは?

 

オールインワンゲルには医薬部外品(薬用)と、医薬部外品以外のもの(化粧品)があります。

医薬部外品と化粧品のは、医薬品医療機器等法により区分されています。

医薬品医療機器等法では、医薬品や医療機器等の品質・有効性・及び安全性の確保等に関する法律であり、医薬部外品は美白効果のある有効成分を含有していることと定められています。

 

参考:化粧品と医薬部外品の違いは?(国民生活センター)

 

美白効果のある有効成分は厚生労働省により種類や含有量の範囲が定められており、医薬部外品のオールインワンゲルは厚生省の指定する有効成分を指定範囲内で含有しているものとなります。

化粧品は美白オールインワンゲルと書かれているものでも厚生労働省の指定する美白有効成分を配合していないものや、ごく微量しか配合されていないものです。

そのため、医薬部外品の美白オールインワンに比べて化粧品の美白オールインワンゲルは美白効果が低いと言えます。

美白オールインワンゲルを選ぶときは医薬部外品を記載されたものを選ぶことをおすすめします。

 

医薬部外品の有効成分とは?

 

医薬部外品は厚生労働省が認定する有効成分を指定範囲内で配合しているものを言います。

現在、厚生労働省が認定している美白有効成分は23種類あり、これらの美白有効成分は「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」効能を表示することが認められた成分です。

医薬部外品に含まれる有効成分は安全性や有効性の面から、有効成分の配合量が指定範囲内であることが定められています。

 

参考:美白有効成分(資生堂)

 

美白有効成分一覧
美白有効成分 作用
アルブチン チロシナーゼの活性化抑制
アンダーシールダー 表皮・真皮の間の基底膜を強化しシミ活性因子をブロックする
安定型ビタミンC誘導体 持続型ビタミンC誘導体とも呼ぶ。皮膚に吸収されてからビタミンCを放出し水中でも非常に安定する。
エナジーシグナルAMP 肌のターンオーバーを正常化しメラニンの蓄積を予防する。
エラグ酸 ポリフェノールの一種。チロシナーゼに必要な銅原子を奪い活動を阻害する。
カモミラET メラノサイトの増殖や活性化を抑制する。
グラブリジン チロシナーゼの働きを阻害する。
コウジ酸 チロシナーゼが働くのに必要な銅原子を奪うことで活動を阻害する。
ソフニングリリーサー 不要な角層の剥離を促しメラニンの蓄積を抑える。
ディフェンスバイタライザー 新陳代謝の改善による肌のターンオーバーの正常化。メラニンの蓄積を抑える。
トラネキサム酸 メラノサイトの活性化を抑制する。
ニコチン酸アミド 水溶性ビタミンの1種。メラニンが表皮細胞に受け渡させるのを防ぐ。
ビタミンCエチル ビタミンC誘導体の1つ。皮内に入ってすぐに効果を発揮する。メラニンの黒色化を防ぐ。
白蓮果R HA メラニンの排出促進。肌の透明感アップ。
プラセンタエキス 肌のターンオーバー正常化。メラニンの生成抑制。
マグノリグナン チロシナーゼの活動の抑制。
4MSK メラニン生成を抑制。

蓄積したメラニンの排出促進。

リノール酸S チロシナーゼの分解作用。メラニンの生成を抑制。
ルシノール チロシナーゼとチロシンの合体を防ぐ。メラニンの生成を抑制。

 

 

医薬部外品の配合量を変更するためには新しく薬事申請が必要なため、医薬部が貧と化粧品との間には大きなハードルがあり、医薬部外品の認定を受けることが難しいことだと分かりますね。

医薬部外品の美白オールインワンゲルはたくさんありますが、美白有効成分が1種類しか配合されていないものが多いのです。

シミの生成には段階があるため、シミの予防や改善には複数のアプローチが必要となり、異なる作用を持つ美白有効成分を配合しているほうが美白効果が高いと言えます。

特に美白効果が高いと言われる、トラネキサム酸+アルブミンの配合により、美白効果が期待できます。

 

 

トラネキサム酸+アルブミン配合の美白オールインワンゲルはこちら

 

 

美白効果の高いオールインワンゲルの選び方2・有効成分(トラネキサム酸)配合のものを選ぼう

 

トラネキサム酸は美白有効成分の中でも高い美白効果を持つと言われる成分です。

トラネキサム酸は炎症を抑える作用があるため、鼻炎や気管支炎などのときに抗炎症薬として病院で処方されます。

肌は紫外線によるダメージを受けると、軽い火傷のような炎症を受けます。

紫外線による炎症によ発赤や火照り、痛みなどを感じます。

肌は炎症が起きると防御反応としてメラニンの生成を活性化し、外敵から肌を守ろうとします。

シミの原因は肌の炎症反応だとも言えます。

トラネキサム酸は、メラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制する働きを持ち、また抗炎症作用によりメラニンの過剰生成を抑制する働きを持ちます。

肌の様々なトラブルの原因は肌の炎症によるものだと言われており、肌の炎症はシミやシワ、ニキビなどに繋がります。

トラネキサム酸は異なるアプローチによりメラニンの生成を抑制することができるため、高い美白効果があると言えます。

美白オールインワンゲルを選ぶときは医薬部外品であり有効成分がトラネキサム酸のものを選びましょう。

 

美白効果の高いオールインワンゲルの選び方3・有効成分(アルブチン)配合のものを選ぼう

 

美白有効成分のアルブチンは、メラニンの生成を活性化する酵素であるチロシナーゼの働きを阻害する働きがあります。

チロシナーゼの働きを阻害する成分は複数ありますが、アルブチンはチロシンとチロシナーゼが結合するのを防ぐことでチロシナーゼの働きを阻害します。

生成されたばかりのメラニンはチロシンと呼ばれるアミノ酸ですが、メラニン活性化酵素であるチロシナーゼとチロシンが結合すると、チロシンは黒色メラニンに変化します。

肌のターンオーバーが乱れた肌は不要な角層が脱落しにくいため、黒色メラニンが表皮に停滞しシミとなります。

メラニンが生成されることは肌の正常な反応ですが、チロシナーゼとチロシンが結合することで黒色化することが問題と言えます。

アルブチンはチロシナーゼとチロシンの結合を阻害する働きがあるため、シミの原因をブロックすることができます。

チロシナーゼを阻害する働きを持つ美白成分は複数ありますが、アルブチンはシミの原因となる黒色メラニンの生成を抑制するため、高い美白効果があると言えます。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、医薬部外品であり有効成分がアルブチンのものを選びましょう。

 

オールインワンのピーリング効果・マッサージクリームとしての機能

 

オールインワンゲルでピーリンク効果は期待できません。

ピーリングは古い角質を「剥ぎ取る」という意味であり、こすり取るための成分(ピーリング成分)が配合されています。

オールインワンゲルは1本で多機能ではありますが、古い角質を剥ぎ取る成分は配合されていません。

ピーリングは1~2週間に1回など、肌の状態を見ながら行うものであり、日々のスキンケアに取り入れるものではありません。

オールインワンゲルは肌のターンオーバーを正常化し美肌に導くことはできますが、ピーリング剤と同じ効果は期待できません。

 

ピーリングとは?

 

ピーリングは皮膚表面の古い角質をこすり取り、表皮細胞の新陳代謝を促す美容法です。

引用:ピーリング(コトバンク)

 

健康な肌は通常、28日周期で古い角質が剥がれ落ち新しい表皮に変わっていきます。

でも、加齢や肌トラブルなどが原因で肌のターンオーバーが乱れると新賃代謝が活発に行われてないため、古い角質がはがれ落ずに残ったままになります。

古い角質が皮膚表面に残ってしまうと角質は厚くなり、血流が悪くなることでくすみの原因となります。

また厚くなった角質が毛穴を覆うとニキビの原因となります。

ピーリングは、厚くなった角質を除去しニキビなどの肌荒れ防止、皮膚の新陳代謝の改善などを目的とします。

自宅で行われるピーリングには、スクラブや角質分解酵素が配合された洗顔料やパックなどが用いられることが多いです。

肌を強く擦ることは肌の炎症となり、シミや肌の老化に繋がるため、週に1回以上のピーリングはおすすめできません。

ピーリングの後の肌は乾燥しやすいため、保湿効果のあるオールインワンゲルをたっぷりと塗り保湿を心掛けましょう。

ピーリング後のジェルパックは保湿効果が高まり肌を柔らかくすることができますよ。

 

ピーリング剤に含まれるAHAやBHAは角質を柔らかくして汚れや角栓を除去する

 

ピーリング剤には角質を柔軟にし除去しやすくする成分が含まれています。

ピーリング剤に配合される成分の代表的なものは、AHAやBHAなどです。

AHA(αヒドロキシ酸)は、果物から採取されるグリコール酸やリンゴ酸・クエン酸などがあり、となりあった角質層の接着を弱めて、古い角質を剥がれやすくすることで新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。

BHA(βヒドロキシ酸)はフルーツ酸を使ったAHAに比べ角質層を剥離する効果が強力です。

BHAは脂溶性なので、毛穴に詰まった皮脂を溶かすことができるため、角栓詰まりや毛穴の黒ずみ・ニキビやニキビ跡などの改善に効果的です。

AHAはホームピーリング剤に多く用いられる成分ですが、BHAは効果が強力なため美容外科や美容皮膚科などで試用されています。

AHAは作用が緩やかなため肌刺激は弱く、保湿や美白などの効果も期待できます。

BHAは作用が強力なため医師の管理の元で行う必要があり、2~4週間に1回の施術が好ましいとされています。

BHA(主にサリチル酸)を試用したケミカルピーリングは、脂溶性の薬剤を試用するため、施術後の肌はとても乾燥しやすく普段以上に保湿が必要です。

オールインワンゲルはピーリング効果のある成分は配合されていないため、ピーリング剤と同じ効果を得ることはできません。

でも、肌のターンオーバーを正常化する成分、角質を柔らかくする成分、整肌成分など様々な成分が配合されているため、肌は新陳代謝が改善され美肌に導くことができますよ。

 

オールインワンゲルをマッサージェルとして使用する

 

オールインワンゲルは1本で多機能であり、マッサージ効果のあるものが少なくありません。

オールインワンゲルを塗布する際にマッサージをしながら塗ることで、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

リンパの流れに沿ってマッサージを行うことで血流が改善し、老廃物がしっかりと流れるため肌の新陳代謝が改善される効果が期待できます。

肌の新陳代謝が改善すると肌のターンオーバーが正常化し、古くなった角質は自然と脱落し新しい皮膚が生成されます。

そのため、シミやシワ・くすみなどの肌トラブルの改善につながります。

オールインワンゲルを選ぶときはマッサージ効果のあるものを選ぶことをおすすめします。

 

マッサージにより角質を柔らかくする効果がある

 

肌のターンオーバーが乱れると古くなった角質は脱落せず、新しい皮膚に生まれ変わることができません。

古い角質が残ったままでいると角質は厚くなり、洗顔では代謝を促すことができません。

厚く固くなった角質により肌の血流が悪くなり、ますます肌のターンオーバーは乱れていきます。

マッサージ効果のあるオールインワンゲルは、リンパの流れに沿ってゆっくりとマッサージを行うことで美肌成分が浸透しやすくなります。

マッサージにより血流が改善することで新陳代謝が改善されると、肌のターンオーバーが正常化し、角質が剥がれ落ちやすくなります。

余計な角質が残っていない肌はキメが整い瑞々しいお肌になります。

キメが整った肌は角質層が柔らかく、美肌成分がグングンと浸透する肌です。

オールインワンゲルにはピーリング効果はありませんが、肌のターンオーバーを正常化することで角質層を柔らかう、キメの整った肌に導きます。

オールインワンゲルを選ぶときはマッサージ機能のあるものを選ぶことをおすすめします。

 

オールインワンゲルのホワイトニング・美白成分/透明感をアップする成分について

 

シミやそばかすのない肌は透明感がありとても綺麗に見えますね。

シミやそばかすは表情や顔色を暗くします。

シミやそばかすの原因は紫外線によるメラニンの過剰生成ですが、肌のターンオーバーの乱れにより角質層が厚くなることも原因となります。

角質層は28日周期で新しいものに入れ替わりますが、肌のターンオーバーが乱れ入れ替わりの手記が遅延すると、古くなった角質層がどんどん暑くなり、シミの原因となるメラニンを排出することができなくなります。

また厚くなった角質層により血流が悪くなり、血管内には老廃物が溜まり顔色が悪く見えます。

肌の透明感アップのためには美白有効成分により肌のターンオーバーを正常化し、肌の新陳代謝を活発にする必要があります。

 

美白有効成分・トラネキサム酸

 

美白有効成分のトラネキサム酸は強力な美白成分と言われています。

トラネキサム酸はメラニンを生成するメラノサイトの働きを抑制する作用があります。

メラノサイトの働きが抑制されるとシミの原因となるメラニンの生成がブロックされるため、シミやそばかすを予防することができます。

シミが作られるプロセスをブロックすることでシミやそばかすを改善することができますが、すでにできてしまったシミやそばかすの改善にも効果的です。

トラネキサム酸はシミの予防に効果的ですが、肌のターンオーバーを正常化する成分と一緒に配合することで、より高い美白効果が期待できます。

肌のターンオーバーが改善されるとメラニンの排出が促されシミやそばかすの予防に繋がります。

肌のターンオーバーの乱れは加齢・乾燥・糖化・酸化・血行不良など様々な原因があります。

特に肌は乾燥が強くなるとバリア機能が低下し肌トラブルを引き起こすため、肌の透明感アップには保湿が重要になります。

オールインワンゲルを選ぶときは保湿力を重視して選び、トラネキサム酸配合の薬用美白オールインワンゲルを選ぶと効果的ですよ。

 

美白有効成分・アルブチン

 

アルブチンは美白効果の高い美白有効成分です。

シミの原因となるチロシナーゼを抑制する働きがあります。

アルブチンのチロシナーゼ抑制効果と、トラネキサム酸のメラノサイト活性化抑制効果を合わせることで、より美白効果が高まります。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、美白有効成分がアルブチン+トラネキサム酸がおすすめです。

アルブチンは肌のターンオーバー正常化する成分と同時に配合することで透明感アップに繋がります。

加齢は肌のターンオーバーを遅延させ、メラニンが停滞してしまうことでシミとなります。

加齢によりプラセンタやセラミド、ヒアルロン酸などの生成能力が低下すると肌は乾燥傾向となります。

乾燥肌はターンオーバーの乱れの原因となるため、アルブチンに加えてプラセンタ・セラミド・ヒアルロン酸などを一緒に配合しているものがおすすめです。

オールインワンゲルを選ぶときは、アルブチンに加えてプラセンタ・セラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものを選びましょう。

 

美白有効成分・グリチルリチン酸2k

 

グリチルリチン酸2Kは美白オールインワンゲルに配合されている商品も見ますが、美白効果よりも抗炎症効果のほうが期待できます。

肌荒れを改善する効果があり、ニキビやニキビ跡の改善が期待されます。

グリチルリチン酸の抗炎症作用により紫外線ダメージを受けたお肌の炎症を鎮め効果が期待できます。

肌は炎症を起こすとメラニンの生成が促進されるため、抗炎症作用のある成分を使用することでメラニン生成の活発化を抑制することができます。

肌の炎症による色素沈着を予防することで肌の透明感アップに繋がります。

 

美白有効成分・プラセンタエキス

 

プラセンタは胎盤のことを言い、プラセンタエキスは胎盤から抽出された美容エキスです。

胎盤にはアミノ酸やミネラルが豊富にあり、肌の新陳代謝を促進しターンオーバーを正常化したり、肌細胞が活性化されることで美肌に導くことが期待できます。

肌のターンオーバーが正常化することで、厚く硬くなった角質が柔らかく剥がれやすくなり、くすんでいた肌色は透明感がアップし、メラニンが排出されやすくなるためシミやそばかすの改善や予防に効果的です。

プラセンタエキスは高いエイジング効果を持っており、加齢による様々な肌トラブルの予防に効果的とされています。

加齢により肌のターンオーバーが遅延することで、肌の透明感が失われ、肌のキメが乱れ乾燥傾向になります。

オールインワンゲルを選ぶときはプラセンタエキス配合のものを選ぶことで肌の透明感アップに繋がります。

 

美白有効成分・フラバンジェノール

 

フラバンジェノールは天然由来のポリフェノールの1種で、高い抗酸化作用を持ちます。

肌は酸化によりくすみが強くなり、透明感が失われます。

また加齢により肌の酸化や糖化が進むと、シミやそばかす、シワなどの原因に繋がります。

フラバンジェノールは強い抗酸化作用により肌の酸化や糖化を予防し、肌の透明感アップに繋がります。

美容成分としてはまだ新しく、フラバンジェノール配合のオールインワンゲルは少ないのが現状です。

オールインワンゲルの美白成分には抗酸化作用のある成分がたくさんあります。

フラバンジェノールよりもビタミンC誘導体や天然ビタミンEなどのほうが身近な成分ですね。

ビタミンC誘導体や天然ビタミンE配合のオールインワンゲルは美白効果が期待できますよ。

 

美白成分・ハイドロキノン誘導体

 

ハイドロキノンは漂白剤とも呼ばれるほど高い美白効果があります。

でも白斑などの副作用や刺激性の強さから医薬部外品には認定されていません。

また、医師の指導の元での使用が望ましいため、日常的な使用は控えたほうが良いとされています。

ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンの刺激性を和らげ、肌に浸透するとハイドロキノンとしての効果を発揮することができます。

ハイドロキノンのメリットは残しながら、デメリットをなくした成分と言えます。

美白有効成分のアルブチンはハイドロキノン誘導体であり、高い美白効果が期待できます。

アルブチンと肌のターンオーバーを正常化する成分を一緒に配合することで、シミやそばかすの予防・改善が期待できますよ。

 

美白成分・浸透性持続型ビタミンC誘導体

 

ビタミンCはとても不安定な成分で、そのままの形で化粧品に配合されることが難しいとされています。

ビタミンC誘導体は安定性が高く、肌に浸透するとビタミンCの効果を発揮する成分です。

ビタミンCは抗酸化力が高い成分で、肌の酸化や糖化を予防する働きがあります。

シミやそばかすは肌の酸化や糖化により肌が老化し、ターンオーバーが遅延したり、肌のバリア機能が低下することで起こります。

ビタミンC誘導体配合のオールインワンゲルは肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの排出や透明感アップが期待できますよ。

 

美白成分・和漢エキス

 

和漢エキスは漢方や生薬の原材料となるエキスで、様々な美容効果が期待されます。

和漢エキスは20種類以上の植物から抽出され、おもにカンゾウエキス・クチナシエキス・オトギリソウエキスなどがあります。

化粧品に配合されることの多いカンゾウエキスは、チロシナーゼ活性化を阻害する作用があり、メラニンの生成をブロックします。

また、抗酸化作用もあり、肌の酸化や糖化による肌老化を予防することができます。

和漢エキス(おもに甘草エキス)は、フラボノイドやポリフェノールを豊富に含み、抗炎症効果により肌老化の予防が期待できます。

オールインワンゲルを選ぶときは和漢エキス(おもに甘草エキス)配合のものを選びたいですね。

 

 

 

 

1本で保湿&美白

初回購入は55%offでお得

美白効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンゲル/効果]乾燥肌・年齢肌も安心!保湿効果が高いゲルの3つのポイント

 

保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶ3つのポイント

 

 

保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶポイントは「主成分がコラーゲンのものを選ぶ」「主成分が水・BGのものは選ばない」「浸透型コラーゲン配合のものを選ぶ」の3つです。

保湿成分が配合されていても配合量が少なかったり、肌の奥まで浸透しないものでは長時間の保湿はできません。

浸透型コラーゲン配合で、肌の内部からしっかりと保湿するものを選ぶと保湿効果がアップしますよ。

オールインワンゲル1本では乾燥してしまうという方は、主成分がコラーゲンのものを選びましょう!

主成分が水・BGのものは保湿力が高くありません。。。

 

 

 

1本で美白&保湿ができる!

初回購入は55%offでお得

保湿効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

保湿効果が高いオールインワンゲルのポイント1・コラーゲンの配合量が多い

 

オールインワンゲルにはどのような商品でも保湿成分は配合されています。

でも、肌の表面だけでなく肌の奥から保湿ができなければ、すぐに乾燥してしまいます。

肌の奥までしっかり保湿できる成分が配合されたオールインワンゲルは少ないのが現状です。

肌の奥まで浸透する保湿成分が配合されていないと、オールインワンゲル1本で保湿することが難しくなります。

保湿効果の高いオールインワンゲルかどうかを判断するポイントは、主成分がコラーゲンであるかどうかを確認することです。

コラーゲンは年齢と共に減少し、肌は萎んでいきます。

コラーゲンの周りにくっついているヒアルロン酸やプロテオグリカンの保水力を高めるためにもコラーゲンは十分に補給したいですね。

 

主成分がコラーゲンのオールインワンゲルは保湿力が高い

 

化粧品には全表示成分の記載があり、配合量が多い順番に書いてあります。

書かれている順番に配合量が多く、保湿成分がどの程度配合されているのか確認することができます。

化粧品のパッケージに「保湿成分たっぷり」や「1本でぷるんぷるん」などのキャッチフレーズが書かれていますが、購入のさいは主成分を確認することをおすすめします。

主成分がコラーゲンのオールインワンゲルは保湿効果が期待できます。

保湿成分はたくさんの種類がありますが、主成分がコラーゲンのオールインワンゲルなら、コラーゲンの周りにくっついて存在するヒアルロン酸やプロテオグリカンの保水力を高め、高い保湿効果を期待することができますよ。

オールインワンゲルを選ぶときは主成分がコラーゲンのものを選ぶと高い保湿効果が期待できます。

 

複合型コラーゲンなら肌表面・角質層の奥も潤う

 

コラーゲンには肌表面を保護する性質のもの、肌の角質層まで浸透する性質のものなど数種類があります。

主成分がコラーゲンであっても肌表面を保護するタイプのコラーゲンでは長時間の保湿は期待できません。

浸透コラーゲンは肌の奥の角質層まで浸透する性質があり、肌の内側の水分を逃がさないようにする作用があります。

乾燥肌や敏感肌の改善には角質層の奥までしっかり潤わす必要があります。

浸透型コラーゲンは全成分表示では「加水分解コラーゲン」と記載されています。

加水分解コラーゲンは浸透性コラーゲンのことで、肌の奥の角質層まで浸透することができます。

保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶときは、主成分が加水分解コラーゲン(浸透型コラーゲン)のものを選ぶと保湿効果が期待できますよ。

 

 

 

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

保湿効果が高いオールインワンゲルのポイント2・主成分が水・BGのものは避ける

 

プチプラやドラッグストアのオールインワンゲルの多くは主成分が水・BGとなっています。

BGは保湿成分の化合物で保湿効果がありますが、肌の内側までしっかりと保湿することはできません。

多くのオールインワンゲルに保湿成分として配合されているのは、BGが簡単に生成でき安価なためです。

オールインワンゲルは1本で多機能ですが、保湿効果が低いものを選ぶとオールインワンゲルだけでは乾燥してしまいます。

保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶときは、主成分が水・BGのものは避けることをおすすめします。

 

主成分が水・BGのものはさっぱりとしたテクスチャだが保湿効果が低い

 

プチプラやドラッグストアのオールインワンゲルは主成分が水・BGのものが多く、サラっとした軽いテクスチャで使い心地は良いのですが、保湿効果が低いものが多いですね。

オールインワンゲル1本では乾燥してしまい、化粧水や乳液、クリームなどと併用する方が多いのです。

化粧品に含まれる保湿成分には、PG・グリセリン・ソルビトール・BG・DPGなど様々な化合物があるが、これらの化合物の中でBGの保湿効果は中程度で、PGやグリセリンよりも保湿効果が低いとされています。

保湿効果が低い分グリセリンなどに比べるとさっぱりとしてテクスチャで、ベタつきがないため多くの化粧品に汎用されています。

保湿効果の高い浸透性コラーゲンは、肌への浸透力が高いため保湿効果は高いがベタつきはほとんどありません。

保湿効果が高くベタつき感のない保湿成分はたくさんあります。

オールインワンゲル1本でしっかり保湿効果を得る場合は、主成分が水・BGのものは避けたほうが無難です。

 

セザンヌやちふれなどプチプラのものは主成分が水・BGが多い

 

セザンヌやちふれなど多くのプチプラメーカーがオールインワンゲルを販売しています。

無印はプチプラではありますが無添加であり、科学化合物は使用されていません。

プチプラメーカーのオールインワンゲルの多くは主成分が水・BGとなっています。

プチプラメーカーのオールインワンゲルの多くはテクスチャが似ており、サラっとした感触のものが多いです。

顔に塗布してもベタつかずにすぐに肌に馴染ますが、少し時間が経つと目周りや口周りが乾燥してしまいます。

オイリー肌の方なら大丈夫かもしれませんが、普通肌や混合肌の人は乾燥から肌トラブルに繋がる可能性があります。

プチプラの主成分がミス・BGのオールインワンゲルを使う場合は、化粧水や乳液、クリームと併用することで保湿効果を高めることができますよ。

オールインワンゲル1本でしっかり保湿したいという方は、主成分が浸透型コラーゲンのものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

1本でしっかり保湿できるオールインワンゲルはこちら

 

 

保湿効果が高いオールインワンゲルのポイント3・保湿成分の浸透技術が高い

 

保湿効果の高いコラーゲンはそのままの形では肌の奥に浸透することができません。

肌の細胞の分子よりもコラーゲンの細胞の分子の方が大きいため、低分子化しなければ浸透できないのです。

プチプラやドラッグストアのオールインワンゲルは保湿成分は配合されていますが、浸透できる形になっていないため保湿効果は期待できません。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌の奥までしっかり浸透する保湿成分を選びましょう。

 

コラーゲンは低分子化しないと角質層まで浸透できない

 

コラーゲンは肌の細胞の分子よりも大きいため、低分子化しないと角質層まで浸透することができません。

天然のコラーゲンは三重らせん構造となっており、加熱をするとらせん構造が壊れランダムな構造に変化してしまいます。

高温で加熱すると三重らせん構造が壊れてしまうため、高温での抽出はできません。

プチプラのコラーゲン配合の化粧品などは本来のコラーゲンの構造が壊れてしまっているものが多く、コラーゲンとしての役割が期待できません。

コラーゲンを摂取するときは三重らせん構造を壊さないように抽出してあることがポイントです。

コラーゲンを低分子化したコラーゲントリペプチドは、コラーゲンの三重らせん構造はそのままに分子量を小さくしたものです。

コラーゲントリペプチドはコラーゲンを加水分解することで得られ、三重らせん構造を維持できるため、コラーゲンの効果をそのままに肌への吸収力を高めたものです。

またコラーゲントリペプチドは皮膚浸透性があり、従来のコラーゲンよりも保湿効果や美肌効果が期待できます。

コラーゲントリペプチド配合は加水分解コラーゲンと記載されることが多く確認ができないことがありますが、「浸透型コラーゲン」との表示があればコラーゲントリペプチド配合だと考えてよいでしょう。

 

浸透型コラーゲンでなけれが意味がない

 

コラーゲンには肌表面に留まる性質のものと、肌の内部の角質層まで浸透する性質のものがあります。

肌の内部の角質層まで浸透するコラーゲンを浸透型コラーゲンと言い、コラーゲントリペプチドや加水分解コラーゲンと言います。

コラーゲン配合のオールインワンゲルなら保湿力が高いというのではなく、浸透型コラーゲンが配合されていなければ意味がありません。

コラーゲンは肌細胞と肌細胞を繋ぐ束の役割を持ち、肌のハリや弾力の維持に欠かせない成分です。

コラーゲン繊維の周りにはヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの保水能力のある成分がくっついて存在しており、肌細胞の水分維持の役割を果たしています。

コラーゲンが減少すると繊維としての役目が果たせないため肌は弾力やハリを失い萎んでしまいます。

また肌細胞と肌細胞を繋ぐコラーゲンの量が低下することで、コラーゲンの周りにくっついて存在しているヒアルロン酸やプロテオグリカンの量も減ってしまい肌は乾燥傾向になります。

保湿力の維持にはコラーゲンは欠かせない存在と言えますね。

保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶときは、肌の内部まで浸透する浸透型コラーゲン配合のものを選ぶと保湿効果が期待できますよ。

 

美白&保湿が同時に叶うオールインワンゲルのポイント・保湿重視の成分である

 

オールインワンゲルには「保湿タイプ」「美白タイプ」「アンチエイジングタイプ」「ニキビケアタイプ」など様々なものがあります。

でも、肌トラブルのほとんどは乾燥が原因となっているため、保湿重視のものでなければ意味がありません。

健康な肌は水分と油分のバランスが良好で、肌のバリア機能が清浄に機能しています。

肌の水分と油分のバランスが崩れた状態がオイリー肌や乾燥肌・敏感肌です。

オイリー肌はインナードライが原因となることもあり、オイリー肌であっても肌の内部は乾燥しているということもあります。

どのような肌質であっても肌の内部をしっかり保湿することが重要です。

肌の内部が乾燥しているとバリア機能が低下し、外部からの少しの刺激で肌は炎症を起こしトラブルの原因となります。

肌が乾燥すると角質細胞は歪な形となり、細胞同士の間に隙間が出来てしまい肌のキメが乱れます。

このような状態になると肌はさらに保水力を失い肌のバリア機能は低下していきます。

肌が乾燥した状態ではせっかく美白成分を補給してもしっかりと浸透しません。

肌のキメが粗い状態では美容成分の浸透が悪くなりますし、キメが悪い肌は角質層が固く美容成分が入りにくいのです。

肌の水分と油分のバランスを整えることで美容成分が肌の奥にグングンと浸透するようになります。

美白を重視したい方もまずは保湿をしっかりと行いましょう!

保湿を重視することで美白効果のアップが期待できますよ。

 

乾燥肌では美白有効成分が浸透できない

 

敏感肌は乾燥肌がさらに浸透し、肌のバリア機能が低下した状態です。

肌は紫外線や乾燥、ほこり、汚れなど外的な刺激から肌を守るためにバリア機能が備わっています。

でも肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下し、少しの刺激で肌トラブルに繋がります。

肌のバリア機能が低下していると少しの刺激で炎症を起こしやすくなるため、化粧品の成分で肌荒れが起きたり、滲みる・痒みなどのトラブルに繋がります。

敏感肌では様々な美容成分が肌への負担になることがあるため、せっかく美白有効成分をとっても十分な効果が期待できません。

敏感肌は乾燥肌が進行した状態のため、まずは肌の内側・外側の両方をしっかりと保湿する必要があります。

肌の内部からしっかりと保湿することでバリア機能が改善し、少しの刺激には耐えられる肌になります。

敏感肌の方はまずは保湿を重視してケアすることで美白成分の浸透力がアップし美白効果を得ることができますよ。

 

美白&保湿が同時に叶うオールインワンゲルのポイント・紫外線ダメージケアができる成分が配合されている

 

紫外線による刺激を繰り返し受けると角質層は厚く固くなります。

角質層には本来、水分で満たされており肌内部は本来の保湿力によって潤っています。

でも角質層が厚くなると肌の内部は隙間ができ水分が外に蒸発し肌内部が乾燥してしまいます。

肌細胞は歪な形となり、保水力が低下し表面のキメが乱れます。

キメが乱れると角質層が剥がれ落ちずにゴワつきやザラつきの原因となったり、皮がめくれた肌荒れの症状が起きやすくなります。

キメの整った肌はバリア機能がたかく、外部からの刺激に対処することができますが、キメの乱れ他肌はバリア機能が低下するため少しの刺激で炎症を起こしやすくなります。

キメの乱れた肌は紫外線が入り込みやすいため、シミやそばかすができやすくなります。

肌の炎症はシミやシワ、たるみなど肌トラブルの原因となるため、紫外線ダメージをケアする成分配合のスキンケアを行うことをおすすめします。

美白有効成分のトラネキサム酸は紫外線による肌荒れなどの炎症を抑える働きがあり、美白効果の高い成分です。

美白効果を高めるためには、紫外線ダメージをケアするトラネキサム酸配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

トネキサム酸が紫外線ダメージによる肌荒れを改善する

 

トラネキサム酸は美白有効成分の1つで、メラニンを生成するメラノサイトの働きを抑制する作用があります。

美白有効成分をして配合されている目的は上記ですが、美白効果以外にも強い抗炎症作用を持っています。

トラネキサム酸の強い抗炎症作用により、紫外線ダメージを受けた肌の炎症を鎮めることができます。

紫外線は肌の内部まで入り込みコラーゲンやエラスチンを破壊し、肌老化の原因となります。

肌老化は、シミやそばかす・シワ・たるみ・ニキビ・毛穴の開きなど、様々な肌トラブルの原因となります。

紫外線によるダメージを受けた肌は炎症を起こし、炎症は肌老化の原因となります。

肌トラブルの大半は肌の炎症反応によるものなので、強い抗炎症効果のあるトラネキサム酸は肌老化の予防に必要な成分と言えます。

オールインワンゲルを選ぶときはトラネキサム酸配合のものを選ぶと美白効果が期待できますよ。

 

 

 

 

トラネキサム酸&アルブチンの2つの美白有効成分配合

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンゲル/効果]たるみ・シワ・くすみ・毛穴など年齢肌におすすめゲルの選び方

 

年齢肌におすすめのオールインワンゲルの効果3つのポイント

 

 

たるみ・シミ・しわ・くすみ・毛穴開きなど、年齢肌におすすめのオールインワンゲルの選び方を紹介します。

年齢肌が気になる方は「複合型コラーゲン配合」「紫外線ダメージケア成分を配合」「抗酸化成分を配合」の3つのポイントでオールインワンゲルを選ぶことでアンチエイジング効果が期待できます。

年齢肌のケアにはたくさんのスキンケアアイテムが必要だと思われる方も多いのですが、実はアンチエイジングに最も重要なのは保湿です。

保湿効果を重視したオールインワンゲルならアンチエイジング効果を十分に期待できますよ。

 

 

 

 

1本で本格エイジングケアができる!

初回購入は55%offでお得

保湿効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

エイジングケアに効果的なオールインワンゲル1・複合型コラーゲンを配合

 

40代・50代になると、たるみ引き上げやほうれい線ケア、リフトアップなど本当に効くアンチエイジングのためのスキンケアが気になりますよね。。。

アラフォー以降は少なからず肌の老化減少は現れます。

アラフォーになると乾燥肌の人の割合が増え、乾燥が原因の肌トラブルが起きてきます。

加齢による肌トラブルを改善するポイントは保湿です。

いくら高価な化粧品を使っても乾燥肌の人は美容成分がしっかり浸透しません。

肌の内部から潤うことで美肌成分がグングンと浸透する肌になりますよ。

アンチエイジングが用のオールインワンゲルを選ぶときは保湿効果を重視して選ぶことをおすすめします。

 

顔たるみの原因/加齢によるコラーゲンの減少・質の変化

 

コラーゲンは20代をピークに減少し、40代・50代では量・質ともに低下します。

コラーゲンは肌の弾力やハリを支える成分であり、若々しい肌には欠かせない成分です。

コラーゲンの量と質が低下することで、肌細胞を繊維のように支える働きが低下し、肌はたるんできます。

顔たるみの1つ目の原因は「コラーゲンの量・質の低下による肌弾力・ハリの低下」です。

次に、年齢とともにエネルギー代謝が低下することで顔の皮下脂肪は肥大化してきます。

若い頃はコラーゲンやエラスチンの量や質が良く皮下脂肪を支えることができましたが、年齢とともにコラーゲンなどの量や質が低下すると、肥大化した皮下脂肪を支えることができなくなり、顔たるみの原因となります。

3つの原因は、顔の筋肉の質の低下です。

顔にはたくさんの筋肉があり細かい表情を作り出すことができます。

顔の筋肉は、腕や足の筋肉とは異なり骨ではなく直接皮膚にくっついているため、筋肉の質が低下するとその上にある皮膚や皮下脂肪が支えきれなくなり顔たるみの原因となります。

このように、顔たるみの原因は大きく分けて3つありますが、コラーゲンの量・質が低下することによるものが大きいと言えます。

アンチエイジングの鍵となるのはコラーゲンにあります。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときはコラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

コラーゲン減少による顔たるみには複合型コラーゲンが効果的

 

加齢によりコラーゲンが減少することで起こる顔たるみには、複合型コラーゲンが効果的です。

複合型コラーゲンは、肌表面を保護するコラーゲン、肌の角質層まで浸透するコラーゲンなどが複合的に配合されています。

コラーゲンには様々な種類があり、アンチエイジングには肌の内側・外側の両方の保湿が重要です。

華麗によりコラーゲンの量・質が低下することで、肌細胞と肌細胞を繊維のように繋いでいるコラーゲンが不足し、肌の弾力やハリを保つことが出来なくなります。

肌は弾力やハリを失うと、たるみとなって現れます。

浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルは、加齢により減少したコラーゲンを補い、肌の弾力やハリを改善することが期待できます。

 

顔たるみによるほうれい線には複合型コラーゲンが効果的

 

ほうれい線はシワの1つですが、原因は顔たるみです。

コラーゲンが減少し肌の弾力やハリが低下すると、皮下脂肪を支えきれなくなったたるみ、たるみが原因でシワが形成されます。

たるみによるシワには複合型コラーゲンが効果的です。

複合型コラーゲンは肌表面の保護をするものと、肌の内側を保護するものがあります。

ほうれい線のようにシワが出来ている状態が続くと肌が形状記憶され、次第にシワが深くなってしまいます。

肌表面を保護するタイプのコラーゲンなら、肌表面のシワに多めに塗布することで潤いや刺激を与え、深いシワを予防することができます。

シワの改善には皮膚が織り込まれてしまわないように、マッサージをするのが効果的です。

マッサージ機能のあるオールインワンゲルなら、シワの改善に効果的です。

 

顔たるみによるたるみ毛穴は保湿対策が効果的

 

顔たるみが起きると毛穴が重力で下に引っ張られるため、毛穴がしずく型に広がり目立ちます。

たるみ毛穴は小鼻から頬にかけて目立つことが多く、毛穴の開きから皮脂が分泌しやすく毛穴の黒ずみやニキビなどの原因となります。

たるみ毛穴はもともとの原因が顔たるみなので、毛穴のケアだけをしていても改善できません。

顔たるみによるたるみ毛穴の改善は、保湿が最も重要です。

年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンなどの生成能力が低下するため、乾燥肌の割合が多くなります。

肌の内部が乾燥している状態は、肌細胞が水分で満たされていない状態なので、肌細胞と肌細胞の間にはたくさんの隙間が出来ている状態です。

このような状態では肌のキメが乱れ、肌の弾力やハリはますます低下します。

たるみ毛穴が気になる人は保湿を重視し、肌のキメを整えることでふっくらした肌を取り戻しましょう。

保湿が十分にできると肌細胞と肌細胞の間の隙間が埋まり、肌がもっちり潤いを持ちます。

肌の弾力やハリの改善は、たるみ毛穴の改善に効果的です。

 

保湿成分コメエキスではコラーゲンを修復できない

 

コメ由来の保湿成分は保湿効果が高いと言われていますよね。

コメ由来の保湿成分を配合した化粧品も増えており、特に乾燥肌向けのスキンケアが多いようです。

ゆめぴりかはコメ由来の保湿成分配合で保湿効果が高いと人気があります。

でも、保湿成分コメエキスではコラーゲンを修復することはできません。

市販やドラッグストアのオールインワンゲルの中にもコメエキス配合のものがありますが、高い保湿効果は期待できません。

年齢とともに低下したコラーゲンの質や量は、コメエキスでは改善することができません。

保湿効果を重視するなら浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

ヒアルロン酸配合のちふれオールインワンゲルではコラーゲンを修復できない

 

プチプラのオールインワンゲルの中でも人気のちふれは、ヒアルロン酸配合のオールインワンゲルを取り扱っています。

ちふれのオールインワンゲルには、グリセリン・BG・トレハロース・ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸・オウゴン根エキスなど様々な保湿成分が含まれていますが、コラーゲンの修復に効果的な成分はないようです。

減少したコラーゲンを補うためには、浸透型コラーゲンが必要です。

浸透型コラーゲンは肌の角質層まで入り込み、肌老化の予防が期待できます。

コラーゲンの修復には浸透力の高いコラーゲンを取ることが効果的です。

年齢肌による顔たるみが気になる方は、複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルを選ぶとアンチエイジング効果が期待できますよ。

 

ヒアルロン酸配合の無印オールインワンゲルではコラーゲンを修復できない

 

無印良品のアンチエイジング用のオールインワンゲルは、主成分が水・グリセリン・BGなどです。

ローズやざくろなど10種類の美容成分を配合し、ヒアルロン酸や加水分解コラーゲンなどの保湿成分を配合しています。

ヒアルロン酸やコラーゲンは肌への浸透力を高める処方となっていますが、配合量が少なく高いアンチエイジング効果は期待できません。

加水分解コラーゲンは浸透型コラーゲンであれば肌の奥の角質層まで浸透することができますが、主成分ではなく配合量は少ないため、肌の弾力やハリ感アップはあまり期待できません。

加齢によりコラーゲンの質や量が低下すると肌は弾力やハリを失い、年齢肌の原因となります。

コラーゲンの質や量を増やすためには、コラーゲンの元となるアミノ酸を摂取することや、アミノ酸の吸収率を高めるビタミン類を同時に摂取することですが、食事からだけでは不十分です。

コラーゲンを増やすサポートをする成分を配合したスキンケアを使用することでコラーゲンの減少を防止したいですね。

コラーゲンを増やすサポートをする成分は、ビタミンC誘導体・レチノール・ナイアシンなどです。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときは、コラーゲンのみではなく、コラーゲンを増やすサポートをする成分を配合しているものを選びましょう。

無印良品のアンチエイジング用のオールインワンゲルは、コラーゲンの増加には効果は期待できません。

 

フィト発酵エキス配合のフィトリフトはではコラーゲンを修復できない

 

加齢により新陳代謝が低下すると細胞の生まれ変わりが活発に行われる、コラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンなどを生成する繊維芽細胞を活性化する力が低下します。

繊維芽細胞が活性化されないと、美肌に必要な成分が生成されないため年齢肌の原因となります。

特にコラーゲンやエラスチンは、肌の弾力やハリを保つために必要な成分であり、これらが不足するとたるみやシワの原因となります。

フィト発酵エキスは植物由来の抽出物を発酵した美容エキスで、コラーゲンやエラスチンなどを生成する繊維芽細胞を増やす力があるとされています。

フィト発酵エキス配合のオールインワンゲルを使用することで、直接コラーゲンを補充するのではなく、コラーゲンを生成する繊維芽細胞を増加させる力を強化するのです。

ただ、繊維芽細胞の増加までにはとても時間がかかります。

また時間がかかる上に自己免疫力を高めることで、肌本来が持つ力を取り戻そうとする成分のため、すでに年齢肌など肌トラブルがある状態では、効果を実感できません。

肌の老化よりも自己免疫の向上の方がスピーディに行われれば良いのですが、加齢により体内環境が乱れていると自己免疫の向上に時間がかかり、肌の老化スピードを食い止めるのが難しいと言えます。

年齢肌ですでに肌トラブルがある方はフィトフリフトはおすすめできません。

すでに年齢肌の悩みのある方は、浸透型コラーゲンを主成分としたオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

エイジングケアに効果的なオールインワンゲル2・紫外線ダメージケア成分を配合

 

紫外線は肌老化の最も大きな原因となります。

紫外線は主に肌表面を刺激する紫外線B波と、肌の内部まで入り込む紫外線A波があります。

紫外線Bは肌表面を刺激し、発赤・皮むけ・痛みなど火傷のような炎症反応を起こします。

紫外線A波は肌の内部まで入り込み、コラーゲンやエラスチンなどを破壊し年齢肌の原因となります。

紫外線による肌への炎症は肌トラブルの原因となるため、紫外線ダメージをケアできる成分配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

顔たるみの原因/紫外線ダメージによるコラーゲン・エラスチンの破壊

 

コラーゲンは人体を構成するタンパク質(アミノ酸)の1種であり、肌・骨・血管など様々な部位に存在しています。

コラーゲンは体内で生成された後、10~20年かけて体内で分解され、肌や骨・血管など様々な部位の働きをサポートしています。

紫外線を受けるとたくさんのコラーゲン分解酵素を作り出します。

コラーゲン分解酵素の増加により、肌のコラーゲンも分解され減少や質の低下を起こします。

コラーゲンは真皮にある繊維芽細胞で生成されますが、繊維芽細胞は年齢とともに増殖能力が低下し、40代では20代の半分ほどの増殖能力しかなくなってしまいます。

顔は常に紫外線を浴びる場所なので日々、紫外線ダメージを受け続けています。

また日々、年齢を重ねるため繊維芽細胞の増殖能力は低下していきます。

紫外線+繊維芽細胞の能力低下(エイジング)により、たるみやシワなど年齢肌となります。

1年中常に紫外線予防のためUVカットクリームなどを使用し、紫外線ダメージを受けないようにすることが重要です。

また、紫外線ダメージをケアする成分配合のオールインワンゲルを使用することでアンチエイジング効果が期待できますよ。

 

紫外線ダメージによる顔たるみにはトラネキサム酸が効果的

 

顔のたるみやシワは、コラーゲンやエラスチンの減少・質の低下が主な原因です。

紫外線により肌がダメージを受けると軽い火傷のような炎症反応を起こします。

紫外線により肌に炎症を受けると、肌は防御反応のためにメラニンをたくさん生成しようとします。

肌の炎症反応によりメラニンの生成が活性化されるのは正常な働きですが、年齢を重ねた肌はターンオーバーが遅延しており、新しい肌細胞がなかなか生まれない状態のため、過剰なメラニンを排出することができません。

停滞したメラニンはいずれ黒色化し、シミとなります。

紫外線による肌荒れなどの炎症反応はシミやたるみなどの原因となるため、抗炎症成分配合のオールインワンゲルを使用するのがおすすめです。

抗炎症薬のトラネキサム酸は、美白有効成分とされており高い美白効果が期待できる成分です。

トラネキサム酸は強い抗炎症作用があるため、紫外線ダメージによる肌トラブルを改善し、シミやたるみなどの年齢肌を予防することができますよ。

 

 

トラネキサム酸配合のオールインワンゲルはこちら

 

エイジングケアに効果的なオールインワンゲル3・抗酸化成分を配合

 

エイジングケアに重要とされる抗酸化成分ですが、なぜ人は年齢を重ねると酸化(肌老化)が起きるのかは意外と知られていません。

呼吸をして取り込んだ酸素の約2%が活性酸素になるとされています。

活性酸素は日々できていますが、年齢が若いほど新陳代謝が活発で新しい細胞が生まれ変わるサイクルが早いため、老化を実感することはありません。

年齢とともに新陳代謝が低下すると新しい細胞を作るサイクルが遅くなり、様々な老化現象を実感するようになります。

抗酸化物質は活性酸素を除去する働きがあり、肌老化の予防に効果的です。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときは、抗酸化物質配合のものを選ぶと効果的です。

 

顔たるみの原因/活性酸素による細胞の老化

紫外線により活性酸素が発生する仕組みについて

画像引用:活性酸素とは?(日本メディカル研究会)

 

活性酸素は呼吸をするたびに日々発生していますが、活性酸素を増やす原因とされているものに紫外線や大気汚染・負荷の高い運動などがあります。

紫外線を浴びると肌では有害な活性酸素が発生します。

有害な活性酸素はメラニンを生成するメラノサイトの働きを活性化します。

メラノサイトが活性化するとメラニン活性化酵素であるチロシナーゼの働きが活性化され、メラニンが過剰に生成されます。

過剰に生成されたメラニンは表皮細胞に蓄積され、やがて黒色化されます。

メラニンが黒色化したものがシミとなります。

また、紫外線により発生した有害な活性酸素は、コラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞の働きを低下させるため、肌は弾力やハリを失い、たるみやシワの原因となります。

肌老化の予防には活性酸素の除去が必要と言えます。

アンチエイジング用のオールインワンゲルを選ぶときは、抗酸化物質配合のものを選ぶと効果的です。

 

活性酸素による顔たるみ(肌老化)には抗酸化成分が効果的

 

顔たるみなどの肌老化の改善・予防には抗酸化成分が効果的です。

抗酸化成分は活性酸素の除去をする働きがあり、肌老化を予防することができます。

顔たるみに効果的な抗酸化成分は、ビタミン類・ポリフェノール類などがあります。

抗酸化成分のビタミンEは、細胞の周りを取り巻く膜を保護する働きがあり、細胞が活性酸素により攻撃されるのを予防することができます。

抗酸化成分のビタミンCは、ビタミンEのサポート成分であり、同時に取ることでビタミンEの再生や活性化に効果的です。

抗酸化成分のポリフェノール類は、強い抗酸化力があり、ビタミンEよりも抗酸化力が高いとされています。

顔たるみの予防・改善には、ビタミンE・ビタミンC誘導体・ポリフェノール類を配合したオールインワンゲルがおすすめです。

化粧品に配合される抗酸化成分は、天然ビタミンE・アロエエキス・カンゾウ根エキス・カンゾウ抽出エキス・ビルベリー葉エキスなどがおすすめです。

 

 

 

 

アンチエイジングにも効果的

初回購入は50%offでお得

アンチエイジング効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンゲル/効果]大人ニキビ・ニキビ跡に効果的なゲルの選び方

 

大人にきびにおすすめのオールインワンゲル3つのポイント

 

 

繰り返す大人ニキビに効果的なオールインワンゲルを選ぶポイントは「長時間の保湿効果がある」「トラネキサム酸などの抗炎症成分を配合」「和漢エキスを配合」の3つです。

大人ニキビなど肌トラブルの原因のほとんどは乾燥から起こります。

間違ったスキンケアなどにより乾燥を起こすとにより、余分に皮脂を出そうとして毛穴が開き、余計な皮脂により炎症を起こすとニキビになります。

大人ニキビには保湿を重視し、抗炎症成分や和漢エキスを配合したオールインワンゲルを選ぶと効果的ですよ。

 

 

繰り返す大人ニキビに効果的

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

ニキビに効果的なオールインワンゲル1・長時間の保湿効果がある

 

ニキビには思春期ニキビ・周期ニキビなどがあり、それぞれケアの方法はことなりますが、肌の内部をしっかり保湿することは共通して重要です。

大人ニキビは周期的に繰り返すことが多く、原因はホルモンバランスや自律神経の乱れによるものです。

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)は周期的に分泌量を増減させ妊娠に向けて体内の環境を整えています。

でも、生理前に分泌が活発になるプロゲステロンは、皮脂の分泌を促進させたり、角質を厚くする働きをもっており、排卵から生理が始まるまでのプロゲステロンが優位の時期はニキビができやすくなります。

このような大人ニキビに悩む方も、皮脂過剰だからとオイリー肌のケアをしてしまうと肌内部は乾燥し余計にニキビができやすくなります。

大人ニキビは肌の内部をしっかりと保湿し、肌の水分・油分のバランスを整えることや、厚くなった角質層をケアするスキンケアが必要です。

大人ニキビには長時間保湿ができるオールインワンゲルを選び、肌の水分と油分のバランスを整えましょう。

 

思春期ニキビと大人ニキビのケア方法は異なる

 

思春期ニキビは主に10代前半から、大人ニキビは主に20代前半から始まります。

思春期ニキビと大人ニキビでは発生原因が異なるためケア方法が異なります。

思春期ニキビは過剰な皮脂分泌により毛穴が詰まることで皮脂が酸化し、黒ずみやニキビの原因となります。

大人ニキビはホルモンバランスの異常、乾燥、合わない化粧品などの刺激、食生活などの生活習慣の乱れなどによる肌のターンオーバーの乱れが原因となります。

思春期は成長ホルモンの分泌が盛んになり、ホルモンバランスが乱れ皮脂過剰となります。

皮脂過剰だからと言って保湿を怠ると、肌は水分と油分のバランスを崩し、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れに繋がります。

思春期ニキビにはアルコールや油分などが配合されていない、シンプルな化粧水がおすすめです。

大人ニキビはホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れが原因となるため、和漢エキスなど整肌効果のある成分を配合したスキンケアがおすすめです。

また、肌の乾燥により余計に皮脂が分泌されるため、保湿効果の高い成分配合のスキンケアが必要です。

 

メンズのニキビ対策にも保湿が重要

 

男性は女性に比べて顔の毛穴が多く、男性ホルモンの影響により皮脂量が多いです。

そのためオイリー肌だと感じる方が多いのですが、実は肌の内部は乾燥しているインナードライ肌の割合が高いのです。

ベタつきやテカリが気になりゴシゴシと洗ってしまったり、洗顔後に化粧水などのスキンケアを習慣にしていない男性が多いため、肌内部は乾燥しているケースが多いです。

特にTゾーンは皮脂が過剰となりニキビができやすくなりますが、Uゾーンは乾燥していることが多いです。

メンズ用のニキビケア化粧品は収れん効果のある成分や、皮脂を吸着する成分が配合されているものが多いです。

でも、肌の水分と油分のバランスが乱れたままでは肌のバリア機能の乱れやターンオーバーの乱れに繋がります。

メンズ用のオールインワンゲルは保湿を重視し、ベタつきやテカリを抑える成分が配合されています。

ニキビに悩む方は、保湿重視のスキンケアであり、抗炎症成分や皮脂吸着成分・整肌成分などが配合されているオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

ニキビ化粧品にはボタニカルをおすすめしない理由

 

ボタニカルは植物由来の成分を配合している商品で、最近ではオーガニックと似たようなイメージで捉えている方が多いですね。

オーガニックもボタニカルも化学化合物を配合していない点では同じです。

でも、オーガニックもボタニカルも植物の葉や実・花などから抽出したエキスを配合しており、肌荒れなどの原因となることがあります。

自然のものが原料だから安心感はありますが、逆に肌荒れを起こすこともあります。

ニキビは合わない化粧品を使うことで悪化します。

ニキビなど肌に炎症が起きているときは、肌は普段以上に敏感でバリア機能が低下しています。

そのため、普段は問題なく使える成分でも肌荒れの原因となることがあります。

ニキビケアにはボタニカルスキンケアはおすすめできません。

ニキビケアにはシンプルな成分で保湿力が高いオールインワンゲルがおすすめです。

オールインワンゲルは1本で多機能なので、肌を必要以上に触ることがないので、炎症の起こっているニキビ肌におすすめです。

ニキビケアでは肌を必要以上に刺激しないことが重要なので、高保湿タイプのオールインワンゲルを使い、肌の内部からしっかり保湿をしましょう。

また、ニキビが出来ている肌は水分と油分のバランスが悪くなっているため、長時間しっかりと保湿ができる高保湿タイプのオールインワンゲルがおすすめです。

 

ニキビに効果的なオールインワンゲル2・抗炎症成分を配合

 

ニキビケアに効果的なオールインワンゲルを選ぶときは抗炎症成分を配合したものがおすすめです。

ニキビケアに適した抗炎症成分は、グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸ステアリル・アラントイン・トラネキサム酸などがあります。

ニキビは肌の炎症反応であり、肌は炎症を抑えるために防御反応を働かせます。

肌は炎症が起きると防御反応としてメラニンの生成を活性化します。

メラニンはシミの原因となる成分ですが、肌を外部からの刺激を守る重要な役割を果たす成分でもあります。

ニキビができるとメラニンが過剰に生成され表皮細胞に蓄積されます。

肌のターンオーバーが乱れることで過剰なメラニンが排出されずに色素沈着を起こし、いずれシミとなります。

肌トラブルのほとんどの原因は肌の炎症によるものです。

大人ニキビのケアに必要な抗炎症成分は、あらゆる肌トラブルの予防にも重要になります。

ニキビケアや肌トラブルの予防には、グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸ステアリル・アランとイン・トラネキサム酸などが配合されたオールインワンゲルがおすすめです。

 

ニキビに効果的なオールインワンゲル3・和漢エキスを配合

 

大人ニキビ(周期ニキビ)のスキンケアでは、肌荒れが起きにくい成分・肌荒れを改善する成分・バリア機能を高める成分が配合されているものがおすすめです。

和漢エキスや漢方や生薬の原料となり、整肌作用や抗炎症作用、肌のターンオーバー改善やバリア機能の改善などに効果的です。

肌荒れが起きにくいコンディションに整える和漢エキスは、紫根エキスがあります。

紫根エキスは肌を強くコンディションを整える作用があるためニキビケアに最適です。

肌荒れを改善する和漢エキスは、甘草エキスがあります。

甘草エキスには、抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kを抽出することができます。

グリチルリチン酸2Kは強い抗炎症作用を持ち、出来てしまったニキビを鎮め、健やかな肌に導きます。

周期ニキビは肌の水分と油分のバランスが乱れている状態であり、肌内部は乾燥していることが多く、繰り返すニキビの原因となっています。

周期ニキビは乾燥によるストレスでも悪化するため、肌内部をしっかりと保湿する必要があります。

和漢エキスのヨクイニンエキスは保湿効果が高く乾燥ストレスから肌を守ります。

また、和漢エキスに加えて、浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルを選ぶことで、肌の内部からしっかりと長時間の保湿をすることができ、大人ニキビの予防の効果的です。

 

ニキビ跡のケアに効果的なオールインワンゲル・美白有効成分を配合

 

ニキビは治ったけどニキビ跡が治らない・・・という方は多いですよね。

ニキビは肌の炎症反応であり、肌にとってはとてもダメージが大きく、メラニンの生成を活性化させる原因となります。

メラニンの生成は紫外線を浴びたときだけではなく、肌の炎症反応全てに起こります。

肌は炎症反応が起きると防御反応としてメラニンの生成を活性化します。

メラニンの活性化は防御反応のため全く問題はありませんが、肌のターンオーバーが乱れ新陳代謝が滞っている肌の場合は角質とともにメラニンを排出することができず、いずれはシミの原因となります。

ニキビ跡のケアには美白有効成分が効果的です。

トラネキサム酸やアルブチンなどは高い美白効果があり、メラニン生成の活性化を抑制する働きがあります。

これらの美白成分配合のオールインワンゲルを使うことで、ニキビ跡がシミになるのを防ぐことができますよ。

オールインワンゲルを選ぶときは、美白効果が高い医薬部外品のものを選ぶと効果を実感することができますよ。

 

詰まり毛穴が原因のニキビに効果的なケア・定期的な角質ケア

 

詰まり毛穴は、毛穴に皮脂や汚れなどが詰まり角栓となった状態です。

角栓は、肌のターンオーバーとともに剥がれ落ちますが、肌のターンオーバーが乱れていると、肌の細胞がなかなか生まれ変わらないため古くなった角栓が肌表面に残ったまま停滞します。

剥がれ落ち無かった角栓は、毛穴に詰まり広げます。

毛穴に詰まった角栓は、汚れやメイクの残りなどと混ざることで酸化し、黒ずみやニキビの原因となります。

詰まり毛穴はメイクでもなかなか隠れませんし、メイク崩れの原因にもなる厄介なもの。

詰まり毛穴の改善には、定期的な角栓ケアが必要です。

自宅ピーリングやゴマージュなどで肌表面や毛穴の中に停滞している角栓を落とすことで開き毛穴を改善することができます。

角栓が停滞していると角質層が厚くなり、ターンオーバーの乱れに繋がります。

角栓は1~2週間に1回くらいのペースでピーリングなどのケアで除去することをおすすめします。

角栓ケアは行い過ぎると乾燥の原因となり、余計にニキビなど肌の炎症が起きやすくなるので、1~2週間に1回程度のケアをおすすめします。

 

詰まり毛穴の原因

 

詰まり毛穴の原因は、角栓が毛穴に詰まり停滞することです。

過剰な皮脂・古い角質・皮膚の汚れなどが原因で角栓ができます。

角栓は、本来は肌のターンオーバーとともに剥がれ落ちますが、様々な原因で肌のターンオーバーが乱れていると角栓が剥がれ落ちないため毛穴に詰まり広がってしまいます。

角栓の原因となる皮脂の過剰分泌は、インナードライ肌が原因となることがあります。

インナードライ肌は、皮脂分泌が多いに肌内部は乾燥している状態です。

皮脂分泌が多いとオイリー肌のケアをしているという方が多く、間違ったスキンケアを長年続けることでますますインナードライ肌が進行し、皮脂が過剰分泌されます。

次に古い角質が剥がれ落ないことが原因の角栓は、肌のターンオーバーの乱れが原因です。

肌のターンオーバーは、ストレスや生活習慣、紫外線、加齢など様々な理由で停滞します。

正常な肌では28日周期で新しい肌に生まれ変わりますが、肌のターンオーバーが乱れると新しい細胞に生まれ変わることができないため、古い角質が角栓の原因となります。

また、落としきれていない化粧品や皮膚の汚れなどが角栓の原因となります。

毛穴に詰まった角栓は空気に触れると酸化し、いずれ黒ずみとなります。

毛穴の黒ずみや毛穴の開きはとても目立つので、定期的な角質ケアで詰まり毛穴の予防をすることをおすすめします。

 

AHA、BHA配合のピーリング剤で角質ケアがおすすめ

 

AHAやBHAは洗顔料やピーリング剤に配合される角質ケア成分です。

AHAは主にフルーツや発酵乳などから抽出される酸の総称で、アルファヒドロキシ酸の略です。

AHA・フルーツ酸は、隣り合う角質細胞の接着を弱める働きがあるため、古くなった角質を排出しやすくなります。

加齢やストレスなど様々な原因で肌のターンオーバーが乱れると、肌細胞の生まれ変わりがスムーズにできなくなり、皮膚表面に古い角質が停滞してしまいます。

停滞した古い角質は、毛穴を塞ぎニキビの原因となったり、角質層を厚くすることで肌内部に水分を届けられずに乾燥肌になったり、メラニンの排出を阻害しシミの原因となったり、様々な肌トラブルに繋がります。

AHAは毛穴に詰まった角栓を溶かし排出させやすくする働きがあるため、古い角質が排出されることで肌のターンオーバーが正常化し、美容成分が浸透しやすい肌に整えたり、メラニンの排出を促すことでシミやそばかすの改善に繋がります。

参考:AHA(フルーツ酸) 基礎化粧品のウテナ

 

大人ニキビケア用のオールインワンゲルをつかうときは、定期的な角質ケアをすることで美容成分が肌の内部まで浸透することができるため効果的です。

大人ニキビの予防や改善には、AHAやBHA配合のピーリング剤を使用し、その後に保湿力の高いオールインワンゲルでのケアをおすすめします。

 

ピーリング後の乾燥した肌にオールインワンゲルがおすすめの理由

 

ピーリングとは「剥ぐ」という意味で、皮膚表面の古い角質を剥ぐことをピーリングと言います。

そのため過度なピーリングは皮膚への刺激となります。

AHAやBHAを配合したピーリング剤を使用すると、毛穴の中の角栓を溶かすため肌は一時的に乾燥しやすい状態となります。

ピーリングは酸の力で毛穴の汚れや、肌表面の古い角質などを溶かすため、必要な皮脂も溶かしてしまい乾燥傾向になります。

ピーリング後は普段よりも乾燥しやすい状態となっているため、肌の内部までしっかりと浸透する高保湿タイプのオールインワンゲルでのケアがおすすめです。

ピーリング後は厚くなった角質層が柔らかく薄くなるため、美容成分が浸透しやすい状態になっています。

ピーリングのスキンケアは美容成分が肌の奥までグングンと浸透するため、浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルをたっぷりと塗布することで、肌の内側からしっかりと保湿することができますよ。

 

 

 

大人ニキビのケアにもおすすめ

初回購入は50%offでお得

保湿効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンゲル/効果]敏感肌・乾燥肌・肌荒れに効果的なゲルの選び方

 

 

 

敏感肌に効果的なオールインワンゲルの選び方は「長時間の保湿効果がある」「バリア機能改善効果がある」「アンチエイジング効果がある」の3つです。

乾燥がすすむと敏感肌になりやすく、肌はバリア機能が低下し少しの刺激にも敏感になっています。

また、少しの刺激でも肌にダメージを受けやすいため、敏感肌の状態が続くことで肌は老化し、年齢肌の原因となります。

敏感肌の原因は強い乾燥なので、保湿対策を十分に行い整肌成分やアンチエイジング成分配合のオールインワンゲルを選びましょう。

 

 

 

敏感肌でも安心して使える

初回購入は50%offでお得

敏感肌に効果的なオールインワンゲルはこちら

 

 

 

敏感肌に効果的なオールインワンゲル1・長時間の保湿効果がある

 

敏感肌の原因は強い乾燥です。

肌の内部が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、少しの刺激にも敏感になってしまい敏感肌に繋がります。

肌の内部が乾燥すると肌のキメが乱れ、歪な形の肌細胞が増え隙間ができます。

肌の内部の水分が満たされていると肌のキメは整い肌細胞は綺麗に隙間なく並びます。

キメの乱れた肌は隙間が多く外部の刺激が肌に入り込みやすいのです。

敏感肌に効果的なオールインワンゲルを選ぶときは長時間保湿効果が続くものを選びましょう。

肌の内部まで浸透する浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、肌の内部までコラーゲンを浸透させることができるため保湿効果が高まります。

コラーゲンが補給されるとコラーゲンにくっついて存在するヒアルロン酸やプロテオグリカンの保水力がアップし、肌内部からしっかりと保湿ができるようになります。

敏感肌の方はオールインワンゲルを選ぶときは保湿効果の高い浸透型コラーゲン配合のものを選びましょう。

浸透型コラーゲンなら肌の内部まで浸透するため、長時間の保湿が可能ですが、浸透しない保湿成分の場合は肌表面のみ潤い時間が経つと肌内部は乾燥してしまいます。

保湿力重視なら浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルがおすすめですよ。

 

乾燥により敏感肌となる理由

 

乾燥肌と敏感肌は関係性が深く、乾燥が強くなると肌のバリア機能が弱まり外部からの刺激に弱くなるため敏感肌に移行します。

健康な肌は水分と油分のバランスが整っているため肌のキメが整っており外部からの刺激にも強い状態です。

加齢や間違ったスキンケアなどにより肌の保湿の役割をする「細胞間脂質」「天然保湿因子」「皮脂膜」の3つのバリア因子が少なくなると肌は乾燥し、バリア機能が低下します。

健康な肌は「細胞間脂質」「天然保湿因子」「皮脂膜」の3つのバリア因子が満たされた状態と言えます。

敏感肌はこの3つのバリア因子が少くなり、肌は外部からの少しの刺激にも敏感に反応してしまい、発赤・ヒリヒリ・肌荒れなどの原因となります。

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となるため、肌の内部からしっかりと保湿できる浸透型コラーゲン配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

乾燥による敏感肌に効果的な成分・セラミド

 

セラミドは角層細胞間で水分を保持する働きを持つ細胞間脂質です。

角層細胞と角質細胞の間にはセラミドが隙間なく存在し、角層の中は水分で満たされているため角質細胞は均一に並び肌のキメが整います。

加齢や間違ったスキンケアなどの理由で角質幹細胞(セラミドなど)が現象すると角層内の水分が減るため角質細胞は均一にならずに歪な形となり肌のキメが乱れます。

セラミドの不足は肌のキメの乱れに繋がり乾燥を引き起こします。

セラミドは敏感肌の原因となり肌のバリア機能の維持に欠かせない成分であり、様々な肌トラブルを予防するためにも必要な成分です。

敏感肌や乾燥肌の方はセラミド配合のオールインワンゲルを使用することをおすすめします。

セラミドには皮膚への浸透力が高いヒト型セラミド配合が効果的です。

 

乾燥による敏感肌に効果的な成分・コラーゲン

 

コラーゲンには皮膚の表面に留まり保護するもの、皮膚の内部まで浸透するものなどがあります。

敏感肌の方は皮脂膜が減り肌の表面から水分が蒸発し乾燥しやすい状態となっています。

肌の内部の水分が蒸発してしまうと乾燥が進行し皮膚のバリア機能が低下します。

健康な肌は皮膚の表面に皮脂膜があり、肌表面から水分が蒸発しないように働きます。

皮膚の表面に留まるコラーゲンは皮脂膜の役割を果たし、水分の蒸発を防ぐことができます。

コラーゲンには皮膚の内部まで浸透する加水分解コラーゲンと、皮膚の表面に留まる水溶性コラーゲンがあります。

敏感肌や乾燥肌の方は水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの両方が配合されたオールインワンゲルを選ぶと保湿効果が高まります。

 

敏感肌に効果的なオールインワンゲル2・バリア機能改善効果がある

 

敏感肌で問題となるのは皮膚のバリア機能が低下し様々な肌トラブルに繋がる可能性が高いことです。

皮膚のバリア機能は、外部からの様々な刺激から肌を守っています。

大気汚染・PM2.5・花粉などの汚れから肌を守っていますが、紫外線などの防御にもバリア機能が重要な役割を果たしています。

バリア機能が働いている健康な肌は紫外線を肌の内部まで入り込ませないように防御できますが、バリア機能が低下した肌は、紫外線が肌の奥まで入り込みやすくシミやシワができやすい状態となります。

乾燥や敏感肌などバリア機能が低下した肌にはバリア機能改善効果のある成分配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

バリア機能低下による敏感肌に効果的な成分・シャクヤクエイス

 

生薬の原料ともなるシャクヤクエキスは、芍薬の根から抽出される美容成分です。

バリア機能が低下した敏感肌はセラミドが減少し、角層の水分が保持できない状態となっており、肌の内部が乾燥しています。

シャクヤクエキスには、セラミドの生成を促進させる働きがあるため、敏感肌や乾燥肌によりバリア機能が低下した肌に最適な成分です。

敏感肌や乾燥肌の方はシャクヤクエキスなどの和漢エキス配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

バリア機能低下による敏感肌に効果的な成分・セラミド

 

敏感肌の方は角層内のセラミドなどの細胞間脂質が減少し肌内部が乾燥しています。

セラミドは加齢や間違ったスキンケアなどにより現象します。

セラミドが減少すると角層内の水分が減少し、角質細胞が歪な形となり肌のキメが乱れます。

肌のキメが乱れた部分は外部からの刺激に弱くなるため、肌は少しの刺激にも敏感な状態になります。

セラミド配合のオールインワンゲルにより肌内部の乾燥を防ぐことができます。

特にヒト型セラミドは、皮膚への浸透力が高く肌の奥からしっかりと保湿することができますよ。

 

バリア機能低下による敏感肌に効果的な成分・ダイズエキス

 

ダイズエキスは大豆の種子から抽出される美容液エキスで、主な成分はゲニスチン・ダイジンなどのイソフラボン類とソヤサポニンなどです。

ダイズエキスにはセラミドの合成を促進する働きがあるため、バリア機能が低下した敏感肌の方に最適な成分です。

敏感肌や乾燥肌の方はオールインワンゲルを選ぶときはダイズエキス配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

バリア機能低下による敏感肌に効果的な成分・グリセリン

 

バリア機能が低下した肌は、肌表面の皮脂膜が減少することで肌表面から水分が蒸発し乾燥状態になっています。

肌表面は本来、天然の保湿成分である皮脂膜で覆われています。

天然保湿成分(NMF)は肌のターンオーバーの過程で作られ、角質細胞の潤いを保ち、角質層に弾力や柔軟性を与える働きをしています。

健康な肌は天然保湿成分が肌表面を多い皮脂膜の役割を果たしているため、肌表面から水分が蒸発することなく潤っています。

グリセリンは皮脂膜の役割を果たすため、天然保湿成分が減少した肌でも水分蒸発を防ぐことができます、

多くのオールインワンゲルなどのスキンケアにはグリセリンが配合されており肌表面の乾燥を防ぐことができます。

 

敏感肌に効果的なオールインワンゲル3・アンチエイジング効果がある

 

敏感肌はバリア機能が低下し、外部からの刺激や紫外線によるダメージを受けやすい状態になっています。

敏感肌は角質層の水分が低下し、角質細胞や細胞間脂質が水分で満たされていないため細胞の間にたくさんの隙間があり、外部からの刺激や紫外線が容易に侵入してしまいます。

健康な肌は角質層に十分な水分があり、角質細胞は隙間なく埋まり外部からの刺激や紫外線が侵入する余地がありません。

特に肌へのダメージが大きい紫外線が肌の内部まで入り込むことで肌ダメージは大きくなり、肌老化が早まります。

敏感肌の人は肌の老化が早いため、アンチエイジング成分配合のオールインワンゲルがおすすめです。

もちろん、アンチエイジング対策だけしていても敏感肌は肌のターンオーバーが乱れ正常な代謝が行われていないため、十分な水分を蓄えることができません。

肌内部・表面の両方を十分に保湿できるオールインワンゲルに加えてアンチエイジング成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

 

敏感肌に効果的なアンチエイジング成分・ローヤルゼリーエキス

 

ローヤルゼリーはミツバチが分泌する物質から得られるエキスで、ビタミンB軍・アミノ酸・ミネラル・酵素など、美肌に欠かせない成分を豊富に含んでいます。

栄養素が豊富なローヤルゼリーエキスを配合した化粧品は、皮膚細胞を賦活し肌のターンオーバーを促進することで新しい肌細胞が生まれやすくなります。

皮膚のターンオーバーと共に天然保湿因子やセラミドが生成されるため、角質層の水分量が増加し肌は内側から保湿することができます。

角質層の水分が十分になることで、外部からの刺激や紫外線ダメージを直に受けることがないため、肌老化を軽減することができます。

また肌のターンオーバーが促進されることで、乾燥が改善させ肌のハリや弾力の改善、キメが整うなどアンチエイジング効果が期待できます。

オールインワンゲルを選ぶときはローヤルゼリーエキス配合のものを選ぶとアンチエイジング効果を実感することができますよ。

 

敏感肌に効果的なアンチエイジング成分・ビルベリーエキス

 

ビルベリーはブルーベリーの近縁種で、アミノ酸やポリフェノールなどの成分で構成されています。

ビルベリーエキスには、真皮形成に重要な働きを持つ酵素の生成を促進する働きがあります。

真皮にはコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などが存在し、皮膚の弾力やハリの維持に欠かせません。

ビルベリー配合の化粧品は、真皮にあるコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸の生成を促進する酵素を活性化する働きがあるため、真皮の水分量の増加により抗シワや抗たるみなどのアンチエイジング効果が期待できます。

敏感肌では肌の内部に水分を蓄える機能が低下しているため、肌老化が早く肌の弾力やハリが失われ、シワやたるみの原因となります。

ビルベリー配合のオールインワンゲルなら、エラスチンやヒアルロン酸の生成が促進され、アンチエイジング効果が期待できます。

 

敏感肌に効果的なアンチエイジング成分・ヨクイニンエキス

 

ヨクイニンエキスはハトムギの果皮や種皮から得られるエキスです。

ヨクイニンは還付や生薬に用いられる成分で、脂肪酸・パルミチン酸・多糖類などで構成されています。

ヨクイニンは角質層の水分を増加される働きがあるため、乾燥による敏感肌の方におすすめです。

細胞賦活作用により肌細胞の生成が促進され、肌のターンオーバーの正常化に繋がります。

肌のターンオーバー正常化により天然保湿因子やセラミドなどが活発に生成されるため肌内部から保湿が可能です。

角質層がしっかりと水分を蓄えることで肌は外部からの刺激や紫外線ダメージを緩和することができるため、アンチエイジングに繋がります。

オールインワンゲルを選ぶときはヨクイニン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

敏感肌に効果的なアンチエイジング成分・シャクヤクエキス

 

シャクヤクは女性の不調に効果的とされ漢方や生薬に配合される成分です。

しみ予防改善・細胞賦活作用・抗シワ・バリア機能改善など、様々なアンチエイジング効果が期待できます。

シャクヤクエキスは、しみの原因となるメラニンの生成に関わるチロシナーゼの活性化を抑制する働きがあり、シミやそばかすの改善や予防に効果的です。

シャクヤクエキスは、肌細胞のDNA損傷による肌老化の改善・予防に効果的です。

肌は紫外線や刺激などを受けると肌細胞のDNAが損傷し、正常な肌細胞の生成がスムーズに行えなくなります。

肌は紫外線や刺激を受けるとDNAが損傷したことを認識するためにXPCと言われるタンパク質を生成します。

XPCはDNA損傷の修復を行うNERと言われる部分にDNA損傷のメッセージを行う働きがあり、XPCが正常に働くことで肌は正常な新陳代謝を続けることができます。

シャクヤクエキス配合の化粧品は細胞賦活作用や肌のターンオーバーの改善に効果的な成分と言えます。

またシャクヤクエキスはセラミド生成を促進する働きがあるため、シャクヤクエキス配合の化粧品により細胞間脂質(セラミド)が増加し、肌内部の水分量が増加することで肌の弾力やハリが維持され、抗シワ効果が期待できます。

オールインワンゲルを選ぶときはシャクヤクエキス配合のものを選ぶと効果的です。

 

敏感肌に効果的なアンチエイジング成分・アロエエキス

 

アロエエキスはアロエベラの葉から抽出され、アミノ酸・ビタミン類・ムコ多糖類などから構成されています。

アロエ葉の表皮下には腸蠕動を促進するアロインが含まれており、化粧品として使用することができないので、表皮を除いた葉肉部分を使用しています。

アロエエキスは、ミトコンドリアトランスファーと呼ばれる抗老化に欠かせない現象をサポートする働きが認められています。

体中の全ての細胞にはミトコンドリアが存在し、エネルギー生産を行っています。

加齢により新陳代謝が低下すると新しい細胞の生成が滞るため、細胞中のミトコンドリアの数も減少することでエネルギー産生が行われずさらに新陳代謝が低下していきます。

ミトコンドリアトランスファーとは、加齢などによりダメージを受けた細胞に健康なミトコンドリアを優先的に分配する現象のことであり、細胞の老化を抑制することができます。

繊維芽細胞などコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などを生成する細胞は加齢などによりダメージを受けますが、ミトコンドリアトランスファーが活発に行われることで肌老化を緩和することができます。

アロエエキスには肌老化を緩和するミトンドリアトランスファーをサポートする働きがあるため、抗シワ・抗たるみ・抗シミなどアンチエイジングに効果的です。

オールインワンゲルを選ぶときはアロエエキス配合のものを選ぶとアンチエイジング効果が期待できますよ。

 

敏感肌に効果的なアンチエイニング成分・オウゴンエキス

 

アロエエキスはアロエの葉肉から抽出される美容エキスです。

アロエエキスには抗炎症作用・シミ抑制作用・シワ抑制作用などの効果が期待できます。

アロエエキスの構成成分にはフラボノイドの割合が高く、フラボノイドには紫外線を吸収する働きがあるため、アロエエキス配合の化粧品を使用することでチロシナーゼ活性を阻害することができるためシミの発生の抑制に繋がります。

抗炎症作用により肌荒れの改善や、紫外線や外部からの刺激による肌の炎症反応を抑制することでアンチエイジングに繋がります。

敏感肌はバリア機能が低下し外部からの刺激によりダメージを受けやすい状態となっています。

紫外線や外部からの刺激により炎症反応が起きると肌ではメラニンの生成が活性化され、シミやそばかすの原因となります。

多くの肌トラブルは肌の炎症反応により起こるため、肌老化の予防には抗炎症成分配合のオールインワンゲルを使用するのがおすすめです。

オールインワンゲルを選ぶときはオウゴンエキス配合のものを選ぶとアンチエイジングに効果的です。

 

 

 

 

初回購入は50%offでお得!

1本で美白&保湿効果

人気No.1のオールインワンゲルはこちら