オールインワンジェルの美白効果

【オールインワンジェル/美白】効果が高いゲルの選び方3つのポイント

 

保湿・美白効果が高いオールインワンゲルの選び方3つのポイント

 

 

1本で美白&保湿効果が高いオールインワンゲルは「天然保湿成分を豊富に配合」「医薬部外品で美白有効成分を配合」「複合型コラーゲン配合で保湿が持続する」の3つのポイントで選ぶことをおすすめします。

「オールインワンゲルだけだと乾燥する。。。」と言う方は保湿成分が肌の奥まで浸透していないからです。

肌の奥の角質層まで浸透する複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、肌の内側からしっかりと保湿ができますよ。

また角質層がしっかりと保湿されることで美白有効成分が浸透しやすくなり、美白効果がアップします。

 

 

 

1本で美白&保湿ができる

初回購入は50%offでお父

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

【オールインワンジェル/美白】美肌におすすめの3つのポイント

 

 

オールインワンゲルの効果は、保湿・美白・エイジングケア・毛穴ケアなどがあります。

1本で様々な効果のあるオールインワンゲルは何よりも保湿力を重視して選ぶと美肌に近づきます。

保湿力が高いオールインワンゲルは、肌の奥の角質層をしっかりと保湿することができます。

角質層が潤うことで肌のキメが整い、美白成分などの有効成分が浸透しやすくなり美肌に導きます。

オールインワンゲルを選ぶときは保湿力を重視し、肌悩みで最も気になるポイントにアプローチする商品を選びましょう。

 

 

 

 

1本で保湿&美白できる

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

美肌におすすめの美白オールインワン2・美白有効成分配合のものを選ぼう

 

「シミやくすみが年々ひどくなる・・・。」

「美白化粧品を試しても効果を感じない。」

加齢とともにシミやくすみが気になると言う方や、美白化粧品を使っても効果を実感できない方が多いですよね。

それは保湿がしっかりとできていないために美白有効成分が肌の奥まで浸透できていないから。

また、美白効果の高い美白有効成分が配合されていないからです。

美白をしたい方もまずは保湿をしっかりとしなければ、せっかく美白化粧品を使っても効果を実感することができません。

シミやくすみが気になる方に、美白効果がアップするオールインワンゲルの選び方を紹介します。

 

化粧品ではなく医薬部外品がおすすめ

 

オールインワンゲルは化粧品と医薬部外品(薬用)があります。

医薬部外品は、厚生労働省が指定する美白有効成分が規定値量で配合されているものを言います。

医薬部外品に認定されると「シミやそばかすの予防・改善効果」を表示することができます。

一般的な化粧品は美白効果があることを表示することができませんが、医薬部外品なら美白効果が認められた有効成分を規定値量で配合しているため表示することができます。

つまり、化粧品よりも医薬部外品のほうが美白効果が高いと言えますね。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、美白有効成分配合のオールインワンゲルを選びましょう。

 

シミの原因となる紫外線ダメージをケアする有効成分/トラネキサム酸

 

シミの原因のほとんどは紫外線によるメラニンの過剰生成にあります。

肌は紫外線などの強い刺激を浴びると、肌へのダメージを防ぐために防御反応としてメラニンの生成を活性化します。

メラニン生成活性化は肌の防御反応であり正常な反応ですが、メラニンが生成されることが悪いのではなく、メラニンが過剰に蓄積してシミになるのが問題なのです。

美白有効成分のトラネキサム酸は、シミの発生段階をブロックすることでシミを予防することができます。

肌は紫外線を浴びるとメラニンが紫外線を吸収し、紫外線によるダメージをケアするために新たにメラニンを作らせようと働きます。

紫外線を受けると肌はダメージを受け炎症反応を起こしますが、抗炎症作用のあるトラネキサム酸はメラノサイト(メラニンを生成する場所)活性化酵素を抑制することでメラニンの過剰生成を抑えることができます。

トラネキサム酸は肝斑治療にも効果的な成分とされており、高い美白効果があります。

メラニンは紫外線を吸収する働きがあるため、シミの予備軍やすでに出来ているシミは紫外線を吸収し、新たなシミの原因となります。

また、すでにシミが出来ている部分は、紫外線を浴びていない状態でも常にメラノサイトが活性化されたままの状態となっているため、メラノサイトの活性化抑制効果のあるトラネキサム酸配合の化粧品は新たなシミを予防する効果が期待できます。

美白オールインワンゲルを選ぶときはトラネキサム酸配合のものを選びましょう。

 

メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを予防・改善する成分/アルブチン

 

美白有効成分のアルブチンはメラニンの生成を活性化する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制する作用があります。

アルブチンは、漂白作用が強いとされているハイドロキノンの刺激性を低下させたハイドロキノン誘導体です。

ハイドロキノンは美白効果は高いのですが、肌への刺激性が強く、医師の管理のもとで試用しなければ危険性がある成分です。

アルブチンはハイドロキノンの刺激性を弱め美白効果を発揮する安全性の高い成分です。

肌は紫外線を浴びるといくつかの段階を追ってシミとなります。

いつくかの段階のシミの原因をブロックすることでシミの予防や改善に繋がります。

先ほど紹介したトラネキサム酸とアルブチンは、それぞれ作用する場所が異なるため、ダブルで配合することでシミの予防や改善効果が高まります。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、美白有効成分にトラネキサム酸とアルブチンをダブルで配合しているものを選びましょう。

 

 

 

トラネキサム酸+アルブチンをダブル処方!美白オールインワンゲルはこちら

 

 

【オールインワンジェル/美白】医薬部外品は美白有効成分配合でシミ・そばかすの予防改善に効果的

 

シミ・そばかす予防に効果的なオールインワンゲルの3つのポイント

 

オールインワンゲルの美白&保湿効果は「医薬部外品を選ぶ」「トラネキサム酸配合」「アルブチン配合」の3つのポイントが重要です。

美白有効成分配合の医薬部外品(薬用)はシミ・そばかすの予防・改善に効果的です。

美白有効成分の中でもトラネキサム酸・アルブチンは美白効果が高く、ダブルで配合のオールインワンゲルならより美白効果がアップしますよ。

 

 

 

 

トラネキサム酸+アルブチン配合!

美白効果が高い!

美白効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

美白効果の高い美白オールインワンの選び方1・医薬部外品を選ぼう

 

オールインワンゲルは医薬部外品と化粧品がありますが、美白効果が高いのは医薬部外品のオールインワンゲルです。

医薬部外品のオールインワンゲルは、「シミ・そばかすの予防に効果がある」と表示することができます。

医薬部外品は厚生労働省が認定する美白有効成分を基準値内で配合していることが条件となるため、一般的な化粧品とは異なり美白効果が高いと言えます。

化粧品の中にも美白オールインワンゲルと書かれたものがありますが、美白有効成分の配合がなかったり、配合されていても微量であるため美白効果は期待できません。

美白オールインワンゲルを選ぶときは医薬部外品のものを選ぶと美白効果を実感することができますよ。

 

医薬部外品とは?

 

オールインワンゲルには医薬部外品(薬用)と、医薬部外品以外のもの(化粧品)があります。

医薬部外品と化粧品のは、医薬品医療機器等法により区分されています。

医薬品医療機器等法では、医薬品や医療機器等の品質・有効性・及び安全性の確保等に関する法律であり、医薬部外品は美白効果のある有効成分を含有していることと定められています。

 

参考:化粧品と医薬部外品の違いは?(国民生活センター)

 

美白効果のある有効成分は厚生労働省により種類や含有量の範囲が定められており、医薬部外品のオールインワンゲルは厚生省の指定する有効成分を指定範囲内で含有しているものとなります。

化粧品は美白オールインワンゲルと書かれているものでも厚生労働省の指定する美白有効成分を配合していないものや、ごく微量しか配合されていないものです。

そのため、医薬部外品の美白オールインワンに比べて化粧品の美白オールインワンゲルは美白効果が低いと言えます。

美白オールインワンゲルを選ぶときは医薬部外品を記載されたものを選ぶことをおすすめします。

 

医薬部外品の有効成分とは?

 

医薬部外品は厚生労働省が認定する有効成分を指定範囲内で配合しているものを言います。

現在、厚生労働省が認定している美白有効成分は23種類あり、これらの美白有効成分は「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」効能を表示することが認められた成分です。

医薬部外品に含まれる有効成分は安全性や有効性の面から、有効成分の配合量が指定範囲内であることが定められています。

 

参考:美白有効成分(資生堂)

 

美白有効成分一覧
美白有効成分作用
アルブチンチロシナーゼの活性化抑制
アンダーシールダー表皮・真皮の間の基底膜を強化しシミ活性因子をブロックする
安定型ビタミンC誘導体持続型ビタミンC誘導体とも呼ぶ。皮膚に吸収されてからビタミンCを放出し水中でも非常に安定する。
エナジーシグナルAMP肌のターンオーバーを正常化しメラニンの蓄積を予防する。
エラグ酸ポリフェノールの一種。チロシナーゼに必要な銅原子を奪い活動を阻害する。
カモミラETメラノサイトの増殖や活性化を抑制する。
グラブリジンチロシナーゼの働きを阻害する。
コウジ酸チロシナーゼが働くのに必要な銅原子を奪うことで活動を阻害する。
ソフニングリリーサー不要な角層の剥離を促しメラニンの蓄積を抑える。
ディフェンスバイタライザー新陳代謝の改善による肌のターンオーバーの正常化。メラニンの蓄積を抑える。
トラネキサム酸メラノサイトの活性化を抑制する。
ニコチン酸アミド水溶性ビタミンの1種。メラニンが表皮細胞に受け渡させるのを防ぐ。
ビタミンCエチルビタミンC誘導体の1つ。皮内に入ってすぐに効果を発揮する。メラニンの黒色化を防ぐ。
白蓮果R HAメラニンの排出促進。肌の透明感アップ。
プラセンタエキス肌のターンオーバー正常化。メラニンの生成抑制。
マグノリグナンチロシナーゼの活動の抑制。
4MSKメラニン生成を抑制。

蓄積したメラニンの排出促進。

リノール酸Sチロシナーゼの分解作用。メラニンの生成を抑制。
ルシノールチロシナーゼとチロシンの合体を防ぐ。メラニンの生成を抑制。

 

 

医薬部外品の配合量を変更するためには新しく薬事申請が必要なため、医薬部が貧と化粧品との間には大きなハードルがあり、医薬部外品の認定を受けることが難しいことだと分かりますね。

医薬部外品の美白オールインワンゲルはたくさんありますが、美白有効成分が1種類しか配合されていないものが多いのです。

シミの生成には段階があるため、シミの予防や改善には複数のアプローチが必要となり、異なる作用を持つ美白有効成分を配合しているほうが美白効果が高いと言えます。

特に美白効果が高いと言われる、トラネキサム酸+アルブミンの配合により、美白効果が期待できます。

 

 

トラネキサム酸+アルブミン配合の美白オールインワンゲルはこちら

 

 

美白効果の高い美白オールインワンの選び方2・有効成分(トラネキサム酸)配合のものを選ぼう

 

トラネキサム酸は美白有効成分の中でも高い美白効果を持つと言われる成分です。

トラネキサム酸は炎症を抑える作用があるため、鼻炎や気管支炎などのときに抗炎症薬として病院で処方されます。

肌は紫外線によるダメージを受けると、軽い火傷のような炎症を受けます。

紫外線による炎症によ発赤や火照り、痛みなどを感じます。

肌は炎症が起きると防御反応としてメラニンの生成を活性化し、外敵から肌を守ろうとします。

シミの原因は肌の炎症反応だとも言えます。

トラネキサム酸は、メラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制する働きを持ち、また抗炎症作用によりメラニンの過剰生成を抑制する働きを持ちます。

肌の様々なトラブルの原因は肌の炎症によるものだと言われており、肌の炎症はシミやシワ、ニキビなどに繋がります。

トラネキサム酸は異なるアプローチによりメラニンの生成を抑制することができるため、高い美白効果があると言えます。

美白オールインワンゲルを選ぶときは医薬部外品であり有効成分がトラネキサム酸のものを選びましょう。

 

美白効果の高い美白オールインワンの選び方3・有効成分(アルブチン)配合のものを選ぼう

 

美白有効成分のアルブチンは、メラニンの生成を活性化する酵素であるチロシナーゼの働きを阻害する働きがあります。

チロシナーゼの働きを阻害する成分は複数ありますが、アルブチンはチロシンとチロシナーゼが結合するのを防ぐことでチロシナーゼの働きを阻害します。

生成されたばかりのメラニンはチロシンと呼ばれるアミノ酸ですが、メラニン活性化酵素であるチロシナーゼとチロシンが結合すると、チロシンは黒色メラニンに変化します。

肌のターンオーバーが乱れた肌は不要な角層が脱落しにくいため、黒色メラニンが表皮に停滞しシミとなります。

メラニンが生成されることは肌の正常な反応ですが、チロシナーゼとチロシンが結合することで黒色化することが問題と言えます。

アルブチンはチロシナーゼとチロシンの結合を阻害する働きがあるため、シミの原因をブロックすることができます。

チロシナーゼを阻害する働きを持つ美白成分は複数ありますが、アルブチンはシミの原因となる黒色メラニンの生成を抑制するため、高い美白効果があると言えます。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、医薬部外品であり有効成分がアルブチンのものを選びましょう。

 

【オールインワンジェル/美白】ピーリング効果・マッサージクリームとしての機能

 

オールインワンゲルでピーリンク効果は期待できません。

ピーリングは古い角質を「剥ぎ取る」という意味であり、こすり取るための成分(ピーリング成分)が配合されています。

オールインワンゲルは1本で多機能ではありますが、古い角質を剥ぎ取る成分は配合されていません。

ピーリングは1~2週間に1回など、肌の状態を見ながら行うものであり、日々のスキンケアに取り入れるものではありません。

オールインワンゲルは肌のターンオーバーを正常化し美肌に導くことはできますが、ピーリング剤と同じ効果は期待できません。

 

ピーリングとは?

 

ピーリングは皮膚表面の古い角質をこすり取り、表皮細胞の新陳代謝を促す美容法です。

引用:ピーリング(コトバンク)

 

健康な肌は通常、28日周期で古い角質が剥がれ落ち新しい表皮に変わっていきます。

でも、加齢や肌トラブルなどが原因で肌のターンオーバーが乱れると新賃代謝が活発に行われてないため、古い角質がはがれ落ずに残ったままになります。

古い角質が皮膚表面に残ってしまうと角質は厚くなり、血流が悪くなることでくすみの原因となります。

また厚くなった角質が毛穴を覆うとニキビの原因となります。

ピーリングは、厚くなった角質を除去しニキビなどの肌荒れ防止、皮膚の新陳代謝の改善などを目的とします。

自宅で行われるピーリングには、スクラブや角質分解酵素が配合された洗顔料やパックなどが用いられることが多いです。

肌を強く擦ることは肌の炎症となり、シミや肌の老化に繋がるため、週に1回以上のピーリングはおすすめできません。

ピーリングの後の肌は乾燥しやすいため、保湿効果のあるオールインワンゲルをたっぷりと塗り保湿を心掛けましょう。

ピーリング後のジェルパックは保湿効果が高まり肌を柔らかくすることができますよ。

 

ピーリング剤に含まれるAHAやBHAは角質を柔らかくして汚れや角栓を除去する

 

ピーリング剤には角質を柔軟にし除去しやすくする成分が含まれています。

ピーリング剤に配合される成分の代表的なものは、AHAやBHAなどです。

AHA(αヒドロキシ酸)は、果物から採取されるグリコール酸やリンゴ酸・クエン酸などがあり、となりあった角質層の接着を弱めて、古い角質を剥がれやすくすることで新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。

BHA(βヒドロキシ酸)はフルーツ酸を使ったAHAに比べ角質層を剥離する効果が強力です。

BHAは脂溶性なので、毛穴に詰まった皮脂を溶かすことができるため、角栓詰まりや毛穴の黒ずみ・ニキビやニキビ跡などの改善に効果的です。

AHAはホームピーリング剤に多く用いられる成分ですが、BHAは効果が強力なため美容外科や美容皮膚科などで試用されています。

AHAは作用が緩やかなため肌刺激は弱く、保湿や美白などの効果も期待できます。

BHAは作用が強力なため医師の管理の元で行う必要があり、2~4週間に1回の施術が好ましいとされています。

BHA(主にサリチル酸)を試用したケミカルピーリングは、脂溶性の薬剤を試用するため、施術後の肌はとても乾燥しやすく普段以上に保湿が必要です。

オールインワンゲルはピーリング効果のある成分は配合されていないため、ピーリング剤と同じ効果を得ることはできません。

でも、肌のターンオーバーを正常化する成分、角質を柔らかくする成分、整肌成分など様々な成分が配合されているため、肌は新陳代謝が改善され美肌に導くことができますよ。

 

オールインワンゲルをマッサージェルとして使用する

 

オールインワンゲルは1本で多機能であり、マッサージ効果のあるものが少なくありません。

オールインワンゲルを塗布する際にマッサージをしながら塗ることで、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

リンパの流れに沿ってマッサージを行うことで血流が改善し、老廃物がしっかりと流れるため肌の新陳代謝が改善される効果が期待できます。

肌の新陳代謝が改善すると肌のターンオーバーが正常化し、古くなった角質は自然と脱落し新しい皮膚が生成されます。

そのため、シミやシワ・くすみなどの肌トラブルの改善につながります。

オールインワンゲルを選ぶときはマッサージ効果のあるものを選ぶことをおすすめします。

 

マッサージにより角質を柔らかくする効果がある

肌のターンオーバーが乱れると古くなった角質は脱落せず、新しい皮膚に生まれ変わることができません。

古い角質が残ったままでいると角質は厚くなり、洗顔では代謝を促すことができません。

厚く固くなった角質により肌の血流が悪くなり、ますます肌のターンオーバーは乱れていきます。

マッサージ効果のあるオールインワンゲルは、リンパの流れに沿ってゆっくりとマッサージを行うことで美肌成分が浸透しやすくなります。

マッサージにより血流が改善することで新陳代謝が改善されると、肌のターンオーバーが正常化し、角質が剥がれ落ちやすくなります。

余計な角質が残っていない肌はキメが整い瑞々しいお肌になります。

キメが整った肌は角質層が柔らかく、美肌成分がグングンと浸透する肌です。

オールインワンゲルにはピーリング効果はありませんが、肌のターンオーバーを正常化することで角質層を柔らかう、キメの整った肌に導きます。

オールインワンゲルを選ぶときはマッサージ機能のあるものを選ぶことをおすすめします。

 

【オールインワンジェル/美白】ホワイトニング・美白成分/透明感をアップする成分について

 

シミやそばかすのない肌は透明感がありとても綺麗に見えますね。

シミやそばかすは表情や顔色を暗くします。

シミやそばかすの原因は紫外線によるメラニンの過剰生成ですが、肌のターンオーバーの乱れにより角質層が厚くなることも原因となります。

角質層は28日周期で新しいものに入れ替わりますが、肌のターンオーバーが乱れ入れ替わりの手記が遅延すると、古くなった角質層がどんどん暑くなり、シミの原因となるメラニンを排出することができなくなります。

また厚くなった角質層により血流が悪くなり、血管内には老廃物が溜まり顔色が悪く見えます。

肌の透明感アップのためには美白有効成分により肌のターンオーバーを正常化し、肌の新陳代謝を活発にする必要があります。

 

美白有効成分・トラネキサム酸

 

美白有効成分のトラネキサム酸は強力な美白成分と言われています。

トラネキサム酸はメラニンを生成するメラノサイトの働きを抑制する作用があります。

メラノサイトの働きが抑制されるとシミの原因となるメラニンの生成がブロックされるため、シミやそばかすを予防することができます。

シミが作られるプロセスをブロックすることでシミやそばかすを改善することができますが、すでにできてしまったシミやそばかすの改善にも効果的です。

トラネキサム酸はシミの予防に効果的ですが、肌のターンオーバーを正常化する成分と一緒に配合することで、より高い美白効果が期待できます。

肌のターンオーバーが改善されるとメラニンの排出が促されシミやそばかすの予防に繋がります。

肌のターンオーバーの乱れは加齢・乾燥・糖化・酸化・血行不良など様々な原因があります。

特に肌は乾燥が強くなるとバリア機能が低下し肌トラブルを引き起こすため、肌の透明感アップには保湿が重要になります。

オールインワンゲルを選ぶときは保湿力を重視して選び、トラネキサム酸配合の薬用美白オールインワンゲルを選ぶと効果的ですよ。

 

美白有効成分・アルブチン

 

アルブチンは美白効果の高い美白有効成分です。

シミの原因となるチロシナーゼを抑制する働きがあります。

アルブチンのチロシナーゼ抑制効果と、トラネキサム酸のメラノサイト活性化抑制効果を合わせることで、より美白効果が高まります。

美白オールインワンゲルを選ぶときは、美白有効成分がアルブチン+トラネキサム酸がおすすめです。

アルブチンは肌のターンオーバー正常化する成分と同時に配合することで透明感アップに繋がります。

加齢は肌のターンオーバーを遅延させ、メラニンが停滞してしまうことでシミとなります。

加齢によりプラセンタやセラミド、ヒアルロン酸などの生成能力が低下すると肌は乾燥傾向となります。

乾燥肌はターンオーバーの乱れの原因となるため、アルブチンに加えてプラセンタ・セラミド・ヒアルロン酸などを一緒に配合しているものがおすすめです。

オールインワンゲルを選ぶときは、アルブチンに加えてプラセンタ・セラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものを選びましょう。

 

美白有効成分・グリチルリチン酸2k

 

グリチルリチン酸2Kは美白オールインワンゲルに配合されている商品も見ますが、美白効果よりも抗炎症効果のほうが期待できます。

肌荒れを改善する効果があり、ニキビやニキビ跡の改善が期待されます。

グリチルリチン酸の抗炎症作用により紫外線ダメージを受けたお肌の炎症を鎮め効果が期待できます。

肌は炎症を起こすとメラニンの生成が促進されるため、抗炎症作用のある成分を使用することでメラニン生成の活発化を抑制することができます。

肌の炎症による色素沈着を予防することで肌の透明感アップに繋がります。

 

美白有効成分・プラセンタエキス

 

プラセンタは胎盤のことを言い、プラセンタエキスは胎盤から抽出された美容エキスです。

胎盤にはアミノ酸やミネラルが豊富にあり、肌の新陳代謝を促進しターンオーバーを正常化したり、肌細胞が活性化されることで美肌に導くことが期待できます。

肌のターンオーバーが正常化することで、厚く硬くなった角質が柔らかく剥がれやすくなり、くすんでいた肌色は透明感がアップし、メラニンが排出されやすくなるためシミやそばかすの改善や予防に効果的です。

プラセンタエキスは高いエイジング効果を持っており、加齢による様々な肌トラブルの予防に効果的とされています。

加齢により肌のターンオーバーが遅延することで、肌の透明感が失われ、肌のキメが乱れ乾燥傾向になります。

オールインワンゲルを選ぶときはプラセンタエキス配合のものを選ぶことで肌の透明感アップに繋がります。

 

美白有効成分・フラバンジェノール

 

フラバンジェノールは天然由来のポリフェノールの1種で、高い抗酸化作用を持ちます。

肌は酸化によりくすみが強くなり、透明感が失われます。

また加齢により肌の酸化や糖化が進むと、シミやそばかす、シワなどの原因に繋がります。

フラバンジェノールは強い抗酸化作用により肌の酸化や糖化を予防し、肌の透明感アップに繋がります。

美容成分としてはまだ新しく、フラバンジェノール配合のオールインワンゲルは少ないのが現状です。

オールインワンゲルの美白成分には抗酸化作用のある成分がたくさんあります。

フラバンジェノールよりもビタミンC誘導体や天然ビタミンEなどのほうが身近な成分ですね。

ビタミンC誘導体や天然ビタミンE配合のオールインワンゲルは美白効果が期待できますよ。

 

美白成分・ハイドロキノン誘導体

 

ハイドロキノンは漂白剤とも呼ばれるほど高い美白効果があります。

でも白斑などの副作用や刺激性の強さから医薬部外品には認定されていません。

また、医師の指導の元での使用が望ましいため、日常的な使用は控えたほうが良いとされています。

ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンの刺激性を和らげ、肌に浸透するとハイドロキノンとしての効果を発揮することができます。

ハイドロキノンのメリットは残しながら、デメリットをなくした成分と言えます。

美白有効成分のアルブチンはハイドロキノン誘導体であり、高い美白効果が期待できます。

アルブチンと肌のターンオーバーを正常化する成分を一緒に配合することで、シミやそばかすの予防・改善が期待できますよ。

 

美白成分・浸透性持続型ビタミンC誘導体

 

ビタミンCはとても不安定な成分で、そのままの形で化粧品に配合されることが難しいとされています。

ビタミンC誘導体は安定性が高く、肌に浸透するとビタミンCの効果を発揮する成分です。

ビタミンCは抗酸化力が高い成分で、肌の酸化や糖化を予防する働きがあります。

シミやそばかすは肌の酸化や糖化により肌が老化し、ターンオーバーが遅延したり、肌のバリア機能が低下することで起こります。

ビタミンC誘導体配合のオールインワンゲルは肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの排出や透明感アップが期待できますよ。

 

美白成分・和漢エキス

 

和漢エキスは漢方や生薬の原材料となるエキスで、様々な美容効果が期待されます。

和漢エキスは20種類以上の植物から抽出され、おもにカンゾウエキス・クチナシエキス・オトギリソウエキスなどがあります。

化粧品に配合されることの多いカンゾウエキスは、チロシナーゼ活性化を阻害する作用があり、メラニンの生成をブロックします。

また、抗酸化作用もあり、肌の酸化や糖化による肌老化を予防することができます。

和漢エキス(おもに甘草エキス)は、フラボノイドやポリフェノールを豊富に含み、抗炎症効果により肌老化の予防が期待できます。

オールインワンゲルを選ぶときは和漢エキス(おもに甘草エキス)配合のものを選びたいですね。

 

 

 

 

1本で保湿&美白

初回購入は55%offでお得

美白効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

【オールインワンジェル/美白】美白&保湿が同時に叶う美白オールインワンのポイント・保湿重視の成分である

 

オールインワンゲルには「保湿タイプ」「美白タイプ」「アンチエイジングタイプ」「ニキビケアタイプ」など様々なものがあります。

でも、肌トラブルのほとんどは乾燥が原因となっているため、保湿重視のものでなければ意味がありません。

健康な肌は水分と油分のバランスが良好で、肌のバリア機能が清浄に機能しています。

肌の水分と油分のバランスが崩れた状態がオイリー肌や乾燥肌・敏感肌です。

オイリー肌はインナードライが原因となることもあり、オイリー肌であっても肌の内部は乾燥しているということもあります。

どのような肌質であっても肌の内部をしっかり保湿することが重要です。

肌の内部が乾燥しているとバリア機能が低下し、外部からの少しの刺激で肌は炎症を起こしトラブルの原因となります。

肌が乾燥すると角質細胞は歪な形となり、細胞同士の間に隙間が出来てしまい肌のキメが乱れます。

このような状態になると肌はさらに保水力を失い肌のバリア機能は低下していきます。

肌が乾燥した状態ではせっかく美白成分を補給してもしっかりと浸透しません。

肌のキメが粗い状態では美容成分の浸透が悪くなりますし、キメが悪い肌は角質層が固く美容成分が入りにくいのです。

肌の水分と油分のバランスを整えることで美容成分が肌の奥にグングンと浸透するようになります。

美白を重視したい方もまずは保湿をしっかりと行いましょう!

保湿を重視することで美白効果のアップが期待できますよ。

 

乾燥肌では美白有効成分が浸透できない

 

敏感肌は乾燥肌がさらに浸透し、肌のバリア機能が低下した状態です。

肌は紫外線や乾燥、ほこり、汚れなど外的な刺激から肌を守るためにバリア機能が備わっています。

でも肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下し、少しの刺激で肌トラブルに繋がります。

肌のバリア機能が低下していると少しの刺激で炎症を起こしやすくなるため、化粧品の成分で肌荒れが起きたり、滲みる・痒みなどのトラブルに繋がります。

敏感肌では様々な美容成分が肌への負担になることがあるため、せっかく美白有効成分をとっても十分な効果が期待できません。

敏感肌は乾燥肌が進行した状態のため、まずは肌の内側・外側の両方をしっかりと保湿する必要があります。

肌の内部からしっかりと保湿することでバリア機能が改善し、少しの刺激には耐えられる肌になります。

敏感肌の方はまずは保湿を重視してケアすることで美白成分の浸透力がアップし美白効果を得ることができますよ。

【オールインワンジェル/美白】美白&保湿が同時に叶う美白オールインワンのポイント・紫外線ダメージケアができる成分が配合されている

紫外線による刺激を繰り返し受けると角質層は厚く固くなります。

角質層には本来、水分で満たされており肌内部は本来の保湿力によって潤っています。

でも角質層が厚くなると肌の内部は隙間ができ水分が外に蒸発し肌内部が乾燥してしまいます。

肌細胞は歪な形となり、保水力が低下し表面のキメが乱れます。

キメが乱れると角質層が剥がれ落ちずにゴワつきやザラつきの原因となったり、皮がめくれた肌荒れの症状が起きやすくなります。

キメの整った肌はバリア機能がたかく、外部からの刺激に対処することができますが、キメの乱れ他肌はバリア機能が低下するため少しの刺激で炎症を起こしやすくなります。

キメの乱れた肌は紫外線が入り込みやすいため、シミやそばかすができやすくなります。

肌の炎症はシミやシワ、たるみなど肌トラブルの原因となるため、紫外線ダメージをケアする成分配合のスキンケアを行うことをおすすめします。

美白有効成分のトラネキサム酸は紫外線による肌荒れなどの炎症を抑える働きがあり、美白効果の高い成分です。

美白効果を高めるためには、紫外線ダメージをケアするトラネキサム酸配合のオールインワンゲルがおすすめです。

 

トネキサム酸が紫外線ダメージによる肌荒れを改善する

 

トラネキサム酸は美白有効成分の1つで、メラニンを生成するメラノサイトの働きを抑制する作用があります。

美白有効成分をして配合されている目的は上記ですが、美白効果以外にも強い抗炎症作用を持っています。

トラネキサム酸の強い抗炎症作用により、紫外線ダメージを受けた肌の炎症を鎮めることができます。

紫外線は肌の内部まで入り込みコラーゲンやエラスチンを破壊し、肌老化の原因となります。

肌老化は、シミやそばかす・シワ・たるみ・ニキビ・毛穴の開きなど、様々な肌トラブルの原因となります。

紫外線によるダメージを受けた肌は炎症を起こし、炎症は肌老化の原因となります。

肌トラブルの大半は肌の炎症反応によるものなので、強い抗炎症効果のあるトラネキサム酸は肌老化の予防に必要な成分と言えます。

オールインワンゲルを選ぶときはトラネキサム酸配合のものを選ぶと美白効果が期待できますよ。

 

 

 

 

トラネキサム酸&アルブチンの2つの美白有効成分配合

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら