オールインワンジェルの保湿効果

【オールインワンジェル/保湿】保湿効果が高いゲルの3つのポイント

 

保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶ3つのポイント

 

 

保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶポイントは「主成分がコラーゲンのものを選ぶ」「主成分が水・BGのものは選ばない」「浸透型コラーゲン配合のものを選ぶ」の3つです。

保湿成分が配合されていても配合量が少なかったり、肌の奥まで浸透しないものでは長時間の保湿はできません。

浸透型コラーゲン配合で、肌の内部からしっかりと保湿するものを選ぶと保湿効果がアップしますよ。

オールインワンゲル1本では乾燥してしまうという方は、主成分がコラーゲンのものを選びましょう!

主成分が水・BGのものは保湿力が高くありません。。。

 

 

 

1本で美白&保湿ができる!

初回購入は55%offでお得

保湿効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

 

 

保湿効果が高い美白オールインワンのポイント1・コラーゲンの配合量が多い

 

オールインワンゲルにはどのような商品でも保湿成分は配合されています。

でも、肌の表面だけでなく肌の奥から保湿ができなければ、すぐに乾燥してしまいます。

肌の奥までしっかり保湿できる成分が配合されたオールインワンゲルは少ないのが現状です。

肌の奥まで浸透する保湿成分が配合されていないと、オールインワンゲル1本で保湿することが難しくなります。

保湿効果の高いオールインワンゲルかどうかを判断するポイントは、主成分がコラーゲンであるかどうかを確認することです。

コラーゲンは年齢と共に減少し、肌は萎んでいきます。

コラーゲンの周りにくっついているヒアルロン酸やプロテオグリカンの保水力を高めるためにもコラーゲンは十分に補給したいですね。

 

主成分がコラーゲンのオールインワンゲルは保湿力が高い

 

化粧品には全表示成分の記載があり、配合量が多い順番に書いてあります。

書かれている順番に配合量が多く、保湿成分がどの程度配合されているのか確認することができます。

化粧品のパッケージに「保湿成分たっぷり」や「1本でぷるんぷるん」などのキャッチフレーズが書かれていますが、購入のさいは主成分を確認することをおすすめします。

主成分がコラーゲンのオールインワンゲルは保湿効果が期待できます。

保湿成分はたくさんの種類がありますが、主成分がコラーゲンのオールインワンゲルなら、コラーゲンの周りにくっついて存在するヒアルロン酸やプロテオグリカンの保水力を高め、高い保湿効果を期待することができますよ。

オールインワンゲルを選ぶときは主成分がコラーゲンのものを選ぶと高い保湿効果が期待できます。

 

複合型コラーゲンなら肌表面・角質層の奥も潤う

 

コラーゲンには肌表面を保護する性質のもの、肌の角質層まで浸透する性質のものなど数種類があります。

主成分がコラーゲンであっても肌表面を保護するタイプのコラーゲンでは長時間の保湿は期待できません。

浸透コラーゲンは肌の奥の角質層まで浸透する性質があり、肌の内側の水分を逃がさないようにする作用があります。

乾燥肌や敏感肌の改善には角質層の奥までしっかり潤わす必要があります。

浸透型コラーゲンは全成分表示では「加水分解コラーゲン」と記載されています。

加水分解コラーゲンは浸透性コラーゲンのことで、肌の奥の角質層まで浸透することができます。

保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶときは、主成分が加水分解コラーゲン(浸透型コラーゲン)のものを選ぶと保湿効果が期待できますよ。

 

 

 

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

保湿効果が高い美白オールインワンのポイント2・主成分が水・BGのものは避ける

 

プチプラやドラッグストアのオールインワンゲルの多くは主成分が水・BGとなっています。

BGは保湿成分の化合物で保湿効果がありますが、肌の内側までしっかりと保湿することはできません。

多くのオールインワンゲルに保湿成分として配合されているのは、BGが簡単に生成でき安価なためです。

オールインワンゲルは1本で多機能ですが、保湿効果が低いものを選ぶとオールインワンゲルだけでは乾燥してしまいます。

保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶときは、主成分が水・BGのものは避けることをおすすめします。

 

主成分が水・BGのものはさっぱりとしたテクスチャだが保湿効果が低い

 

プチプラやドラッグストアのオールインワンゲルは主成分が水・BGのものが多く、サラっとした軽いテクスチャで使い心地は良いのですが、保湿効果が低いものが多いですね。

オールインワンゲル1本では乾燥してしまい、化粧水や乳液、クリームなどと併用する方が多いのです。

化粧品に含まれる保湿成分には、PG・グリセリン・ソルビトール・BG・DPGなど様々な化合物があるが、これらの化合物の中でBGの保湿効果は中程度で、PGやグリセリンよりも保湿効果が低いとされています。

保湿効果が低い分グリセリンなどに比べるとさっぱりとしてテクスチャで、ベタつきがないため多くの化粧品に汎用されています。

保湿効果の高い浸透性コラーゲンは、肌への浸透力が高いため保湿効果は高いがベタつきはほとんどありません。

保湿効果が高くベタつき感のない保湿成分はたくさんあります。

オールインワンゲル1本でしっかり保湿効果を得る場合は、主成分が水・BGのものは避けたほうが無難です。

 

セザンヌやちふれなどプチプラのものは主成分が水・BGが多い

 

セザンヌやちふれなど多くのプチプラメーカーがオールインワンゲルを販売しています。

無印はプチプラではありますが無添加であり、科学化合物は使用されていません。

プチプラメーカーのオールインワンゲルの多くは主成分が水・BGとなっています。

プチプラメーカーのオールインワンゲルの多くはテクスチャが似ており、サラっとした感触のものが多いです。

顔に塗布してもベタつかずにすぐに肌に馴染ますが、少し時間が経つと目周りや口周りが乾燥してしまいます。

オイリー肌の方なら大丈夫かもしれませんが、普通肌や混合肌の人は乾燥から肌トラブルに繋がる可能性があります。

プチプラの主成分がミス・BGのオールインワンゲルを使う場合は、化粧水や乳液、クリームと併用することで保湿効果を高めることができますよ。

オールインワンゲル1本でしっかり保湿したいという方は、主成分が浸透型コラーゲンのものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

1本でしっかり保湿できるオールインワンゲルはこちら

 

 

保湿効果が高い美白オールインワンのポイント3・保湿成分の浸透技術が高い

 

保湿効果の高いコラーゲンはそのままの形では肌の奥に浸透することができません。

肌の細胞の分子よりもコラーゲンの細胞の分子の方が大きいため、低分子化しなければ浸透できないのです。

プチプラやドラッグストアのオールインワンゲルは保湿成分は配合されていますが、浸透できる形になっていないため保湿効果は期待できません。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌の奥までしっかり浸透する保湿成分を選びましょう。

 

コラーゲンは低分子化しないと角質層まで浸透できない

 

コラーゲンは肌の細胞の分子よりも大きいため、低分子化しないと角質層まで浸透することができません。

天然のコラーゲンは三重らせん構造となっており、加熱をするとらせん構造が壊れランダムな構造に変化してしまいます。

高温で加熱すると三重らせん構造が壊れてしまうため、高温での抽出はできません。

プチプラのコラーゲン配合の化粧品などは本来のコラーゲンの構造が壊れてしまっているものが多く、コラーゲンとしての役割が期待できません。

コラーゲンを摂取するときは三重らせん構造を壊さないように抽出してあることがポイントです。

コラーゲンを低分子化したコラーゲントリペプチドは、コラーゲンの三重らせん構造はそのままに分子量を小さくしたものです。

コラーゲントリペプチドはコラーゲンを加水分解することで得られ、三重らせん構造を維持できるため、コラーゲンの効果をそのままに肌への吸収力を高めたものです。

またコラーゲントリペプチドは皮膚浸透性があり、従来のコラーゲンよりも保湿効果や美肌効果が期待できます。

コラーゲントリペプチド配合は加水分解コラーゲンと記載されることが多く確認ができないことがありますが、「浸透型コラーゲン」との表示があればコラーゲントリペプチド配合だと考えてよいでしょう。

 

浸透型コラーゲンでなけれが意味がない

 

コラーゲンには肌表面に留まる性質のものと、肌の内部の角質層まで浸透する性質のものがあります。

肌の内部の角質層まで浸透するコラーゲンを浸透型コラーゲンと言い、コラーゲントリペプチドや加水分解コラーゲンと言います。

コラーゲン配合のオールインワンゲルなら保湿力が高いというのではなく、浸透型コラーゲンが配合されていなければ意味がありません。

コラーゲンは肌細胞と肌細胞を繋ぐ束の役割を持ち、肌のハリや弾力の維持に欠かせない成分です。

コラーゲン繊維の周りにはヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの保水能力のある成分がくっついて存在しており、肌細胞の水分維持の役割を果たしています。

コラーゲンが減少すると繊維としての役目が果たせないため肌は弾力やハリを失い萎んでしまいます。

また肌細胞と肌細胞を繋ぐコラーゲンの量が低下することで、コラーゲンの周りにくっついて存在しているヒアルロン酸やプロテオグリカンの量も減ってしまい肌は乾燥傾向になります。

保湿力の維持にはコラーゲンは欠かせない存在と言えますね。

保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶときは、肌の内部まで浸透する浸透型コラーゲン配合のものを選ぶと保湿効果が期待できますよ。

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

【オールインワンジェル/保湿】美肌におすすめの美白オールインワン・天然保湿成分が豊富なものを選ぼう

オールインワンゲルには様々な保湿成分が含まれていますが、肌への負担がなく保湿効果の高い天然保湿成分が豊富に含まれているものを選びましょう!

天然保湿成分はスクワラン・ヒアルロン酸・和漢植物エキス・セラミド・プラセンタ・コラーゲンなどがあります。

化粧品の全成分表示は含有量の多いものから順番に表示することとなっており、保湿効果の高いオールインワンゲルは、天然保湿成分が主成分となっています。

プチプラや保湿効果の低いオールインワンゲルは主成分が水やPGなどになっており、長時間の保湿が難しいです。

オールインワンゲルを選ぶときは主成分が天然保湿成分のものを選びたいですね。

 

天然保湿成分・スクワラン

 

スクワランは人の肌にも5%ほどの割合で存在する天然保湿成分です。

スクワランはそのままの状態では酸化しやすいため、化粧品に配合するときには水素を添加して安定化させています。

スクワランは水や油に馴染みやすい性質があり、肌への浸透性が高いため美容成分を肌の奥まで届けることができ、エイジングケアに最適な成分と言えます。

スクワランはもともと人の肌に存在する成分なので安全性が高く、妊婦や子供にも使えますし、マッサージや保オイルとして全身に使うことができますよ。

オールインワンゲルを選ぶときは、保湿効果の高いヒアルロン酸の配合量が多いものを選びましょう。

 

天然保湿成分・ヒアルロン酸

 

画像引用:皮膚の基礎知識(神田美容外科・形成外科医院)

 

肌は表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれており、真皮の中にヒアルロン酸が存在します。

ヒアルロン酸は真皮の細胞間に多く存在しており、水分の保持やクッションの役割をしています。

ヒアルロン酸は水分を抱え込む特性があるため、ヒアルロン酸が多い肌は肌の内部・表面ともに水分に満たされ潤っています。

ヒアルロン酸は肌細胞よりも分子が大きいため、そのままの形では皮膚に浸透することができません。

そのため、化粧品に配合するときは加水分解を行い「加水分解ヒアルロン酸」として低分子化したヒアルロン酸を配合しています。

化粧品に配合されている加水分解ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na)は、水に溶けやすく高い保湿力を持っています。

肌への浸透力が高く、継続して試用することで角質層の水分量を高め、肌の内側から保湿効果を実感することができます。

参考:ヒアルロン酸Naとは(アベンヌ)

 

ヒアルロン酸は真皮にあるコラーゲンやエラスチンの隙間を受けて支える働きがあるため、ヒアルロン酸を補給することでコラーゲンやエラスチンなど肌の弾力やハリを保つ働きをサポートすることができます。

ヒアルロン酸は保湿力だけでなく、エイジングケアにも必要な成分ですね。

 

天然保湿成分・和漢植物エキス

 

和漢植物エキスは漢方の原料として古くより試用されている植物から採取した美容成分です。

和漢植物エキスには美肌にとって必要な効果がたくさんありますが、特に保湿効果の高い和漢植物エキスについて紹介します。

保湿効果があると言われる和漢植物エキスは、アケビエキス・オウゴンエキス・シャクヤクエキス・ハトムギエキス・ベニバナエキス・ヨモギエキスなどがあります。

漢方や生薬の原料となる和漢植物は、自然治癒力を高め体の内側から健康をサポートする作用があります。

加齢などにより肌のターンオーバーが乱れると本来の保湿能力が低下し乾燥肌になります。

和漢植物エキスの自然治癒力を高める作用により肌のターンオーバーの乱れを改善し、本来の保湿能力を取り戻すことができます。

 

天然保湿成分・セラミド

 

セラミドは角質細胞どうしの隙間を満たし、水分を保持しています。

健康な肌は何層もの角質細胞が重なって構成されていますが、加齢などによりセラミドの生成量が定価すると、角質細胞どうしの隙間を満たし水分を保持する能力が低下し、肌のバリア機能が低下します。

セラミドは肌の内部の水分保持、肌表面の水分保持にも重要な役割を果たすため、セラミドが十分にある肌は潤ってキメが整っています。

セラミドは肌の保湿に欠かせない成分であり、保湿力の高いオールインワンゲルには配合している商品が多いです。

オールインワンゲルを選ぶときはセラミド配合のものを選ぶと保湿効果を実感することができ、1本で十分に保湿することができますよ。

 

天然保湿成分・プラセンタ

 

プラセンタは胎盤のことを言い、胎盤から抽出されたエキスをプラセンタエキスと言います。

胎盤は胎児の成長のため必須アミノ酸・ペプチド・ビタミン・ミネラルなど、生きていく上で欠かせない成分が豊富に含まれています。

胎盤は成長因子を持ち、細胞分裂が活発に行われています。

そのため、プラセンタエキスは細胞の活性化によるアンチエイジング効果、血流改善による肌のターンオーバーの改善など、美肌効果が高いと言われています。

肌細胞が活性化することで肌のターンオーバーが整い、本来の保湿能力を取り戻すことができます。

プラセンタエキスは肌への浸透力が高く肌の奥の角質層まで浸透することができるため、高い保湿効果があるとされています。

保湿力の高いオールインワンゲルにはプラセンタエキスを配合した商品が多いです。

オールインワンゲルを選ぶときはプラセンタエキス配合のものを選ぶと保湿効果が高くおすすめです。

 

天然保湿成分・コラーゲン

 

コラーゲンは肌細胞を支える繊維の役割を持ち、肌の弾力やハリを保っています。

コラーゲンは年齢とともに生成量が低下するため、次第にたるみやシワなどの原因となります。

コラーゲンが減少すると肌細胞どうしを支える繊維が緩み、肌細胞はいびつな形となり肌のキメが乱れます。

肌のキメが乱れると外部からの刺激に弱くなり、肌のバリア機能が低下したり、肌内部の水分が外に逃げてしまい乾燥肌になったりします。

コラーゲン自体にも水分保持力があるため、コラーゲン量が低下すること乾燥しやすくなります。

オールインワンゲルを選ぶときはコラーゲン配合のものを選ぶと保湿力が高くおすすめです。

また、一般的なコラーゲンは浸透力が悪く角質層まで浸透できないため、浸透型コラーゲンを配合したオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

天然保湿成分・オリーブ油

 

オリーブ油はオリーブ果実から抽出された美容オイルであり、保湿目的で様々な化粧品に配合されています。

オリーブ油は肌内部の水分の蒸発を抑制する働きと、肌内部に水分を保留しておく働きがあります。

オリーブ油は皮膚を柔軟にするエモリエント作用があり、化粧水の前に塗布することで化粧水の浸透を高める効果があります。

オリーブ油を塗布することで肌表面や角層が柔らかくなり、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなりますよ。

オールインワンゲルを選ぶときはオリーブ油配合のものを選ぶと保湿効果がアップします。

 

天然保湿成分・アボカド油

 

アボカド油はアボカドの果実から抽出されるオイルです。

アボカド油は保湿効果の高い成分で、オリーズ油と同じく肌の内側・表面の両方の保湿効果を高めることができます。

オリーブ油と同じく、角質層を柔らかくする働きがあるため、肌の奥の角質層までしっかりと保湿することができます。

オリーブ油はほかの美容成分とは異なり、肌の奥まで浸透しやすい成分であり、エモリエント効果の高い成分なので、オリーブ油配合のオールインワンゲルは保湿力が高いと言えますね。

オールインワンゲルを選ぶときは、オリーブ油配合のものを選ぶと保湿効果を実感することができますよ。

 

天然保湿成分・天然ビタミンE

 

天然ビタミンE(トコフェロール)は抗酸化力が高い成分であり、エイジング化粧品に多く配合されています。

強い抗酸化力があることから「若返りビタミン」として知られています。

天然ビタミンEは血流を改善する作用があり、肌細胞の活性化が期待できます。

肌細胞に十分な血液が届けられると新陳代謝が活発となり肌のターンオーバーの栄城やバリア機能の改善などの効果が期待できます。

肌のターンオーバーが改善するとコラーゲンやセラミドなどの生成能力が高まり、肌の弾力がハリがアップし、肌のキメが整います。

肌のキメが整った細胞は肌の内部に十分に水分を蓄えることができ、肌の内側・外側の両面を潤わせることができますよ。

オールインワンゲルを選ぶときは天然ビタミンE配合のものを選ぶと保湿効果を実感することができますよ。

 

 

55種類の保湿成分を配合!保湿効果が高いオールインワンゲルはこちら

 

 

【オールインワンジェル/保湿】美肌におすすめのオールインワン・長時間の保湿効果があるものを選ぼう

「オールインワンゲルだけだと肌がつっぱる!」

「本当に1本で大丈夫?乾燥するんじゃない?」

オールインワンゲル1本では乾燥してしまうと言う声が多く聞かれますよね。

それは保湿成分は配合されているものの、長時間保湿ができない保湿剤だからです。

肌は角質層の奥まで水分が浸透していないと乾燥を感じます。

角質細胞どうしを繋ぐセラミドには水分が貯留され肌内部の潤いを保っています。

一般的な保湿成分は肌の奥まで浸透できないため、肌表面が一時的に保湿された状態では、しばらくすると乾燥を感じてしまいます。

肌の奥の角質層まで浸透できる複合型コラーゲンや、肌への新投稿かが高いオリーブ油・アボカド油・和漢植物エキスなどを配合したオールインワンゲルなら、長時間の潤いが続きます。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌の内部まで浸透する保湿成分配合のものを選びましょう。

 

複合型コラーゲンは長時間の保湿効果が期待できる

 

一般的にコラーゲンは肌細胞の分子よりも大きいため角質層の奥まで浸透することができません。

そのため一般的なコラーゲンでは肌の表面しか保湿することができません。

でも、肌の表面のみを保湿しても肌の内側は乾燥し、肌のバリア機能の低下などのトラブルに繋がります。

複合型コラーゲンは肌の奥の角質層まで浸透することができるため、肌内部をしっかりと保湿することができます。

肌内部にはヒアルロン酸やセラミド、プロテオグリカンなどの抱水作用のある成分があるため、保湿成分を肌の内部まで浸透させることで、これらの抱水作用が高まり肌の内側から保湿をすることができます。

オールインワンゲルを選ぶときは複合型コラーゲン配合のものを選ぶと長時間の保湿効果を実感することができます。

 

浸透型コラーゲンは角質層の奥まで届き保湿効果を高める

 

健康な肌は何層もの角層が重なり合い、その間に角質細胞があります。

角質細胞どうしを繋ぐセラミドは、細胞同士を繋ぐ役割を持ち、抱水分作用を持っています。

キメの整った肌は角質細胞が綺麗に並び、セラミドにはたっぷりと水分が貯留しています。

セラミドは加齢とともに生成能力が低下するため、年齢とともに乾燥肌の方が増えていきます。

加齢以外にも冷え性などが原因で血行不良が起きると肌のターンオーバーが乱れ、セラミドの生成量が減少します。

セラミドは肌のターンオーバーと共に生成されるため、肌のターンオーバーが長期化することでセラミドは生成しにくくなり、肌は感想傾向となります。

乾燥肌や敏感肌の方はセラミド不足になっていると言えます。

つまり、肌のターンオーバーの正常化はセラミドの生成能力をアップし、肌本来の保湿力を取り戻すことに繋がります。

肌のターンオーバーの乱れは乾燥が原因となるため、複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルを試用することで肌内部の乾燥を和らげ肌のターンオーバーの改善を促しましょう。

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルなら、長時間の保湿効果を実感することができますよ。

 

 

 

 

1本で美白&保湿ができる!

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら