[美白オールインワン/敏感肌]低刺激で安全

【美白オールインワン/敏感肌】安全で無添加なものを選ぼう

オールインワンゲルは毎日使う基礎化粧品だから、安全性にはこだわりたいですよね。

無添加と書かれているオールインワンゲルをおすすめしたいと思います。

無添加ですと敏感肌やアレルギー症状がある方でも使用が可能であることが多いです。

添加物と言われているのは、鉱物油、界面活性剤、防腐剤、ポリマー、パラペン、エタノール(アルコール)、合成香料、ノンシリコン、着色料などがありますが、無添加の定義は、商品ごとに曖昧で、残念ながらこの全てが配合されていないという意味ではありません。

つまり無添加という商品であっても、購入の際にはしっかりチェックする必要があります。

例えば、パーフェクトワンの場合の無添加は、合成香料、合成着色料、パラペンが不使用していないという定義になっています。

とは言っても、添加物の中には人体に害のないものもありますから、添加物が全てないものを探すというのはあまり意味がないのでやめましょう。

また、化粧品に使われている量は少量なので、気にすることはほとんどありませんので、ご安心ください。

グリセリンフリーの美白オールインワンが人気の理由

グリセリンフリーのオールインワンゲルが人気の理由は、言ってみれば販売戦略です。

グリセリンが悪いという事にしておけば、グリセンフリーのオールインワンゲルが当然売れますからね。

そもそもグリセリンというのは、人間の体内に18%ほど存在しているもので、体を構成をしている成分の1つです。

これが害があるとなるとおかしなことになってしまいますよね。

食事摂取する脂肪は、脂肪酸とグリセリンから構成されています。

これが毒となるとアミノ酸が毒と言っていると同じです。

グリセリンフリーのオールインワンスキンケアだから安心!という商法に騙されないようにしてくださいね。

ノンシリコンの美白オールインワンは敏感肌でも安心

ノンシリコンは、ジメチコンを含むシリコンを含まないという意味で、敏感肌の人でも安心て使うことができるオールインワンゲルです。

ジメチコンはもともと保湿性が高く、多くの化粧品に使われていました。

また、べたつかない、揮発性、熱や光や水などから影響を受けない安定感などがジメチコンのメリットです。

しかし、一部の人のアレルギー反応症状などが原因で、危険な成分としての認識が広まっていきました。

また、敏感肌の人は個人差があるものの、かぶれやすく、肌がただれる人もいます。

健康の人であっても使い続けることによって肌の健康が阻害されていく事になるという報告があります。

シリコンは、今すぐには影響がなくても、危険性が高い成分であることは間違いないので、注意が必要です。

アルコールフリーの美白オールインワンが敏感肌に人気の理由

アルコールフリーのオールインワンゲルは、敏感肌の人にはありがたい商品です。

しかし、アルコールは人体に影響を及ぼすものではなく、量も少ないです。

多くの化粧品にアルコールが配合されているのは、殺菌や洗浄、収れん作用が目的で、さらに独自の清涼感を感じられるからです。

ほとんどの人が気にするような成分では全くありません。

ノンアルコールの表記を探す必要はありません。

予防接種の時に、注射を打つ前にアルコールで消毒をしますよね。

アルコールは、その時に過剰な反応がない人は、全く気にする必要はない安全な成分です。

美白オールインワンの油分が安全な理由

オールインワンゲルに含まれている油分は、少量ですので、安全です。

また、一般的に、ある程度の年齢になると肌の油分が失われていきます。

この油分が失われることによって乾燥が進み、肌トラブルの原因の1つになっています。

保湿するというのは、単に水分を補うだけではなく、油分も補う必要があるという事を覚えておいてほしいです。

また、ゲルタイプの化粧品はクリームタイプの化粧品より油分が少ないので、べたつきが苦手な人でもそこまで不快にはならないと思います。

無添加でノンオイルのオールインワンゲル

保湿成分として油分が使われるので、ノンオイルのオールインワンゲルは非常に珍しいですが、水の彩ナチュールアクアクリームという商品です。

配合成分が黒砂糖や海藻がベースとなっているので、使いこなすのはとても大変です。

サンプルでお試し。
試用感、サラッとしていて伸びも良いです。
でも私にはイマイチ潤い不足で乾燥の気になる部分は重点的に何度も重ね塗りをしましたが時間が経つとお顔パリパリで何か肌に入っていく感が感じられなく・・・
現品購入はないです。

引用元:アットコスメ

肌質には個人差があるので、なんとも言えませんが、水の彩ナチュールアクアクリームの購入はあまりおすすめできません。

無鉱物油のオールインワンジェル

無鉱物油のオールインワンゲルなら安全で安心というイメージがあると思いますが、実は、デメリットもあります。

無鉱物油のメリットとデメリットを知った上で、選んでほしいと思います。

無鉱物油のメリットは、肌に浸透しにくいという特徴がないことです。

鉱物油の分子は大きいため、肌の表面にとどまりやすく、なかなか肌の奥まで入っていきません。

また、そのとどまりやすい性質のため、肌がべたつきやすいので、その感覚が苦手な人にはおすすめできません。

一方、無鉱物油のデメリットは、油分を補うために、植物系の油脂を使うことが多く、それによってアレルギー反応を引き起こすことがあります。

単純に、天然素材は安全という事はなく、アレルギー反応は個人差が多く、世の中にはいろいろなアレルギー反応を持つ人がいるということをお忘れなく。

また、無鉱物油は酸化しやすく長期保存が難しいです。

開封したらなるべく早く使いきりましょう。

パラベンフリーの美白オールインワンがおすすめの理由

パラペンフリーは、化粧品の防腐剤ですが、刺激性を問題視する情報が出回りました。

たしかに多少はおおげさだと思う部分もありますが、敏感肌の人取っては刺激が強くなってしまうのは事実です。

パラペンは、かつては、多くの化粧品に含まれていましたが、最近では、パラペンフリーの商品が増えてきました。

また、パラペンにはいくつか種類があり、刺激が強いものは実は数種類しかありません。

でも、やはり肌への負担が少なくないのも事実なので、繰り返し使い続けるオールインワンゲルはパペンフリーのものを選んだ方が良いと思います。

また、防腐剤としての役割も他のもので補うことができ、製品の密閉性などの技術の進歩であまり気にすることはないようになりました。

美白オールインワンで合成ポリマーが使われている理由

多くのオールインワンゲルは合成ポリマーが水分を逃さないという理由で、使われています。

このポリマーのおかげで肌の上にオールインワンゲルがのったときに、肌の表面がさらっとします。

使い心地の良いスキンケア化粧品といえるかと思います。

ポリマーは、使用感の良さのためや保湿のために使われていることが多いです。

ただ、ポリマーの中には、ほとんど害のないものと注意が必要なものがあります。

注意が必要なものは、ジメチコン、カルボマーK、シロキサン、アルリル酸、セルロースなどです。

注意が必要とは言っても、化粧品に使われているような少量では問題ない事が多いですし、反応には個人差が大きいので、危険とまでは言えないかと思います。

 

\無添加で安心/

【美白オールインワン/敏感肌】デメリットとその対策方法

オールインワンゲルは少なくとも化粧水、乳液、美容液の3つの機能があります。

これだけだと足りないので、これに化粧下地、パック、クリームなどは別に購入しなくてはいけないというデメリットがありました。

しかし、最近のオールインワンゲルは、化粧下地、パック、クリームも一緒になったタイプで6つの機能を併せ持つ、スーパー時短の化粧品が主流になってきました。

さらに最近では、美白、アンチエイジング、保湿、ニキビに特化したオールインワンゲルも登場しました。

また、敏感肌にも優しい低刺激のものやアレルギー反応が起きやすい人でも大丈夫な無添加のオールインワンゲルで従来のデメリットは、ほとんどありません。

美白オールインワンで化粧崩れを起こさない方法

オールインワンゲルを使うと肌の表面は潤っているように感じますが、肌の内部は乾燥していることが多く、これが化粧崩れを起こす原因だと言われています。

肌に浸透しやすいものを追加で購入することも解決方法の1つだとは思いますが、やはり、そもそもオールインワンゲルの選び方に問題があると思います。

例えば、オールインワンゲルで人気のパーフェクトワンは、本来は肌に浸透しにくいコラーゲンをフリーズドライにすることで小さなカプセル状にして浸透しやすくなっています。

肌の中までしっかりと浸透するオールインワンゲルを選びましょう。

オールインワンゲルがモロモロの原因

オールインワンゲルのモロモロの原因は、配合されている「カルボマー」という成分が原因です。

肌に触れる回数が少なるので安心なオールインワンゲルですが、モロモロが出てしまうものがあります。

モロモロとは、ポロポロとカスのような垢のようなものの名前です。

オールインワンゲルを塗ったときに、肌になじんでくるタイミングでモロモロがでてきます。

このモロモロの原因は先ほどのカルボマーという成分ではあるのですが、モロモロになるのは、オールインワンゲルと塗ったときにこすったときの摩擦でなってしまうことが多いです。

カルボマーが含まれていないオールインワンゲルを選ぶことでも対処できますが、カルボマーが入っていても使い方次第でモロモロがでないようにすることはできます。

オールインワンゲルでモロモロが出ないようにするために

オールインワンゲルのモロモロが出ないようにするためには、摩擦をなるべく少なくすることです。

肌にしっかり浸透させようとつい強くこすってしまいますが、それはやめましょう。

強くこすることも、何度もこする事もNGです。

あくまでやさしく肌にダメージを与えないように、摩擦を増やさないように手のひら全体で肌を優しく推してみましょう。

また、量が多すぎてもモロモロの原因になります。

少しずつ、足りなくなったら追加するというイメージが良いです。

いわゆる重ねづけをおすすめします。

朝の忙しい時間はこするのではなく、浸透させている間に他の事をやっているといいですよ。

そのために少な目を繰り返すとモロモロがでにくくなります。

オールインワンゲルのメイクがよれる原因

オールインワンゲルのメイクがよれる原因は、ゲルの付け過ぎが考えられます。

化粧崩れは、肌に浸透しきれなかったゲルがファンデーションと混ざってしまい、ファンデ肌に密着しないためにおこります。

また、ポロポロカスのモロモロがある上からファンデーションを塗っても同様にメイクがよれてしまします。

ファンデーションを塗る前にしっかりと肌の内部に浸透させることが重要です。

オールインワンゲルの保湿成分が不十分だと余分な皮脂が分泌され、メイクのよれが生じてしまいますので、注意が必要です。

乾燥肌におすすめの美白オールインワン

乾燥肌には、オールインワンゲルはおすすめできないという情報もあります。

確かに、オールインワンゲルには、保湿力が高いイメージがあると思いますが、ゲルなので、実は油分も結構含まれているので、乾燥肌の人にはおすすめできないかもしれません。

しかし、ゲルには、水分と油分のどちらもしっかり含まれていて、浸透力が高いものを選べば蒸発しにくくてむしろおすすめなんです。

むしろ乾燥肌の人こそ、オールインワンゲルをおすすめしたいと思います。

美白オールインワンで乾燥する原因

オールインワンゲルを塗ってしまうと乾燥してしまうのは、保湿が正しくされていない事が原因です。

オールインワンゲルの塗り方が悪い可能性もありますが、ほとんどが肌の内部まで保湿ができず、かえって乾燥してまう事もあります。

これの対策としては、やはり、浸透力が強いオールインワンゲルを選ぶしかないと思います。

成分としては、セラミドが配合されているオールインワンゲルは保湿力が非常に高いのでぜひ、お試しください。

特にパーフェクトワンは、7種類ものセラミドが配合されているので、非常に保湿力が高く、肌の乾燥を防ぎます。

インナードライにおすすめの美白オールインワン

インナードライにももちろん保湿力が高く浸透力があるのでオールインワンゲルがおすすめです。

最近では、インナードライという表面は潤っているのに、肌の内部は乾燥している方がいます。

これは、はっきり言えば乾燥肌です。

オールインワンゲルの浸透力でしっかりと肌の内部を保湿することがとても重要になってきます。

 

肌の内部までしっかり浸透

【美白オールインワン/敏感肌】だけで大丈夫な理由

オールインワンゲルは、化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地などの機能が1つになっているので、大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、保水、保湿、肌への影響分追加などが1回でできてしまうので、時短で肌への負担も少なくて良いことづくめです。

ただし、肌トラブルが多い人には向いていないです。

ニキビ肌、敏感肌、アレルギー体質などの場合は、それぞれの肌質や体質にあったオールインワンゲルがあるので、そちらを優先的に使ってみてください。

使用したときの副作用については、配合成分が多すぎて、1つに特定できないのもデメリットになるかもしれませんが、最近のオールインワンゲルは無添加が多いので肌が弱い人でも安心して使えるものが多くなってきました。

中学生に人気の美白オールインワンゲル

中学生に人気のオールインワンゲルは安いものです。

中学生の場合は、もともと肌がきれいなので、スキンケアはあまりしていませんが、するとしてもお金は親がだすので、せいぜい1000円前後だと思います。

化粧品を使うのは、スキンケアと言うより思春期ニキビ対策が主な理由だと思います。

そうなってくるとニキビに特化したクリームなどが良さそうで、オールインワンゲルは不要かもしれません。

もちろん、ニキビに特化したオールインワンゲルもありますが、高額なのがデメリットです。

また、このころから紫外線のダメージも意識した方がいいです。

10代の紫外線のダメージは20代の肌質に大きくかかわってきます。

積極的に何かするのではなく、予防するぐらいで十分ですので、紫外線対策を始めてみましょう。

高校生の人気の美白オールインワン

高校生に人気なのもやはり肌トラブルをの改善系のオールインワンゲルです。

また、初めてオールインワンゲルを使う人も多いと思うので、敏感肌やアレルギー反応がないかを確認しながら使っていきましょう。

高校生は皮脂のコントロールがあまり上手でないため、思春期ニキビに悩まされることが多く、オールインワンゲルを使うのではなくニキビ化粧品を選びんだ方が良いと思います。

とくに女性は生理などで、ホルモンバランスが不安定になるので、男性より余計に肌荒れが起きやすいです。

また、ニキビ改善成分も配合されるオールインワンゲルは高額なので、ちょっと高校生は買える値段ではないです。

産後の時短スキンケアに役立つ美白オールインワン

産後に時短スキンケアとしてオールインワンゲルを使い始める人が多いです。

出産後の女性の体はとても不安定になりますし、それに伴って精神的にも不安定になります。

妊娠時には、肌トラブルをもたらすプロゲステロンが増加しますが、出産が近くなるとエストロゲンの分泌量が増えていきます。

そして、産後は、プロゲステロンとエストロゲンの両方が減少します。

この急激な女性ホルモンの変化に女性の肌トラブルは大きくなりますので、スキンケア化粧品選びは慎重にしてましょう。

バリア機能の低下

急激な女性ホルモンの低下に肌のバリア機能が低下します。

肌がとても敏感になっています。

妊娠前は全く気にならなかった成分も肌のバリア機能の低下で敏感肌の状態になっているので、産後の化粧水は、無添加やオーガニックのオールインワンゲルを選択しましょう。

ニキビが増える

妊娠するとプロゲステロンが増加すると皮脂が大量に分布されます。

肌の代謝も低下している状態なので、ニキビがあたらしくできやすくなります。

産後の肌には通常のニキビ化粧品だと刺激が強いので、皮脂の分泌量を少しでも抑えるために、保湿力の高い成分のオールインワンゲルをおすすめします。

美白オールインワンゲルでニキビなどの肌荒れする理由

オールインワンゲルで肌荒れするのは、無添加ならほぼ成分が原因ということはありません。

それより、肌荒れしやすい肌のコンディションである事の方が多いです。

つまり、オールインワンゲルが原因ではないのです。

例えば、ストレスや睡眠不足などで肌のバリア機能が低下している場合などです。

バリア機能が低下している場合は、敏感肌の人のような状態になります。

これを勘違いして、オールインワンゲルが刺激が強いみたいに思う人がいますが、まずは自分の体調を整える方が先ですね。

敏感肌用におすすめの美白オールインワン

敏感肌には、バリア機能が低下していることでおきますので、刺激が少ないオールインワンゲルなら大丈夫です。

敏感肌には先天的な人と後天的な人がいます。

先天的なものは、アレルギーやアトピーなどの肌を持っている人です。

先天的なものは仕方がないですけど、ニキビや脂性分は、後天的な肌トラブルは、生活習慣の改善をしましょう。

アレルギーでも安心なオールインワンゲル

アレルギー症状に安心なオールインワンゲルは、保湿力が強いものです。

乾燥が大敵で、乾燥した肌はガサガサ・ゴワゴワで触り心地が悪く、かゆみや痛みを伴う事もありますよね。

しかし、こういう場合は、保湿力が高く無添加のオールインワンゲルがおすすめです。

 

敏感肌でも安心な無添加


<h2【美白オールインワン/敏感肌】使用期限/開封前と開封後の違い

オールインワンゲルにも食料品のように使用期限があります。

防腐剤があるかないか、開封済みor未開封でも変わってきます。

未開封の美白オールインワン

未開封の場合は、医薬品医療機器等法などのよって適切な条件下で3年以上という事になっています。

使用期限の表示がないものは、3年以上満たしているので安心してください。

開封済みの美白オールインワン

開封後の消費期限は、商品に大きく違います。

空気に触れてしまうと空気中に存在している雑菌が混入したり、酸素と結合して参加してしまったりすることもあります。

12Mとか24Mという表記があったら12Mは12か月で24Mは24か月です。

ただし、これも適切な保管状態という理想的な状態なので、実際にはこれより短いとお考え下さい。

 

未開封は3年間使用可能

コメント