オールインワンゲル 比較 安い 美白 保湿

[オールインワンゲル/比較]安くて効果的なゲルを選ぶ3つのポイント

 

オールインワンゲルの比較・美白&保湿効果の高いゲル選び3つのポイント

 

 

オールインワンゲルを比較するときは「コスパが良い」「複合型コラーゲン配合」「紫外線ダメージケア成分配合」の3つのポイントに絞ることで、美白&保湿効果の高いオールインワンゲルを見つけることができますよ。

シミ・シワ・たるみ・にきび・毛穴など肌トラブルの多くは乾燥が原因となっているため、オールインワンゲルを選ぶときは、保湿力メインの商品を選ぶことをおすすめします。

肌表面に留まるコラーゲン+肌の奥まで浸透するコラーゲンを配合することで、保湿&美白成分が肌の奥までグングンと浸透し美肌に導きます!

 

 

 

初回購入なら50%offでお得

 

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]美白成分・保湿効果・コスパで比較

 

 

オールインワンゲルを「美白有効成分」「保湿効果」「コスパ」などで比較しました。

美白&保湿成分は分子が大きく、そのままの形では肌の奥まで浸透することができません。

製薬会社が製造するオールインワンゲルは、高い技術力により有効成分が肌の奥まで浸透することができます。

有効成分が豊富でも肌の奥まで浸透しなければ効果は得られないため、製薬会社が製造するオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

項目 パーフェクトワン シミウス シズカゲル
製造会社 新日本製薬 メビウス製薬 株式会社メリーウェザー
初回購入料金 ホワイトニングジェル:2,430円

モイスチャージェル:2,052円

3,795円 2,980円
美白有効成分(アルブチン) X X
複合型コラーゲン配合(保湿成分) X X
主な効果 美白+保湿 美白 美白
紫外線ダメージケア成分(トラネキサム酸) X X

 

 

 

 

初回購入なら50%offでお得

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]美白・保湿効果・コスパで選ぶおすすめランキング

 

オールインワンゲルおすすめランキング1位:パーフェクトワン

オールインワンゲルの比較・パーフェクトワンがおすすめの理由

 

 

商品名 パーフェクトワン
製造会社 新日本製薬
初回購入金額 ホワイトニングジェル:2,430円(送料無料)

モイスチャージェル:2,052円(送料無料)

美白有効成分(アルブチン)配合 2種類

・アルブチン

・トラネキサム酸

複合型コラーゲン配合
主な効果 美白+保湿
紫外線ダメージケア成分(トラネキサム酸)配合

 

 

 

オールインワンゲルおすすめランキング1位は新日本製薬が製造するパーフェクトワンです。

パーフェクトワンは、美白+保湿がメインの「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」と、エイジングケアがメインの「パーフェクトワン モイスチャージェル」の2つのラインナップがあります。

シミ予防・改善が気になる方は「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」を、肌のハリや潤い不足が気になる方は「パーフェクトワン モイスチャージェル」がおすすめです。

どちらの商品にも高い保湿力を持つ複合型コラーゲンが配合されているため、どちらの商品が良いのか迷っているかたは、医薬部外品である「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」を選ぶことをおすすめします。

 

 

オールインワンゲル/パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェルの口コミ

 

 

肌色がワントーンアップしました

 

30代後半から肝斑が気になっていて、年齢と共にシミが増え、顔のくすみが気になっていました。

美白アイテムはたくさんあるから全部揃えるのは金銭的に大変・・・。

でもパーフェクトワンなら、化粧水+乳液+美容液+クリーム+パック+化粧下地が1本で完了するからコスパが良い!

これ1つでは乾燥するかな?と心配でしたが、つっぱる感じはなく、今は3個目がもうすぐ終わりそうです。

肌色がワントーンアップして明るくなったので満足です!

(42歳 乾燥肌)

 

 

パーフェクトワン公式サイトへ

 

 

オールインワンゲルおすすめランキング2位:シミウス

 

 

 

商品名 シミウス ホワイトニングリフトケアジェル
製造会社 メビウス製薬
初回購入金額 3,795円(送料無料)
美白有効成分(アルブチン)配合 2種類

・グリチルリチン酸ジカリウム

・プラセンタエキス

複合型コラーゲン配合 X
主な効果 美白
紫外線ダメージケア成分(トラネキサム酸)配合 X

 

 

メビウス製薬が製造するシミウス ホワイトニングリフトケアジェルは、シミ予防・改善をメインとしたオールインワンゲルです。

医薬部外品のシミウスは、美白有効成分2種類(グリチルリチン酸ジカリウム プラセンタエキス)を含んでおり、効能は「シミやそばかすの予防・改善」と記載されています。

多くのオールインワンゲルは医薬部外品ではなく化粧品の扱いであり、美白有効成分は含まれておらず美白効果は期待できません。

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルは医薬部外品であり、美白&保湿効果が期待できます。

 

 

オールインワンゲル/シミウスの口コミ

 

 

3本目のリピートで効果を実感

 

もう3本目のリピートになります。

1本目の時は、くすみが何となく軽減したかな??という位で、劇的な効果はありませんでした。

2本目は、夕方の黄くすみが和らいで、疲れた印象の顔が少し明るくなったのが分かりました。

現在は3本目のリピートですが、シミやそばかすが綺麗になくなるということはありませんが、顔全体に広がったシミやくすみが少し和らいできたのを実感しています。

サラっとしたつけ心地も満足ですし、これ1本で他の美白ケアアイテムは要らないので楽です!

これからも期待を込めて続けてみようと思っています。

(37歳 混合肌)

 

 

 

シミウス公式サイトへ

 

 

 

オールインワンゲルおすすめランキング3位:シズカゲル

 

 

 

商品名 シズカゲル
製造会社 数式会社シズカニューヨーク
初回購入金額 2,980円(送料無料)
美白有効成分(アルブチン)配合 1種類

・アルブチン

複合型コラーゲン配合 X
主な効果 美白
紫外線ダメージケア成分(トラネキサム酸)配合 X

 

 

株式会社シズカニューヨークが製造する「シズカゲル」は美白に重点を置いたオールインワンゲルです。

美白成分アルブチンを配合した薬用オールインワンゲルです。

シズカゲルは、ニューヨークで活躍するエステティシャンと皮膚科医が共同で開発してドクターズコスメでもあります。

シズカゲルは有効成分アルブチンに加えて、メラニンの生成を抑制するフラバンジェノールやビタミンC誘導体を配合しており、美白だけではなく、乾燥・シミ・シワ・毛穴・肌荒れなどさまざまな肌トラブルの改善効果が期待できます。

シズカゲルの使用者満足度は100%であり、多くの方が美白&保湿効果を実感しています。

 

 

オールインワンゲル/シズカゲルの口コミ

 

 

美白を実感できたのはシズカゲルだけ!

 

今ままでもたくさんの美白化粧品を使ってきましたが、美白を実感したことはありませんでした。

たくさんのスキンケアアイテムの美白ラインを全て揃えて、毎日しっかりとお手入れしていましたが、シミやそばかすは増える一方・・・。

ダメ元でシズカゲルを使ってみたら、すぐに肌がワントーン明るくなるのを実感しました。

シミ以外にも、たるみ毛穴や小じわなど気になる箇所はたくさんありましたが、シズカゲルを使い始めてから肌が綺麗だと褒めてもらえることが増え、気持ちにも自信がついてきました。

今はメイクをすることやお出かけが楽しくなり、今後もシズカゲルを続けていこうと思っています!

(48歳 乾燥肌)

 

 

 

シズカゲル公式サイトへ

 

 

 

オールインワンゲルおすすめランキング4位:メディプラスゲル

 

 

 

商品名 メディプラスゲル
製造会社 数式会社メディプラス
初回購入金額 2,996円(送料無料)
美白有効成分(アルブチン)配合 なし
複合型コラーゲン配合 X
主な効果 保湿
紫外線ダメージケア成分(トラネキサム酸)配合 X

 

 

株式会社メディプラスが製造するメディプラスゲルは、保湿に重点を置いたオールインワンゲルです。

角層をほぐし、美容成分を肌の奥まで届けることで、肌の内側から潤いのある肌に導きます。

年齢と共に肌のターンオーバーは乱れ角層が固くなるため、美容成分を肌の奥まで届けることができません。

メディプラスゲルは、肌の角層をほぐすスクワランやアボガド油などを配合することで、角層を柔らかくし、美容成分が肌の奥まで届けることができます。

角層が硬いままでは、どんなに良い美容成分も浸透することができません。

美肌の近道は角層を柔らかくほぐすことです。

メディプラスゲルは肌を柔らかく瑞々しく整えてくれますよ。

 

 

オールインワンゲル/メディプラスゲルの口コミ

 

 

1本でもしっかり潤います!

 

朝はとにかく忙しいので時短がしたくてオールインワンゲルを使っていますが、他の商品では肌が突っ張ってしまって、化粧ノリが悪く、時短どころか余計に手間暇かかるハメに・・・。

メディプラスゲルは1本でしっかり潤うし、メイク前の下地としての効果も高くて、下地を塗らなくてもファンデーションの滑りがよくて時短になります!

スキンケア後にすぐにメイクが始められるから、本当に楽で手放せません。

夜は、メディプラスゲルの跡にアイクリームとリフトアップクリームを併用していますが、夜はメディプラスゲル1本で十分です!

私は乾燥肌で、友人は混合肌~オイリー肌ですが、どのような肌質でも乾燥知らずで優秀だと思います。

(49歳 乾燥肌)

 

 

 

メディプラスゲル公式サイトへ

 

 

オールインワンゲルおすすめランキング5位:キレイ・デ・ボーテ

 

 

 

商品名 キレイ・デ・ボーテ
製造会社 株式会社ウェルネス・ラボ
初回購入金額 2,980円(送料無料)
美白有効成分(アルブチン)配合 なし
複合型コラーゲン配合 X
主な効果 エイジングケア
紫外線ダメージケア成分(トラネキサム酸)配合 X

 

 

株式会社ウェルネス・ラボが製造するキレイ・デ・ボーテは保湿を重視したオールインワンゲルです。

保湿力の高い馬プラセンタ・馬油・ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどを配合。

年齢と共にターンオーバーが乱れ角質層が厚くなることで、美容成分が肌の奥まで浸透しにくくなります。

キレイ・デ・ボーテは、水分浸透力が合成ジェルの2倍もある天然ジェルのため、肌の内側からしかっかりと保湿ができ、保湿持続時間も長くなっています。

角質層ケアを徹底することで、年齢肌のさまざまなトラブルを改善する美容成分を肌の奥までしっかりと届けることができますよ。

 

 

オールインワンゲル/キレイ・デ・ボーテの口コミ

 

 

 

肌にハリがでてきました!

 

馬プラセンタが年齢肌に良いと聞き、キレイ・デ・ボーテを使うことにしました。

エイジングケアの化粧品は、全て揃えるとすごく高いですよね・・・。

クリームや美容液など何万円もしてしまいますが、キレイ・デ・ボーテならこれ1本で効果なエイジングケア化粧品よりも効果を実感できます。

私は肌がしぼんでハリや艶がなかったのですが、キレイ・デ・ボーテを使い始めてから、肌にピンとハリがでて、年齢よりも若く見られることが多くなりました。

高価なエイジング化粧品を揃えなくても十分にエイジングケアができますし、コスパがとても良いので大満足です。

(50歳 乾燥+敏感肌)

 

 

 

 

キレイ・デ・ボーテ公式サイトへ

 

 

 

パーフェクトワンがオールインワンゲルおすすめランキング1位の理由

 

 

 

 

関連記事:パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル[口コミ]シミ改善!美白有効成分の効果

 

 

パーフェクトワンがおすすめ1位の理由・1つで美白&保湿!コスパが良い

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、美白有効成分を豊富に含む薬用オールインワンジェルです。

複合型コラーゲンなど保湿力の高い成分を豊富に配合しており、肌の奥の角質層まで保湿成分を届けることができます。

年齢と共に肌のターンオーバーば乱れ角質層が厚くなり、美容成分が肌の奥まで浸透することを妨げます。

でも、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、角質層に十分に保湿成分を届けることで角質層をケアし、美白有効成分をはじめとした美容成分をたっぷりと肌の奥まで届けることができます。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルなら、美白と保湿を同時に叶えることができるため、コスパの良いオールインワンジェルと言えます。

 

 

パーフェクトワンがおすすめ1位の理由・複合型コラーゲン配合で保湿力が高い

 

コラーゲンは肌表面に留まるもの、肌の角質層の手前で留まるもの、肌の角質層の奥まで浸透するものなど、複数の種類があります。

コラーゲン配合の化粧品は数多くありますが、肌の角質層の奥まで浸透する複合型コラーゲンを配合していなければ意味がありません。

コラーゲンは、エラスチンと共に肌の土台となる繊維をつくり、ヒアルロン酸やプロテオグリカンなど保水力の高い細胞がくっついています。

肌の土台となるコラーゲンは年齢と共に減少したり、質が低下すると、ヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの細胞を支えることができなくなるため、肌のハリが失われシワやたるみなど年齢肌の原因となります。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、複合型コラーゲンを配合し、肌の角質層の奥まで浸透することで、ヒアルロン酸やプロテオグリカンの保水力を維持・向上することができます。

オールインワンゲルを選ぶ時は、複合型コラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

 

パーフェクトワンがおすすめ1位の理由・紫外線ダメージをケアする成分を配合

 

肌の老化減少の8割は紫外線が原因と言われています。

特にUV=Aと呼ばれる紫外線は、肌の奥の真皮層まで届き、コラーゲンなどを破壊します。

肌の土台となるコラーゲンが破壊されると肌はハリを失い、コラーゲンにくっついて存在しているヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの保水力の高い細胞も減少したり、質が低下してしまい肌のハリや弾力はますます失われます。

紫外線を浴びると肌は防御反応としてメラノサイトを活性化します。

メラノサイトは、肌のターンオーバーと共に皮膚から脱落しますが、肌のターンオーバーが乱れていると皮膚から脱落することなくメラニンをつくり、シミの原因となります。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸や、紫外線による肌への炎症やダメージをケアする甘草エキス、和漢エキスなどが配合されており、シミの原因を作られません。

シミやそばかすの予防には、メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸や、紫外線による炎症やダメージをケアする甘草エキス、和漢エキスが配合されたオールインワンジェルを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

1本で美白&保湿!

初回購入は50%offでお得!

パーフェクトワン公式サイトへ

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]おすすめのオールインワンゲルの選び方

 

 

オールインワンゲルの比較ポイント・選び方を紹介します。

オールインワンゲルを選ぶときは、「コスパが良い」「複合型コラーゲン配合で保湿力が高い」「紫外線ダメージケア成分(トラネキサム酸)配合」の2つのポイントで選びましょう!

「本当にオールインワンゲルだけで良いの?」

「オールインワンゲルだけだと乾燥しそう・・・。」

オールインワンゲルは1つでさまざまな役割がありますが、保湿力が高いものでなければ肌は乾燥し、有効成分を肌の奥まで届けることができません。

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルを選ぶことで、肌の内側から潤い、美容成分が肌の奥まで届けることができますよ。

 

 

 

初回購入は50%offでお得

 

 

 

オールインワンゲルの選び方1・1つで美白&保湿!コスパが良いものを選ぼう

 

 

オールインワンゲルを選ぶときは保湿効果の高い商品を選びましょう。

現代人の多くは、紫外線ダメージ・ストレス・生活習慣などにより肌の角質層が乱れ、美白や美肌の有効成分が肌の奥まで浸透することができません。

「シミをなくしたい!」

「顔のくすみを何とかしたい!」

シミ・くすみを解消するなら、まずは保湿が欠かせません。

美白成分は豊富に配合していても保湿効果の低いオールインワンゲルでは美白効果を得ることができず、お金が無駄になってしまいます。

オールインワンゲルを選ぶときは保湿&美白の2つが可能なものを選びましょう!

 

 

 

保湿も美白もしたい人におすすめのオールインワンゲルはこちら

 

 

医薬部外品なら美白有効成分が豊富でコスパが良い

 

オールインワンゲルを選ぶときは美白有効成分が配合された医薬部外品がおすすめです。

医薬部外品は一般的な化粧品とは異なり、「シミ・そばかすを予防します」と言った美白効果を表示することが可能です。

医薬部外品は有効成分が規定量を満たしており、高い美白効果が期待できます。

今まで美白化粧品では効果が得られなかった方は、美白有効成分が豊富な医薬部外品のオールインワンゲルをおすすめします。

オールインワンゲルなら美白美容液やクリームなどが不要なためコスパが良いのも嬉しいですね。

 

 

 

1つで化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地の役目でコスパが良い

 

オールインワンゲルは、1つで多機能のスキンケア商品です。

化粧水+乳液+クリーム+美容液など、1つで複数の役割を持っています。

今ままでは化粧水+乳液+クリーム+美容液+パックなど複数のスキンケアアイテムを揃える必要があり、毎月の美容費が大変・・・という方も多いですよね。

1つでさまざまな役割を持つオールインワンゲルなら毎月の美容費を抑えることができるので経済的ですよ。

 

 

1つで化粧水から化粧下地までこなすオールインワンゲルはこちら

 

 

オールインワンゲルの選び方2・複合型コラーゲン配合で保湿力が高いものを選ぼう

 

 

「コラーゲン入りなら肌がしっとりするよね!」

「コラーゲン配合ならどんな商品でも同じでしょ?」

スキンケアに配合されているコラーゲンは、複数の種類があるって知っていますか?

コラーゲンは全部で28種類あり、肌に存在するコラーゲンは9種類ありそれぞれ役割が異なります。

化粧品に含まれるコラーゲンは分子が大きく肌の奥まで浸透することができません。

でも、肌に存在するコラーゲン9種類のうちいくつかのコラーゲンは肌の角質層まで浸透し、角質層の水分を保つ効果があります。

一般的な化粧品に含まれるコラーゲンは肌の奥まで浸透することができないため、肌表面に潤いをもたせますが、時間が経つと乾燥してしまいます。

でも、肌の角質層まで浸透する種類のコラーゲンを配合しているオールインワンゲルを選べば、角質層が潤い、乱れたターンオーバーを改善することができます。

オールインワンゲルを選ぶときは、複合型コラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

角質層まで浸透する浸透コラーゲン・保湿コラーゲン配合なら保湿効果が高い

 

肌に存在する9種類のコラーゲンのうちいくつかは、肌の角質層まで浸透することができます。

角質層まで浸透するコラーゲンを浸透コラーゲンや保湿コラーゲンと呼ぶこともあります。

浸透コラーゲンや保湿コラーゲンは、肌の角質層まで浸透し肌の内側から保湿することができます。

コラーゲンはエイジングとともに減少することが知られており、年齢を重ねるとともに乾燥肌や敏感肌に悩まされる人は増えてきます。

コラーゲンはタンパク質の1種でもあり、肌のハリや弾力を保つために必須の成分です。

コラーゲンが減少すると肌のハリや弾力が低下し、角質層や肌表面の水分保持能力が低下します。

コラーゲンの減少は、シワ・たるみなどのエイジングサインに繋がり、水分保持能力が低下することで肌の角質層が乱れシミ・にきび・毛穴など、さまざまな肌トラブルに繋がります。

コラーゲン配合のオールインワンゲルはたくさんありますが、肌の角質層まで浸透する複合コラーゲンを配合しているものは少ないです。

オールインワンゲルを選ぶときは、複合型コラーゲンを配合しており保湿効果が期待できるものを選びましょう。

参考:コラーゲンの基礎知識(資生堂)

 

 

 

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

肌表面に留まるコラーゲン+角質層まで浸透するコラーゲンにより保湿効果が高まる

 

肌に存在する9種類のコラーゲンの中で、肌の角質層まで浸透するコラーゲンと、肌表面に留まるコラーゲンがあります。

角質層まで浸透するコラーゲンにより肌の内側から保湿効果を高め、肌表面に留まるコラーゲンにより肌内部の水分を保つことができ、乾燥を和らげることができます。

肌表面は紫外線や外気、化粧品などにより常にダメージを受けています。

肌のターンオーバーが正常なら、ダメージを受けた肌表面は角質とともに剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わりますが、角質層が乱れターンオーバーが正常に行われないと角質層が厚くなり肌表面の皮膚が生まれ変わることができません。

エイジングによりコラーゲンが減少すると角質層が乱れ肌のターンオーバーに異常を起こします。

ターンオーバーが乱れると角質層は厚く硬くなり、美白・美肌成分を肌の奥まで届けることができません。

美白・美肌成分を届けるためには角質層のケアは欠かせません。

複合型コラーゲンにより角質層のケアを行うことで肌のターンオーバーを整え、美肌・美白成分が肌の奥まで届くようになります。

 

 

 

複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

オールインワンゲルの選び方3・紫外線ダメージをケアする成分配合のものを選ぼう

 

 

 

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、それぞれ肌にダメージを与えます。

紫外線UV-Aは肌に存在するコラーゲンにダメージを与え、肌の弾力や水分保持能力を低下させ、しわ・たるみなどの原因となります。

紫外線UV-Bは、肌に炎症を引き起こし肌表面は赤くヒリヒリと痛み、火傷のような状態となったり、肌細胞にダメージを与えることで、シミ・しわ・たるみなどの原因となります。

オールインワンゲルを選ぶときは、紫外線ダメージをケアする成分を配合することで肌のターンオーバーを正常化し、肌トラブルを改善します。

オールインワンゲルを選ぶときは、紫外線ダメージをケアする成分(トラネキサム酸)配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

トラネキサム酸配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

紫外線はシミの原因の1つとなる

 

紫外線を浴びると肌細胞を守るためにメラニンが生成されます。

メラニンは表皮細胞の中に留まることで、紫外線から肌細胞を守ります。

つまり、メラニンは悪者ではなく、肌細胞を守るために必要とも言えます。

 

 

メラニンは肌のターンオーバーとともに肌表面に押し出され、最終的には角質となって剥がれ落ちます。

でも、加齢・ストレス・生活習慣などにより肌のターンオーバーが乱れると、メラニンが排出できなくなり肌は黒色化(シミ)します。

20代の頃は肌のターンオーバーの周期が28日ですが、加齢によりターンオーバーの周期は長くなっていきます。

 

画像引用:シミはなぜできるのか?(WOVE clinic)

 

 

美白有効成分であるトラネキサム酸は、メラノサイトの活性化を抑える成分であり、オールインワンゲルに配合することでシミを予防し美白効果を期待することができます。

またトラネキサム酸は強い抗炎症作用を持ち、紫外線による肌表面のダメージを和らげ、肌を均一にする作用があります。

 

 

トラネキサム酸配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

紫外線のダメージにより角質層が乱れると美白・保湿有効成分が浸透できない

 

紫外線は肌に存在するコラーゲンにダメージを与えます。

コラーゲンは細胞と細胞を繋ぐ役割を持ち、肌に弾力やハリを持たせる作用があります。

またコラーゲンには保水力があるため、コラーゲンが減少すると肌内部は乾燥してしまいます。

紫外線のダメージによりコラーゲンがダメージを受けると肌細胞同士を繋ぐ働きが低下し、水分保持力が低下することから肌のターンオーバーが乱れます。

角質層が乱れるとオールインワンゲルの美白&保湿成分を肌の奥に浸透することができません。

オールインワンゲルを選ぶときは、紫外線ダメージをケアする成分(トラネキサム酸)が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

 

 

トラネキサム酸配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]良い口コミ・悪い口コミ!アットコスメなどのレビューまとめ

 

オールインワンゲルの良い口コミ・悪い口コミを紹介

 

オールインワンゲルの良い口コミ:パーフェクトワンでシミ、そばかすが薄くなりました

 

 

 

美白効果を実感しました!

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルでシミ・そばかすが薄くなってきました。

私は肝斑なのかそばかすなのか、顔全体に薄い小さなシミがたくさんあります。

メイクで隠しても夕方にはシミが浮き出てきて、顔がくすんで疲れて見えるのが悩みでした・・・。

デパコスやドラックストアの美白化粧品など色々と試してみましたが、高いから効果があるとか、プチプラだから効果がないということはなく、どれも全く効果を実感することができませんでした。

むしろ、デパコスよりドラッグストアで購入したハトムギ保湿ジェルのほうが、顔全体がトーンアップしたような感覚がありました。

ただ・・・冬は乾燥がひどくて1本では全くカバーできず、オールインワンの後にバームやオイルを重ねていました。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは美白目的で購入しましたが、保湿力も高く冬でも乾燥することはありません。

何よりスキンケアの時間が短縮したし、高い化粧品を買う必要がないのでとてもお得だと思います!

(40代 乾燥肌)

 

 

 

オールインワンゲルの良い口コミ:モデルや芸能人がおすすめするゲル

 

オールインワンゲルは、たくさんのモデルや芸能人が愛用していますね。

メディプラスゲル、エクラシュルム、フィトフリフトなど、芸能人やモデルがインスタで紹介して話題になりました。

実際に芸能人やモデルが、Twitterやインスタで紹介したオールインワンゲルのレビューを紹介します。

 

 

エクラシャルム愛用の紗栄子さんのインスタを引用

 

 

エクラシャルムは保湿力が高くておすすめ

 

師走…バタバタな毎日なので、スキンケアは最近お気に入りのワンステップクリーム エクラシャルム で
ニキビケアのスキンケアで前から知ってはいたんだけど、1ヶ月前にふと使ってみたら私にも合っていたみたい 手軽だし、つっぱらないし、次の日つるつるになるし、いい事づくし♡
明日も朝から撮影がんばります!

引用:紗栄子さんのインスタ

 

 

 

芸能人やモデルがおすすめするエクラシャルムってどう?

 

紗栄子さんやダレノガレさんなど、多くの芸能人やモデルがインスタやTwitterで紹介しているエクラシャルムは、ニキビやニキビ跡、肌荒れなどに効果的な成分が配合された医薬部外品(薬用オールインワンゲル)です。

皮膚科医が開発に携わったドクターズコスメでもあり、利用者の満足度がとても高いオールインワンゲルです。

初回購入は79%offの1,990円でお試しができるのもお得ですよね。

繰り返しできる周期ニキビ・大人ニキビには、炎症効果の高い「グリチルリチン酸ジカリウム」と呼ばれる有効成分が効果的です。

ニキビやニキビ跡の色素沈着によりシミができやすくなるため、ニキビケアにはシミ・そばかすを予防するトラネキサム酸などの有効成分が効果的です。

また大人ニキビは、肌の水分バランスの異常が原因となっており、内外から働きかける保湿が重要とされており、エクラシャルムは肌の内外から働きかける保湿成分を豊富に配合しています。

エクラシャルムは、周期ニキビ・大人ニキビ・肌荒れ・シミ・そばかすなどの肌トラブルに効果的なオールインワンゲルです。

 

 

芸能人やモデルがおすすめするフィトリフトってどう?

 

後藤真希さんが愛用中のフィトリフトは、エイジングケアを重視したオールインワンゲルです。

フィトリフトの主成分「フィト発酵エキス」は、ヒアルロン酸の6.14倍、コラーゲンの3.13倍、プラセンタの2倍の保湿力があるとされています。

肌のハリ低下・たるみ・シワなどのエイジングケアには、肌の内側からしっかりと潤いを与えるケアが重要です。

フィトリフトなら、肌の内側まで水分を浸透させ、長時間の保湿が持続されるとの結果が出ています。

フィトリフトは初回購入79%offの2,980円でとてもお得です!

 

 

 

芸能人やモデルがおすすめするメディプラスゲルってどう?

 

渡辺美奈代さんはオフィシャルブログでメディプラスゲルを愛用中であることを紹介していますね。

モデルの大石参月(大石さんのインスタ)さんもインスタでメディプラスゲルの愛用者であることを紹介しています。

 

 

メディプラスゲルは1本でしっかり保湿ができる!

 

化粧水・乳液・美容液・クリーム全部が1本に詰まっていて

しかも1本でケアが完了するように

66 種類の厳選された美容液が配合されているんです

さらに石油系界面活性剤やパラベンなどを使うことなく

無添加にこだわっていてとってもお肌にも優しいんですよ~

私のイチオシのワンポイントは

美肌の湯で有名な玉造温泉の温泉水まで配合されているところ

温泉水はミネラルバランスに優れているみたいで、しっとり素肌に

引用:渡辺美奈代オフィシャルブログ

 

 

メディプラスゲルは無添加のオールインワンゲルなので、敏感肌の方も安心して使うことができます。

水分にもこだわりがあり、整肌作用のある温泉水を使用しています。

保湿成分が豊富に含まれているメディプラスゲルは、1本でしっかりと保湿をすることができますよ。

 

 

芸能人やモデルがおすすめするクレアルってどう?

 

多くの芸能人やモデルが愛用するクレアルは、コスメコンシュルジュやメークアップアーティストなど美のプロからの評価の高いオールインワンゲルです。

保湿力を重視したオールインワンゲルで、乾燥が原因となる肌トラブルの改善に効果的です。

オールインワンゲルは保湿力が弱いというイメージを覆す保湿力の高さで、これ1本でしっかりと保湿ができます。

多くのオールインワンゲルは保湿成分を肌の奥まで届けることができませんが、クレアルは保湿成分をナノスチール化し、肌の奥の角質層まで保湿成分を届けることができます。

皮膚科医も推奨するクレアルは、さまざまな肌トラブルを抱える方、年齢肌で悩んでいる方におすすめのオールインワンゲルです。

 

 

オールインワンゲルの良い口コミ:顔のシミ消しに良く効いた!

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは美白効果が高い

 

同社のモイスチャージェルと使い比べてみましたが、リピートするなら断然こちらだと思います。
私の場合、顔のくすみ消しやシミ消しに非常によく利きました。
その分保湿力は落ちますが、美白効果を感じられたので良かったです。

引用:@コスメ

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは美白有効成分が豊富で効果的

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは美白有効成分のアルブチンとトラネキサム酸を配合した美白重視の薬用オールインワンゲルです。

保湿やエイジングケアを重視したパーフェクトワンモイスチャージェルは、複合型コラーゲンを豊富に配合し、保湿力をよりアップしていますが、美白有効成分は配合されていません。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、美白&保湿を同時に叶えることができる処方となっており、シミやそばかすを改善したい方におすすめです。

シミやそばかすにを改善したい方は、紫外線ダメージケア成分であるトラネキサム酸や和漢エキス・甘草エキスなどを含むパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルがおすすめです。

 

 

オールインワンゲルの良い口コミ:コラーゲンの保湿力ってすごい!

 

 

デパコスやプチプラなど色々試したけど・・・

 

デパコスの1万円超えの化粧液や保湿液、プチプラのちふれやハトムギ保湿液・無印など、色々なオールインワンゲルを試してみました。

30代の後半からは冬になると顔が痒くて敏感になり、アベンヌなどの敏感肌用の化粧品しか使えなくなり、デパコスやプチプラの化粧品は使えなくなりました。

乾燥する時期になると敏感肌がひどくなるので、保湿と美白メインのオールインワンゲルを探していて、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを使い始めました。

オールインワンゲルの中ではじめて、1本でしっかり保湿ができたと実感しています。

濃いシミは変化はありませんが、くすみや顔色の悪さは改善しているので満足です!

(40代 敏感肌+乾燥肌)

 

 

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは1本でエイジングケア+美白ケアができる

 

年齢を重ねると乾燥から敏感肌になるケースは多く見られます。

敏感肌は刺激に弱い状態となっており、紫外線によるダメージを受けやすくシミやそばかすができやすいのです。

乾燥からくる敏感肌は、肌の老化を加速させ、シミ・しわ・たるみなど年齢肌の原因となります。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、美白有効成分を豊富に含み美白効果が期待できます。

また、複合型コラーゲンを豊富に配合し、肌の奥の角質層まで保湿成分を浸透させることができるため、肌のハリや潤いを改善しエイジングケアに繋がります。

 

 

 

オールインワンゲルの良い口コミ:時短になるし、子育て中におすすめ

 

 

 

時短になるからおすすめ!

 

時間がない時、子育て中にはありがたい。

でも人によって水分油分のバランスがあるから、乾燥気味な人は化粧水や美容液をプラスしないとカサカサになる

引用:ガールズちゃんねる

 

 

 

ポンプタイプは乾燥しやすい!

 

でも面倒くさがりの私は更に蓋を開けてすくい取るのが手間だから、ポンプタイプできちんと潤うのが欲しいなーと思っている。
たまにポンプタイプあるけど、サラサラしてて保湿感に欠ける!

引用:ガールズちゃんねる

 

 

 

オールインワンゲルは1本で美白・保湿ができるものを選びましょう

 

ポンプタイプのオールインワンゲルは油分より水分が多めなため乾燥すると感じる人もいます。

肌質に合わせて選びたいですね!

オールインワンゲルを選ぶポイントは1本でしっかり保湿ができること、保湿&美白が同時にできることです。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは美白有効成分を配合した薬用オールインワンゲルです。

複合コラーゲン配合で保湿力が高く、美白&保湿を同時に叶えることができますよ。

 

 

 

 

パーフェクトワン・ドクターシーラボなど、どれがおすすめですか?

 

 

おすすめのオールインワン化粧品はどれですか?

 

これまでスキンケアで様々な化粧水、乳液、美容液、ローション等を使ってきましたが、お金も沢山かかるので、オールインワンタイプのジェルに換えてみようと考えています。

ただし安価なオールインワンには、添加物も多く入っていると聞きます。ですので、お肌に安全な成分を使用しているオールインワン化粧品を使っていきたいです。

オールインワンの化粧品といえば、ドクターシーラボやパーフェクトワン、水の天使などを知っていますが、実際に使ったことがある方、おすすめを教えていただけますか。

引用:Yahoo!知恵袋

 

 

パーフェクトワンはハリ感アップを実感しました

 

勧めしたいのは
パーフェクトワンです。

ドクターシーラボは肌がピリピリしました。
ドクターシーラボは無料お試し品(ハリ対策の薄ゴールド色の物)でダメな気がしたので購入しませんでした。

パーフェクトワンはお得なセットが広告で出ていたので購入しました。
化粧品にありがちな「いい匂い」→私は臭く感じてしまいます。がなくていいですよ。
勿論、商品力もいいです。

引用:Yahoo!知恵袋

 

 

パーフェクトワンは複合型コラーゲン配合でハリ感アップ

 

パーフェクトワンは複合型コラーゲン配合で肌の奥の角質層までしっかりと保湿することができます。

1本でしっかり潤うからコットンパックは不要です。

BTM(ボタニカルオールインワンゲル)やアルテ(国産オーガニックコスメ)と同じく、パラベンなどの刺激の強い成分が無添加なので、敏感肌の方も使いやすいです。

オールインワンゲルを選ぶ時は、複合型コラーゲン配合のものがおすすめです。

 

 

 

 

オールインワンゲルの悪い口コミ:プチプラのものは肌アレが酷くなった!

 

 

乾燥肌+敏感肌でも使えるオールインワンゲル

 

もともと乾燥肌で冬などは敏感肌になり、刺激の強い化粧品を使うと肌が荒れてしまいます。

どんなに保湿クリームを塗っても乾燥してしまいカサカサになってしまいます。

プチプラやデパコスの色々な化粧品を試しましたが、私の肌に合うものはありませんでした・・・。

敏感肌なので、いくつもの化粧品を重ねて塗るのは肌負担が大きいので、オールインワンゲルがいいかなと思い色々試してみました。

最終的には、夏場はパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを使い、冬は保湿力が高いパーフェクトワンモイスチャージェルを使っています。

パーフェクトワンはこれ1本で潤うので気に入っています!

(32歳 乾燥肌+敏感肌)

 

 

 

オールインワンゲルは複合コラーゲン配合のものがおすすめ

 

オールインワンゲルは乾燥肌の人は使えないというイメージを持つ方が多いですよね。

1本でしっかり保湿をするためには、複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルがおすすめです。

ポンプ式やボトル式のオールインワンゲルは水分量が多く、乾燥肌の人には乾燥を感じやすいかもしれません。

ジャータイプのオールインワンゲルはトロンとしたテクスチャーで、肌の乗せるとサラっと馴染むものが多いです。

複合型コラーゲン+天然保湿成分配合のオールインワンゲルなら、1本でしっかり保湿することができますよ。

 

 

 

オールインワンゲルの悪い口コミ:全く潤いを感じませんでした

 

 

メディプラスゲルで酷い乾燥状態になった!

 

スキンケアを時短したくて、口コミが良かったので購入してみました。

ポンプ式で使いやすく良かったです。
良かったのはこれだけ。

お肌への馴染みも悪く、潤いも感じませんでした。
1週間メディプラスゲルの使い方を忠実に守って使用してましたが、鼻周りと頬、唇の周りが赤くなりヒリヒリしてきて皮膚科に行くと、酷い乾燥状態ですと診断されました。保湿されてなかったようです。
わたしには、このゲルの良さがわかりませんでした。お肌の調子が戻り次第、今までのスキンケアに戻します。

引用:@コスメ

 

 

メディプラスゲルは肌の内部から保湿するのが難しい

 

メディプラスゲルは保湿重視のオールインワンゲルでたくさんの保湿成分が配合されています。

厚くなった角質層を柔らかくほぐし、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなる謳っています。

でも、角質層を柔らかくしても、角質層の奥まで浸透できる成分が配合されていなければ、肌の内側から保湿することができません。

角質層の奥まで美容成分を届けるためには、浸透型の美容成分が必要です。

メディプラスゲルは浸透型の美容成分が配合されていないため、1本で肌の内側から保湿するのは難しいようです。。。

オールインワンゲルを選ぶ時は、浸透型の美容成分が配合されているものがおすすめです。

 

 

オールインワンゲルの悪い口コミ:混合肌+敏感肌には合わない

 

 

メディプラスゲルは敏感肌の人には合わない

 

おでこの毛穴の開き・皮脂が多く、頬もギトギトではないですが割と皮脂は出る方で、小鼻の周り・口角周りはかっさかさの混合敏感肌という面倒な肌質。オールインワンは信用なかったのですが、口コミ等メディアでも様々高評価だった為、悩み続けた挙句購入してみましたが、やはり全然ダメでした。
初めて使用した時から、口コミで言っているような使用感はまるでゼロ!これがどうしてどんな肌でも合うのか、効果的なのか、全く理解できない程無理でした。
我慢して3日間くらい朝晩説明書通りに頑張って使用してみましたが、どうにもこうにも期待を大きく外してくれるものでした。
全然馴染まないし、頑張って馴染んだかと思ったら保湿が全く足りず。。。結局保湿力のある
乳液やクリームを重ねないと物足りません。そうしてもそうしなくても、皮脂テカが酷くなります。これが口コミやメディアで最高に合うので手放せない!と豪語している方にお目にかかりたいくらい、、、
これだけで美肌になれる人が本当に羨ましい。
ちなみに、DMは毎週のように送られてきますので覚悟してご購入されてください。

引用:@コスメ

 

 

 

敏感肌の人は角質層をケアする成分が必要

 

敏感肌の方はターンオーバーが乱れ、肌の防御反応が低下しています。

角質層は厚くなり、いくら水分を補給しても肌の内側まで浸透することができません。

敏感肌の人は、角質層を柔らかくするケアを行い、美容成分が肌の奥まで浸透できるようにする必要があります。

乾燥肌や敏感肌の人には、肌のターンオーバーを正常化したり、整肌作用のある和漢エキスや肌の炎症を抑えるトラネキサム酸配合のオールインワンゲルがおすすめです。

メディプラスゲルは和漢エキスやトラネキサム酸などは配合されていないので、角質層のケアができません。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは和漢エキスやトラネキサム酸配合で角質層のケアにおすすめのオールインワンゲルです。

 

 

オールインワンゲルの悪い口コミ:にきびが続けてできます

 

 

メディプラスゲルを使い始めてからニキビが続けてできます

 

メディプラスゲルを9月の初めの頃に使い始めてゲルも半分位になりました、なのに未だにニキビが出来続けています…。

使う前は皮膚科の薬を塗っていましたメディプラスゲルを使うようになって

から皮膚科の薬は使っていませんでした。

メディプラスゲルは最初ニキビが出来る人が居るとネットに書いてあったのでまだ使った方がいいのかやめた方がいいのかわかりません…。

引用:Yahoo!知恵袋

 

 

 

 

乾燥はにきびの原因となる

 

肌は乾燥すると余計な油分を出すようになり、インナードライの状態となります。

皮脂が過剰となり毛穴が開くため、炎症が起こりニキビの原因となります。

乾燥性のニキビは、肌の内側からしっかりと保湿をする必要があります。

メディプラスゲルは保湿重視のオールインワンゲルですが、これ1本では乾燥するという口コミを多く見かけます。

保湿成分が豊富に配合されていても、角質層の奥まで浸透できる成分はほとんどありません。

浸透型の保湿成分が配合されていなければ、肌の内側から保湿をすることができないため、オールインワンゲルだけでは物足りなく感じたり、乾燥性のニキビや、敏感肌の原因となってしまいます。

オールインワンゲルを選ぶ時は、浸透型の保湿成分が配合されているものをおすすめします。

 

 

 

1本でしっかり保湿

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲルはこちら

 

 

 

[オールインワンゲル/比較ランキング]プチプラ・美白・保湿・薬用などおすすめ比較

 

おすすめのオールインワンゲルの3つの特徴について

 

 

オールインワンゲル比較では、「肌質問わず使える」「年齢問わずに使える」「肌悩みに対する有効成分を配合」の3つのポイントで選ぶと失敗がありません。

肌トラブルは人により異なりますが、トラブルの原因のほとんどは乾燥です。

保湿力が高いオールインワンゲルでなければ、美容成分を肌の奥まで浸透させることができません。

乾燥肌・混合肌・脂性肌・年齢肌など全ての悩み改善のためににも保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

 

保湿&美白がこれ1本でOK

初回購入は50%offでお得

おすすめのオールインワンゲルはこちら

 

 

 

オールインワンゲルの選び方/乾燥・混合・オイリーなど肌質別、悩み目的別の商品一覧

 

オールインワンゲルを選ぶ時に最も重要なのは保湿力の高いものを選ぶことです。

乾燥肌・混合肌・オイリー肌・年齢肌など肌悩みは人により異なりますが、どの肌タイプにも共通して必要なことは保湿です。

オールインワンゲルは乾燥してしまう・・・というイメージを持つ方も少なくありませんが、保湿力の高いものなら1本でしっかりと保湿をすることができます。

保湿力を重視して選び、その次に肌悩みを解決する成分が含まれるものを選ぶと効果的です。

 

 

オールインワンゲルの主な機能一覧

 

オールインワンゲルの主な機能を紹介します。

保湿・美白・毛穴ケア・ニキビケア・エイジングケア・皮脂吸着(テカリ防止)・イボ対策など、自分の肌悩みで最も解決したいことを挙げてみましょう。

保湿力に加えて、肌悩みに合わせて商品を選ぶと失敗がありません。

 

 

主な機能 人気の商品ランキング
保湿 ・パーフェクトワンモイスチャージェル(新日本薬品)
・メディプラスゲル(株式会社メディプラス)
・フィトリフト(株式会社コンテンツ)
・薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ(ドクターシーラボ)
・ハトムギ保湿オールインワンジェ
美白 ・パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル(新日本製薬)

・シミウス ホワイトニングリフトケアジェル(メビウス製薬)
・シズカゲル(株式会社シズカニューヨーク)
・薬用シミトリー(株式会社フォーマルクライン)
・ネイチャーコンク(株式会社ナリスアップ)
・薬用アクアコラーゲンゲル美白EX(ドクターシーラボ)

毛穴ケア ・ラボラボVC毛穴ゲル(ドクターシーラボ)
ニキビ ・エクラシャルム(株式会社メディアハーツ)
・メルライン(リアルビューティケア)
・薬用アクネレスモイスチャーゲル(ドクターシーラボ)
・パルクレールジェル(株式会社ピーボ)
・ピュアメイジング(有限会社アトミックハート)
エイジングケア(たるみ・ハリ・シワ) ・VC100ゲル(ドクターシーラボ)
・アクアコラーゲン エンリッチリフトEX(ドクターシーラボ)
・エンリッチアクアゲル リフトEX(株式会社ネイチャーラボ)
・アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEXプラセンタ(ドクターシーラボ)
・大人のねりジェル(セザンヌ)
皮脂吸着(テカリ防止) ・アクアコラーゲンゲル クールメン(ドクターシーラボ)
イボ対策 わらびはだ(チュラコス株式会社)

 

 

 

混合肌におすすめのオールインワンゲルのポイント

 

混合肌は脂性肌、乾燥肌が混在した肌質です。

Tゾーンなど部分的に皮脂が多く、口周りや目周りなどの皮膚が薄い部分は乾燥している方が多いです。

混合肌はTゾーンの皮脂が多くメイク崩れがしやすいため、脂性肌向けのスキンケアをしている方も少なくありません。

でも、混合肌の人が脂性肌向けのスキンケアをしてしまうと、乾燥している部分はますます乾燥が強くあり、敏感肌やそのほかの肌トラブルの原因となります。

Tゾーンの皮脂過剰は乾燥が原因となっていることが多いため、混合肌の方は保湿を心がけることが重要です。

混合肌の方がオールインワンゲルを選ぶ時は、保湿力が高いものを選び、その次に肌悩みの最も大きいものにフォーカスを当てた商品を選びましょう。

 

 

乾燥肌におすすめのモイスチャータイプのオールインワンゲル

 

乾燥肌は全ての肌トラブルの原因となります。

乾燥した肌は外部の刺激に弱く敏感になっています。

乾燥が進むと敏感肌になり、肌のバリア機能が低下し、角層がトラブルを受けやすい状態になります。

角層が不健康な状態となると肌のターンオーバーが乱れ、さらにバリア機能が低下し、さまざまな肌トラブルの原因となります。

乾燥肌が進行した状態が敏感肌とも言えます。

乾燥肌の人は保湿を重視し、不健康な角層をケアし、肌の内側まで保湿成分を浸透させることが必要です。

角層が不健康な状態では、肌は必要な水分を蓄えることができません。

浸透型コラーゲンや和漢エキスなど、角層ケアに有効な成分を配合したオールインワンゲルを選びましょう。

また、乾燥肌や敏感肌の方は外気の影響を受けやすいため、冬は乾燥がさらに酷くなるケースが多いです。

冬の感想が強くなる時期はモイスチャータイプのオールインワンゲルを使用すると乾燥を和らげることができますよ。

 

 

 

浸透型コラーゲン&和漢エキス配合のオールインワンゲルはこちら

 

 

オールインワンゲルの選び方/価格で選ぶプチプラ商品の人気ランキング

 

ドラッグストアでも購入が可能な人気のプチプラオールインワンゲルを紹介します。

安くても美白や保湿効果の高いものがたくさんあります。

プチプラの商品と、高価な商品の違いは配合成分の差です。

セラミドや浸透型コラーゲン、美白有効成分が配合されたオールインワンゲルは、美白・保湿高価が期待できますが、価格は高くなります。

プチプラの商品は美白・保湿成分が少ないものが多く、補助的に利用するのがおすすめです。

オールインワンゲルは乳液代わりに使用したり、ジェルパックやコットンパック、マッサージクリームとして代用できるものもあります。

 

 

[安いランキング]プチプラのオールインワンゲルおすすめ15選/1,500円未満

 

ドラッグストアやAmazon、楽天などで購入可能なプチプラのオールインワンゲルを紹介します。

ドラッグストアのプチプラのオールインワンゲルは1,500円以下の安いものがたくさんあります。

ちふれや無印良品など、コスパの高いオールインワンゲルもたくさんありますね。

プチプラのオールインワンゲルを選ぶ時は、主な機能をチェックしましょう。

 

 

商品名 会社名 価格 容量 主な機能 役割
ゆめぴりか 株式会社エービーエル 670円 245g 保湿 5役
うるおいジェル ちふれ 800円 108g 保湿 6役
大人のねりジェル セザンヌ 880円 95g エイジング(保湿+ハリ) 6役
ハトムギ保湿オールインワンジェル ナチュリエ 900円 180g 保湿 5役
ボタニカルオールインワンゲル エービーエル 960円 290g 保湿 5役
pspモイスチャーオールインワンゲル プレスカワジャパン株式会社 980円 270g 保湿 5役
敏感肌用オールインワンゲル 無印良品 990円 100g 保湿(敏感肌用) 3役
CCEリンクルモイストジェル たまご保湿ジェル 株式会社シーンズ 999円 180g 保湿 記載なし
シンプルバランス うるおいジェル utena 1,000円 100g 保湿 3役
明色スキンコンディショニングゲル 桃谷順天館 1,026円 90g 保湿 6役
とろんと濃いジェル 豆乳イソフラボン オールインワンゲル なめらか本舗 1,080円 100g 保湿 6役
日本酒たっぷり保湿ジェル 日本盛 1,188円 200ml 保湿 2役
モイスト・ダイアン エンリッチアクアゲルリフトEX 株式会社ネイチャーラボ 1,261円 250g エイジング(リフトアップ) 6役
ロゼット セラミドゲル ロゼット 1,296円 80g 保湿 5役
プラチナ配合オールインワンゲル プレスカワジャパン株式会社 1,394円 270g 保湿 6役

 

 

 

[安いランキング]プチプラのオールインワンゲルおすすめ6選/1,500円以上3,000円未満

 

ドラッグストアではカウンセリング化粧品と呼ばれる、プチプラよりは少し値段が高く、デパコスより少し安い価格帯の商品がたくさんあります。

資生堂や花王、カネボウなどにはプチプラの商品もありますが、1,500円~3,000円程度のオールインワンゲルがあります。

値段が少し高くなると、薬用タイプのものや有効成分が豊富なオールインワンゲルが多くなります。

美白や保湿効果を求める方は1,500~3,000円の価格帯のオールインワンゲルのほうが良いですね。

 

 

商品名 会社名 価格 容量 主な機能 役割
ハトムギとコラーゲンのWモチスチャーゲル ビューナ 1,509円 150g 保湿 5役
ONE AQモイスチャーオールインワンゲル 株式会社オーガランド 1,800円 100g 保湿 6役
オールインワンW保湿ミスト ビューナ 1,866円 150g 保湿 5役
prevenir(プレベニオール)オールインワンゲル 不明 1,980円 300g 保湿 5役
ポツケアゲル ビューナ 2,130円 150g 毛穴ケア(角栓詰まり) 6役
ロイヤルビーハニーQ10ジェル セシール 2,490円 100g 保湿 6役

 

 

関連記事:【オールインワンゲル/プチプラ】1500円以下でおすすめ

 

 

オールインワンゲルの選び方/価格で選ぶ韓国コスメの人気ランキング

 

韓国コスメやスキンケアは韓流好きな方だけではなく、美白や保湿効果が高いと人気がありますね。

コスメブランドはイニスフリーやアンシャンテなどプチプラから3,000円程度のものまで幅広くあります。

韓国のオールインワンゲルも日本と同様に化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地など多機能で、主な機能は保湿や美白を重視したものが多いです。

韓国は日本よりも美に対しての意識が高い方が多く、就職のために整形や美容皮膚科などに通う方も多いと言います。

韓国コスメはコスメ好きの美容家やモデル、芸能人の間でも人気がありますよ。

 

 

[安いランキング]韓国コスメのオールインワンゲルおすすめ4選

 

 

商品名 会社名 価格 容量 主な機能 役割
マルチゲル エチュードハウス 600円 250ml 保湿 記載なし
かたつむりオールインワンゲル アンシャンテ 1,052円 100ml 保湿 5役
オールインワン オーツLI モイスチャージェル イニスフリー 3,000円 100ml 保湿 5役
ラソービ 素肌ピュアエッセンス シンビジャパン 5,441円 60ml 保湿 6役

 

 

 

 

オールインワンゲルの選び方/効果で選ぶ医薬部外品の人気ランキング

 

オールインワンゲルは一般的な化粧品と、医薬品に準じた効果・効能が期待できる医薬部外品があります。

プチプラは医薬部外品のものは少なく、デパコスはオールインワンタイプよりも1つ1つのアイテムの機能を重視したスキンケアラインが多く、医薬部外品のオールインワンゲルはあまり見かけません。

ちふれやセザンヌなどのプチプラは、美白やシミ・シワ対策のスキンケア商品は多くありますが、医薬部外品ではないため有効成分は配合されていません。

セラミドやトラネキサム酸など保湿や美白に有効な成分は医薬部外品のオールインワンゲルに多く見られます。

医薬部外品のオールインワンゲルは、有効成分が含まれている分、値段は少し高くなりますが肌悩みの改善が期待できます。

 

 

[美白効果ランキング]・薬用・医薬部外品のオールインワンゲルおすすめ9選

 

美白有効成分を配合した薬用オールインワンゲルのおすすめランキングを紹介します。

新日本製薬のパーフェクトワンシリーズの、美白ラインである薬用ホワイトニングジェルは、保湿&美白が可能オールインワンゲルです。

美白タイプのオールインワンゲルは、アルブチンやトラネキサム酸などの美白有効成分が含まれています。

紫外線によるダメージをケアするトラネキサム酸を配合している医薬部外品のオールインワンゲルは特におすすめです。

また、パーフェクトワンの保湿ラインであるモイスチャージェルは医薬部外品でなないため、美白効果を求める方は薬用ホワイトニングジェルがおすすめです。

ドクターシーラボやDHCなどはプチプラ商品から医薬部外品まで揃っています。

ネイチャーコンクやエルソワ薬用・美白クリスタルゲルなど人気のオールインワンゲルも医薬部外品となっており、高い美白効果が期待できます。

40代以降の年齢肌の悩みを持つ方は、ゆめぴりかなどお米由来のオールインワンゲルよりも、美白有効成分を豊富に含む薬用オールインワンゲルがおすすめです。

 

 

 

商品名 会社名 美白成分 役割 価格 容量
パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル 新日本製薬 ・アルブチン

・トラネキサム酸

6役 4,860円(通常価格) 75g
シミウス ホワイトニングリフトケアジェル メビウス製薬 ・グリチルリチン酸2K

・プラセンタエキス

10役 4,743円(通常価格) 60g
シズカゲル 株式会社シズカニューヨーク ・アルブチン 9役 4,980円(通常価格) 60g
シミトリー 株式会社フォーマルクライン ・アルブチン 9役 4,980円(通常価格) 60g
薬用アクアコラーゲンゲル 美白EX ドクターシーラボ ・グリチルリチン酸2K 記載なし 4,536円(通常価格) 60g
薬用Qクイックジェル モイスト&ホワイトニング DHC ・ビタミンC誘導体

・甘草誘導体

2役 1,404円 120g
ネイチャーコンク 薬用モイスチャーゲル 株式会社ナリスアップコスメティックス ・グリチルリチン酸2K 記載なし 1,058円 100g
薬用ホワイトリンクル ビューナ ・プラセンタエキス

・グリチルリチン酸2K

7役 3,564円 100g
エルソワ クリスタルゲルS 株式会社アローゼ ・グリチルリチン酸2K 5役 3,024円 120g

 

 

 

 

[保湿効果ランキング]薬用・医薬部外品のオールインワンゲルおすすめ5選

 

医薬部外品のオールインワンゲルの中でも保湿効果の高いおすすめランキングを紹介します。

水の天使は保湿成分が豊富な薬用オールインワンゲルで、シミ・シワなどの年齢肌の悩みを改善します。

シミウスの主な機能は美白であり、保湿重視のオールインワンゲル選びではグリチルリチン酸2Kやプラセンタなどの薬用成分配合のものを選びましょう。

角層ケアに効果的なトラネキサム酸やセラミドも高い保湿効果が期待できます。

水の天使はプチプラで保湿効果が高いスキンケアです。

 

 

商品名 会社名 有効成分 役割 価格 容量
水の天使スキンケアトリートメントゲル 株式会社美々堂 ・グリチルリチン酸2K

・ニチレイ-水溶性プラセンタエキスβ

5役 ・1,500円(50g)

・3,619円(150g)

・5,524円(250g)

※左記参照
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ ドクターシーラボ ・グリチルリチン酸2K 記載なし ・4,104円(50g)

・7,128円(100g)

・8,424円(120g)

※左記参照
薬用アクアコラーゲン スーパーモイスチャーEX ドクターシーラボ ・グリチルリチン酸2K 記載なし ・3,780円(50g)

・7,776円(120g)

※左記参照
エクスボーテ 薬用オルリッチ 株式会社マードゥレクス ・3-0-エチルアスコルビン酸

・グリチルリチン酸2K

・酢酸DL-α-トコフェノール

7役 5,000円 50g
薬用リペアベールエッセンス デルマリ ・グリチルリチン酸2K 5役 3,888円 50ml

 

 

 

 

[ニキビケア・ランキング]薬用・医薬部外品のオールインワンゲル/アクネケアおすすめ5選

 

フェイスラインやあご周りなどに繰り返すニキビケアには薬用オールインワンゲルがおすすめです。

角層がダメージを受けて固くなると角栓が詰まり、ニキビができやすくなります。

乾燥による角層の乱れはターンオーバーの乱れやバリア機能の低下につながり、ニキビなどの炎症に繋がります。

ニキビケアには抗炎症作用のある有効成分を配合したオールインワンゲルが効果的です。

グリチルリチン酸2Kやアラントインなどの成分は抗炎症作用をもち、大人ニキビの改善に効果的です。

 

 

 

商品名 会社名 有効成分 役割 価格 容量
薬用アクネレスモイスチャーゲル ドクターシーラボ ・グリチルリチン酸2K

・アルブチン

記載なし 4,536円 60g
薬用アクネコントロール モイスチュアゲル DHC ・グリチルリチン酸ステアリル 2役 1,404円 120g
エクラジャルム 株式会社メディアハーツ ・トラネキサム酸

・グリチルリチン酸2K

5役 9,800円(通常価格) 60g
メルライン リアルビューティケア ・グリチルリチン酸2K

・水溶性プラセンタエキス

5役 7,000円(通常価格) 50g
ピュアメイジング 有限会社アトミックハート ・プラセンタエキス

・アラントイン

12役 5,780円(通常価格) 60g

 

 

 

 

オールインワンゲルの選び方/ドクターズコスメの比較人気ランキング

 

ドクターズコスメは、医師が監修や開発に携わった商品や皮膚科処方の商品のことをいい、様々な医学的な根拠を元に商品開発がされており、肌悩みの改善に効果的な商品が多いのが特徴です。

ドクターシーラボはドクターズコスメとして有名ですし、メンズのラインなどさまざまなラインを取り揃えています。

プチプラのちふれなどドラッグストアで購入できるものはドクターズコスメの割合は少ないです。

敏感肌の方や美白効果を実感したい方は安いオールインワンゲルよりも医学的な根拠を元に開発されたスキンケアのほうが信頼性が高いと言えます。

 

 

[ドクターズコスメ・ランキング]敏感肌でも安心なおすすめオールインワンゲル8選

 

皮膚科処方やドクターが開発や監修に携わっているドクターズコスメは、40代以降の肌悩みが増えてきた方におすすめです。

保湿&美白効果を実感したい方や敏感肌の方は皮膚科処方のスキンケアや、ドクターシーラボのオールインワンゲルがおすすめです。

エイジングが原因となるたるみ毛穴は、ハリ・ツヤをアップさせるアンチエイジング成分が効果的です。

 

 

 

商品名 会社名 主な機能 役割 価格 容量
わらびはだ チュラコス株式会社 イボ対策 4役 9,980円(通常価格) 30g
ラボラボVC毛穴ゲル ドクターシーラボ 保湿 6役 2,376円 90g
ハーバルゲルO2 ドクターシーラボ 保湿 5役 3,780円 80g
アクラコラーゲンアニバーサリー ドクターシーラボ 保湿 5役 7,776円 120g
YCリッチオールインワンジェル 有限会社YC 保湿 4役 9,000円(通常化価格) 80g
VC100ゲル ドクターシーラボ エイジングケア(たるみ毛穴) 7役 ・5,184円(80g)

・7,560円(120g)

※左記参照
アクラコラーゲン エンリッチリフトEX ドクターシーラボ エイジングケア(リフトアップ) 8役 ・4,644円(50g)

・8,964円(120g)

※左記参照
アクアコラーゲンゲル エンリッチフィルとEXプラセンタ ドクターシーラボ エイジングケア(ハリ・ツヤ) 8役 16,740円 120g

 

 

 

 

オールインワンゲルの選び方/ハイブランドのオールインワンゲル人気ランキング

 

デパコスなどにあるハイブランドのオールインワンゲルは、化粧水・乳液一体型の化粧液タイプのものが多く、多機能のオールインワンタイプはあまり見かけません。

オールインワンゲルは化粧下地やVUカット効果のあるものもあり、1本でたくさんの機能があるのが魅力的ですが、ひとつひとつのアイテムの効果と比較すると劣ってしまうことも多いです。

デパコスはライン使いのアイテムが多く、肌悩みに特化したさまざまな商品があり、肌の悩みに合わせて商品をカスタマイズしていくブランドが多く見られます。

そのため、1本で多機能のオールインワンゲルは商品数が少ないと言えます。

 

 

[デパコス・ランキング]ブランドコスメのおすすめオールインワンゲル3選

 

 

商品名 ブランド名 主な機能 役割 価格 容量
ラ クレームドゥース CHANEL(シャネル) 保湿 記載なし 18,000円 50g
ME メタボライザー ipsa(イプサ) 保湿 記載なし 5,940円~18,000円(17種類) ※ラインにより異なる
マキシハイドラビリティ オールインワンジェル syu uemura(シュウ ウエムラ) 保湿 3役 5,000円 50ml

 

 

 

オールインワンゲルの選び方/メンズ向けのオールインワンゲル人気ランキング

 

メンズ向けのオールインワンゲルといえばドクターシーラボが有名ですね。

ドクターシーラボは、ドラッグストアで買えるプチプラ商品もありますが、メンズのスキンケアで重要となる皮脂吸収と保湿を同時に叶える商品が主流となっています。

30代・40代など肌のテカリや乾燥が気になる方は、メンズ向けのドクターズコスメがおすすめです。

女性と男性では肌質が異なり、男性は女性に比べて皮脂分泌量が多いので、テカリやベタつきが気になるという方が多いのが特徴です。

女性と男性では肌悩みは異なりますが、肌トラブルの原因は共通して乾燥であることが多いです。

メンズ向けのオールインワンゲルは保湿を重視しながら皮脂吸収をするタイプのものが多いため、女性向けの商品とはニーズが異なります。

男性はメンズ向けのオールインワンゲルを選んだほうが肌のベタつき予防に最適です。

 

 

[メンズ向け・ランキング]メンズ向けのおすすめオールインワンゲル5選

 

 

商品名 会社名 主な機能 役割 価格 容量
ミスタースキンジェルローション オルビス 保湿(皮脂テカリ防止) 記載なし 1,728円 150ml
オールインワンフェイスジェル ZIGEN株式会社 保湿(皮脂テカリ防止) 4役 3,990円 100g
アクアコラーゲンゲル クールメン ドクターシーラボ 皮脂吸収(テカリ防止) 記載なし 3,024円 100g
DHC MEN オールインワン リフレッシングジェル(全身用) DHC 保湿(テカリ・ベタつき防止) 5役 1,620円 200ml
DHC MEN オールインワンモイスチュアジェル(全身用) DHC 保湿 6役 1,620円 200ml

 

 

 

オールインワンゲルの選び方/テクスチャーで選ぶオールインワンゲル人気ランキング

 

オールインワンゲルは容器のタイプによりさまざまなテクスチャーがあります。

油分が多いものや、コックリとしたテクスチャーのものはジャータイプの容器のものが多いです。

スプレータイプは水分量が多く、さっぱりとした使い心地のものが多く、サラサラの使用感を求める方に人気があります。

ベタつかないオールインワンゲルを選ぶ時は、水分量が多いスプレータイプやローションタイプのものおすすめです。

でも、スプレータイプのものは水分量が多い分、油分が少なめなので乾燥しやすくなることがあります。

乾燥肌の方はスプレー後に乳液やクリームを使用した方が保湿効果が高くなります。

 

 

[テクスチャー別ランキング]ベタつきなしのおすすめオールインワンゲル10選

 

 

商品名 会社名 役割 主な機能 価格 容器タイプ
ビューナ オールインワンW保湿ミスト ビューナ 5役 保湿 1,866円 スプレータイプ
オオハシタカコ オールインワンジェリーミスト オオハシタカコ 5役 保湿(肌荒れ 乾燥 小じわ) 3,900円 スプレータイプ
ローズ ド マラケシュセラム ド ローズ 株式会社ジェイ・シー・ピー・ジャポン 3役 保湿 4,752円 スプレータイプ
かたつむりオールインワンゲル アンシャンテ 記載なし 保湿 1,052円 プッシュタイプ
エクスボーテ 薬用オルリッチ 株式会社マードゥレクス 7役 保湿 5,000円 プッシュタイプ
日本酒たっぷり保湿ジェル 日本盛 2役 保湿 1,188円 ポンプタイプ
マルチゲル エチュードハウス 記載なし 記載なし 600円 ポンプタイプ
ラソービ 素肌ピュアエッセンス 株式会社シンビジャパン 6役 保湿 5,441円 ポンプタイプ
メディプラスゲル 株式会社メディプラス 4役 保湿 3,996円 ポンプタイプ
クレアル 株式会社オンライフコマース 5役 保湿 12,800円(通常価格) ポンプタイプ

 

 

 

オールインワンゲルの選び方/容器で選ぶオールインワンゲル人気ランキング

 

多くのオールインワンゲルは大きなジャータイプの容器に入っており、持ち運びには不便なものが多いですよね。

ジムや温泉などに行く時はミニサイズのオールインワンゲルがあると便利ですよね。

また、旅行に行く方や飛行機内の乾燥対策にオールインワンゲルを利用したい方は携帯サイズの商品がおすすめです。

ミニサイズのオールインワンゲルは、トライアルセットや無印良品の商品がおすすめです。

無印良品の携帯用オールインワンゲルはチューブタイプの小さなサイズで、荷物がかさばることもありません。

特に無印良品のミニサイズのオールインワンゲルは1本が30gで手のひらサイズなので、持ち運びに便利でおすすめですよ。

 

 

[容器タイプ別ランキング]持ち運びに便利なミニサイズ・チューブタイプのオールインワンゲル

 

 

商品名 会社名 主な機能 価格 容量 容器タイプ
シズカゲル 株式会社シズカニューヨーク 美白 4,980円 60g チューブ
スーパーティックス ミッドナイトシークレット GUERLAN(ゲラン) 保湿 4,500円 15g チューブ
ZIGENオールインワンフェイスジェル ZIGEN株式会社 保湿(テカリ防止) 3,990円 100g チューブ
敏感肌用オールインワン美容液ジェル 無印良品 保湿(敏感肌用) 390円 30g チューブ
バランス肌用オールインワン別府駅ジェル 無印良品 保湿(整肌作用) 390円 30g チューブ
オーガニックオールインワン美容液ジェル 無印良品 保湿 690円 30g チューブ
クリアケアオールインワン美容液ジェル 無印良品 毛穴・ニキビケア 490円 30g チューブ
エイジングケアオールインワンジェル 無印良品 エイジングケア 550円 30g チューブ

 

 

 

1本で保湿&美白ができる!

初回購入は50%offでお得

 

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]美白・保湿・エイジング・毛穴ケアなどの効果/役割・メリット・デメリットまとめ

 

オールインワンゲルの3つの効果について

 

 

オールインワンゲルは1本で多機能なことが魅力のスキンケア商品ですね。

1本で美白&保湿の効果、ハリ・ツヤ改善の効果、詰まり毛穴・たるみ毛穴の改善効果などたくさんの効果が期待できます。

1本でたくさんの機能や役割を持つオールインワンゲルですが、一番重要なのは保湿効果です。

肌が乾燥していると全ての美容成分は肌の奥まで浸透することができません。

次に肌悩みに合わせた有効成分が配合されているものを選びましょう。

 

 

1本で美白&保湿ができる!

初回購入は50%offでお得

 

 

 

オールインワンゲルの効果とメリット・1本でたくさんの役割がある

 

オールインワンゲルは基礎化粧品の機能を全て兼ね備えた多機能なスキンケア商品です。

商品によって異なりますが、1本で化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地などの機能を持つものが特徴です。

優秀なオールインワンゲルはたくさんありますが、最も重要なことは保湿力です。

オールインワンゲルは保湿力が高いものを重視し、その次に肌悩みに合わせて商品を選ぶと、オールインワンゲルの利点を生かすことができます。

1本でたくさんの役割がありますが、ほとんどの肌トラブルの原因は乾燥にあるので、乾燥対策を重視して商品選びをすると失敗がありませんよ。

 

 

洗顔後はオールインワンゲル1本だけ!洗顔後の効果的な使い方

 

オールインワンゲルは化粧水や乳液、クリームなどの機能が1本になった多機能スキンケア商品です。

1つ1つのアイテムを使うと浸透するまで時間がかかり、スキンケアに時間がかかりますし、ベタつきが気になる方もいますよね。

オールワンゲルだけでは物足りなく感じる人や敏感肌の人でも天然保湿成分配合の保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶことで、さっぱり・サラサラでもしっかりと潤いのあるお肌に仕上がります。

塗り方や使い方は、使用量を守ることとハンドプレスでしっかりと浸透させることです。

乳液代わりに使ったり、ジェルを多めにつけてコットンパックをすると保湿効果が高まります。

もちろん子供と一緒に家族で使う事もdけいますし、大容量のtiasオールインワンゲルやガイネスオールインワンゲルは保湿力が高くファミリーで使いたい方におすすめです。

 

 

べたつかない優秀なオールインワンゲル

 

オールインワンゲルはスキンケアの手間が省け時短になると人気ですが、ベタつきが残るタイプのものは逆に時間が掛かってしまいますし、メイク崩れの原因にもなります。

オールインワンゲルがベタベタするという方は、サラサラの仕上がりとなるように水分量の多い柔らかいテクスチャーのものを選ぶと良いですね。

柔らかいテクスチャーのものや、化粧水乳液一体がの化粧液を選ぶとベタつきが解消されます。

逆にオールインワンゲルだけでは乾燥してしまう方や、冬場の乾燥が強い時期は化粧水のあとに、オールインワンゲルを乳液代わりとして使う方法もあります。

 

 

導入液・ブースターの効果

 

オールインワンゲルの中には導入液やブースターの効果のあるものもあります。

ちふれや豆乳イソフラボンなどのプチプラのものは多機能ですが、それぞれの効果はあまり期待できません。

40代以降の年齢肌に悩む人や美白効果を実感したい方は、保湿力重視のオールインwなんゲルを選ぶことをおすすめします。

お米由来の保湿成分を配合したゆめぴりかは、プチプラで保湿力が高いと人気がありますね。

導入液やブースターは、その後のスキンケアが肌に浸透しやすくなるように角層を柔らかくする効果があるため、乾燥肌の人におすすめです。

オールインワンゲルの中に導入液やブースター効果のあるものもありますが、多機能スキンケアは1つ1つの効果は弱いので、特に乾燥する時期や乾燥肌の方は、導入液やブースターをオールインワンゲルの前に追加すると美容成分が浸透しやすくなりますよ。

 

 

化粧水の効果

 

オールインワンゲルは化粧水の効果があるため、水分を多く含んでいます。

ビタミンやコラーゲンなどは肌の細胞よりも分子が大きいため、そのままの形では肌の内部まで浸透することができま選。

化粧水乳液一体タイプや保湿・美白効果の高いものは、美容成分が肌の奥まで浸透しやすいように分子を小さくしてあります。

セラミドなど保湿力に重要な成分を含むメディプラスゲルは、40代以降の年齢肌も肌の内側からしっかりと保湿をし、シミ・しわ・たるみなどのエイジングサインを予防・改善することができますよ。

 

 

乳液の効果

 

オールインワンゲルは油分や肌表面に留まる成分を配合し、乳液としての効果を持ちます。

肌は水分が浸透した後は肌表面に乳液などの油分の膜を貼らなければ水分が蒸発し乾燥してしまいます。

オールインワンゲルを化粧水後の乳液代わりに使用する方もいますが、保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶことでスキンケアアイテムを追加する必要がありません。

保湿力の高いオールインワンゲルは、浸透型コラーゲンが配合され、肌の奥までコラーゲンを浸透させることができます。

コラーゲンはセラミドやヒアルロン酸などの細胞の働きを高める働きがあるため、複合型コラーゲン配合のオールインワンゲルを使うことで、肌の保湿力を高め美肌に導くことができます。

 

 

美容液の効果

 

オールインワンゲルには美容液の効果を持つものが多いですね。

美容液は導入美容液(ブースター)と呼ばれるものから、肌悩みを解決するものまで種類はさまざまです。

また美容液の種類やブランドによっても美容液を塗布する順番がことなります。

化粧水の前に塗るタイプ、乳液の前に塗るタイプ、スキンケアの最後に塗るタイプなど様々です。

それぞれ使いかたを守らなければ有効成分を浸透させることができません。

スキンケアの順番の基本は、水分量が多いものから順番に使うことですが、商品によっては順番がことなるので、事前にしっかりと使い方をチェックしましょう。

時短の目的でオールインワンゲルを使う方は保湿を重視し、肌悩みのための特別ケアを取り入れたい方は、肌悩みに応じたアイテムを1つ追加することでより美肌に近づくことができます。

 

 

クリームの効果

 

オールインワンゲルの中にはクリームの効果を持つものもありますね。

一般的にクリームは乳液の後に仕上げとして塗り、保湿力をアップさせたり、美肌成分をより浸透させる目的で使用します。

クリームはお手入れの最後に使うので油分が多く、こってりとしたテクスチャーのものが多いです。

オールインワンゲルは化粧水からクリームまで多機能を持つので、あまりにこってりとしたテクスチャーにすることができません。

そのため、クリームなどの1つ1つのアイテムの効果よりも弱くなってしまいます。

スキンケアはその時の肌の状態や季節によって使い分けることでより効果を発揮することができます。

保湿力のアップや美容効果をより実感したい方はオールインワンゲルに追加して、特別ケアのアイテムを取り入れると良いですね。

 

 

パックの効果

 

オールインワンゲルにはパック効果を持つものもありますね。

パックにはさまざまな効果があり、角質層を柔らかくするもの、美白成分を浸透させるもの、保湿成分を浸透させるものなど様々です。

オールインワンゲルにパック効果を持つものは、ジェルの美容成分をより浸透させる目的で使用します。

オールインワンゲルには保湿・美白・エイジングケア・毛穴ケア・ニキビケアなどさまざまな効果を1本でカバーできると謳う商品もありますが、それぞれの成分の配合量により期待できる効果はことなります。

保湿成分が多いものはジェルパックをすることで保湿効果がさらにアップしますし、美白成分が多いものはジェルパックをすることで美白効果をさらにアップすることができます。

オールインワンゲルでパックをする時は、配合成分が多いものがより肌に浸透できるということになるので、肌悩みを解決できる成分が配合されている商品を選ぶことが重要です。

 

 

 

化粧下地の効果

 

オールインワンゲルの中には化粧下地の効果を持つものもありますね。

UVカット効果のあるものと、UVカット効果はないものがあります。

UVカット効果のあるオールインワンゲルは寝る前に塗布すると肌に負担がかかるので朝専用として使う必要があります。

UVカット効果のあるオールインワンゲルならベースメイクの手間が省けるので時短に繋がりますね。

化粧下地の効果のあるオールインワンゲルであっても、メイク崩れを防止するためには化粧下地専用のアイテムを使った方が良いです。

そのため、メイク崩れが気になる方や、オイリー肌、Tゾーンのみ皮脂分泌が多い方は、化粧下地効果のあるオールインワンゲルは必要ありません。

オールインワンゲルは機能が増えるほと、1つ1つの機能の効果は少なくなるので、まずは機能が少ないものから選ぶと失敗がありません。

 

 

関連記事:[オールインワンゲル/効果]医薬部外品のゲルは保湿・美白効果あり!シミ消しにおすすめのゲル選び方

 

 

オールインワンゲルのメリットと特徴・1本でスキンケアができるから楽

 

オールインワンゲルのメリットや特徴は、1本でスキンケアができるから楽という点ですね。

スキンケアはアイテムが多いほど時間がかかりますよね。

1つ1つのアイテムが浸透するまで次のアイテムを塗布しない方が浸透力が高まるので、特に朝の忙しい時間帯はアイテムは少ないほうが楽ですね。

オールインワンゲルは1本でスキンケアができるから楽な分、ハンドプレスでしっかりと美容成分を浸透させると効果的です。

 

 

オールインワンゲルのメリットと特徴・1本で多機能なので悩み別のスキンケアを揃える手間がない

 

オールインワンゲルのメリットと特徴は1本で多機能なため、悩み別のスキンケアアイテムを揃える必要がないため手間もかかりません。

肌悩みに合わせてアイテムを増やすとその分、スキンケアに時間が掛かってしまい、面倒ですしスキンケアの時間がストレスに成りかねません。

オールインワンゲルは1本で多機能なため、さまざまなスキンケアアイテムを塗布する必要がないため、肌への摩擦や刺激を避けることができ、肌トラブルの原因を減らすことができます。

アイテムが増えれば美肌に近づくと思いがちですが、必要以上の美容成分を塗布しても角層が乱れていたり、ターンオーバーが乱れていると美容成分が浸透することができません。

アイテムを揃えるよりも、まずは保湿を重視して、肌悩みを改善するスペシャルケアアイテムを1つ程度追加するので十分ですよ。

 

 

オールインワンゲルのメリットと特徴・1本で多機能なので悩み別のスキンケアを揃える必要がないためコスパが良い

 

オールインワンゲルのメリットや特徴は、1本で多機能なので悩み別のスキンケアアイテムを揃える必要がないため、コストが少なくてすみます。

医薬部外品やエイジングケア用の化粧品は特に高額ですよね。

年齢肌はさまざまな肌悩みが増えてくるので、必要なスキンケアアイテムも多くなりがちです。

肌悩みが1つに絞れないため、色々なアイテムを買ってしまう方も多いですね。

オールインワンゲルは保湿を重視することと、特に気になる肌悩みを改善する成分が配合されたものを選ぶので十分です。

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・エイジングケア(若返り)効果

 

オールインワンゲルにはエイジングケア効果が期待でき、アラフォーやアラフィフなど年齢肌の悩みが増えてくる方におすすめです。

エイジングケアが可能なオールインワンゲルは、プチプラや保湿成分の低い商品では効果が期待できません。

ちふれやハトムギ保湿ジェル、無印などプチプラのものはエイジングケア効果は期待できません。

お米由来の保湿成分が配合されたゆめぴりかは、保湿力が高く人気がありますが、角層の奥まで浸透できる保湿成分が配合されていません。

たるみ引き上げやほうれい線の改善に効果的なフィトリフトは、口コミ評価も高く、エイジングケア成分が豊富に含まれておりおすすめです。

フィトリフトは芸能人やモデルの愛用者も多くインスタなどのSNSでも評価の高いオールインワンゲルです。

 

 

オールインワンゲルのアンチエイジング効果・たるみ改善

 

オールインワンゲルにはエイジングケア効果が期待できる成分が含まれる商品がたくさんあります。

40代~50代の肌悩みの上位には「たるみ」がありますね。

たるみは加齢によるコラーゲン量の減少や質の低下により起こります。

コラーゲンは肌の細胞と細胞をつなぐ役目や、肌の繊維を支える役目、ヒアルロン酸などの細胞を活性化する働きなどがあります。

コラーゲンが不足することで肌の土台が弱まることや、ヒアルロン酸の働きが低下するため水分量が減少し、肌はハリや弾力を失いたるみに繋がります。

40代・50代のたるみケアには、オールインワンゲルがおすすめです。

 

 

リフトアップが可能なオールインワンゲルの特徴

 

リフトアップが可能なオーリンワンゲルは、保湿重視に加えて、浸透型コラーゲンやビタミンC誘導体などを配合しているものが多いです。

コラーゲンは肌の表面に留まるもの、肌の奥まで浸透するものなど、さまざまなタイプがあります。

ビタミンCはコラーゲンを生成する働きがあるため、コラーゲンを増加させるために必要な成分です。

ビタミンCはそのままの形では不安定で肌の奥まで安定して届けることができません。

そのため、肌の奥まで安定して浸透することができるビタミンC誘導体が効果的です。

パーフェクトワンモイスチャージェルやフィトリフトなど、リフトアップに効果的なオールインワンゲルは浸透型コラーゲンやビタミンC誘導体など、たるみケアに必要な成分を豊富に含んでいます。

保湿力の高いゆめぴりかは、浸透型コラーゲンやビタミンC誘導体などたるみケアに必要な成分が含まれていないため、たるみ改善は期待できません。

 

 

頬が弛むとほうれい線の原因となる

 

加齢によりコラーゲンが減少したり、コラーゲンの質が低下すると、肌はハリや弾力を失いたるみとなって現れます。

たるんだ肌はほうれい線やブルドッグラインの原因となります。

しわは深くなると改善がとても難しいため、頬が緩み始めたらすぐにエイジングケアを開始することをおすすめします。

ほうれい線が消えるクリームなどもありますが、コラーゲンの減少や質の低下を根本的に解決できる商品はほとんどありません。

40代・50代の頬の緩みは、ほうれい線などのしわの原因となるため、複合型コラーゲンやビタミンC誘導体を配合したオールインワンゲルでケアすることをおすすめします。

敏感肌の方はオーガニックや植物性由来成分を配合したオールインワンゲルを選ぶと安心ですね。

 

 

オールインワンゲルのアンチエイジング効果・くすみ改善

 

オールインワンゲルのアンチエイジング効果には、くすみ改善があります。

くすみはターンオーバーの乱れなどにより新陳代謝が悪くなることや、血行不良、老化や糖化などが原因で起こります。

くすみの改善には角層のケアによりターンオーバーの乱れを改善する必要があります。

くすみ対策でオールインワンゲルを選ぶ時は、角層をケアする和漢エキスやトラネキサム酸、アルブチンなどの美白成分配合のものがおすすめです。

 

 

エイジングにより肌がくすむ理由

 

年齢を重ねると肌細胞の生まれ変わりの周期が長くなり、古くなった皮膚(角質)により角層が厚くなり、皮膚のターンオーバーが乱れます。

10代・20代の頃は皮膚のターンオーバーが28日周期ですが、30代・40代になると40日程度まで長くなります。

ターンオーバーの乱れにより皮膚は新しい細胞を生み出したり、古くなった角質を除去する働きが弱まり角質が被厚化します。

角質層にはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美容には欠かせない細胞が豊富に存在していますが、角層が被厚し固くなると、これらの美容成分の働きが低下します。

水分を蓄えられなくなった肌は栄養不足・血行不良となり、肌の色は老廃物を排泄できないためくすみます。

肌のくすみを改善するためには、皮膚のターンオーバーの乱れを正常化し、角層をケアする必要があります。

エイジングケア機能のあるオールインワンゲルを選ぶ時は、保湿重視のものを選び、角層をケアするヒアルロン酸・ビタミンC誘導体・セラミド・コラーゲン・和漢エキスなどを配合しているものを選びましょう。

 

 

オールインワンゲルのアンチエイジング効果・ハリ不足改善

 

オールインワンゲルにはハリや弾力の改善効果が期待できるものがあります。

ハリや弾力を改善するためには、皮膚の土台となるコラーゲンの量や質を改善する必要があります。

コラーゲンは皮膚の細胞と細胞を結びつけ、肌に弾力を持たせる働きがあります。

ハリや弾力不足にはコラーゲンの量を増やし、質を改善する必要がありますが、スキンケアにふくまれるコラーゲンは分子が大きく肌の角層まで浸透することができません。

コラーゲンの中には角質層の奥まで浸透する性質を持つコラーゲンがあり、オールインワンゲルを選ぶ時は浸透型コラーゲン配合のものを選ぶことをおすすめします。

 

 

エイジングによりハリ不足となる理由

年齢を重ねるとコラーゲンの量や質が低下します。

コラーゲンはエラスチンと共に肌の土台となる繊維を作り、細胞同士を繋ぐ柱の役割を持っています。

肌の繊維にはヒアルロン酸やプロテオグリカンなどがくっついて存在しており、コラーゲンが減少したり質が低下することでヒアルロン酸やプロテオグリカンも機能が低下します。

ヒアルロン酸やプロテオグリカンは保水力に優れた細胞で、これらが減少したり質が低下すると肌は保水量が低下し萎んでしまいます。

これがハリや弾力不足の原因となります。

コラーゲンは年齢と共に減少してしまうため、スキンケアで補う必要があります。

コラーゲン配合のオールインワンゲルでも、浸透型コラーゲンでなければ肌の奥まで浸透することができません。

オールインワンゲルを選ぶ時は浸透型コラーゲン配合のものを選びましょう。

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・美白効果

 

オールインワンゲルには美白効果を謳うものが多いですね。

ドラッグストアなどで市販されているプチプラ商品は美白効果はあまり期待できません。

シミが取れるジェルやハイドロキノン配合の美白スキンケアもありますが、ちふれやセザンヌ、エリクシールなどのプチプラのものには良い成分は含まれていません。

資生堂のアクアレーベルやパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル、リフトケアジェルなどの医薬部外品の中には美白有効成分が豊富に配合されており、美白効果が期待できます。

 

 

美白効果のあるおすすめオールインワンゲルのポイント

 

美白スキンケア商品はたくさんありますが、本当に美白効果が期待できるものはほんの一部です。

まず、美白有効成分は乾燥した肌や、角質層が乱れた肌には浸透できません。

美白をするなら第一に保湿が重要です。

肌の奥の角質層までしっかりと潤うと、美白有効成分を浸透させることができます。

美白重視のオールインワンゲルを選ぶ時は、保湿力が高いものを選びましょう。

 

 

美白効果が高い医薬部外品のオールインワンゲルがおすすめ

 

オールインワンゲルには、化粧品・医薬部外品・ドクターズコスメなどがあります。

医薬部外品は化粧品とは異なり、有効成分の効果・効能を謳うことができます。

また、厚生労働省が定めた有効成分が規定量配合されています。

そのため、化粧品に比べると美白効果が高いと言えます。

美白オールインワンゲルはプチプラのものは医薬部外品のものは少ないですね。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは美白と保湿が同時に叶い、複合型コラーゲンやヒアルロン酸・セラミドを配合することで保湿効果が高いオールインワンゲルです。

 

 

プチプラで美白有効成分が豊富なオールインワンゲルは探すのが難しい

 

美白有効成分はビタミンC・ビタミンE・トラネキサム酸・アルブチンなどさまざまな種類があります。

プチプラ商品は薬用オールインワンゲルが少なく、いわゆる化粧品のものが中心です。

美白有効成分は分子が大きく肌に浸透できないものもあります。

そのため、肌の奥まで浸透できるようにする必要があります。

プチプラのオールインワンゲルでは、肌の奥まで浸透できる成分が少なく、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのように肌の奥の角質層まで美白有効成分がしっかりと浸透できるものは医薬部外品であることが多いです。

 

 

オールインワンゲルの美白効果・しみ、そばかすの改善

 

オールインワンゲルには、シミやそばかすを予防・改善する効果のあるものがありますね。

美白有効成分が配合された医薬部外品(薬用オールインワンゲル)は、シミやそばかすの予防・改善を謳うことができ、一般的な化粧品扱いのオールインワンゲルに比べて美白効果が期待できます。

美白有効成分は様々ありますが、トラネキサム酸・アルブチン・グリチルリチン酸2K・水溶性プラセンタ・ハイドロキノンなどがあります。

美白効果の高いオールインワンゲルを選ぶ時は、紫外線による肌へのダメージをケアする成分(トラネキサム酸)が有効成分となっているものを選ぶことをおすすめします。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、トラネキサム酸・アルブチンの2種類の美白有効成分を配合し、高い美白効果を期待することができますよ。

 

 

シミ・そばかすの原因とスキンケア方法

 

シミ・そばかすの原因の多くは紫外線による肌へのダメージです。

紫外線は肌の奥の角質層まで届き、コラーゲンを破壊するなどのダメージを与えます。

紫外線によるダメージによりコラーゲンが破壊されると、肌の土台の役割が低下するため肌は弾力やハリを失ったり、コラーゲンが作る肌繊維にくっついているヒアルロン酸などの機能も低下するため、肌は乾燥し敏感肌などのトラブルに繋がります。

紫外線によるダメージにより肌のターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下し、様々な肌トラブルに繋がります。

紫外線を浴びると防御反応としてメラニンが生成されますが、肌のターンオーバーが乱れた状態では、過剰なメラニンを排出することができず、新しいシミ・そばかすができる原因となります。

美白有効成分であるトラネキサム酸やアルブチンは、メラニンの生成を抑制する作用があるため、シミ・そばかすの原因を作らせません。

またトラネキサム酸は、紫外線ダメージによる肌の炎症を抑える働きがあるため、シミ・そばかすの予防だけではなく改善も期待することができます。

シミ・そばかすの予防や改善には、トラネキサム酸・アルブチンが配合された医薬部外品のオールインワンゲルがおすすめです。

 

 

 

トラネキサム酸・アルブチン配合の美白オールインワンゲルはこちら

 

 

オールインワンゲルの美白効果・美肌

 

オールインワンゲルには角質ケア(ピーリング効果)ができるものもありますね。

定期的な角質ケアは美肌に必要です。

肌は日々のストレスや紫外線、有害物質、生活環境などによりターンオーバーが乱れることがあります。

ターンオーバーが乱れると、肌の新しい細胞が生まれ変わることができないため、不要になった角質は分厚くなり角栓などの原因となります。

角栓はニキビの原因となったり、スキンケア成分の浸透を妨げたり、さらなる肌のターンオーバーの乱れの原因となります。

定期的に角栓をケアして、美肌成分が肌に浸透しやすい状態を保ちたいですね。

 

 

定期的な角質ケア(ピーリング)の効果

 

マッサージやパック効果のあるオールインワンゲルは、定期的な角質ケアの代わりにおすすめです。

オールインワンゲルをマッサージクリームとして使用し、リンパマッサージをすることで肌の老廃物が排出しやすくなりますし、肌の血流が改善することで肌のターンオーバーの乱れを改善します。

和漢エキスなどの角質ケア成分が配合されたオールインワンゲルなら、ジェルパックをすることで角質が柔らかくなり、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

角質ケア成分(整肌成分)の配合されたオールインワンゲルを選ぶことで、美肌を作ることができます。

 

 

整肌成分配合のオールインワンゲルで肌の透明感アップ

 

肌のターンオーバーの乱れにより角質が固くなると、皮膚の老廃物(角栓など)を排出することができなくなるため、肌はくすんで透明感が低下します。

角質層が固く分厚くなると血流が低下し肌細胞に十分な栄養を送ることができないため、肌の細胞の新陳代謝が低下し、古い細胞がなかなか排出されません。

肌の透明感はターンオーバーが整い、新しい細胞が生まれ活発に活動している状態です。

新しい細胞は肌の不要な物質を排出させたり、血管から十分な栄養を取り込みやすいため、肌は潤い透明感アップに繋がります。

整肌成分は、角質ケアに効果的な成分で、角質層の血流改善や新陳代謝の改善などに効果的です。

和漢エキスなどの整肌成分を豊富に含むオールインワンゲルを選ぶことで、肌の透明感アップにつながりますよ。

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・ニキビケア効果

 

オールインワンゲルには、ニキビやニキビ跡の改善に効果的なものもありますね。

ニキビの原因は思春期ニキビや周期ニキビ(大人ニキビ)など様々あります。

ニキビができている状態は肌に炎症が起きており刺激に弱い状態になっています。

そのため、植物由来のボタニカルオールインワンゲルや、オーガニックオールインワンゲルを選ぶ方が多いですね。

医薬部外品のネイチャーコンクはニキビケアを重視している方に人気があります。

ドラッグストアで市販されているプチプラオールインワンゲルには、ニキビ対策に重点を置いている商品は少ないですね。

無印良品のオールインワンゲルはニキビ対策用のものがあり、オーガニックで肌への刺激が少ないタイプになっています。

メンズのニキビは、女性の周期ニキビとは原因が異なるため、メンズ向けのニキビ対策オールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

ニキビ肌の人は油分と水分のバランスが乱れており、Tゾーンなどは皮脂が過剰になり、毛穴が開きやすいためニキビが繰り返しできやすい状態です。

ニキビやニキビ跡の対策には、抗炎症作用のある成分や和漢エキスなどが配合されたオールインワンゲルがおすすめです。

 

 

角質層ケア成分配合でニキビ跡も改善

 

ニキビ跡は肌のターンオーバーにより改善されますが、繰り返すニキビや、化膿したニキビなどは改善されにくく、シミや色素沈着の原因となることがあります。

ニキビ跡はシミになる前に改善することをおすすめします。

ニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーの乱れを正常化するのが効果的です。

肌のターンオーバーの乱れを正常化するためには、角質層ケアが有効です。

固く分厚くなった角質層は、抗炎症作用のある成分やニキビケアに有効な成分を塗布しても、肌の奥まで浸透することができません。

角質層のケアが可能な和漢エキスや植物由来保湿成分などが配合されたオールインワンゲルがおすすめです。

 

 

肌のオイルバランスを整えニキビができにくい肌質になる

 

肌のターンオーバーが正常な状態は、肌の油分と水分のバランスが良好で、皮膚が健康な状態と言えます。

ニキビやニキビ跡が気になる肌は、皮脂と水分のバランスが悪いケースが多いです。

皮脂の取りすぎや、オイル配合のスキンケアを使用することで、ニキビが悪化することがあります。

ニキビができやすい方は毛穴が開き皮脂が過剰になっていることが多いのですが、ニキビの原因は乾燥であることも多いため、保湿対策がとても重要です。

保湿重視のオールインワンゲルを選び、ニキビやニキビ跡に効果的な抗炎症作用のある成分配合のものを選びましょう。

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・毛穴ケアの効果

 

オールインワンゲルには毛穴ケアを重視したものがありますね。

毛穴は乾燥や皮脂過剰、エイジングが原因となります。

皮脂過剰の場合には詰まり毛穴、乾燥の場合は開き毛穴、加齢の場合はたるみ毛穴など、毛穴には様々なタイプがあります。

毛穴のタイプは様々ですが、基本的なスキンケアは保湿です。

肌の乾燥は全ての肌トラブルの原因となるため、オールインワンゲルを選ぶ時は保湿力の高いものを選ぶことをおすすめします。

 

 

毛穴詰まりの原因とスキンケア方法

 

乾燥肌は、粉を吹いてしまうタイプの人や、皮脂過剰になるタイプの人がいます。

乾燥により皮脂過剰になる人はTゾーンや頬などの皮脂が多く、毛穴が詰まりやすくなります。

部分的には乾燥し、Tゾーンなどはオイリーな人は混合肌タイプです。

毛穴詰まりを改善するためには、過剰な皮脂の分泌を抑える必要があります。

過剰な皮脂の分泌は保湿を重視することで改善されます。

毛穴詰まりはニキビの原因となるため、余分な汚れはしっかりと洗い流し、肌の内側からしっかりと保湿をする必要があります。

オールインワンゲルを選ぶ時は保湿力の高いものを選び、収れん効果のある成分が配合されたものや、抗炎症作用のある成分が配合されたものを選びましょう。

 

 

定期的な角質ケアで角栓詰まりを予防する

 

定期的な角質ケアにより、角栓詰まりによるニキビやニキビ跡は改善・予防することができます。

角質ケアは週に1回程度が理想と言われており、やりすぎると肌内部が乾燥し、余計に皮脂過剰になってしまい角栓詰まりをおこしてしまいます。

角質ケアの方法は、ピーリングや酵素洗顔などがあります。

マッサージや整肌効果のあるジェルでのパックも効果的です。

ふき取り化粧水で、日常的に汚れを落としておくと、美容成分が肌の内部に浸透しやすくなります。

 

 

角質ケア(ピーリング)と相性の良いオールインワンゲルの特徴

 

角質ケア(ピーリング)の後は肌は乾燥しやすくなっているため、普段よりも保湿を心がけましょう。

角質ケアと相性の良いオールインワンゲルは、保湿力が高く、1本で肌の内部までしっかり保湿できるタイプのものです。

肌の内部まで保湿成分を届けるためには、角質層まで浸透できる成分が配合されている必要があります。

分子の大きな成分は肌の奥まで浸透することができないため、美容成分が浸透作用のあるものや、ナノ化されているものを選びましょう。

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・イボ・肌のザラつき改善の効果

 

オールインワンゲルには顔のイボ対策を重視したものもありますね。

顔のイボ対策におすすめなオールインワンゲルは、わらびはだです。

首や目の周りなど、皮膚の柔らかい部位は、ザラザラ肌になったり、ボツボツとしたイボができやすい部分です。

首や顔の小さなブツブツやイボは、角質ケアにより肌のターンオーバーを改善することで予防・改善することができます。

わらびはだは、ボタニカル無添加のオールインワンゲルで、高い保湿力と角質ケアが同時にできます。

高い保湿力により固く分厚くなった角質層に美容成分を浸透させ、肌の内側からしっかりと保湿することで、首や顔のボツボツやザラザラ、イボなどを改善することができます。

 

 

顔のブツブツとしたイボができる原因

 

顔や首のイボやザラザラは、皮膚のターンオーバーの乱れにより古くなった角質が排出されずに皮膚に残ることで起こります。

皮膚のターンオーバーが乱れる原因は、加齢や紫外線、服やアクセサリーによる摩擦など様々です。

加齢や紫外線は肌のコラーゲンを減少し、質を低下させます。

服やアクセサリーの摩擦も肌へのダメージとなり、肌のターンオーバーの乱れに繋がります。

 

 

顔のイボや肌のザラつきを改善する成分

 

顔や首のイボやザラつきに効果的と言われる「わらびはだ」は、ノーベル賞を受賞した成分であるEGF(ヒトオリゴペプチド)が配合されているのが特徴です。

EGFは、余分なものを排出し細胞を生まれ変わらせる力があるとされており、古くなった角質や脂肪分によりできてしまった顔や首のイボやブツブツを取り除き、新しい細胞に生まれ変わらせることができます。

EGFを配合し顔や首のイボやボツボツの改善を重視したオールインワンゲルは、わらびはだしかありません。

首や顔のイボやブツブツは、放置すると色が次第に濃くなり目立ってしまいます。

イボなどの凹凸のあるものはメイクでも隠しきれませんし、色が次第に濃くなったしまうと余計にメイクでは隠すことができません。

小さなイボやブツブツが気になりだしたら肌のターンオーバーが乱れている証拠でもあるため、早めにケアすることをおすすめします。

 

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・テカリ、ベタつき改善

 

オールインワンゲルには顔のテカリやベタつきを改善する効果のあるものもありますね。

テカリやベタつきは、肌の内側の保湿をすることと、皮脂を吸着しベタつきを改善させる方法の2つがあります。

皮脂の吸着は、スキンケアに含まれているものと、メイク下地などに含まれているものがあります。

テカリやベタつきは根本的に原因を解決しなければ肌トラブルの原因となるため、テカリやベタつきを予防するオールインワンゲルを選びましょう。

オールインワンゲルを選ぶ時のポイントは保湿力が高いものを選ぶことです。

全ての肌トラブルは肌の乾燥が原因となることが多いため、保湿重視のオールインワンゲルがおすすめです。

 

 

顔がテカる原因とスキンケア方法

 

顔のテカリやベタつきの原因は、皮脂が過剰になっていること、またはスキンケア成分が浸透せずに肌表面に留まっていることの2つです。

肌は乾燥すると皮脂を出そうとして部分的に皮脂過剰になりやすいのです。

皮脂過剰の原因は肌内部の乾燥であることが多いため、まずはしっかりと保湿をする必要があります。

肌の奥の角質層まで浸透する保湿成分を配合したオールインワンゲルを選びましょう。

浸透型コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれいてるオールインワンゲルがおすすめです。

ベタつきを抑える方法として皮脂吸着効果のあるスキンケアを使用する方法があります。

皮脂吸着タイプのスキンケアであっても、基本は肌をしっかりと保湿することです。

 

 

ベタつきを抑えるオールインワンゲルの特徴

 

テカリやベタつきを抑えるオールインワンゲルは、肌への浸透力が高いもの、保湿力が高いもの、皮脂吸着作用を持つものです。

肌への浸透力が低いと肌表面にスキンケア成分が残っているため、肌はベタベタしやすくなります。

保湿力が低いスキンケアを使用していると、ケアをしてもすぐに肌内部は乾燥を起こし、余分に皮脂を分泌してしまいます。

テカリやベタつきが気になる人は、サラっとした使い心地のテクスチャーを選ぶと改善します。

軽いつけ心地のテクスチャは油分が少なく水分が多いものに多いので、乾燥が余計に酷くなりテカリに繋がる人もいます。

サラっとしたテクスチャーであっても保湿力が高いものを選ばなくてはテカリやベタつきを抑えることはできません。

浸透型コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、セラミドなどを配合しているオールインワンゲルを選びましょう。

 

 

オールインワンゲルの効果なしと感じる理由

 

オールインワンゲルは1本では効果なしと感じる人もいます。

オールインワンゲルは選び方を間違えると効果なしだと感じるかもしれません。

1本でしっかりと保湿をする必要があるため、保湿力の高いものを重視して選ぶ必要がありますね。

様々な肌トラブルを改善したいところですが、肌トラブルのほとんどは乾燥が原因となります。

肌の乾燥は皮膚のターンオーバーを乱れさせ、肌のバリア機能の低下などにつながり、様々な肌トラブルを引き起こします。

まずは保湿を心がけ、その次に最も気になる肌トラブルを改善する作用のある成分配合のオールインワンゲルを選びましょう。

 

 

1本では物足りなく感じる

 

多くのスキンケアは、化粧水・美容詠・乳液・クリームなど数種類のラインがありますよね。

肌悩みが多い人なら、悩みに合わせたアイテムが増えるため、いくつものアイテムを使っている方が多いのです。

普段はたくさんのアイテムを使っていると、効果を実感できなくても何となく安心感があるかもしれません。

でも、美肌のために最も重要なことは保湿です。

オールインワンゲル1本では物足りなく感じる人は、過剰なお手入れが習慣化している人や、保湿力が弱いオールインワンゲルを選んでしまい、結局ほかのスキンケアアイテムを追加する必要があった人です。

オールインワンゲルは本来は1本でスキンケアが終了するものなので、物足りないと感じる人や、保湿力が高く、最も気になる肌悩みを改善する成分が配合されたオールインワンゲルを選ぶことができているか確認をしましょう。

肌悩みの改善を種目的にしてしまうと、保湿力が低下し1本では物足りなく感じるかもしれません。

複合型コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿効果の高い成分を配合しているオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

 

1本で多機能なのを実感できない

 

オールインワンゲルは、1本で保湿・美白・エイジングケア・毛穴ケア・ニキビケアなど様々な効果を謳っています。

1本で様々な肌悩みを解決できるようで期待が高まりますね。

でも、全ての肌悩みをスッキリ解決できるわけではありません。

もちろん多機能成分が配合されており、様々な肌悩みに対応しています。

肌悩みの多くは乾燥からくる肌のターンオーバーの乱れや、バリア機能の低下が原因となります。

そのため保湿を重視し、肌のターンオーバーを正常化し、健康な肌細胞が活性化する状態にならなければ、美肌を実感することができません。

肌悩みの種類が多い人ほど、効果を実感するまでに時間が必要です。

オールインワンゲルは1本で多機能ですが、なかなか効果を実感しにくいという方は、肌悩みを最も申告なものに絞った商品選びをすることをおすすめします。

 

 

1本で本当に効果を実感するオールインワンゲルの選び方

 

オールインワンゲルは1本で様々な肌悩みを改善する成分が配合されています。

でも、肌悩みに合わせたスキンケアアイテムに比べると、1つ1つの効果は薄れます。

オールインワンゲルは1本で様々なケアができますが、肌悩みの全てを解決しようと思うと効果を実感しにくくなります。

オールインワンゲルの選び方のポイントは、どのような肌悩みの人であっても保湿重視の商品を選ぶことです。

肌悩みの多くは乾燥が原因となるため、肌の内部まで浸透する美容成分が配合されたオールインワンゲルを選びましょう。

肌の奥まで美容成分が浸透することで角層にしっかりと水分を補給することができ、角層内のコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの働きが活性化します。

浸透型コラーゲンなど、肌の奥まで浸透することができる美容成分が配合されているオールインワンゲルを選びましょう。

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・メンズのスキンケア効果

 

メンズのスキンケアでは、テカリやベタつきを抑える効果のあるオルビスのミスタースキンジェルローションなどの、ローションタイプが人気ですね。

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、オールインワンゲルを選ぶ時は、コッテリとしたテクスチャーのものを選ぶとベタつきやテカリが酷くなることもあります。

油分が少なく水分量が多いローションタイプの方が男性の肌質には適しています。

ドラッグストアで市販されているプチプラのちふれ・無印良品・unoなどにも、メンズ向けオールインワンゲルがあります。

通販での購入が可能なzigenは、ニキビケアのオールインワンゲルで人気があります。

 

 

メンズ用オールインワンゲルの選び方

 

男性は女性に比べて毛穴の数が2倍あるとされています。

毛穴の数が多いので、皮脂の分泌量も女性の3倍と多く、ベタつきやテカリが気になる方が多いのです。

男性は女性ほどスキンケアに注意をしている人はいませんし、日頃から髭剃りで肌に負担がかかりますし、UVカットなどもしていない方が多いので、インナードライの状態になっている方も多いのです。

男性の場合はUゾーンが乾燥しやすく、Tゾーンは皮脂過剰という方が多いですね。

ベタつきやテカリが気になるからと皮脂を落としすぎてしまうと乾燥が進み、敏感肌になったり、余計にオイリー肌になってしまいます。

メンズのオールインワンゲル選びのポイントは、インナードライ肌を改善するため保湿重視のものを選ぶことです。

保湿を重視し、皮脂分泌抑制効果のある成分や収れん効果(毛穴引き締め)のあるローションタイプのオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

 

オールインワンゲルの基礎化粧品の効果

 

オールインワンゲルは、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・美容液・クリームなど、皮膚を清潔に保ち肌質を整える目的を持つ基礎化粧品を1本にまとめたスキンケア商品です。

クレンジングや洗顔の効果を持つオールインワンゲルは少なく、化粧水・美容液・乳液・クリームの4つの機能を1本にまとめた商品が定番です。

それに加えて、アイクリーム・マッサージクリーム・パック・化粧下地などの効果を追加した商品もあります。

オールインワンゲルは1本で多機能なため時短が可能なスキンケアとして人気がありますが、肌質や生活環境に合わせて商品選びをするのがポイントです。

UVカット効果のあるオールインワンゲルは寝る前には使えませんし、保湿のみを目的とした場合はクレンジングや洗顔の機能も不要です。

いつどのような目的で使用するのかによって商品選びをしましょう。

 

 

クレンジング効果のあるオールインワンゲルについて

 

クレンジングへメイク落としであり、ベースメイク(ファンデーションや日焼け止めなど)の種類によってはクレンジング不要のものもあります。

最近では肌負担を避けたい方や、敏感肌の人はクレンジング不要のミネラル化粧品を使っていることもあり、クレンジングは不要という方もいますね。

クレンジングは、濃いメイクや皮脂汚れなどを落とす効果があるため洗浄力が強く、クレンジング不要のベースメイクなら極力、使用を控えたいところです。

クレンジングをすることで必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥肌や敏感肌になる可能性もあります。

普段使用するベースメイクによってはクレンジング機能のあるオールインワンゲルは肌トラブルの元になります。

クレンジング機能のあるオールインワンゲルを選ぶ時は、しっかりメイクをした夜のみ使用するなど、用途を考えて使うことをおすすめします。

 

 

洗顔効果のあるオールインワンゲルについて

 

洗顔効果のあるオールインワンゲルは、時短を目的にオールインワンゲルを使いたい人にとって魅了的ですよね。

皮膚科のドクターや美容家などプロの間でも、朝は洗顔料は肌負担の元になるため不要とする方や、朝も余分な皮脂を流す目的で洗顔料を使う必要があるとする方など、考え方は様々ですね。

オイリー肌や、混合肌の方は、朝起きてから小鼻周りのベタつきが気になる方も多いですよね。

肌質に合わせて洗顔効果のあるオールインワンゲルを選ぶ必要がありますね。

オールインワンゲルは1本で様々な効果や機能を持つため、1つ1つの効果は低くなってしまいます。

朝はメイクや皮脂の汚れは少ないため、夜間の洗顔とは意味合いが異なります。

洗顔効果のあるオールインワンゲルを使用する場合は、朝の時短目的で使うが、夜はしっかりと洗顔料を使って洗うなど工夫が必要です。

スキンケアの目的でオールインワンゲルを選ぶなら、洗顔機能のあるオールインワンゲルは逆に使いにくいかもしれませんね。

 

 

導入美容液効果のあるオールインワンゲルについて

 

導入美容液は、肌を柔らかく整え、その後の化粧水や乳液の浸透を高めるために使用します。

導入美容液はオイルタイプやジェルタイプなどテクスチャーは様々です。

肌表面を滑らかにするだけではなく、角質層まで美容成分を浸透させることで、角質ケアができるものもあります。

導入美容液は、そのほかのスキンケアの前に浸透させることで効果を発揮するため、導入美容液効果のあるオールインワンゲルを使用しても、本来の導入美容液と同じ効果は期待できません。

乾燥が気なる方や、しっかりと美容成分を浸透させたい方は、オールインワンゲルの前に導入美容液を使用した方が効果を実感できます、

 

 

オールインワンゲルの化粧水の効果

 

オールインワンゲルには化粧水効果があり、肌に水分を与えることができます。

化粧水はクレンジングや洗顔により皮脂が洗い流されることで肌の水分が低下するため、補う目的で使用します。

オイリー肌やニキビ肌向けの化粧水はオイルフリーでサラサラとしたテクスチャーのものが多く、乾燥肌やエイジングケア向けの化粧水はコッテリとしたテクスチャーのものが多いです。

油分が多いものほどコッテリとしたテクスチャーになり、ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分の含有量が増えます。

オールインワンゲルは化粧水の効果を持ちますが、洗顔後は化粧水を浸透させることで毛穴の収れん効果を発揮したり、化粧水の浸透力が高く肌をしっとりさせることができます。

オールインワンゲルの場合はジェル状のテクスチャーなので、爽快感や毛穴が閉まるような感覚は少ないです。

洗顔後はさっぱりしたいという方は、オールインワンゲルの前に化粧水を塗布するという方もします。

保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶことで、化粧水の必要はありませんが、併用しても全く問題はありません。

 

 

 

オールインワンゲルの乳液の効果

 

乳液は化粧水の後に使用することで、肌の内部まで浸透した水分が逃げないように、油分で蓋をする役割があります。

そのため、化粧水に比べると油分が多く、コッテリとしたテクスチャーのものが多いです。

オールインワンゲルには乳液効果があり、肌の内部に浸透した保湿成分を逃がさないようにする働きがあります。

 

 

化粧水→オールインワンゲルなど乳液代わりにも使用できる

 

オールインワンゲルは乳液効果もありますが、乳液代わりに使用することもできます。

化粧水を使いたいという方は、化粧水後にオールインワンゲルを乳液代わりに塗布します。

オールインワンゲルは乳液効果を持つため、その後に乳液をつける必要はありません。

オールインワンゲルには様々な美容成分が含まれ、肌悩みを解決する成分が含まれているため、乳液代わりに使用することで、様々なな美容効果を得ることが期待できます。

 

 

美容液効果のあるオールインワンゲルについて

 

美容液効果を持つオールインワンゲルは多いですね。

美容液は、基礎的なスキンケアに加えて、肌悩みに特化して選ぶスペシャルケアのような役割を持ちます。

特に肌トラブルがなければ、化粧水+乳液で十分ですからね。

それに加えて、美白効果を高めたい方は美白美容液を追加しますし、エイジングケアをしたい方はリフトアップ美容液やたるみ毛穴をケアする美容液を追加したりします。

オールインワンゲルを選ぶ時は、特に気になる肌悩みを解決する成分が含まれているものを選びましょう。

肌悩みを1つに絞りきれない方は、悩みに合わせた美容液を追加することで、より美容効果が高まりますよ。

 

 

クリーム効果のあるオールインワンゲルについて

 

クリームはスキンケアの最後に使用するタイプが多いですね。

乳液や美容液よりも油分が多いため、スキンケアの最後に使用することで、肌の水分が蒸発しないように蓋をする働きがあります。

オールインワンゲルにはクリーム効果を持つものが多いですね。

クリームは保湿効果の高いアイテムなので、クリーム効果を持つオールインワンゲルは保湿成分が多く含まれいているものが多いです。

寝る前にクリームをつけて寝ることで、就寝中にもしっかりと保湿することができるため、翌日の化粧ノリがよくなり時短に繋がります。

クリームはベタつくから苦手という方も、オールインワンゲルなら1本でクリーム効果が期待できるのでおすすめです。

 

 

パック効果のあるオールインワンゲルについて

 

パックは、美容成分を集中的に浸透させたい時などに効果的です。

パック効果を持つオールインワンゲルは、一般的なパックのように洗いがしたり拭き取る必要がないため手軽です。

オールインワンゲルをコットンに乗せてジェルパックをする方法もあり、スペシャルケアとしておすすめです。

普段は一般的なスキンケアを行い、スペシャルケアとしてオールインワンゲルでパックのみ行うという方もいます。

オールインワンゲルは肌質や生活環境、スキンケアの目的に合わせて使用すると、より美容効果が高まりますよ。

 

 

オールインワンゲルのベースメイク効果・日焼け止め(UVカット)効果

 

オールインワンゲルにはベースメイク効果を持つものもあります。

日焼け止め(UVカット)効果のあるオールインワンゲルなら、メイク前にUVカット下地を塗る必要がないため手間が省けますね。

家にいる時はメイクはしないという方は、家の中でも紫外線のダメージを受けるので、UVカット効果のあるオールインワンゲルを塗ることで肌ダメージを予防することができます。

紫外線ダメージは肌の老化を進行させ、様々な肌トラブルの原因となるため、メイクをしない日や家で過ごす時もしっかりとUVケアをしたいですね。

 

 

UVカット効果のあるオールインワンゲルについて

 

UVカット効果のあるオールインワンゲルは、それほど数は多くありません。

化粧下地効果を持つオールインワンゲルは多くありますが、UVカット効果はないものが多いです。

UVカット効果を持つオールインワンゲルは、UVLAB(ユーブイラボ)紫外線カットオールインワンゲルは、SPF32・PA3+の効果があります。

フレッシェルのクリーム アクアモイスチャージェルUVは、SPF28・PA2+の効果があり、医薬部外品となっています。

UVカット効果のあるオールインワンゲルは、寝る前は肌負担になるため使用はおすすめできません。

UVカット効果のあるオールインワンゲルは朝専用のスキンケアであり、夜用のスキンケアは別に必要になります。

朝も夜もオールインワンゲルを兼用したい人には、UVカット効果のあるオールインワンゲルはおすすめできません。

BBクリームやCCクリームは、ベースメイク効果が1本にまとまっているので、こちらの方が時短に繋がるかもしれませんね。

 

 

SPFとPAについて

 

SPFとは、Sun Protection Factorの略で、主に紫外線B波(UV-B)の防止効果を表す目安となる数値です。

紫外線を浴びると、個人差はありますが15~20分で肌が赤くなったり、ヒリヒリと痛くなったりといった日焼けがはじまります。

SPFの値は、紫外線を浴びてから日焼けが始まるまでの時間を延長することができる目安の時間であり、15分~20分XSPFの数値まで日焼けが始まるのを遅らせることができます。

SPF30なら、(日焼けが始まるまで15分とすると)、15分X30=450分(7.5時間)となり、日焼けが始まる時間を7.5時間遅らせることができる効果を持ちます。

 

参考;日焼け止めのSPF・PAの意味を選び方(ドクターシーラボ)

 

日焼け止めのPAは、紫外線A波(UV=A)の予防効果のある目安となっており、PA+からPA++++までの4段階の数値があります。

 

PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて効果がある

 

紫外線A波は、1年を通して安定した降り注ぐ紫外線であり、秋や冬の紫外線が弱いと感じる時期でも注意が必要となります。

普段は屋内で過ごす人もPA++程度のものを選び、外で過ごすことが多い人はPA+++からPA++++を選ぶと安心です。

 

 

オールインワンゲルのベースメイク効果・スキンケア+ファンデーションまで可能

 

オールインワンゲルの中にはスキンケアからベースメイクまで全ての機能を持つものもあります。

朝はとにかく時短をしたいという方にはおすすめです。

オールインワンゲルは基本的にはスキンケアの役割をもち、ベースメイクの時短はBBクリームやCCクリームなど化粧下地・日焼け止め・カラー補正・ファンデーションの機能を1つにまとめたものが主流でしたが、スキンケアからファンデーションまで1つで可能なオールインワンゲルも出てきました。

スキンケア+ベースメイクが1本で完了するため時短にはおすすめですが、メイク直しにはパウダーやリキッドファンデーションが必要になるのでコストダウンとはいきません。

また、就寝前はベースメイク効果のあるオールインワンゲルは使用できないので、朝用・夜用のスキンケアを揃える必要があります。

朝はとにかく時短したいという方は、スキンケアからベースメイクまで1本で完了するオールインワンゲルファンデーションが便利かもしれませんね。

 

 

ファンデーションまで可能な朝用オールインワンゲルのポイント

 

スキンケアからベースメイクまで1本で完了するセシールのオールインワンゲルファンデーションは、1本で8つの役割を持ちます。

化粧水・乳液・美容液・パック・化粧下地・日焼け止め・ファンデーション・コンシーラーを1本で全て済ませることができるため、忙しい朝は時短になるのでおすすめです。

オールインワンゲルファンデーションのポイントは、美容成分が80%でありクレンジング不要で肌負担が少ない成分で出来ていることです。

ファンデーションを塗ることでスキンケアが同時にできるので効果的ですね。

デメリットは、カラー展開が1色(ナチュラルベージュ)しかないことです。

肌なじみの良いカラーですが、やや黄色味があるため、色白の方やピンク寄りの肌の人には合わないかもしれません。

UVカット効果もあり、SPF28・PA++なので、屋内で過ごすだけなら十分な効果があると言えます。

外出の機会が多い人や、5~9月の紫外線が強い時期には、SPFやPAはもう少し数値が高いものの方が安心ですし、UVカット効果の高い下地をファンデーション前に塗布したほうがよりUVカット効果が高まります。

 

 

肌の悩みとオールインワンゲルの効果・ボディケア効果

 

オールインワンゲルは全身に使用することができ、ボディケア効果も期待できます。

保湿成分が豊富なため、大容量のものなら家族で全身に使用することができるのでコスパも良いですね。

オールインワンゲルは入浴後すぐに塗布しても肌なじみが良いため、お風呂場で全身に塗ると、入浴後の乾燥を防ぐことができます。

服を着てから全身にボディクリームを塗るのはちょっと面倒ですよね。

オールインワンゲルなら浴室で全身に塗布することができるので、便利ですし時短につながりますよ。

 

 

全身のケア

 

冬場などの乾燥する時期は全身が痒くなったり、粉を吹いたり、踵や肘のザラつきも気になりますよね。

オールインワンゲルには保湿成分や美容成分が配合されているため、冬場の乾燥を防ぎ全身を美肌に導きます。

大容量のオールインワンゲルなら、全身に使えるのでコスパが良いですよね。

マッサージ効果のあるオールインワンゲルは、全身のマッサージに使用することもできますね。

オールインワンゲルは、クリームやオイルほどベタベタしないので、全身マッサージをしても使用後はサラっとしていて不快感がありません。

 

 

背中のケア

 

背中にニキビができるという方も多いですよね。

オールインワンゲルには整肌作用のある成分が配合されているため、背中のニキビケアに使用することができます。

ニキビケア用のオールインワンゲルなら、抗炎症作用のある成分や、ニキビケアの有効成分が配合されているため、繰り返す背中ニキビに効果的です。

夏など、首や背中を出す機会のある時期は、背中のニキビはケアしたいですよね。

ニキビは色素沈着やシミの原因となるため、早めにケアをしてシミを予防しましょう。

 

 

手のケア・ハンドクリームの効果

 

オールインワンゲルは全身のどの部分にも使用できるため、手のケアやハンドマッサージにも使用することができます。

手は紫外線を浴びやすい場所なので、シミやしわなど年齢が出やすい部分です。

冬場は手が乾燥して痒い・・・ということはありませんか?

手は顔と違い、1日に何回も洗うので保湿を続けることが難しいのです。

オールインワンゲルは保湿成分や美容成分が豊富に含まれるので、寝る前に手にハンドクリーム代わりに塗ることでハンドケアをすることができますし、シミやしわの改善につながりますよ。

 

 

首・デコルテのケア

 

首やデコルテは年齢が出やすい部位ですよね。

顔はメイクで隠せますが、首やデコルテは隠せませんし、シミやしわがあると顔色もくすんで見えて、疲れて見えたり老けて見られてしまいます。

実年齢よりも若く見える人は、首やデコルテにしわやシミがなく綺麗な方が多いです。

首やデコルテは紫外線を浴びたり、ネックレスなどで肌に負担を与えやすい場所なので、日常的にケアをしたいですね。

スキンケアをする時は、顔だけでなく首やデコルテまでオールインワンゲルをたっぷりつけて、マッサージをするとシミやしわの改善に繋がります。

 

 

全身に使えるオールインワンゲルの効果・ヘアケア効果

 

オールインワンゲルはヘアケアに使用することもできます。

保湿成分や美容成分が多く含まれているため、ヘアパックとして使用することもできますし、冬場は静電気防止や切毛を落ち着かせることもできます。

根元がツンツンとして目立つアホ毛は髪の乾燥が原因となります。

静電気も同じく髪が傷み乾燥することで起こりやすくなります。

ヘアケアは夏場はミルクやクリームを使い、冬場は感想から髪がパサつくからオイルを使うという方もいますよね。

オールインワンゲルは頭皮のケアにも使用することができるため、根元から健康な髪を育てることができます。

オールインワンゲルは美容成分や植物由来成分が豊富なので、頭皮の乾燥を防ぐことで抜け毛や白髪の予防にも繋がります。

大容量のオールインワンゲルならヘアケアやボディケアにも惜しみなく使えますね!

 

 

 

 

人気No.1のオールインワンゲル

初回購入は50%offでお得

 

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]保湿・美白効果アップの使い方/適量・塗るタイミング・パックやマッサージ方法

 

オールインワンゲルの効果的な使い方3つのポイント

 

オールインワンゲルの効果的な使い方は「面積の広い箇所(頬)から順番につける」「朝・優や季節によって使い分ける」「週1回のジェルパックをする」の3つです。

オールインワンゲルは1本では物足りなく感じたり、乾燥してしまう方は、肌の内部への浸透が足りないかもしれません。

肌の内部まで浸透する浸透性コラーゲンや和漢エキスなど、保湿成分や美容成分を豊富に含むオールインワンゲルを効果的に使うことで美肌に導きます。

 

 

 

人気No.1のオールインワンゲル

初回購入は50%offでお得

 

 

 

オールインワンゲルの使い方・基本的な塗り方

 

オールインワンゲルは1本では物足りなく感じたり、乾燥してしまうという方もいますよね。

それは保湿成分や美容成分が肌の奥まで浸透していない可能性が高いです。

肌の角質層が固く分厚くなっていると、美容成分や保湿成分を吸収することができません。

オールインワンゲルを選ぶ時は、肌の角質層をケアする整肌成分や和漢エキス・肌のターンオーバーを正常化するビタミンC誘導体・コラーゲン・ヒアルロン酸などの美容成分が豊富に含まれるものを選ぶと良いですよ。

 

 

浸透力がアップする塗る順番

 

オールインワンゲルは面積の広い両頬から塗り、おでこ→あご→鼻の順番に広げると浸透力がアップします。

スキンケアは最初につけたところに多くつき、最後につけたところには少量つくことになります。

頬や目の周りは乾燥している人が多いため両頬から塗り、しっかり浸透させましょう。

小鼻周りやTゾーンは皮脂分泌が多くベタつきやすいため、最後につけることでベタつきやテカリを改善します。

また、スキンケアを塗る時は、顔の中心から外側に向かって塗り広げます。

顔の筋肉の走行に合わせてマッサージをするように塗り広げることで、リンパの流れが改善し、老廃物が排出しやすくなります。

 

 

乾燥しやすい部分には重ね塗りがおすすめ

 

混合肌の人はTゾーンはベタつきやテカリが気になるが、部分的に乾燥している方も多いですよね。

オイリー肌だと思っていたら、自分はインナードライ肌や、乾燥からくる皮脂分泌過剰ということもあります。

自分の肌タイプがわからない人は、洗顔に肌を15分程度放置し、「顔全体がテカリ、ベタベタするようなら乾燥肌タイプ」「顔全体がつっぱるなら乾燥肌タイプ」「顔全体がつっぱるが部分的にベタつきがあるならインナードライタイプ」です。

このような方法なら、どの部分が乾燥しやすいのか確認することができますね。

乾燥肌やインナードライ肌なのに間違ってオイリー肌対策をしていると、肌は乾燥が進行し敏感肌になったり、肌老化も進んでしまいます。

自分の肌タイプに合わせたスキンケアをするように心がけましょう。

乾燥しやすい場所にはオールインワンゲルを重ね塗りしましょう。

でも、1回に使用する量は目安の量を守り、少しずつ重ね塗りをするとテカリやベタつきを改善することができますよ。

 

 

口周りや目周りは寝る前に重ね塗りしよう

 

目周りは皮膚が薄くとても乾燥しやすい場所です。

目の周りが乾燥すると小じわの原因となったり、乾燥から肌ダメージが進むと、たるみなどの年齢肌に繋がります。

目周りは年齢が出やすい部分なので、重点的に保湿をしたいですね。

オールインワンゲルはアイクリーム効果を兼ねて、寝る前に重ね塗りをすると、目周りの肌がふっくらしますよ。

口周りやフェイスラインも乾燥しやすい人が多いですよね。

口周りやフェイスラインは乾燥により肌が弾力やハリを失うと、たるみの原因となります。

口周りのたるみはほうれい線の原因となり、フェイスラインのたるみは二重あごの原因となります。

寝る前に口周りやフェイスラインなど、乾燥が気になる場所n重ね塗りをするのが効果的です。

 

 

関連記事:[オールインワンゲル/使い方]保湿力アップの効果的な使い方/朝・夕の塗り方注意点

 

 

ハトムギオールインワンゲルの使い方

 

ドラッグストアで購入できるプチプラオールインワンゲルの中でも、ハトムギ保湿オールインワンジェルはとても人気がありますね。

安くて大容量なので惜しみなく使うことができます。

ハトムギ保湿オールインワンゲルでジェルパックやマッサージクリームとして使う方法があります。

オールインワンゲルは手で塗るのが基本的ですが、ジェルパックをする時は、コットンにジェルをたっぷりつけ10分程度放置します。

お風呂でのジェルパックは毛穴が開き角質層が柔らかくなっているため、美容成分が浸透しやすくなっています。

ハトムギ保湿オールインワンゲルでジェルパックをする時は、コットンパックや、ジェルをたっぷりと顔に乗せて湯船につかったり、ジェルの上からラップを貼り付けるとより浸透力が高まりプルプルの仕上がりになります。

 

 

オールインワンゲルの使い方・パックを併用する時の順番は?

 

オールインワンゲルはパック効果のある商品が多いのですが、パックを併用しても全く問題はありません。

オールインワンゲルとスキンケアアイテムを併用する時の順番は、水分量が多いアイテムから塗るのがポイントです。

油分の多いアイテムをつけてから水分量の多いアイテムをつけても、皮膜ができているため肌の内部まで浸透しません。

シートマスクを併用する時は、マスクの種類により順番が異なります。

洗顔後の清潔な肌につけるタイプや、普段のお手入れが終わってからつけるタイプもあります。

洗顔後の清潔な肌につけるシートマスクなら、シートマスク→オールインワンゲルの順番でつけます。

普段のお手入れ後につけるシートマスクなら、オールインワンゲル→シートマスク→クリームの順番になります。

シートマスクは使用後に乳液やクリーム・美容液などを塗ることを推奨している商品が多いので、説明書に従いましょう。

洗い流すタイプのパックの場合は、洗顔後の清潔な肌につけて、洗い流した後にオールインワンゲルを塗布します。

 

 

オールインワンゲルの使い方・適量でベタつき防止

 

オールインワンゲルはベタベタするという声もありますね。

商品によってテクスチャーは違いますが、ジェル状のスキンケアなので、つける量が多すぎるとベタつきますし、肌に浸透していないと肌表面でベタつきます。

オールインワンゲルはベタベタするという方は、適量をつけることをベタつき防止になります。

また、浸透力が高いオールインワンゲルを使うことで、肌表面がいつまでもベタつくことなく、肌内部まで浸透させることができます。

オールインワンゲルをマッサージクリームとして使用する場合は、ある程度は滑りがないと肌へのダメージがあるため、重めのテクスチャーの方が使いやすいかもしれません。

リンパマッサージやツボ押しの場合もある程度は滑りが必要なので、ローションタイプのオールインワンゲルはおすすめできません。

 

 

オールインワンゲルの使い方の注意点

 

オールインワンゲルは時短のスキンケアとして人気がありますが、効果的な使い方をしないと、メイク崩れの原因となります。

メイク崩れを防止するポイントは、保湿を重視したスキンケアを行うことと、化粧下地とファンデーションをしっかりと密着させることです。

メイク前にオールインワンゲルを使用するときは、ゲルがしっかりと浸透してからファンデーションを使用しないと、メイク崩れの原因となります。

効果的な使い方を実践すれば時短で手軽にメイクをすることができますよ。

 

 

オールインワンゲルで化粧崩れする理由

 

オールインワンゲルは化粧崩れしてしまうという声も聞きます。

肌が乾燥しているとオールインワンゲルがムラになってしまって、ファンデーションと密着しないためメイク崩れに繋がります。

混合肌やオイリー肌で皮脂分泌が多い場合も、Tゾーンなどのメイク崩れに繋がります。

皮脂分泌が過剰なのは乾燥が原因であることが多いため、保湿対策を重視したオールインワンゲルを使用しましょう。

保湿成分をたっぷりと含み、浸透型コラーゲンやセラミド、ビタミンC誘導体を配合したオールインワンゲルを選ぶと、肌の内部からしっかりと保湿することができますよ。

 

 

メイク崩れ・よれが起こる原因

 

メイク崩れやよれの原因の多くは部分的な皮脂過剰です。

小鼻や頬、おでこなどは皮脂分泌が多くメイクが崩れやすいですよね。

メイク崩れやよれは、化粧下地の効果でカバーすることができます。

化粧下地やUVカット効果のあるおーるいんわんゲルもありますが、メイク崩れやよれを防止するなら、化粧下地とファンデーションをしっかりと密着させる必要があります。

乾燥肌の人は保湿タイプの化粧下地を使い、オイリー肌の人は皮脂吸着タイプの化粧下地を使い、混合肌の人は部分的に化粧下地を使い分けると効果的です。

オールインワンゲルの中に化粧下地やUVカット成分が入っていても、メイク前には化粧下地やUVカット下地を併用することがメイク崩れの防止に繋がります。

オールインワンゲルをハンドプレスでしっかりと浸透させベタつきがなくなってから、ファンデーションの直前に化粧下地やUVカット下地を塗布しましょう。

化粧下地やUVカット下地のすぐ後にファンデーションを塗布することで、下地とファンデーションがしっかりと密着しメイク崩れを予防します。

 

 

オールインワンゲルを塗った後にモロモロが出る原因と対処法

 

オールインワンゲルを塗った後に、モロモロ・ポロポロしたカスが出ることがあります。

これは、オールインワンゲルの成分が肌表面に残り、肌内部まで浸透していないときに起こります。

また、オールインワンゲルに含まれるテクスチャーを調整する成分(シリコンやジメチコン・カルボマーなど)が肌表面に残り、肌を触ったり擦ることでモロモロと出てくるのです。

オールインワンゲルはゲル特有のプルンプリンとした感触を出すためにテクスチャー調整剤を使用していますが、保湿力や浸透力が高いオールインワンゲルなら肌表面に余分なゲルが残らないのでモロモロ・ポロポロが出ることもありません。

オールインワンゲルを選ぶときは保湿力が高いものを選びましょう。

 

 

ファンデーションとの相性をチェックしよう

 

オールインワンゲルのモロモロに気づくのはファンデーションを塗るときが多いですよね。

ファンデーションを塗るときは、手やスポンジで肌を擦るので、肌表面に残ったゲルの成分がモロモロとなって現れることがあります。

オールインワンゲルとファンデーションとの相性もあります。

オールインワンゲルはパウダータイプのファンデーションの方が相性が良いという声が多いですね。

パウダータイプのファンデーションはリキッドやクリームタイプのファンデーションに比べて油分が少なく、粉体になっています。

そのためファンデーションの油分と肌表面に残っているゲルの成分が馴染まないということは少ないのです。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは油分が多いため、残ったゲルとなじまずモロモロの原因となります。

浸透力が高いオールインワンゲルを使うことでモロモロを防ぐことができますが、メイクに時間をかけたくないという方は、より相性のよいパウダーファンデーションを使うことをおすすめします。

 

 

オールインワンゲルを適量以上につけていないかチェックしよう

 

オールインワンゲルでモロモロ・ポロポロが出る原因は、肌表面にの故あったオールインワンゲルの成分だと説明しましたね。

オールインワンゲルに含まれるテクスチャー調整剤がモロモロの原因となりますが、ゲルを適量以上につけてしまうと肌表面に成分が残り、モロモロの原因となります。

オールインワンゲルは1本では物足りないからと適量以上に付けると、モロモロの原因となります。

1本では物足りなく感じる場合は、オールインワンゲルの前に化粧水を足すと改善することもあります。

1本で済ませて時短したい方は保湿力の高いオールインワンゲルを選びましょう。

 

 

オールインワンゲルの使い方・効果をアップするタイミング

 

オールインワンゲルの効果をアップする使うタイミングを紹介します。

保湿力の高いオールインワンゲルは肌の奥の角質層まで浸透する保湿成分を配合しています。

乾燥を感じたときに少量ずつオールインワンゲルを塗るのもよいですが、肌の内部まで美容成分を浸透させるためには、毛穴が開いているときの方が効果的です。

オールインワンゲルに限らずどのようなスキンケアアイテムも、スチーマーの温風を当てながら塗布することで浸透力が高まります。

肌を温めると肌の毛細血管が開き血行がよくなるため、肌細胞にしっかりと栄養を届け、不要な老廃物は排出しやすくなります。

 

 

お風呂上がり

 

お風呂上がりの洗顔後の肌は急速に乾燥がすすみます。

お風呂からでて1分もすると肌は乾燥しはじめます。

お風呂の蒸気で肌の温度が上がり、毛細血管が開き血行が良くなっています。

有効成分が浸透しやすく、肌の老廃物が排出しやすくなるので、お風呂上がりすぐにオールインワンゲルを塗ると浸透力が高まります。

入浴後はすぐにスキンケアをして乾燥を予防するのが美肌のポイントです。

入浴後すぐにオールインワンゲルが塗布できるように、脱衣所に用意しておいたり、清潔な肌に塗布するタイプのシートマスクを入浴後すぐに貼り、ゆっくりとスキンケアができる体制になってからオールインワンゲルを塗布する方法もあります。

オールインワンゲルはハンドプレスでしっかりと浸透させる必要があるので、入浴後に急いでつけても浸透力は高まりません。

入浴後すぐにシートマスクで保湿をして、少し落ち着いてからオールインワンゲルを塗ると効果的です。

 

 

浴室で使う

 

オールインワンゲルを浴室で使う方法もあります。

浴室内は蒸気があり、毛穴が開きやすくなっているため、ジェルパックが効果的です。

できれば湯船に浸かりながらオールインワンゲルを顔に乗せ、10分程度のパックをします。

浴室は温度や湿度が高く毛穴が開いているため美容成分がしっかりと浸透し、スキンケアの吸収率もアップします。

浴室でオールインワンゲルを使用するときは、普段の保管は高温多湿な場所では品質低下につながるため、涼しいところで保管し、パックをするときのみお風呂場に持ってくるようにしましょう。

 

 

オールインワンゲルの使い方・効果的な頻度

 

オールインワンゲルは朝専用、夜専用、冬用・夏用などさまざまな用途がありますが、効果的な頻度は毎日のお手入れに使用することです。

毎日のスキンケアに取り入れることで肌の内側から潤いのある美肌に導きます。

季節によっては乾燥が強くなったり、皮脂が過剰になったり、季節の変わり目や梅雨の湿度が高い時期などは毛穴が開き黒ずみが気になるという方も多いですよね。

季節によりお肌のコンディションは異なりますが、どのようなコンディションのときでも最も重要なのは保湿を心がけることです。

オールインワンゲルを選ぶときは毎日のお手入れに取り入れられるもので、保湿力が高いものがおすすめです。

 

 

毎日の朝・夕のスキンケアとして使用する

 

毎日のスキンケアにオールインワンゲルを取り入れることで、肌を内側からケアすることができます。

美容成分や保湿成分が豊富に含まれたオールインワンゲルでも商品によって浸透力が異なります。

浸透性コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど、肌の奥の角質層まで浸透する成分が配合されているものを選びましょう。

浸透力が高いオールインワンゲルを毎日のお手入れに取り入れることで、角質層に潤いを与え肌のターンオーバーやバリア機能を整えることができます。

無理なく続けられる方法として、朝・夕で兼用できるオールインワンゲルがおすすめです。

UVカット効果やファンデーションが1つになったタイプのオールインワンゲルは、夜は使用することができないので、2種類のオールインワンゲルを揃えるのはちょっと面倒ですよね?

オールインワンゲルはスキンケアアイテムの1つとして、UVカットやファンデーションなどベースメイクはメイクアイテムを使用した方がスキンケア効果は高まりますよ。

 

 

夜のみ乳液代わりに使用する

 

オールインワンゲルを乳液代わりに使用する方法もあります。

導入美容液や化粧水は普段通りに使い、その後に乳液代わりにオールインワンゲルを塗布します。

朝は時短したいという方はオールインワンゲルのみでケアし、夜はゆっくりと肌の手入れができるので夜のみ導入美容液→化粧水→オールインワンゲル→美容液→クリームのような順番で使用するのもいいですね。

オールインワンゲルはたくさんの美容成分や保湿成分が1本にまとまっているため、朝・夕のお手入れで毎日取り入れたいですね。

オールインワンゲル1本でも十分に保湿や美白効果は得られますが、肌悩みが多い方は、肌悩みに合わせたスキンケアアイテムを追加で使用すると美容効果はアップします。

 

 

週に2~3回パックとして使用する

 

多くのオールインワンゲルはパックとしての機能があります。

普段のお手入れはハンドプレスが基本ですが、ジェルパックをするときはコットンにジェルをたっぷりと乗せて肌に浸透させます。

手で化粧水などをつけるのに比べてコットンでつけると、浸透力は数倍になると言われています。

週に2~3回、時間があるときにジェルパックをするのもよいですね。

ジェルパックをすることで美容成分がたっぷりと浸透するため、プルプルの潤いのある肌に仕上がりますよ。

ジェルパックは10分程度の時間を置き、あまり長い時間をかけると余計に肌が乾燥してしまうので、10分程度の時間にとどめ、パック後は肌に残ったジェルを軽くふき取りハンドプレスで馴染ませます。

肌表面にたくさんのジェルが残った状態だとベタつきやテカリの原因となるので、コットンで軽く拭き取るとよいですよ。

 

 

オールインワンゲルの使い方・化粧水、乳液、クリームなどと併用する方法

 

オールインワンゲルは化粧水・乳液・クリームと併用しても問題ありません。

オールインワンゲル1本では物足りなく感じる方や、肌悩みが多い方は悩みに合わせたスキンケアアイテムを追加することもできます。

オールインワンゲルとそのほかのスキンケアアイテムを併用するときは、塗る順番が大切です。

スキンケアアイテムは油分が少ないものから順番に載せるのが基本です。

化粧水→乳液→クリームの順番に油分が多くなるので、最も油分が少ない化粧水から付けます。

オールインワンゲルは乳液よりも油分が少ないため、乳液を併用する場合は乳液の前に使います。

ほかのスキンケアアイテムを追加する理由が「オールインワンゲルだけでは乾燥する」という方は、ほかのスキンケアアイテムを追加する前に、保湿力の高いオールインワンゲルに変えた方がよいですね。

すインケアアイテムを過剰につけてしまうと、肌表面を何度も擦ることになるので肌ダメージを与えます。

オールインワンゲルはワンアイテムなので、肌表面を何度も擦る必要がないのもメリットです。

オールインワンゲルだけでは乾燥してしまう方は、浸透型コラーゲンなど保湿力の高い成分を配合しているオールインワンゲルに変えることをおすすめします。

 

 

化粧水と併用

 

オールインワンゲルと化粧水を併用するときは、化粧水を先につけてからオールインワンゲルを塗ります。

お風呂上がりなど、スキンケアをする前に時間がかかるため一時的に化粧水をつけておきたいという場合は、入浴後は1分以内に手早く化粧水をつけることで乾燥を防ぐことができます。

入浴後は一気に肌が乾燥するため、1分でも早くスキンケアをしたいですね。

浴室で化粧水をつけてから出る方法もありますね。

化粧水だけでは水分は蒸発してしまうため、スキンケアができる体制になったらすぐにオールインワンゲルをハンドプレスで浸透させましょう。

 

 

乳液と併用

 

オールインワンゲルを塗った後に乳液を併用する方もいます。

オールインワンゲルと乳液を併用する場合は、オールインワンゲルを先に塗ってから乳液を使用します。

乳液が日中用乳液(SPF・UVカット対策あり)の場合は、塗りムラがないように注意が必要です。

オールインワンゲルをハンドプレスで肌にベタつきがなくなるまでしっかりと浸透させてから次のアイテムを塗布します。

UVカット入り乳液は顔に塗りムラがないように塗らなければシミやそばかすの原因となるので注意が必要です。

でもしっかりとUVカット対策をする場合は、UVカット専用の下地を使用した方がUVカット効果が高くなります。

紫外線ダメージは様々な肌トラブルの原因となるため、日中用乳液としてUVカットをするのではなく、UVカット専用下地を塗ることをおすすめします。

 

 

美容液と併用

 

オールインワンゲルを美容液と併用する場合は、商品の注意点を参考に肌への浸透力が損なわれない順番で塗りましょう。

美容液の種類によっては化粧水と乳液の間に塗るタイプや、全てのスキンケアの最後に塗るタイプなどがあります。

美容液が乳液よりも前に塗るタイプのものなら、オールインワンゲルを塗る順番は乳液を塗る順番の前と覚えましょう。

乳液の前に塗るタイプの美容液の場合は、美容液→オールインワンゲルの順番になります。

美容液のテクスチャーはオイルやジェルなど様々ですが、油分が多いスキンケアアイテムを塗ると肌には皮膜が作られその後のスキンケアアイテムが浸透しにくくなります。

化粧水前に塗るタイプの導入美容液などは、肌表面に皮膜を作るものではなく、肌表面を柔らかくしたり角質層に美容成分を届ける役割があります。

それぞれのスキンケアアイテムによって使う順番が異なるため、使い方を事前にしっかりと確認しましょう。

 

 

クリームと併用

 

クリームとオールインワンゲルを併用するときは、オールインワンゲル→クリームの順番で塗布します。

クリームはコッテリとしたテクスチャーのものが多く、油分が多いためクリーム塗布後は肌表面に皮膜が作られます。

そのため寝る前にクリームを塗ることで朝までしっとりとした肌が続きます。

 

 

アイクリームと併用

 

オールインワンゲルの中にはアイクリーム効果のあるものもありますね。

アイクリームは皮膚が薄く乾燥しやすい目周りを集中的に保湿したり、目周りの色素沈着やシミ・しわなどに美容成分を集中的に届ける役割があります。

アイクリームも商品によってつける順番が異なるため、事前に使い方を確認しましょう。

アイクリームを併用することで乾燥しがちな目周りがふっくらとした肌になり、また目周りのツボを抑えるように塗布することで血行が良くなり、クマが改善したり、目周りのたるみが解消されます。

アイクリーム機能のあるオールインワンゲルの場合は、顔全体に適量をなじませた後に、少量を目周りの乾燥しやすい箇所に重ねるりをすることをおすすめします。

 

 

オイルと併用

 

オイルには様々な種類があり、導入液として使うタイプや、スキンケアの最後に使うタイプなど様々です。

併用するオイルの種類により使う順番が異なります。

入浴後すぐの乾燥を抑えるために肌が濡れた状態でオイルを使いたいという方は、アルガンオイルやスクワランなど導入液として使用できるオイルがおすすめです。

アルガンオイルやスクワランは肌表面を柔らかくする作用があり、その後の化粧水などのスキンケアアイテムの浸透力がアップします。

オールインワンゲルを塗布したあとに、乾燥が気にある部分に少量ずつオイルを重ねる方法もあります。

オイル美容がおすすめな理由は、様々な用途で使えることです。

マッサージオイルとしての使い方、導入美容液としての使い方、感想ケアとしての使い方、オイルパックとしての使い方など様々です。

併用するオイルのタイプや使用方法を事前に確認しましょう。

 

 

シートパックと併用

 

オールインワンゲルとシートパックを併用するときは、洗顔後の清潔な肌にシートパックを指定時間置き、その後にオールインワンゲルを塗るとしっかりと保湿され、プルプルの肌に仕上がります。

シートパックの種類によっては、化粧水のあとに使用するタイプや、シートパックのあとはクリームや乳液で仕上げるタイプなど様々です。

シートパックは美容液成分がたっぷりと配合されており、シートで肌に密着させることで浸透力アップが期待できます。

オールインワンゲルはシートパックに比べると油分が多いため、オールインワンゲル→シートパックの順番では美容席成分が肌の奥まで浸透できません。

入浴後すぐにシートパックをつけると入浴後の急激な乾燥を避けることができますよ。

 

 

化粧下地と併用

 

化粧下地効果のあるオールインワンゲルは多くありますが、スキンケアとベースメイクは別物と考えた方がよいです。

オールインワンゲルはスキンケアアイテムとして考え、化粧下地やUVカット下地などのベースメイクは別々のアイテムで仕上げた方が美肌効果が高くなります。

化粧下地は肌の色むらを補正するタイプ、肌の凹凸を均一にするタイプ、毛穴の開きや黒ずみをカバーするタイプなど様々な種類があります。

化粧下地効果のあるオールインワンゲルには色むら補正や肌をフラットにする効果・毛穴を隠す効果は期待できません。

化粧下地を使うことで肌トラブルをカバーしながら、ファンデーションの密着を高めることができます。

ファンデーションは化粧下地とピッタリと密着することでメイク崩れ防止に繋がります。

また肌悩みに合わせた化粧下地を選ぶとこで、綺麗な肌を演出することができますよ。

 

 

 

UVカット下地と併用

 

オールインワンゲルをUVカット下地と併用するときは、オールインワンゲルが完全に乾いてから塗布しましょう。

オールインワンゲルのようにジェル特有のテクスチャーを持ったスキンケアアイテムは、ジェル状のテクスチャーを作るためにテクスチャー調整剤を使用しています。

テクスチャー調整剤が肌の上で乾かないままファンデーションを塗るとムラのある仕上がりになります。

UVカット効果のあるオールインワンゲルも複数ありますが、肌ダメージの原因となる紫外線予防はベースメイクの中でも最も重要と言えます。

そのためUVカット効果のあるオールインワンゲルを選ぶよりも、UVカット効果はないオールインワンゲルと併用してUVカット下地を使うことをおすすめします。

 

 

オールインワンゲルの使い方・オールインワンゲルとの組み合わせをおすすめしたいアイテム

 

オールインワンゲルは1本に様々なスキンケアアイテムが集まったものですが、ベースメイク機能を持つオールインワンゲルも増えてきました。

ベースメイク機能を持つオールインワンゲルは、忙しい朝にはピッタリですが、美肌を作るなら化粧下地やUVカット下地は専用のものを使うことをおすすめします。

屋内で過ごす日でも紫外線は浴びますし、寒い時期でも1年を通して紫外線を浴び続けています。

常に紫外線ダメージにさらされており、紫外線ダメージは全ての肌トラブルの原因となるため、ベースメイクで最も重要なのは紫外線対策と言えます。

オールインワンゲルはスキンケアを時短できるものと考え、ベースメイクは別物とした方が肌ダメージを予防し美肌に導くことができますよ。

 

 

オールインワンゲルと化粧下地を組み合わせよう

 

化粧下地効果のあるオールインワンゲルでも、化粧下地は専用のものを使うことをおすすめします。

化粧下地はUVカット効果のあるものも多いのですが、ファンデーションを塗る前に肌を整えるためのアイテムです。

シミやくすみによる肌の色むらを改善するカラーコントロールベース、肌の凹凸を改善するフラットプライマー、毛穴の開きや黒ずみを改善するポアプライマーなど、肌悩みに合わせて化粧下地を選びましょう。

また、UVカット下地と化粧下地を組み合わせるときは、UVカット下地を最初に塗ることをおすすめします。

メイク崩れやテカリ・ベタつきを改善するためには、化粧下地は少量をムラなく伸ばすことが重要です。

化粧下地を塗ったあとはスポンジなどで余分な油分を取り除くとメイク崩れがしにくいです。

 

 

オールインワンゲルとUVカット下地を組み合わせよう

 

UVカット効果のある朝用オールインワンゲルは少しずつ増えてきていますね。

朝はとにかく時短した人にとっては、スキンケア+ベースメイクが同時にできるオールインワンゲルは大歓迎です。

UVカット効果のあるオールインワンゲルでも、UVカット専用下地を併用することをおすすめします。

UVカット専用下地は、ベースメイクの一番下に塗るのが基本です。

スキンケアのすぐあとに塗るものとも言えます。

屋内で過ごす日やメイクはしない日であってもUVカット専用下地は必要です。

 

 

オールインワンゲルの使い方・オールインワンゲルパック(スペシャルケア)のやり方

 

オールインワンゲルのスペシャルケアの方法について紹介します。

オールインワンゲルは様々なスキンケアの機能を1本にまとめた商品です。

パック効果のあるオールインワンゲルは、定期的にジェルパックをすることでツルツルの肌を作ることができます。

 

 

コットンパックの方法

 

コットンパックはオールインワンゲルに含まれる美容成分や保湿成分を集中的に浸透させるために行います。

コットンパックを行うときは、浴槽に浸かりながらやスチーマーを使いながら行うと、コットンが乾いてしまう心配もありません。

浴室やスチームを当てながらコットンパックをすると、肌は温められ血管が開き美容成分が浸透しやすくなります。

コットンパックはお風呂に浸かりながらするとよいですね。

1枚のコットンを3枚に割いて、たっぷりとオールインワンゲルを塗ります。

乾燥が気になる目周りや口周り、皮脂分泌が多いTゾーンなどにコットンを置き5~10分ほど放置します。

より浸透力をアップするためには、ラップを上から乗せると密着して美容成分が浸透しやすくなります。

ラップを使用するときは、鼻や口などは空気口を作るようにしましょう。

ジェルパック後は肌表面に残ったジェルを簡単にふき取り、肌表面がしっとりするまでハンドプレスで入れ込みましょう。

ハトムギ保湿オールインワンゲルは大容量で全身の保湿ケアや角質ケアで使えます。

ハトムギ保湿オールインワンゲルはお風呂での集中パックをすることで、肌の保湿力がアップし、毛穴の引き締め効果を得ることができます。

ハトムギ保湿オールインワンゲルはサラっとしたテクスチャーなので、パックの後にふき取りや洗い流す必要はありません。

パック後に肌表面に残ったジェルをハンドプレスで馴染ませましょう。

 

 

オールインワンゲルでリンパマッサージをする方法

 

 

マッサージ機能のあるオールインワンゲルならリンパマッサージに適しています。

リンパは全身に張り巡らされており、肌の老廃物を排泄する働きがあります。

リンパの流れが滞っていると肌の老廃物が排泄されないので、ニキビや皮脂過剰、くすみなどの原因となります。

オールインワンゲルを塗るときにリンパマッサージの要領でマッサージを行うと、改めてマッサージクリームをつけて行うよりも効率的にスキンケアをすることができます。

スキンケアの基本は毎日無理なく続けられるということです。

スキンケアのついでにリンパマッサージができれば、時短にもなりますし無理なく続けられるので美肌に導くことができますよ。

 

 

リンパマッサージの効果

 

リンパマッサージの効果は、肌の老廃物を排泄することで、皮脂過剰やニキビ肌、むくみ、くすみなどが改善します。

リンパマッサージによりリンパの滞りが解消するとリンパの流れがよくなり、溜まっていた老廃物が排出されます。

肌細胞は血管を通して酸素や栄養が供給され、リンパや血管を通して老廃物を排泄しています。

老廃物が排泄されることでフェイスラインが引き締まり小顔になる効果も期待できます。

リンパの流れが滞ると余分な老廃物を溜め込んでしまい、肌トラブルの原因となります。

マッサージ効果のあるオールインワンゲルを塗るときは、リンパの流れに添って塗り、軽くマッサージをしながら馴染ませると美肌効果がアップしますよ。

 

 

リンパマッサージの方法

 

マッサージと聞くと力を入れてグリグリと押すようなイメージを持つかもしれません。

肌は摩擦によりダメージを受けると、シミやしわなどの原因となるため、リンパマッサージをするときはマッサージをする方向や力加減に注意が必要です。

顔のリンパを流すときは、リンパ液の出口である「鎖骨」のリンパ管をほぐすところからスタートします。

鎖骨のリンパ管が詰まったままマッサージをしても、老廃物を排泄する場所がないため意味がありません。

まずは顔の老廃物が排泄される、鎖骨のリンパ管を軽く押す・揺らす程度の力でマッサージをしましょう。

 

 

リンパを流す方向

 

顔のリンパを流す前に、リンパ液の出口である鎖骨のリンパ管をほぐしましょう。

鎖骨のリンパ管が終わったら、両頸部に手のひらを当てて軽く押したり揺すります。

両頸部が終わったら両耳の耳たぶを軽く押します。

次にフェイスラインに添ってかるく皮膚を引っ張ります。

フェイスラインが終わったら顔のリンパマッサージに入ります。

顔のリンパマッサージは両頬を軽く揺らすことから始めます。

頬を揺すったら両方のほうれい線に添って指を当てて皮膚を軽く揺らします。

次に眉の生え際、眉間、こめかみ、目の下の順番に、指の腹を当てて軽くプッシュします。

おでこから頭皮までマッサージをしたら、耳たぶ→両頸部→鎖骨の順番でリンパ液を流します。

 

 

リンパマッサージの強さ

 

リンパマッサージは優しい力で皮膚を湯する程度の加減で行います。

皮膚は強く擦ったりすると肌への刺激となり、シミやしわなどの原因となるため、強い力でマッサージするのはNGです。

リンパマッサージは強い力は必要なく、手のひらや指の腹で優しく皮膚を揺らす程度でOKです。

特に目の上や目の下は皮膚が薄く、強い力で擦ってしまうと目周りの色素沈着などのトラブルに繋がります。

リンパマッサージで重要なのでは力強くほぐすことではなく、リンパ管の走行に添って順序よくマッサージすることです。

最初は鎖骨を軽く押すことからスターし、最後も鎖骨部分に老廃物を流し込んで終了です。

 

 

オールインワンゲルの使い方・朝、夜の使い分け方法

 

オールインワンゲルは様々なスキンケアアイテムが1本にまとまったものであり、本来はスキンケアをシンプルにすることが目的でした。

オールインワンゲルには様々な機能がありますが、用途によって使い分けをする方法もあります。

朝はスキンケアの時間短縮や、スキンケアとベースメイクを同時にできるなどの用途でオールインワンゲルを選ぶのもよいですね。

では、朝用・夜用のオールインワンゲルのそれぞれの特徴について紹介します。

 

 

朝用オールインワンゲルの特徴

 

朝用オールインワンゲルは、スキンケアとベースメイクがオールインワンゲル1本で解決することができるのが特徴です。

ベースメイクにはUVカットや化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどがあります。

朝用オールインワンゲルの中には、ベースメイク機能を持つオールインワンゲルがあり、スキンケアとベースメイクを手軽に済ませたい人におすすめです。

朝はメイクをしない日や屋内で過ごす日でも必ずUVカット下地を使うのが美肌には不可欠です。

朝用オールインワンゲルにはUVカット効果のあるものや、ファンデーション+コンシーラーの役割を持つものもあります。

 

 

夜用オールインワンゲルの特徴

 

夜用オールインワンゲルの特徴は、化粧下地やUVカット効果のあるオールインワンゲルがない点です。

夜は紫外線を気にする必要がないため、UVカットや化粧下地効果がないオールインワンゲルがおすすめです。

夜用オールインワンゲルは入浴後に使うことが多いですよね?

入浴後は肌の乾燥が強くなるため、1分でも早く保湿をする必要があります。

そのため、夜用オールインワンゲルは保湿成分が豊富に含まれたものが多いですね。

夜間にしっかりと保湿をすることで、翌日の朝までしっとりと保湿され、メイクのノリが良くなります。

朝と夜ではオールインワンゲルに求める機能が異なるため、朝用・夜用のオールインワンゲルを使い分けることで様々な肌悩みに対応することができます。

 

 

化粧下地効果のあるオールインワンゲルは夜に使ってもよいの?

 

オールインワンゲルには化粧下地効果のあるものもありますが、UVカット効果がなければ夜寝る前に使用しても問題ありませn。

化粧下地はUVカット下地とは異なり、SPFやPAの予防効果はありません。

オールインワンゲルの化粧下地効果は、肌表面をフラットに整える効果はありますが、メイクのノリや持ちがアップするわけではありません。

美肌を作るためにはファンデーション前に肌の色むらや凹凸、ニキビ跡などをカバーしておく必要があります。

これらの肌トラブルはオールインワンゲルの化粧下地効果では解消することができません。

化粧下地効果のあるオールインワンゲルであっても、化粧下地専用のアイテムを併用することをおすすめします。

 

 

オールインワンゲルの使い方・夏、冬など季節に合わせた使い方やジェルの選び方

 

オールインワンゲルには明確に夏用、冬用の商品があるわけではありません。

夏は皮脂分泌量が増えるためさっぱりしたテクスチャーのオールインワンゲルがよい人もいますよね。

冬は乾燥が強くなるので保湿力が高いオールインワンゲルがよいですよね。

肌のコンディションは季節によって異なるため、今の自分の肌のコンディションに合わせてスキンケアアイテムを変えることで美肌に近づくことができますよ。

 

 

夏用オールインワンゲルの特徴

 

夏場は皮脂が多くテカリやベタつきが気になる時期ですよね。

皮脂が多い時期は毛穴が開きやすく、鼻や頬などの毛穴が黒ずんでしまうこともあります。

皮脂過剰になっている時期でもスキンケアの基本は保湿です。

肌の内側が乾燥しているとインナードライ肌となり、余計に皮脂の分泌量が増えてしまいます。

夏は保湿力は高いがさっぱりとしてテクスチャーのものを選ぶと、ベタつきやテカリの改善に繋がります。

 

 

冬用オールインワンゲルの特徴

 

 

冬は乾燥が強く、保湿しても保湿しても肌が乾燥するという方もいますよね。

肌の乾燥は様々な肌トラブルの原因となるため、冬場は特に肌の保湿に力を入れましょう。

冬は保湿成分が豊富なモイスチャータイプのオールインワンゲルの方が保湿力が高くおすすめです。

夏場は紫外線ダメージによりシミやそばかすができやすいため美白タイプのオールインワンゲルの方がおすすめです。

パーフェクトワンは、モイスチャータイプと薬用ホワイトニングタイプのものがあり、夏と冬で使い分けることができますよ。

 

夏場におすすめのパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルはこちら

 

冬場におすすめのパーフェクトワンモイスチャージェルはこちら

 

 

 

オールインワンゲルの使い方・容器タイプによって使い勝手が異なる

 

オールインワンゲルはジャータイプやボトルタイプなど複数の容器タイプがあります。

ジャータイプが最もメインですね。

容器のタイプによって使い勝手が異なるので、外出先でも使用したい人やミニサイズや、スプレータイプが持ち運びに便利でおすすめです。

どのようにスキンケアアイテムを使うのかによって容器タイプを使い分けると便利ですね。

ジャータイプは大きくて持ち運びに不便ですが、ポンプ式のミニボトルに移し替える方法もありますよ。

 

 

ボトルタイプのオールインワンゲルの特徴

 

ボトルタイプはポンプ式のものとプッシュ式のものがあります。

メディプラスゲルやアクアレーベルなどポンプ式で人気のオールインワンゲルがあります。

プチプラやドラッグストアにもポンプ式ボトルタイプのものがありますね。

ボトルタイプのオールインワンゲルは、ジャータイプに比べて柔らかめのテクスチャーが多いようです。

固めのテクスチャーの場合は、ボトルを振っても出しにくいですからね。

柔らかいテクスチャーや瑞々しいテクスチャーが好きな方はボトルタイプのオールインワンゲルがおすすめです。

 

 

ボトルタイプのメリット・デメリット

 

ボトルタイプのメリットは水分量が多くサラっとしたテクスチャーのオールインワンゲルが多いため、夏場などベタつきやテカリが気なるシーズンに使いやすいです。

ポンプ式ミニボトルや、小さな容器にも移しやすいてすくチャーなので、数箇所に分けて保管することができ、乾燥が気になったときにすぐに塗ることが出来るのもメリットですね。

ボトルタイプのデメリットは、残量が少なくなったときに出しにくいことや、1回量の調整が難しいことです。

プッシュタイプやスパチュラですくうタイプなら、1回分を把握しやすいですよね。

 

 

ジャータイプのオールインワンゲルの特徴

 

ジャータイプのオールインワンゲルは最もメジャーなタイプで、多くのオールインワンゲルの用意に採用されています。

コロカリア、ナナロープなどの他にも、ドラッグストアのプチプラオールインワンゲルにもジャータイプは多いです。

油分が多めのコッテリしたテクスチャーのオールインワンゲルでも、ジャータイプなら保管しやすいですよね。

ボトルタイプやポンプ式タイプでは、コッテリしたテクスチャーのオールインワンゲルでは、ノズルが詰まったり出にくくなってしまいます。

 

 

ジャータイプのメリット・デメリット

 

ジャータイプのメリットは、スパチュラを使って1回量の調整ができることです。

必要量を取ることができるので、乾燥が気になる部分に少しずつ塗ることができます。

小さな容器に移し替えれば持ち運びも便利ですし、何箇所かに分けて保管しておけば、乾燥が気になったときにすぐにケアすることができます。

ジャータイプのデメリットは衛生面に不安があることです。

スパチュラの保管方法や、素手で取る場合は不潔になりやすいですね。

スキンケア用品は清潔を重視する方はジャータイプのオールインワンゲルはおすすめできません。

また、大容量のものが多いので旅行などに持っていくのに不便です。

 

 

ポンプタイプのオールインワンゲルの特徴

 

ポンプタイプはハトムギ保湿オールインワンゲルが有名ですね。

化粧水・乳液一体型や化粧液などもポンプタイプのものが多いです。

化粧下地などの効果はなく、サラっとしたテクスチャーのものが多いです。

ポンプ式オールインワンゲルはサラっとして水分量が多いものが多いので、しっとりとしてテクスチャーが好きな人には向いていません。

ハトムギ保湿オールインワンゲルも水のようなテクスチャーで重ね塗りをしなければ、しっとりとした仕上がりにはなりにくいです。

 

 

ポンプタイプのメリット・デメリット

 

ポンプ式のメリットは何よりも使いやすいことです。

サッと手に出して手軽に使えるので、とにかくスキンケアの時間を短縮したいという方におすすめです。

ポンプ式なら持ち運びに便利なのもよいですね。

ポンプ式タイプのオールインワンゲルにはミニサイズはないので、小さなポンプ式ボトルに詰め替えることで利便性がアップしますよ。

ポンプ式オールインワンゲルのデメリットは、保湿力が低い商品が多いことでしょうか。

水っぽくサラサラとしてテクスチャーの商品が多いため、保湿力は低いものが多いのです。

油分が少なく水分が多いテクスチャーなので、オイリー肌やニキビ肌の人におすすめです。

 

 

オールインワンゲルの使い方・大容量タイプなら全身にたっぷり使える

 

オールインワンゲルは、ドンキやドラッグストアなどプチプラで大容量のものがたくさんあります。

大容量でプチプラなオールインワンゲルは、ハトムギオールインワンゲルが人気ですね。

pspモイスチャー、プレスカワジャパン、ボタニカルの大容量オールインワンゲルも人気です。

多くのオールインワンゲルは顔だけではなく、全身や髪のケアにも使えるため、大容量でプチプラのオールインワンゲルなら惜しみなくたっぷり使うことができますよね。

家族全員でつかったり、定期的にジェルパックやマッサージクリーム、ハンドクリームなどにも惜しみなく使えますよ。

 

 

オールインワンゲルの使い方・ジャータイプをポンプやボトルに詰め替えて使いやすくする

 

ジャータイプのオールインワンゲルは持ち運びが不便です。

ちふれやハトムギ保湿ジェルなどプチプラのジャータイプオールインワンゲルはたくさんありますね。

ジムや温泉などに行ったときはオールインワンゲルを持っていけば、何種類もスキンケアアイテムを持っていく手間が省けて便利ですよね。

でもジャータイプの場合は持ち運びが不便ですし、バッグの中で蓋が緩んでしまってゲルが出てしまったら最悪です・・・。

ジャータイプのオールインワンゲルをポンプ式ボトルや小さなボトルに詰め替える方法もあります。

プチプラで大容量のオールインワンゲルを買った場合は、小さなボトルに移して持ち歩いたり、ベッド脇やテレビの部屋などに分けて保管しておけば、好きなときにいつでも保湿ケアができますよ。

ジャータイプのオールインワンゲルをポンプ式やミニボトルに移し替えるときは、油分が多くコッテリしたオールインワンゲルの場合はポンプ式やボトル式に移し替えてしまうとゲルが詰まって出にくくなるので要注意です。

ジャータイプは、小さなフタ付きの容器に移し替えると使いやすいですよ。

キャンドゥの真空ボトルやアトマイザーは、ジャータイプの油分多めのオールインワンゲルには不向きです。

 

 

オールインワンゲルの使い方・持ち運びしやすい容器やサイズを選ぶ

 

旅行や温泉、ジムなど出かける機会が多い人は、スキンケアはなるべく少なくしたいですよね。

ライフスタイルに合わせて持ち運びやすい容器やサイズのオールインワンゲルを選ぶと便利ですよ。

無印良品の携帯用オールインワンゲル5種類は全てチューブタイプとなっており、手のひらサイズの小ささで荷物がかさばりませんよ。

 

 

旅行用におすすめのオールインワンゲル

 

飛行機に乗る機会が多い人は、機内持ち込みに便利なサイズや容器を選びましょう。

液体物は持ち込み禁止や上限量の規定がある場合など様々です。

海外旅行の場合は国内線とは勝手が違うため、最悪没収というケースもあります。

無印良品の携帯用オールインワンゲルは旅行を想定したサイズと容器となっており、手のひらサイズで持ち運びがとても便利です。

携帯用オールインワンゲルは1本30gでとても小さいので、機内への持ち込みもできます。

無印オールインワンゲルのようなチューブタイプは機内のスキンケアにピッタリです。

チューブタイプなら機内で肌の乾燥を感じたらすぐに塗り直すことができますよ。

 

 

ミニサイズのオールインワンゲルなら旅行や出張にぴったり

 

旅行や出張に便利なミニサイズのオールインワンゲルは、メディプラスゲルミニサイズ(45g)やクリアケア(無印良品のオーガニックスキンケア)などがあります。

コンビニで購入できるオーガニックスキンケアのファンケルではオールインワンゲルの取り扱いはありません。

 

 

オールインワンゲルの使い方・ボディや髪など全身のケアに使える

 

オールインワンゲルは顔だけではなく体全体、髪にも使うことがdけいます。

入浴後に全身に保湿クリームを塗る習慣がある人は意外と少なそうです。

全身に保湿クリームを塗るのは手間ですよね。

オールインワンゲルなら顔のスキンケアと同時にデコルテや首、腕・手など年齢が出やすい部分や、紫外線にさらされやすい部分を同時にケアすることができますよ。

オールインワンゲルは保湿力が高いので、全身の保湿対策にピッタリです。

 

 

オールインワンゲルで頭皮ケアの方法

 

オールインワンゲルは全身や髪のケアにも効果的です。

オールインワンゲルでヘアケアをする方法を紹介します。

オールインワンゲルは保湿成分が豊富に含まれているため、トリートメント代わりに髪に塗布することができます。

頭皮の乾燥やかゆみには、頭皮パックを行い地肌に潤いを与えます。

頭皮の毛穴は乾燥すると固くなり、頭皮のたるみの原因となります。

頭皮がたるむと、頭皮と1枚の皮膚で繋がっている顔もたるんできます。

たるみ顔の改善には頭皮ケアが重要です。

オールインワンゲルを頭皮に少量つけて、両手でリズミカルにマッサージをすると血行がよくなり頭皮に保湿成分が浸透します。

乾燥した髪はキューティクルが乱れ、抜け毛や切毛・白髪の原因となります。

入浴時にオールインワンゲルを髪に塗布し、湯船に浸かりながら10分程度放置します。

この際に髪をラップやタオルで覆うとオールインワンゲルと髪が密着して、美容成分が浸透しやすくなりますよ。

 

 

オールインワンゲルでボディケア

 

オールインワンゲルは1本で様々な効果があるため、全身の肌トラブルのケアに使うことができます。

1本の中に美容成分や保湿成分が豊富に含まれており、全身のケアに使用することができるため普段から全身の保湿に心がけましょう。

 

 

背中の乾燥やニキビケア

 

背中はニキビができやすい場所でもあります。

目で見えない場所なので、しっかりと洗いやすすぎができていないことも原因となります。

背中はローションやクリームを塗るのが難しい場所なので乾燥しがちです。

ニキビの原因は乾燥であることが多いため、背中にきびの改善には保湿対策が必要です。

背中のニキビは顔のニキビと同じく、抗炎症効果のある成分や保湿成分、角質ケア成分が配合されているオールインワンゲルがおすすめです。

 

首やデコルテの保湿やマッサージ

 

首やデコルテは年齢が出やすい場所ですね。

加齢により顔がたるむと、フェイスラインが崩れ首のしわの原因となります。

デコルテも同じく、顔の肌トラブルの影響を受けやすいので顔のスキンケアと同時に首やデコルテの保温やマッサージが必要です。

デコルテ部分はリンパ管が通っており、日頃から指を使って軽く皮膚を揺らすなどのリンパマッサージが有効です。

リンパマッサージをするときは潤滑油になるものがなければ肌に負担がかかるので、普段のスキンケアのついでに首やデコルテにもオールインワンゲルを伸ばしてマッサージをしましょう。

首は加齢による新陳代謝の低下や、ターンオーバーの乱れ・バリア機能の悪化などから、小さなポツポツとしてイボのようなものができやすい部位です。

イボの改善には肌のターンオーバーの乱れを改善する必要があるため、整肌作用や抗炎症作用のある成分を配合したオールインワンゲルを選びましょう。

 

 

手の保湿やハンドクリームの代わり

 

手は顔と同様に紫外線を浴びやすい場所ですね。

紫外線はシミやしわの原因となります。

手のシミやしわは年齢を感じさせるポイントとなるため、普段からしっかりとケアしたいですね。

オールインワンゲルはハンドクリームの代わりに使うことができます。

小さな容器に入れて持ち歩けば、わざわざハンドクリームを買う必要はありません。

普段からこまめに手にジェルを塗る習慣をつけると、いつまでもプルンとした潤いのある手を保つことができます。

 

 

オールインワンゲルの使い方・効果を高める保管方法

 

オールインワンゲルの効果を高める保管方法は高温多湿の場所を避け、冷所で保管することです。

オーガニックのオールインワンゲルなどは保存料や抗菌剤が不使用のものが多いので、高温多湿の場所に置くことで品質が低下する可能性があります。

オールインワンゲルはジェル特有のプルンとしてテクスチャーを作るためにテクスチャー調整剤を配合しています。

高温多湿の場所に保管してしまうと品質が落ち、テクスチャーが変化したり分離してしまうこともあります。

特にジャータイプはスパチュラを使ったとしてもジェルが直接空気に触れるため劣化が早まる可能性があります。

特にオーガニックやボタニカルのオールインワンゲルは、冷所で保存し、ジェルが長く空気に直接触れることがないようにしましょう。

 

 

オールインワンゲルを冷蔵庫で冷やして使うメリット

 

オールインワンゲルに限らずスキンケアアイテムは冷蔵庫で保管するという方も多いですよね。

多くの美容ブロガーや専門家が冷蔵庫でスキンケアアイテムを保管していると公表していますよね。

冷蔵庫は1年を通して温度変化が少なく鮮度を保てる場所ですよね。

オールインワンゲルも開封後は鮮度を守るためにも空気に直接触れない、冷所で保管するなど工夫が必要です。

冷蔵庫で保管したスキンケアを入浴後や洗顔後に塗布するとひんやりとして、毛穴が引き締まりスッキリしますよね。

冷やしたスキンケアアイテムは収れん作用があるため、オイリー肌の人や部分的に皮脂過剰の方はベタつきやテカリの防止に繋がります。

私はメディプラスゲルを冷蔵庫で保管し、入浴後はシートパックをすぐにつけ10分ほど放置し、冷蔵庫から出したメディプラスゲルを塗っています。

冷蔵後で保管しているのでひんやりして気持ちがいいですし、眠たい朝も冷やしたジェルを塗ると一気に目が覚めますよ。

朝は特に冷たいジェルを塗ると毛穴が引き締まるようで、その後のメイクの餅がよくなります。

特に夏の冷えたジェルは皮脂過剰を予防してくれると実感しています。

 

 

 

 

人気にNo.1のオールインワンゲル

初回購入は50%offでお得

 

 

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]最安値でお得に購入する方法やキャンペーン・モニター・無料サンプルなどまとめ

 

コスパの良いオールインワンゲルを選ぶ3つのポイント

 

 

コスパの良いオールインワンゲルの選び方のポイントは「保湿力が高く他のスキンケアアイテムの併用が不要」「肌悩みを解決する成分が豊富に配合」「定期購入でお得な割引制度がある」の3つです。

ドラッグストアなどのプチプラオールインワンゲルは安くて大容量で人気ですが、安いばかりで美肌効果は期待できません。

効果が高いのに安いオールインワンゲルを選んで美肌を叶えたいですね。

 

 

 

人気No.1のオールインワンゲル

初回購入は50%offでお得

 

 

 

オールインワンゲルの値段・キャンペーン情報

 

 

オールインワンゲルの値段やキャンペーン価格について紹介します。

ユーグレナやメディプラスゲル、パーフェクトワンなどテレビ通販でお馴染みのオールインワンゲルは定期購入することでお得なキャンペーン情報が定期的に配信されます。

効果が高いのに安いオールインワンゲルは定期購入を選択し、お得なキャンペーンで購入することができます。

 

 

お試しサンプルについて

 

ユーグレナ、パーフェクトワン、メディプラスゲルなどのテレビ通販で人気のオールインワンゲルはお試しサンプルはありません。

パーフェクトワンは通常サイズをお試し価格で購入することができ、メディプラスゲルはお試しミニサイズを購入することができます。

ドクターシーラボやアクアレーベルなどハリや毛穴対策におすすめのオールインワンゲルは、ドクターシーラボの店舗、資生堂の店舗などでサンプルをもらうことができます。

お試しサンプルは1日分など少量なので、テクスチャーの確認はできますが、効果を実感するまでは期待できません。

 

 

モニター情報について

 

モニター情報は通販で購入可能なオールインワンゲルを定期購入した場合に定期的に情報が配信されます。

モニター情報は期間限定で先着順で初めて利用する方限定なので、モニターでの申し込みは現実的ではありません。

ナナロープなどモニター募集のあるオールインワンゲルや、試供品があるオールインワンゲルもあります。

 

 

500円以下のトライアルについて

 

500円以下のトライアルのオールインワンゲルはほとんどありません。

ドラッグストアなどのプチプラオールインワンゲルはトライアルの募集はなく、トライアルは通販のオールインワンゲルですね。

通販のオールインワンゲルは、定期購入を選択することでお得な情報を定期的に配信します。

まずは試してみたいという方も定期コースに申し込み、朝・夕のケアにオールインワンゲルを取り入れましょう。

美容成分や保湿成分が豊富なオールインワンゲルは、肌質改善や肌悩みの改善に効果的ですが、肌が内側から改善するまでには数ヶ月の時間が必要です。

トライアルの期間では肌質の改善は期待できません。

最低でも3ヶ月以上継続し、肌質改善や肌悩みの改善を実感できると良いですね。

 

 

オールインワンゲルの値段・市販やデパコスなど相場について

 

オールインワンゲルの相場は、ドラッグストアなどで購入できるプチプラなものは1,500円以下のものがたくさんあります。

カネボウや花王などのカウンセリング化粧品は3,000円前後のオールインワンゲルがあります。

デパコスはオールインワンゲルの展開が少なく、最低でも5,000円以上のオールインワンゲルが中心です。

 

 

高級なオールインワンゲルの相場

 

高級なオールインワンゲルはデパートなどで購入できるデパコスが多いです。

5,000円以上が相場のオールインワンゲルは、たるみなどのエイジングケアや美白ケアに集中的に効果を発揮するものが多いです。

デパコスは美容液やクリームなど、肌悩みに特化したアイテムを多数展開しており、スキンケアアイテムが1つにまとまったオールインワンゲルの商品はとても少ないです。

美容成分や保湿成分が高配合された高級なオールインワンゲルはデパコスでは購入が難しいです。

 

 

安いオールインワンゲルの相場

 

安いオールインワンゲルの相場は1,500円以下でしょうか。

ドラッグストアやドンキなどでは500円以下のオールインワンゲルもあります。

ちふれや無印、DHCなどプチプラのオールインワンゲルや、楽天など通販で購入可能なオールインワンゲルなどを紹介します。

通販では激安のオールインワンゲルや、敏感肌用オールインワンゲル、日本酒由来のオールインワンゲル、お米由来のゆめぴりかオールインワンゲル、テオドールなど、商品ごとに特徴があります。

肌悩みや配合成分、値段などから続けられそうなオールインワンゲルを選ぶと良いですよ。

 

 

500円以下のおすすめオールインワンゲル

 

ドンキには500円以下のオールインワンゲルがあります。

エービーエルやアンジュ、btc、pbtなどボタニカルオールインワンゲルや、プチプラオールインワンゲルなどがあります。

500円以下のオールインワンゲルは、機能が少なく、様々な肌悩みに対応した成分は配合されていません。

保湿成分のみのものや、添加物が多く有効成分が少ないものなど、美肌効果は期待できないものが多いです。

 

 

1,000円以下のおすすめオールインワンゲル

 

1,000円以下のオールインワンゲルは、ドラッグストアで購入が可能です。

ちふれや無印、資生堂、エクスホワイトなどプチプラで人気のオールインワンゲルです。

ちふれや無印は、商品パッケージはシンプルで目立たない存在ですが、配合成分にはこだわりがあるものが多いです。

無印のオールインワンゲルは、通常サイズと携帯サイズがあり、携帯用のミニサイズは400~500円程度で購入できるので、お試しにもちょうど良いですね。

 

 

2,000円以下のおすすめオールインワンゲル

 

2,000円以下のオールインワンゲルはドラッグストアにあります。

激安で効果が高いと人気のロゼットオールインワンゲルはとても人気があります。

セラミド配合のオールインワンゲルは少し価格が高くなり、資生堂などのカウンセリン化粧品もプチプラに比べると少し高くなります。

 

 

安くておすすめの美白オールインワンゲル

 

安くておすすめのオールインワンゲルは、BIHAKUPLUSの薬用ホワイトニングゲルです。

薬用ホワイトプラスは初回購入は58%offの1,900円で購入ができます。

薬用ホワイトプラスは美白有効成分が豊富であり、1本でシミ・そばかすを改善・予防することがdけいます。

安くておすすめなのはセザンヌの商品です。

セザンヌのうるおいオールインワンジェルや大人のねりジェルは、保湿&美白を重視したオールインワンゲルです。

セザンヌはコスパの高いスキンケアやメイクグッズが多く信頼の高いブランドですよね。

 

 

安くておすすめのニキビ用オールインワンゲル

 

ニキビ肌用オールインワンゲルはドラッグストアではほとんど取り扱いはありません。

ニキビケアには抗炎症効果のある成分や、保湿成分、角質ケア成分などが必要です。

ニキビ専用ではありませんが、常盤薬品工業のとろんと濃いジュレオールインワンゲルは、大豆イソフラボンを配合により高い保湿力があります。

ニキビの原因は乾燥であることが多く、高い保湿力や浸透力によってニキビケアも可能です。

 

 

安くておすすめの業務用オールインワンゲル

 

業務用オールインワンゲルはエステや化粧品店でしか取り扱いはありません。

エステサロン化粧品の卸問屋の株式会社グランツでは、エグランティエ ファーマストリー リフトモード オールインワンゲルを取り扱っています。

エステサロン用のクレンジング、オーガニック化粧品、詰め替え用、ナノモードリフトなどがあります。

エステサロン専用の化粧品はエステサロンで買うと高額なものが多いのですが、卸問屋から購入すると安く購入することができます。

でも個人には購入することができないので、業務用オールインワンゲルを個人で使用するのは現実的ではありません。

 

 

オールインワンゲルを通販で安く買う方法

 

パーフェクトワンやメディプラスゲルなどを通販で安く買う方法を紹介します。

パーフェクトワンやメディプラスゲルはドラッグストアなどでは取り扱いはありません。

セシールやベルメゾンネットなどの通販店で購入することたできます。

 

 

テレビショッピングで購入

 

パーフェクトワンやメディプラスゲルはテレビショッピングでのCMが有名ですね。

テレビショッピングで購入する方法もあります。

大正製薬のパーフェクトワンモイスチャージェルや、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルはテレビ通販での販売がありますが、公式サイトの定期購入価格に比べると安くはありません。

テレビ通販で化粧品を購入すると、その後の勧誘やダイレクトメールが頻繁に送られてくるので面倒に感じる人も多いです。。。

 

 

Amazonで購入

 

メディプラスゲルやパーフェクトワンはAmazonで購入が可能です。

Amazonの価格は送料無料ではありますが、割引はほとんどなく定価とほぼ同じ価格なのでお得感はありません。

メディプラスゲルやパーフェクトワンは市販のプチプラオールインワンゲルに比べると値段が高いので、なるべく安く購入したいですよね。

でも、Amazonでの購入はお得感がないためおすすめできません。

 

 

楽天で購入

 

メディプラスゲルやパーフェクトワンは楽天でも購入が可能です。

楽天では送料が無料になりますが、割引はほとんどなく定価の値段です。

安いプチプラオールインワンゲルよりも値段が高いメディプラスゲルやパーフェクトワンは、なるべく安く購入したいですよね。

 

 

オールインワンゲルを市販で安く買う方法

 

2,000円以下のプチプラオールインワンゲルを安く買う方法は、ドラッグストアでの購入です。

ディスカウント店などでも安いオールインワンゲルの取り扱いはありますが、無名ブランドや海外製の成分表示が不明のものが多く安心感がありません。

ドラッグストアにはちふれや無印、DHCなど知名度もあり品質が良いのに安いオールインワンゲルがたくさんあります。

価格帯を2,000円以下にすると買える商品の選択肢が広がります。

2,000円ほどのオールインワンゲルは、1,000円以下のオールインワンゲルに加えて、肌悩みに有効な成分を豊富に配合しているものが多く、より効果を実感しやすいです。

 

 

市販で購入できるニキビ用オールインワンゲル

 

思春期ニキビと大人ニキビでは発生する原因が異なります。

思春期ニキビはなるべく油分を与えないことが重要ですよね。

大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れやストレスなどであり、ニキビケアは基本的に保湿が重要です。

ニキビ用オールインワンゲルを選ぶときは、オーガニックやボタニカルのもの、保湿成分が豊富に含まれるもの、抗炎症成分が豊富に含まれるものを選びましょう。

ニキビ専用ではありませんが、とろんと濃いジュレは保湿力や浸透力が高く、ニキビができやすい不安定な肌を健康な肌に導く力があります。

ニキビ跡の改善にも保湿が重要です。

ニキビ跡がなかなか治らないのは、皮膚のターンオーバーが乱れているからです。

浸透力の高い保湿成分をたっぷりと補給し、皮膚のターンオーバーを正常化することでニキビ跡も解消します。

 

 

ドンキ・ホーテで購入できるオールインワンゲル

 

ドンキ・ホーテはプチプラのオールインワンゲルが多数販売されています・

ハトムギ保湿オールインワンゲル・ボタニカルオールインワンゲル・ティーエムエフ・btc・pbtなどプチプラで人気のオールインワンゲルがあります。

オールインワンゲルを初めて使うという方は500円以下のプチプラのオールインワンゲルを試してみるのも良いですね。

プチプラのオールインワンゲルは保湿力が低いという声もあります。

プチプラのオールインワンゲルは保湿などの有効成分の配合量が少ないため、さっぱりとした使用感のものが多いです。

乾燥肌の方はオールインワンゲル+オイルや、オールインワンゲル+クリームなど、保湿力アップ対策をすることをおすすめします。

 

 

トップバリュで購入できるオールインワンゲル

 

イオン(トップバリュー)では人気のオールインワンゲルの取り扱いがあります。

ハトムギ保湿オールインワンジェルはイオン系列店で取り扱われています。

プレスカワジャパンのオールインワンゲルはプチプラでおすすめです。

ハトムギ保湿オールインワンジェルには保湿力の高い、コラーゲンやヒアルロン酸、スクワラン、グリチルリチン酸2Kなどが配合されており、乾燥肌の方にもおすすめです。

 

 

東急ハンズで購入できるオールインワンゲル

 

東急ハンズには韓国コスメのイニスフリーやオーガニックコスメなど人気のオールインワンゲルが多数あります。

無添加で安心なHABAの取り扱いもあります。

ハイドロキノン配合の美白オールインワンゲルや、保湿力の高いオールインワンゲル、創傷ケアにおすすめのバイオイルの取り扱いもあります。

 

 

100均で購入できるオールインワンゲル

 

ダイソーやキャンドゥなどの100均では様々なコスメの取り扱いがあります。

モイストクリームやアクネモイストゲルなど、保湿やニキビケアにおすすめのクリームの取り扱いがあります。

100均のコスメは、薬用保湿ジェルや美白ジェルなどの保湿や美白効果の高いオールインワンゲルは取り扱いがありません。

安い分、有効成分が少なく、肌の悩みが多い方にはおすすめできません。

 

 

ロフトで購入できるオールインワンゲル

 

ロフトでは様々なブランドのオールインワンゲルの取り扱いがあります。

ロフトの通販サイトで取り扱いのあるオールインワンゲルは、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル・ドクターシーラボ薬用アクアコラーゲンゲル美白EX・美白しずくゲルなどがあります。

ロフトでは時短したい方に人気のオールインワンシートマスクの取り扱いが多く、洗顔・スキンケア・化粧下地が1枚で完了するタイプのマスクがあります。

サボリーノを代表するオールインワンマスクは、朝の時短をしたい方に人気です。

 

 

コンビニで購入できるオールインワンゲル

 

コンビニで購入できるオールインワンゲルは、ファミリーマートが取り扱うファンケルのオールインワンゲルのみです。

ファンケルのオールインワンゲルは、保湿・美白・ニキビ・メンズ・アンチエイジングなど悩みに応じた5つの商品ラインナップです。

通常サイズで1本1,000円~1,500円程度とプチプラでありながら、高い効果があると人気のオールインワンゲルです。

そのほかのコンビニでは化粧液やスキンケアセットの取り扱いはありますが、オールインワンゲルの店頭販売はありません。

 

 

デパコスのオールインワンゲルについて

 

デパコスには高級ブランドが多く、様々なスキンケアアイテムが販売されています。

特に高級スキンケアを購入するアラフォー以降の年代の方にターゲットを絞った商品展開が多いですね。

アラフォー以降の肌悩みでは、たるみ・しみ・しわ・くすみなどエイジングに関するものが多いですね。

デパコスのスキンケアはそれぞれの肌悩みに対応したアイテムが多く、1本で全ての肌悩みを解決するオールインワンゲルの取り扱いはほとんどありません。

アンチエイジングに特化したスキンケアでは、それぞれの肌悩みに応じてアイテムを追加するお手入れ方法が多く、デパコスのスキンケアのコンセプトもそのようになっています。

時短のためにオールインワンゲルを希望する方は、デパコスのオールインワンゲルはあまり期待できません。

 

 

デパートの購入オールインワンゲルの特徴

 

デパコスのオールインワン化粧品の特徴は、1本で多機能のアイテムというよりは、1本で化粧水+乳液の機能を持つ化粧液などの効果に留まるものが多いです。

30代・40代・50代など、肌悩みが増えてくる年代のお客が多いデパートでは、それぞれの肌悩みに特化した様々なスキンケアアイテムが充実しています。

しわはしわ専用の美容液、しみはシミ専用の美容液、アンチエイジング用のクリーム、たるみケア用のクリームと言ったように、それぞれの肌悩みに応じてアイテムを追加していくのが基本です。

アラフォー以降は使用するスキンケアアイテムが多くて金銭的にキツイ・・・という悩みもありますよね。

1本で保湿&美白&エイジングケアが可能なオールインワンゲルなら、金銭的なメリットは大きいですね。

 

 

薬局で購入できるオールインワンゲル

 

薬局ておすすめのオールインワンゲルランキングでは、ちふれやDHC、ロゼッタなどプチプラで効果が高いものがたくさんあります。

2,000円以下のプチプラのオールインワンゲルでも、美白・保湿効果の高いものはたくさんあります。

アトピーや敏感肌の方は、薬用オールインワンゲルやオーガニックオールインワンゲルを選んだ方が安心ですが、薬局で購入できるオールインワンゲルは、薬用やオーガニックのものよりもプチプラのものの方が多いです。

肌質的に心配という方は、カウンセリングが可能なメーカーのオールインワンゲルや、薬用・オーガニックのオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

 

 

ツルハで購入できるオールインワンゲル

 

薬局のツルハの取り扱いブランドは、ちふれ・ファンケル・DHC・ロゼッタ・セザンヌなど様々です。

ツルハの通販では、素肌のしずくやハトムギ保湿オールインワンジェルが人気です。

ツルハの通販は店頭価格よりも安い商品が多く、送料無料のものも多いですね。

ツルハの通販で取り扱いのあるオールインワンゲルは人気商品が多く、ドクターシーラボに代表されるドクターズコスメや薬用オールインワンゲルなどが多数あります。

ツルハでは、ドクターシーラボエストリフトコラーゲンゲル・ドクターシーラボアクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEX・エテュセプレミアム薬用アミノホワイトジェル・ロート製薬肌ラボゴクジュンオールインワンゲル・ギブアンドギブリヴィーぶライトニングリッチゲルオールインワンゲルなどを通販サイトで販売しています。

 

 

 

 

初回購入は50%offでお得

人気No.1のオールインワンゲル

 

 

 

 

[オールインワンゲル/比較]肌荒れ・乾燥・合わないなどデメリット/オーガニック・モロモロが出ないジェルまとめ

 

オールインワンゲルの副作用を防ぐ選び方3つのポイント

 

 

オールインワンゲルの副作用を予防するポイントは「保湿効果の高いものを選ぶ」「ノンシリコンのものを選ぶ」「オーガニック・ボタニカルのものを選ぶ」の3つです。

オールインワンゲルは保湿効果の高いものでなければ乾燥対策ができず、肌トラブルに繋がる可能性があります。

ノンシリコンのオールインワンゲルは肌馴染みがよく、モロモロの予防に最適です。

オーガニックやボタニカルのオールインワンゲルは敏感肌の人も安心して使える可能性が高いですね。

 

 

 

敏感肌の人も安心な成分配合

初回購入は50%offでお得

 

 

 

オールインワンゲルの副作用・ジェルだけでは不十分

 

オールインワンゲルは1本で化粧水・乳液・美容液・クリームなどの役割がありますが、1本だけでは乾燥してしまい肌トラブルの原因となることがあります。

敏感肌の人は肌への刺激に弱く、肌の乾燥により肌トラブルが進行します。

乾燥肌の人は乾燥が強くなることで、敏感肌やアトピー肌に進行する可能性があります。

保湿力の低いオールインワンゲルでは1本で十分に保湿をすることができず、肌は乾燥傾向になってしまいます。

保湿力の低いオールインワンゲルでは肌に悪影響を与え、敏感肌やアトピー肌の原因となることがあります。

オールインワンゲルを選ぶときは、肌の奥の角質層まで浸透できる、浸透型コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・スクワランなど、保湿力の高い成分を豊富に配合しているものを選びましょう。

 

 

オールインワンゲルの副作用・肌に合わない

 

オールインワンゲルは保湿力の低いものを選ぶと乾燥肌の人にはデメリットがあります。

保湿力が低いオールインワンゲルは、肌の皮膜を作ることができず、肌内部の水分が外に流出してしまい乾燥肌が進行します。

オールインワンゲルが肌に合わないと感じる症状がある場合は、すぐに使用を辞めましょう。

オールインワンゲルとジェルパックとして使用する場合は、保湿効果が高まりますが、ベタつきがきになる場合は軽く洗い流すことをおすすめします。

 

 

かゆみがある

 

オールインワンゲルを使ってかゆみがある場合は、2つの理由が考えられます。

オールインワンゲルの成分で肌に合わない成分があった場合。

オールインワンゲルの保湿効果が弱く敏感肌や乾燥肌に傾いてしまった場合。

肌に合わない成分がある場合はすぐに使用を中止し、皮膚科を受診することをおすすめします。

その際に、オールインワンゲルの配合成分が分かるものを持参すると病院での対応がしやすくなります。

乾燥によりかゆみがある場合は保湿力が足りないため、保湿力の高いオールインワンゲルに変えるか、オールインワンゲル+オイル、オールインワンゲル+クリームのように、保湿効果の高いもので蓋をすると乾燥を和らげることができますよ。

赤みを伴うかゆみの場合は肌に合わない成分が配合されていることが多いため、すぐに受診することをおすすめします。

 

 

つっぱる

 

オールインワンゲル1本ではつっぱるという場合は、乾燥によるつっぱりだと考えられます。

オールインワンゲルは1本で多機能で便利ですが、保湿力の低いオールインワンゲルはつっぱる方もいます。

特に乾燥肌や敏感肌の人は、オールインワンゲルだけでは物足りない方が多いです。

保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶようにし、つっぱりを感じる場合は、ジェルパックとして使ったり、オールインワンゲル+乳液+クリーム、化粧水+オールインワンゲル+クリームのように保湿アイテムを追加することでつっぱり感を和らげることができますよ。

 

 

ベタつく・ベタベタする・ポロポロする

 

オールインワンゲルがベタつく・ベタベタする・ポロポロする場合は、ゲルが肌に馴染んでいないことが多いです。

ベタつきを感じる場合は、少量ずつを何度かに分けて塗布しましょう。

ベタベタする場合も、少量ずつを何度かに分けて塗布し、ハンドプレスでしっかりとジェルを浸透させましょう。

ポロポロする場合は、オールインワンゲルに含まれるテクスチャー調整成分が肌の表面に残っていることが多いので、テクスチャー調整成分が配合されていないものを選ぶことで防ぐことができます。

オールインワンゲル特有のプルプルとしたテクスチャーは界面活性剤の代わりとして添加されているテクスチャー調整剤・カルボキシビニルポリマー(カルボマー)によるものです。

カルボマーは肌表面に残るとポロポロやモロモロの原因となるため、ゲルのつけすぎや浸透不足などにより起こります。

少量ずつを浸透させながら塗布することでポロポロは防ぐことができますが、カルボマーの配合がないオールインワンゲルを選ぶのもひとつの手ですね。

 

 

ピリピリする・ヒリヒリする

 

ピリピリやヒリヒリと言った感覚は肌に炎症が起きているときに感じやすいと言えます。

敏感肌やアトピー肌の人は、配合成分によってはピリピリやビリビリと言った感覚があることもあります。

肌への刺激が強い成分を使用したときや、もともと肌荒れがあり沁みるときもあります。

肌が敏感になっているときは第一に保湿を優先させることで肌トラブルの悪化を防ぐことができます。

肌がピリピリするときは、皮膚科処方の保湿材を使用すると、不要な添加物は含まれていないので安心です。

肌に普段とは違う異常があるときはすぐに皮膚科に行くことで、肌トラブルの原因を予防することができますよ。

 

 

 

関連記事:【オールインワンゲル/安全】無添加で肌に優しい化粧品

 

 

オールインワンゲルの副作用・肌荒れ

 

オールインワンゲルの副作用で肌荒れやニキビができることが少なかれずあります。

肌荒れをするときは肌が敏感になっている状態です。

ニキビは敏感肌になっているときに炎症反応として起こります。

大人ニキビの大半は周期性ニキビで、生理周期によりニキビや肌荒れが起きやすくなります。

オールインワンゲルによる肌荒れやニキビなのか、周期ニキビによるものなのか見極めたいですね。

周期ニキビの特徴は顎周りなどに繰り返し同じ箇所にニキビができます。

オールインワンゲルによる肌荒れやニキビは、周期ニキビの特徴とは異なります。

ニキビの原因は乾燥によるものが多く、オールインワンゲルの保湿力では不足していると肌は乾燥肌や敏感肌に傾き、ニキビができやすくなります。

肌は乾燥するとバリア機能が低下し、肌荒れやニキビなどの炎症反応が起きやすくなります。

オールインワンゲルを選ぶときは、どのような肌質の人であっても保湿効果が高いものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

ニキビができる

 

オールインワンゲルには様々な美容成分が含まれています。

ニキビは肌に過剰な栄養を与えることや、乾燥などが原因となります。

オールインワンゲルを使い始めたらニキビができてしまったという方は、肌が部分的にカサカサになったり粉を吹いていないか確認しましょう。

Tゾーンがオイリーの人は、オイリー肌や混合肌と勘違いして間違ったスキンケアをしているケースが多く見られます。

Tゾーンのオイリーは、肌全体が乾燥することで、肌は防御反応として余分な皮脂を分泌することで起こります。

乾燥が原因のオイリーには保湿対策が重要です。

乾燥が原因のオイリーの場合は、毛穴が開き皮脂が過剰に分泌しているため、開いた毛穴は雑菌が繁殖しやすくニキビの原因となります。

保湿力の低いオールインワンゲルでは乾燥を防ぐことができず、乾燥によるオイリー肌の原因となります。

オールインワンゲルを使い始めたらオイリー肌になったという方は、保湿効果の高いオールインワンゲルを選び、しっかりと保湿をしましょう。

 

 

オールインワンゲルの副作用・敏感肌用オールインワンゲルについて

 

敏感肌用のオールインワンゲルはドラッグストアやプチプラのものも多くあります。

無印良品は40代・50代の肌悩みが増える年代の人にもおすすめの無添加オールインワンゲルがあります。

敏感肌は乾燥により肌のバリア機能が低下している状態なので、保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶのがポイントです。

また、敏感肌は肌が刺激に弱くなっている状態のため、無添加や低刺激、薬用のオールインワンゲルを選ぶと安心ですね。

薬用オールインワンゲルは、保湿や美白の有効成分が配合されており、高い保湿効果が期待できますよ。

 

 

肌に優しい低刺激のおすすめオールインワンゲル

 

低刺激はオーガニックとは異なり、刺激は弱いが添加物は配合されています。

100%オーガニックは添加物が全く配合されていないものを指しますが、低刺激は肌への負担が少ない成分配合のものを指すため、完全に安心とは言えません。

100%オーガニックのスキンケアは種類が少なく料金も高額なものが多いですね。

肌トラブルの原因を予防するためには、100%オーガニックのものを選ぶよりも、保湿力の高いものを選んだほうが良いです。

ほとんどの肌トラブルは乾燥が原因となるので、保湿力の高いオールインワンゲルを選び、肌の内側からしっかりと保湿ができれば肌トラブルは起きにくくなります。

また、オーガニックや植物由来のオールインワンゲルであっても、副作用が絶対に起きないということはありません。

オールインワンゲルを選ぶときに最も重要なのは保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶことです。

 

 

オールインワンゲルの副作用・インナードライ肌向けのオールインワンゲル

 

インナードライ肌とは、肌内部の乾燥が原因で肌表面がオイリー状態になっている肌のことを言います。

特にTゾーンはオイリー肌の方が多く、自分はオイリー肌または混合肌だと勘違いし、間違ったスキンケアを続けることで、ますますインナードライ肌になってしまっています。

エトヴォスを代表するミネラルコスメは肌トラブルのある人も安心して使えるスキンケアが充実しています。

キュレルは敏感肌向けのスキンケアが充実しており、小林製薬のヒフミドはヒト型セラミド配合の保湿力の高い保湿化粧液となっています。

市販のプチプラオールインワンゲルでは、ハトムギ保湿オールインワンジェルはヒアルロン酸配合で保湿力が高く、インナードライ肌のケアに最適です。

デパコスにはインナードライ肌対策のスキンケアアイテムが多数ありますが、保湿力はドラッグストアやプチプラのオールインワンゲルと大差はありません。

 

 

インナードライ肌の原因と対策

 

インナードライ肌の原因は間違ったスキンケア方法によるものが大きいです。

日本人は清潔な方が多く、1日に最低でも2回は洗顔料を使ってしっかりと洗顔をします。

薄いメイクの日も、濃いメイクの日もしっかりとメイク落とし+洗顔のW洗顔を行い、必要な皮脂まで洗い流してしまっている方が多いのです。

インナードライ肌は、部分的にオイリー肌となるのでオイリー肌用のスキンケアを長年続けているという方が多く、肌の内部はますます乾燥しインナードライとなります。

インナードライ肌の対策は、肌断食という方もいますが、これは乾燥を進行させる可能性があるので素人判断ではおすすめできません。

ドラッグストアのプチプラのハトムギ保湿ジェルは保湿力が高く、インナードライ肌のケアに最適です。

脂性乾燥肌のスキンケアは保湿対策が最も重要です。

冬の乾燥する時期はスキンケアの最後にニベアやオイルを塗布するという方も多いですね。

ベタつきが気になる人が多い男性も、インナードライ肌の人が多く、スキンケアの基本は保湿です。

デパコスなどの高価なスキンケアは必要なく、ハトムギ化粧水や無印オールインワンゲルなど、保湿力の高いスキンケアで十分です。

 

 

オールインワンゲルの副作用・乾燥肌向けのオールインワンゲル

 

ドラッグストアでは乾燥肌や敏感肌向けのスキンケアが多く、無印やアベンヌなどがおすすめです・

プチプラではハトムギ保湿ジェルは、ヒアルロン酸がたっぷりと配合されており保湿力が高いと評判ですね。

40代・50代の肌悩みが増える年代の方はデパコスの高級スキンケアを使用している方も多くなりますが、乾燥肌の人は高価なものよりも保湿力の高いものを選ぶことをおすすめします。

 

 

オールインワンゲルで乾燥する原因と対策

 

オールインワンゲルだけでは乾燥する原因は、保湿力の低いものを選んでいるから、しっかりと肌の奥まで浸透していないからなどが考えられます。

オールインワンゲルには様々な保湿成分が配合されていますが、肌の角質層まで浸透する保湿成分を配合している商品は少ないのです。

肌表面ばかり保湿できても、肌の内部は保湿できません。

オールインワンゲルを選ぶときは肌の角質層まで浸透する、浸透型コラーゲン配合のものを選ぶと保湿力がアップします。

オールインワンゲルだけだと乾燥してしまう乾燥肌や超乾燥肌の人は、保湿力を高める塗り方が出来ているか確認をしましょう。

オールインワンゲルは化粧水よりも油分が多くプルンとしてテクスチャーなので、肌に浸透するまで時間がかかります。

少量ずつをハンドプレスでしっかりと浸透させるように塗布しましょう。

一度に多くの量をつけると肌内部に浸透できませんし、肌表面に残ったジェルがベタつきや肌荒れの原因となることがあります。

オールインワンゲルを乳液代わりに使う方は、化粧水をつけてからオールインワンゲルの順番で塗布しましょう。

油分の多いものを先に塗布してしまうと、その後のスキンケアは浸透できません。

プチプラのハトムギ保湿ジェルは、入浴中や入浴後のタイミングでコットンにたっぷりのジェルを塗布してコットンパックをすることで保湿力を高めることができます。

しかし本来は、オールインワンゲル1本で十分に保湿ができることが重要なので、他のスキンケアアイテムを追加しなければ乾燥が続くという場合は、保湿力の高いオールインワンゲルに変えたほうが美肌効果は高いと言えます。

 

 

オールインワンゲルの副作用・無添加のオールインワンゲル

 

無添加のオールインワンゲルはたくさんありますが、100%無添加のものはほとんどありません。

香料無添加・着色料無添加・界面活性剤無添加など、無添加とは言っても何が無添加なのかは商品により異なります。

ドラッグストアのプチプラオールインワンゲルの中にもセラミドなど保湿力の高い成分を配合した無添加オールインワンゲルがあります。

保湿&美白が可能な保湿ジェルや、アカランのエッセンシャルウォータージェルは9つの無添加など、肌に優しい処方のオールインワンゲルも多数あります。

 

 

オーガニックとボタニカルの違い

 

オーガニックは添加物フリーのことを言い、ボタニカルは植物由来成分配合のものを言います。

オールインワンゲルなどのスキンケアアイテムは100%無添加の商品はとても少ないです。

100%無添加が難しい理由は、品質を保持するための保存料などの必要な添加物もあるからです。

オーガニックは敏感肌など肌トラブルが起きやすい人も安心して使用することができますが、ボタニカル商品は、植物由来成分が配合されていることからアレルギーなどを起こすこともあります。

普段は特にアレルギーはなくても、体調が悪いときや季節の変わり目などに、ボタニカルオールインワンゲルで肌トラブルが起きたという方もいますね。

単純にオーガニックだから良い、ボタニカルだから安心というものではなく、添加物を極力避けたい方は必要な添加物と不要な添加物を把握できると商品選びが楽になります。

オールインワンゲルを選ぶときは、オーガニックやボタニカルという視点だけではなく、保湿成分が高配合であるものを選ぶことをおすすめします。

 

 

オールインワンゲルの副作用・化粧崩れ

 

オールインワンゲルは化粧崩れがしやすいという声が聞かれます。

メイク崩れを予防するポイントは、化粧下地とファンデーションが密着していることです。

オールインワンゲルは化粧下地など様々な効果が1本にまとまっているため、化粧下地とファンデーションが密着しているとは言えません。

オールインワンゲルを使用している場合もメイク崩れを防ぐためや、肌老化を予防するためには、UVカット効果のある化粧下地や日焼け止めを塗ることをおすすめします。

 

 

メイク後のモロモロの原因

 

オールインワンゲルを塗布してすぐにファンデーションをつけるとモロモロが出て、メイクが崩れてしまうという声もあります。

オールインワンゲルはプルンとしたテクスチャのため、肌に浸透するまで時間がかかります。

おでこ・顎・両頬など、大きなパーツは手のひら全体を使ってハンドプレスで馴染ませましょう。

肌の体温でオールインワンゲルが柔らかくなり、肌になじみやすくなります。

メイク後のモロモロの原因は、オールインワンゲルが肌表面に残っていることが原因となります。

適量をしっかりとハンドプレスでなじませるように塗布すること、オールインワンゲルを塗布した跡は5分程度の時間をおいてからファンデーションをつけるとモロモロが出にくくなります。

 

 

モロモロ・ポロポロがでないオールインワンゲルの特徴

 

モロモロやポロポロの原因は、オールインワンゲルのプルンとしてテクスチャを作るために配合されたポリマー剤によるものです。

多くのオールインワンゲルには界面活性剤を使用しない代わりにカルボマーなどのポリマー剤を配合しています。

ポリマー剤が肌表面に残ったままファンデーションをつけると、粉や液体を混ざり合い、モロモロやポロポロの原因となります。

ポリマー剤不使用のオールインワンゲルを選ぶことも、モロモロやポロポロを予防する方法です。

または少量でしっかりと保湿できる高保湿タイプのオールインワンゲルを選ぶことで、肌なじみがよくなりモロモロやポロポロが出にくくなります。

 

 

オールインワンゲルの副作用の不安についてQ&A

 

オールインワンゲルの副作用や不安なことをQ&Aにまとめました。

1本でたくさんの機能があるオールインワンゲルですが、選び方を間違えると肌トラブルの原因となります。

肌トラブルの原因の多くは乾燥によるものなので、高保湿タイプのオールインワンゲルを選びましょう。

オールインワンゲルは1本でスキンケアが終了するので、肌を必要以上に触る必要がありません。

スキンケアの際に肌を擦ったり触ったりすることで肌トラブルの原因となるため、オールインワンゲルは肌トラブルを予防する効果も期待できます。

 

 

スキンケアはオールインワンゲルだけで良いの?

 

スキンケアがオールインワンゲルのみというのは、シンプルであり、肌を触ったり摩ったりなどの負担を軽減するため肌トラブルの予防にも繋がります。

肌は触ったり摩ったりすることが刺激として伝わり、コラーゲンを破壊したり、メラニンを生成してシミの原因となります。

肌は必要以上に触らないことが美肌には不可欠のため、シンプルなスキンケアであるオールインワンゲルは美肌にも効果的と言えますね。

ただ、オールインワンゲルを選ぶときは1本でしっかりと保湿できるタイプのものを選ばなければ、感想が進行して敏感肌となったり、様々な肌トラブルの原因となります。

肌の奥まで浸透する浸透型コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、ビタミンC誘導体など保湿力の高い成分を含むものを選びましょう。

 

 

オールインワンゲルだけで保湿する方法

 

オールインワンゲルだけでしっかり保湿する方法は、コットンパックをすることです。

多くのオールインワンゲルはパック効果があるため、乾燥対策におすすめです。

コットンを使用することで肌への密着力が高まり、美容成分をしっかりと浸透させることができます。

乾燥する部分には薄く重ねづけしたり、冬などの乾燥する時期のみ化粧水を追加することでより保湿効果を高めることができます。

冬などの乾燥する時期は、化粧水+オールインワンゲルとし、乳液代わりにオールインワンゲルを使用する方もいますね。

季節によりスキンケアの方法を変えるのは、美肌の方の多くが行っていることです。

1年を通して保湿に心がけることで美肌に近づくことができますよ。

 

 

オールインワンゲルは本当に1本で何役もこなすの?

 

オールインワンゲルは1本で化粧水・乳液・美容液・パック・マッサージクリーム・アイクリーム・クリーム・化粧下地など様々な役割を持っています。

でも、1本に様々な機能を詰め込んでいるため、1つ1つの効果は弱いと言えます。

オールインワンゲルを選ぶときは、保湿力を重視して選び、次に肌悩みで最も気になる箇所を改善する成分が配合されたものを選ぶと良いですね。

ほとんどの肌トラブルの原因は乾燥なので、しっかりと保湿対策をすることが美肌のためには不可欠です。

美白やたるみケアがしたいという方も、まずは肌の内側からしっかりと保湿をすることで、美白成分やアンチエイジング成分が浸透されやすい肌に整えることができますよ。

 

 

オールインワンゲルは本当に敏感肌にも使えるの?

 

米由来成分配合のゆめぴりかやBTMは敏感肌の方に人気ですね。

デパコスの高級なスキンケアではなくても、敏感肌の方が安心して使えるオールインワンゲルはたくさんあります。

敏感肌の原因は肌の内側の乾燥であることが多いため、保湿力の高いオールインワンゲルを偉ひましょう。

また、敏感肌の人は少しの刺激で肌トラブルに繋がることが多いため、低刺激のものを選びましょう。

100%オーガニックではなくても、保湿成分を豊富に含み保湿効果の高いオールインワンゲルを選ぶのが重要です。

敏感肌用のオールインワンゲルは、ドクターズコスメや薬用コスメが多いですm。

敏感肌用と指定のあるキュレル、無印、アベンヌ、ファンケル、NOBなどはプチプラでドラッグストアの購入が可能でありおすすめです。

 

 

オールインワンゲルは化粧下地を塗らなくても大丈夫?

 

オールインワンゲルは化粧下地不要とされているものが多く、朝の時短のために化粧下地は塗らないという方も多いですね。

化粧下地の役割はメイク崩れを予防する効果や、UVカット効果のある下地ならUVカット効果を持ちます。

化粧下地の効果のあるオールインワンゲルでも化粧下地を塗ることをおすすめします。

メイクをしない日の場合は、オールインワンゲル+UVカット下地、メイクをする日はオールインワンゲル+日焼け止め+化粧下地の順番で塗布することで、メイク崩れを予防し紫外線による肌ダメージを抑えることができます。

日中のスキンケアの最後はUVケアができるアイテムを塗布することをおすすめします。

 

 

オールインワンゲルの副作用・中学生が使っても大丈夫?

 

オールインワンゲルは中学生や高校生など思春期の方が使っても問題ありません。

思春期は20代や30代とは肌質や肌トラブルの内容が異なるため、肌質に合わせてオールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

思春期ニキビのある方は抗炎症作用成分配合のニキビケア用のオールインワンゲルがおすすめです。

レチノールなどエイジングケア成分は思春期には不要です。

思春期のホルモンバランスの乱れによるニキビ対策には、豆乳イソフラボンなどの成分が効果的です。

豆乳イソフラボン配合オールインワンゲルは詰め替えボトルがあり、プチプラで購入ができるためおすすめです。

思春期はニキビや肌荒れが起こりやすい時期ですが、保湿対策はとても重要です。

メディプラスゲルはポンプ式でサッパリとしたテクスチャで人気ですが、思春期ニキビのケアには不向きです。

思春期は混合肌やオイリー肌の方が多く、乾燥肌の割合は低いですね。

でも保湿対策をしっかりと行うことで、肌のバリア機能を整えニキビや肌荒れの予防に繋がります。

 

 

オールインワンゲルの副作用・産後におすすめのオールインワンゲル

 

オールインワンゲルのメリットは時短が可能なことです。

産後は育児でなかなか時間が取れないですよね。

オールインワンゲルで手早くスキンケアを済ませたい方も多いと思います。

1本でしっかりと保湿できるオールインワンゲルは1本でスキンケアが終了するので時短につながりますが、保湿力が低いオールインワンゲルではクリームや美容液を追加しなければならないため時短につながりません。

産後は特に1本でしっかりと潤うことができる高保湿のオールインワンゲルがおすすめです。

また産後はホルモンバランスの急激な変化や、昼夜逆転の生活などで肌荒れに悩む人も多いですよね。

肝斑やシミが急激に増える人もいます。

産後は高保湿&美白ケアができるオールインワンゲルをおすすめします。

 

 

時短が可能なオールインワンゲルの特徴

 

1本でしっかりと保湿のできるオールインワンゲルは時短におすすめのアイテムです。

高保湿のオールインワンゲルは、少量でもしっかりと潤うことができますが、保湿力の低いオールインワンゲルは何度も重ね塗りしたり、適量よりも多い量を塗布する必要があり、スキンケアに余計な時間が掛かってしまいます。

1本でしっかり保湿できるオールインワンゲルの特徴は、浸透型コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プラセンタ・ビタミンC誘導体など保湿力の高い成分がたっぷりと配合されています。

 

 

産後の肌荒れに効果的なオールインワンゲル

 

産後はホルモンバランスが急激に変化することで、肝斑やシミが急激にできる人がいます。

肝斑やシミなどは初期のケアがとても大切であり、すぐにケアすることでシミを改善することができますが、シミのケアが遅くなってしまうと濃く広がってしまいなかなか改善することができません。

肝斑やシミにはトラネキサム酸やビタミンC誘導体などの成分が効果的です。

特に肝斑はホルモンの影響により出現するシミの一種で、老人性のシミと同じケアでは改善が難しいのです。

肝斑にはトラネキサム酸が有効とされており、初期のケアが重要です。

産後にはトラネキサム酸やアルブチンなどの美白有効成分配合の薬用オールインワンゲルを選ぶことをおすすめします。

薬用オールインワンゲルは1本で保湿&美白ケアが可能であり、産後の肝斑やシミの改善に効果が期待できます。

 

 

オールインワンゲルの副作用・解析について

 

オールインワンゲルの成分解析では、有効成分や配合量の多い成分を見ることも重要ですが、特に重要なのは不要な添加物を含んでいないかを見ることです。

化粧品は必要な添加物と不要な添加物があります。

必要な添加物は、スキンケアの品質保持に必要となる保存料などの添加物です。

不要な添加物は、着色料や香料など、品質保持には直接関係のない添加物です。

様々なオールインワンゲルの成分解析を見てみると、多くのオールインワンゲルは必要な添加物が含まれていることが分かります。

添加物は全て悪!と思われるかもしれませんが、薬用や医薬部外品のオールインワンゲルでも大半のオールインワンゲルには必要な添加物が含まれています。

有効成分であっても安定性を高めるために添加物を配合するものもあります。

品質保持という点では抗炎症成分などの添加物が使用されるケースが多いです。

なぜ添加物が含まれているかを理解するとスキンケアを選ぶことが楽になります。

オールインワンゲルを選ぶときに最も重要なことは必要な添加物の有無ではなく、保湿効果についてです。

オールインワンゲルは1本で何役もこなすスキンケアアイテムですが、保湿力が低い商品では時短に繋がるどころか肌トラブルの原因となる可能性もあります。

成分解析では添加物は全て悪のようなイメージを持つかもしれませんが、肌トラブルの予防や有効成分の安定的な作用には必要な添加物もあるのです。

 

 

オールインワンゲルの副作用・使用期限について

 

オールインワンに限らず多くのスキンケアやメイクアップ用品には使用期限が定められています。

100%オーガニックやボタニカルオールインワンゲルは、保存料などが使用されていないため使用期限が短いケースが多いです。

保存料の有無などにより使用期限がことなるため、一概には使用期限は言えません。

高温多湿な環境を避け、清潔な場所で適切に保管をしましょう。

脱衣所や洗面所などは湿気が多く、スキンケアの保管場所としは適切ではありません。

直射日光が当たらず、温度変化が少ない納戸などに保管することをおすすめします。

 

 

防腐剤無添加の商品

 

100%オーガニックのオールインワンゲルは防腐剤無添加とされています。

ファンケルなど100%オーガニックを謳うスキンケアアイテムは使用期限が短く、開封後は指定期間内に使用することとなっています。

防腐剤はオールインワンゲルの品質保持のために必要な添加物と言えます。

スキンケアに含まれる代表的な防腐剤は、パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)があります。

パラベンは旧表示指定成分であり、副作用の可能性のある成分とされており、以下のような種類があります。

・メチルパラベン

・エチルパラベン

・プロピルパラベン

・イソプロピルパラベン

・ブチルパラベン

・イソブチルパラベン

・ベンジルパラベン

 

パラベンの他にも、安息香酸・安息香酸ナトリウム・デトドロ酢酸ナトリウムなどの防腐剤は旧表示指定成分とされており、副作用の可能性のある成分とされています。

スキンケアに含まれる防腐剤には品質を保持し安全に使用するために用いられており、必要な添加物と言えますが、今日表示指定成分は副作用の可能性があるため極力避けたい成分でもあります。

ただ旧表示指定成分以外にも防腐剤の目的で使用される添加物はあります。

防腐剤が使用されているから一概に危険ではなく、スキンケアの品質保持や安全性の向上のために必要な添加物と言えます。

 

 

 

人気No.1のオールインワンゲル

初回購入は50%offでお得

 

 

 

シェアする
[オールインワンゲル/比較]美白・保湿効果が高い!安いのに実力派ジェルランキング